ベスト キッド4。 ベスト・キッド4 : 作品情報

楽天ブックス: ベスト・キッド 4

ベスト キッド4

概要 [ ] 少年がに教えてもらったを通して成長していく3作と、同様に少女が教わる1作、その流れを汲んだリメイク版がある。 当初、ミヤギ役はにオファーが出されていたが、三船が断ったために、が選ばれた。 劇中の空手は、接近戦を想定した猫足立ちであることと、本作の脚本家が空手道を長年に亘り学び、出演者に指導したこと、ミヤギという姓の空手家が実在したこと、パート3で披露される型「征遠鎮」から、剛柔流空手道であることがわかる。 のでは舞台はに移り、から空手とはまったく異なるを学ぶストーリーとなった。 日本で劇場公開された時のオープニング(引越しのシーン)のタイトルは The Moment of Truth。 その後、DVDやBlu-ray Discでは The Karate Kidに差し替えられている。 ベスト・キッド [ ]• 製作年:1984年• 監督:• 音楽:• 主題歌: "The Moment Of Truth" Survivor• 挿入歌: "" - ゲームにも使用されている。 ストーリー [ ] ダニエルは母親と二人暮らし。 内気な少年で友達がいないといつも嘆いていた矢先に、母親の仕事の都合により引っ越すことになった。 新天地ではフレディという新たな友達もでき、フレディの誘いでパーティに行くことになった。 そこでお金持ちの少女アリに一目ぼれ、すぐに相思相愛になるが、偶然通りかかった不良グループのリーダー格ジョニーが、アリとダニエルの様子を見て激怒し、ダニエルにケンカを吹っ掛けダニエルを叩きのめしてしまう。 ジョニーはアリの元彼で、少年空手選手権のチャンピオンであった。 ダニエルはフレディに「空手をやっている」と豪語していたために、フレディらはダニエルのあまりの弱さに愛想を尽かしダニエルのもとから去ってしまう。 ダニエルはそれ以来ジョニーとその空手仲間達から壮絶なにあうようになる。 そんな中、アリとアパートの管理人ミヤギ老人だけがダニエルに優しく接する。 ハロウィンパーティの夜、ジョニーらに仕返しを試みたダニエルは、逆にに遭ってしまう。 ダニエルの意識が朦朧とする中、どこからともなく現れたミヤギがジョニーたちをあっという間に倒してしまう。 実はミヤギはも持つのであった。 そして、ジョニーたちの道場と話をつけた結果、決着は2か月後の少年空手選手権で付けることになり、ミヤギはダニエルのコーチを引き受ける。 しかし練習は、ワックスがけやペンキ塗りといった雑用ばかり。 しかし、一見雑用にしか見えない練習こそが、空手の動きをマスターする特訓であったのだ。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 機内上映版 ダニエル・ラルーソー 宮城成義 アリ・ミルズ ジョニー・ロレンス ジョン・クリース ボビー・ブラウン ダッチ ルシール・ラルーソー トミー チャッキー• テレビ朝日版:初回放送1988年4月17日『』• ベスト・キッド2 [ ]• 原題: The Moment of Truth Part II( )• 製作年:• 監督:ジョン・G・アヴィルドセン• 音楽:ビル・コンティ• 主題歌: "" (1位・ノミネートのヒットとなった) ストーリー [ ] 前作のラストで空手選手権で優勝したダニエルは、師ミヤギの父の危篤の知らせを受け、ミヤギとともにオキナワへと発つ。 しかし、到着早々ミヤギのライバルでありオキナワを牛耳るサトウと出会う。 実はミヤギとサトウの間には長きにわたる因縁があり、それを晴らそうとサトウは決闘を申し込んできたのだ。 しかしミヤギは決闘を断り続ける。 一方のダニエルはクミコという地元の女性と出会い、互いに惹かれあうがサトウの弟子に邪魔され続け、なかなか思いを打ち明けられずにいた。 そんな中、サトウがミヤギに決闘をさせるため、村の畑を根こそぎ枯らすという強硬手段に出る。 村の人々が困るのを放っておけないミヤギは決闘をすることに決めるが、ある夜の竜巻をきっかけに、二人は仲を取り戻す。 ところがその台風の時に、メンツをつぶされたサトウの弟子は、ダニエルと決闘をすることになる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹き替え ソフト版 フジテレビ版 ダニエル・ラルーソー ラルフ・マッチオ 宮城成義 ノリユキ・パット・モリタ クミコ 渡口サトウ 渡口チョウゼン ユキエ ミヤギの父 チャーリー・タニモト イチロウ アルセニオ・ソニー・トリニダード タロウ マーク・ハヤシ トシオ ジョイ・ミヤシマ クリース マーティン・コーヴ• フジテレビ版:1990年6月19日『』• 舞台等 [ ]• 第2作はミヤギの故郷である「 オキナワ」が舞台であるが、日本のでは一切ロケを行っておらず、アメリカ国内やで撮影されている(那覇とされる街はロサンゼルスのとみられる)。 劇中の車はクミコが乗るを除いて撮影当時の日本車が使われているものの、一部は日本から右ハンドル仕様車を並行輸入(や、、のタクシー)したが、一部では現地仕様の左ハンドル車(や等)を使用し、それらすべて日本と同じ左側通行で走らせて撮影している。 当然のことながら、アメリカから見た沖縄(日本)ということもあって、かなり時代考証がズレている。 人々の生活水準や様式は1950年代である。 そのためか、街中で流れている流行音楽はである。 しかし一方で、前述の自動車や一部の家電は撮影当時の最新モデルである。 また、時折紙幣が見えるが、ほとんどはドル紙幣で、後述のサトウの子分が野菜を買い叩くシーンでわずかにだが、撮影当時発行されていたが見られる。 街中にはやたらとがイメージモデルになっているの広告チラシが貼られている。 舞台となる村は米軍基地(劇中はとされている)の中に存在している。 村の土地・権利は全てサトウが握り、栽培された作物や野菜はサトウの子分らに不当に安い値段で買い上げられている(沖縄を含む現実の日本では介在するはずのが存在していない)。 台風時の避難先はに掘られたで、避難を促す半鐘を高い所で叩いているのは子供(少女)である。 村の祭りでは、なぜか村人全員がを所持している。 裏話 [ ] 本編冒頭のシャワールームからクリースとミヤギのくだりまでは、前作のラストの予定で前作時に撮影されていた。 しかし製作陣がミヤギの笑顔で映画が終了する方がいいと判断し、カットされてしまった。 それを2作目の冒頭に使用した。 原題:• 製作年:• 監督:ジョン・G・アヴィルドセン• 音楽:ビル・コンティ ストーリー [ ] 前回の空手選手権の後、コブラ会は9ヵ月間も生徒無しの状態が続いていた(初回のダニエルの敵役ジョニーを破門したことから、ジョニーとその仲間たちがコブラ会から離反したのも原因である、ジョニーはダニエルと仲良くなった)。 困窮したクリースは、の戦友である産業廃棄物処理業者の社長テリー・シルバーを頼る。 シルバーは親友のクリースを破滅へと追い込んだミヤギとダニエルに復讐することを決意、ダニエルを次の空手選手権で倒そうと、カラテの反逆児と異名を持つマイク・バーンズを呼び寄せる。 一方、ダニエルはふとして出会ったジェシカと仲良くなりミヤギに盆栽店をプレゼントしたが、マイクはダニエルを大会に出そうとし、店をメチャクチャにされる。 ダニエルはミヤギの教えを守って出場を断り続けるが、エスカレートするマイクの嫌がらせに、ミヤギの盆栽を守るため、遂に出場を決意する。 ところが、ミヤギは試合用の空手を教えてくれない。 そこへ、マイクを倒すための空手を教えようとあの黒幕シルバーがやってくる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹き替え DVD・BD版 VHS版 フジテレビ版 ダニエル・ラルーソー ラルフ・マッチオ 宮城成義 ノリユキ・パット・モリタ ジェシカ・アンドリュース ジョン・クリース マーティン・コーヴ テリー・シルバー トーマス・イアン・グリフィス マイク・バーンズ ショーン・キャナン スネーク ジョナサン・アヴィルドセン• フジテレビ版:1993年11月27日『ゴールデン洋画劇場』• テレビアニメ [ ]• 原題:• 製作年:• 放送局:• 話数:13話• 音楽:、• 製作:DICエンターテイメント、 キャスト [ ]• ミヤギ:ロバート・イトウ• ダニエル・ラルーソー:ジョーイ・デジオ• タキ: ベスト・キッド4 [ ]• 原題:• 製作年:• 監督:• 音楽:ビル・コンティ ストーリー [ ] ある日、ミヤギは友人・ルイーザから(ルイーザの孫娘である)女子高校生ジュリーをあずかることになる。 しかし、彼女は早くから両親を失い寂しさから荒れきっていた。 ミヤギは空手を通じてジュリーの閉ざされかかっていた心を開いていく。 そんな中、学校では暴力集団アルファ・エリートが幅を利かせ、ジュリーに対しても嫌がらせをする。 ジュリーはさらに恋人・エリックがそのグループの幹部であるデューガン大佐とネッドに袋叩きにされた事を知り、彼らに決闘を挑むことになる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ジュリー・ピアース ケイスケ・ミヤギ エリック・マクゴーウェン クリス・コンラッド ドゥーガン大佐 ネッド マイケル・カヴァリエリ ルイーザ・ピアース コンスタンス・タワーズ 長身の僧侶 上院議員 本人• その他日本語吹き替え:、、、、、、、、、、、、 ベスト・キッド(リメイク版) [ ] 詳細は「」を参照 コブラ会 [ ]• 原題:• 製作年:2018年• 放送局: Red• 話数:10話• 音楽:Leo Birenberg, Zach Robinson キャスト [ ]• ダニエル・ラルーソー:• ジョニー・ロレンス:• サマンサ・ラルーソー:• シッド・ワインバーグ:• アーマンド・ザカリアン:• ルシール・ラルーソー:ランディ・ヘラー• ジョン・クリース:• カイラー:ジョー・セオ(Joseph Seo, 조셉서) 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - チャンネル この項目は、に関連した です。

次の

ベスト・キッド4 : 作品情報

ベスト キッド4

あれはたしか小学校の卒業間近、梅田のピカデリーに友達と3人で観に行った映画が「ベスト・キッド」です。 ベスト・キッド:1985年2月16日公開 インターネットも格安航空券もない時代、アメリカはまだ遠い国でした。 そんなアメリカの映画で、日本の空手を軸にした作品が公開されることに、カンフーブームからの流れもあって、小学生の僕たちはワクワクしたものです。 映画はいまだにファンが多いことからもわかるように、人生で何度も繰り返して観ることになるほど心に残る素晴らしい作品でした。 あれから30年以上が経ち、小学生だった筆者も今ではアラフィフ。 たまたまYouTubeで見かけたのが「Cobra Kai コブラ会)」でした。 なんと、あの「ベスト・キッド」のスピンオフとして、YouTubeのプレミアム限定で公開されていたのです。 しかもベスト・キッドの敵役だったジョニー本人が主役で、ダニエル本人も出演している! もちろん即効でプレミアム会員に登録して一気に全作を視聴しました。 ところどころにベストキッドのファンが喜ぶ演出がちりばめられ、なかなかクールな作品に仕上がっています。 ぜひ「ベストキッド」ファン以外の方にも見て欲しい! そこで、ベストキッドを見たことがない若い世代の人や、昔見たけど何となくしか覚えていないといった人でも、これから「コブラ会」を楽しんでみることが出来るように、ベストキッドのストーリーや要点などをまとめてみました。 このアリを演じているエリザベス・シューは、最近では「THE BOYS」なんかに出ています。 現時点(シーズン2)で「コブラ会」には出ていないのですが、出演する可能性もあるんじゃないかと筆者は期待しています。 浜辺でパーティーが開かれるのですが、そこでもダニエルとアリはいい感じに。 そこにジョニーという不良が仲間とバイクでやってきます。 ジョニーはアリの元カレで、ダニエルとの仲に嫉妬をしたのです。 負けん気だけは強いダニエルと喧嘩になりますが、ジョニーは高校空手チャンピオンなので勝てるはずもなく、みんなの前で恥をかいて負けてしまうわけです。 このジョニーこそが、後の「コブラ会」の主役。 まさかここから35年経っても因縁が続くとは、誰も思っていなかったでしょうね。 ベストキッドでは、ダニエル目線ですが、「コブラ会」でジョニーは、喧嘩してたアリに話をしにいったら、ダニエルが口を出して突然殴ってきたので自分を守ったと回想しています。 その後もアリとはうまくいっているのですが、ジョニーの嫌がらせは続き、自転車で帰宅中にバイクで襲われて顔にあざができる怪我を負います。 それを気にかけていたのが、アパートの管理人の日系人ミヤギさん。 負けん気の強いダニエルは、学校のハロウィンパーティーで、仕返しを試みますが、逆にジョニーたちに返り討ちに逢います。 意識が消えていく中で、管理人のミヤギさんが現れ、空手でジョニーたちをあっという間にやっつけていく姿を目にします。 ミヤギさんは空手の達人だったんです。 翌日ミヤギさんはダニエルを連れて、嫌がらせを止めさせるようにコブラ会に行きますが、弟子をやられたコブラ会の先生に話は通じません。 そこでミヤギさんは「2カ月後のトーナメントで決着をつけよう、その代わりそれまで弟子に手を出させるな。 」という話でまとめるわけです。 当時小学生だった筆者でも、さすがに2カ月は短いと思っていましたが、それは「コブラ会」にも受け継がれています。 ちょっと習っただけでみんな強くなっていく・・。 そこから修業がはじまります。 車のワックスをかけたり、ペンキ塗りで空手の形を体に覚えさせるスタイルは有名です。 ミヤギさんとの友情、アリとの恋愛を描きながら、クライマックスのトーナメントへ。 ダニエルはあまり強くなった印象はないのですが、うまいこと決勝戦へ進み、ジョニーとぶつかることに。 コブラ会の先生の指示で、卑怯に傷めつけながら戦うジョニーでしたが、最後にダニエルの鶴の型からの蹴りの一撃にやられてしまいます。 最後は少し離れたところで、ミヤギさんがほくそ笑んでいるところで映画は幕を閉じます。 以上が「ベスト・キッド」のあらすじになります。 ミヤギさん役はパット・モリタ・ノリユキさんが演じていますが、当初は三船敏郎さんにオファーがあったそうです。 もし三船さんが引き受けていたら、また違った印象の映画になっていたかもしれませんね。 ベストキッド2~4 ベストキッドには2~4までの続編があるので、少し触れておきますが、4は省きたいと思います。 主人公は女の子なんですよね。 「ミリオン・ダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンクです。 ダニエルは出てないので「コブラ会」をみるには必要ないでしょう。 ベスト・キッド2:1986年 ミヤギさんの故郷である沖縄が舞台になった話ですが、冒頭はベストキッドの試合後を少し描いています。 コブラ会の先生がジョニーの2位のトロフィーを壊して、暴力をふるっているのをミヤギさんが止めに入って懲らしめるのです。 その後、沖縄のミヤギさんの父が危篤ということで、ダニエルを連れて沖縄に向かいます。 アリとは別れたようです。 沖縄といっても、実際にはアメリカやフィリピンで撮影されたので、実際の沖縄とはかなりちがうのですが、当時は沖縄のこともそんなに情報がなかったので、こんなものなのかと思ってみていました。 沖縄ではミヤギのかつての恋敵であるサトウとのいざこざがあり、サトウの甥とダニエルが対決することにるのですが、なぜかデンデン太鼓の動きのような型でダニエルが勝利するというのが大まかなストーリー。 タムリン・トミタさん演じるクミコとの恋愛描写が少しありますが、あまり印象には残りませんでした。 せっかく日本が舞台なのに、生粋の日本人も出演していないし、どこの国かよくわからない、ちょっと残念なパート2でありました。 ベスト・キッド3最後の挑戦:1989年 コブラ会を潰されて困窮したクリース(先生)は、ベトナム戦争時代の金持ちの親友シルバーと組んで、ミヤギとダニエルに復讐しようとします。 そこで空手の反逆児マイクを雇って、ダニエルを挑発させて大会に出場させて潰そうとするわけです。 今回もちょっとした恋愛的なことがありますが、あまり記憶にないので端折ります。 ミヤギさんの教え通り、挑発に乗らないダニエルでしたが、大会の申込書にサインをせざるを得ない嫌がらせに追い込まれ、ついにサインをしてしまいます。 でもミヤギさんは空手の稽古をつけてくれません。 しょうがないので一人で稽古していると、マイクが殴りこんでくるのですが、それを黒幕のシルバーが助ける芝居をして、ダニエルを取り込みます。 騙されているとも知らずに、シルバーに空手を教えてもらうダニエルは、コブラ会の道場訓「情け無用」を叩きこまれるのでした。 ダニエルは後の「コブラ会」で、自分もコブラ会の生徒だったことがあり、洗脳されたことを語っています。 暴力的になり、ミヤギさんとも心が離れつつある・・。 我に返り、試合出場を止めるので稽古はもう必要ないことをシルバーに告げに行くと、シルバーがネタ晴らしをします。 シルバー、マイク、クリースの3人でダニエルを取り囲みますが、ミヤギさんが現れて3人をやっつけてしまうのでした。 それでもダニエルを煽るシルバーとクリースをみて、ミヤギさんが稽古をつけてあげることになります。 そのために、ポイントを取ったら反則業でポイントを取らせて、痛めつけた挙句に延長戦で勝つというシナリオをマイクに課します。 その結果、ダニエルは戦意喪失でパニック状態に陥りますが、ミヤギさんの「試合に負けるのはいいが、自分に負けてはいけない」という言葉に正気をとり戻すのでした。 さらに大声でダニエルを罵るマイクでしたが、冷静になり「はじめ」の合図とともに空手の型をはじめるダニエルをみて、逆に冷静さを失います。 そしてマイクの突きをかわして投げ飛ばしたところに突きを決めて、ダニエルは勝利を収めるのでした。 床を叩いて悔しがるマイクに、コブラ会の復活をあきらめたように会場を去っていくシルバーとクリース。 ダニエルとミヤギさんが抱き合ったところで、映画は幕を閉じます。 ベストキッドの制作が1984年で、翌年の設定であるパート3の制作が1989年なので、5年も経ってるんですよね。 ダニエルは高校生役ですが、ラルフ・マッチオは最初からすでに二十歳を超えていたので、3のときは27歳ということになります。 童顔ですね。 コブラ会をより楽しんでみるために コブラ会(Cobra Kai)では、ベストキッドで悪ガキのリーダーだったジョニーが主役となります。 ダニエルもそこそこ登場しますが、基本的にはジョニー目線です。 喧嘩中の恋人であるアリにちょっかいを出され、殴ってきたので自分を守った。 結局はアリを奪われることに。 それから何カ月も経ったのに、ハロウィンパーティーで水をかけてきたので、けりをつけるために痛めつけたら、空手の師匠が出てきてボコボコにされた。 それで障害を負った仲間もいる。 というのが、ジョニーの記憶です。 本当は自転車を襲ったり、他にも嫌がらせをしてるんですが・・。 ベストキッドの最後には、自らトロフィーをダニエルに渡して称えているので、恨みは消えたと思っていたのですが、そうではなかったみたいです。 ダニエルに自分の人生を惨めなものにされたと思っているのです。 ダニエルは町で売車販売の経営に成功して、裕福な家庭を築いているので、余計にそう思うのでしょう。 ですが、「コブラ会」でのジョニーはなかなか前向きな考えを持っています。 さすがは主役です。 生徒想いだし、たまに大人げない態度も取るけれど、成長しようとしているのがわかります。 逆にダニエルの方が大人げないことが多いかも。 ダニエルの娘、ジョニーの息子、弟子をメインに、物語は進んでいきます。 ジョニーがちょっとかわいそうだと思うことが多いですが、最終的にどうなるのか気になるところです。 50歳を過ぎた大人が元気に活躍するのは、アラフィフとしてもうれしいですね。

次の

楽天ブックス: ベスト・キッド 4

ベスト キッド4

『ベスト・キッド』とは、1984年に製作されたアメリカ映画。 いじめられっ子の男子高校生がカラテを通して成長していく姿を描いた青春アクション映画。 コロンビア映画の製作・配給で、日本公開日は 1985年2月16日。 プロデューサーは『ナッシュビル』『ダイナー』のジェリー・ワイントローブ、監督は『ロッキー』で一躍脚光を浴びたジョン・G・アヴィルドセンが担当。 脚本は本作のシリーズが代表作となるロバート・マーク・ケイメン。 撮影は『ロッキー』のジェームズ・クレイブ。 音楽も『ロッキー』のビル・コンティが担当している。 また主題歌となる「The Moment Of Truth」を、『ロッキー3』の主題歌「アイ・オブ・ザ・タイガー」で大ヒットを記録したロック・グループ「サバイバー」が歌っている。 キャストは主演の高校生「ダニエル」役に、『アウトサイダー』で注目された、当時23歳のラルフ・マッチオ。 空手の達人「ミヤギ」役には、日系二世のアメリカ人、ノリユキ・パット・モリタが抜擢され、第57回 アカデミー賞と第42回 ゴールデングローブ賞でいずれも助演男優賞にノミネートされた。 本作のヒットにより、監督ジョン・G ・アビルドセン、主演ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタで、『ベスト・キッド2』(1986)『ベスト・キッド3』(1989)と2本の続編が製作された。 また、1994年に主人公を女の子に替えた『ベスト・キッド4』、2010年にはジャッキー・チェンを主役に抜擢した第1作のリメイク版『ベスト・キッド』も製作されている。 『ベスト・キッド』のあらすじ・ストーリー ダニエルは同じアパートの管理人で修理屋を開業している日系人・ミヤギと出会う。 高校生のダニエル・ラルーソーは、母親ルシール・ラルーソーの仕事の都合でニュージャージーからカリフォルニアへ、二人で引っ越して来た。 ダニエルはすぐに同じアパートに住む同年代の少年・フレディと知り合い、明日ビーチ・パーティに来ないかと誘われた。 翌日、ダニエルは浜辺でフレディと仲間の少年たちでサッカーをしていた。 そして同じ浜辺に泳ぎに来ていた女の子たちの中で飛び切り可愛いお金持ちの娘、アリ・ミルズにひと目惚れする。 アリもダニエルに興味を示し、二人はサッカーボールで楽しそうに遊んでいるとそこへオートバイに乗った数人の若者の集団が現れた。 リーダー格の少年はアリの元カレのジョニー・ロレンスで、彼はアリとダニエルの様子を見て激怒し、ダニエルを簡単に叩きのめしてしまう。 「カラテをやっている」と豪語していたダニエルがあまりに弱いので、愛想を尽かしたフレディたちはダニエルを置いてさっさと引き上げてしまった。 ダニエルが転校したハイスクールにはアリも通っていて、彼女とは仲良くなっていくが、ジョニーたち不良グループも同校の生徒であり、彼らはダニエルを見つけるとすぐに彼をいじめに掛かり、ダニエルにとっては地獄の日々が続くのだった。 そんなある日、ダニエルが家で教本を見ながらカラテの練習をしていると、同じアパートの管理人で修理屋を開業している日系人・ミヤギが水道の修理にやって来た。 彼は修理をしながらダニエルの練習を興味深く見ていた。 だがそこにはあのジョニーたち不良グループがおり、そそくさと諦めるダニエルだった。 ダニエルはミヤギに同行を頼み、ジョニーたち不良グループのいる街のカラテ道場「コブラ会」に乗り込んだ。 ハイスクールでのハロウィンパーティの夜、ダニエルはジョニーへの仕返しで彼にイタズラを仕掛けるのだが、怒ったジョニーと不良グループに追いかけられてしまう。 そしてダニエルは自宅アパートの近くで彼らに捕まり、集団でリンチを受ける。 だがその様子を偶然見ていたミヤギがダニエルを救いに入り、ジョニーたちをあっという間にやっつけてしまった。 ミヤギに介抱されたダニエルは、彼が沖縄で父親からカラテを教わった事を聞く。 ダニエルはカラテを教えてくれるよう哀願するが、ミヤギは「暴力では何も解決しない。 カラテは防御のみ」とつれない返事。 だが、「友達(不良グループ)はカラテをやっているがその悪い態度は先生を見ているのだろう。 」とも話すミヤギ。 「それなら彼らの道場の先生に話を着けに行こう」とダニエルはミヤギにコブラ会への同行を頼むのだった。 翌日、ダニエルとミヤギはコブラ会に乗り込むと、師範のジョン・クリースが門下生に対し「戦う相手は敵だ。 敵に情けは無用だ」という指導をしていた。 ミヤギは黙って見ていたが、内心はその指導方針を許せなかった。 そしてクリースとコブラ会に対し、それまではダニエルに一切手を出さないことを約束するのだった。 ダニエルは一目惚れした同じハイスクールのお金持ちの女の子・アリとのデートを重ねる。 2か月後の大会に出る事になったダニエルにカラテを教える決心をしたミヤギは、早速郊外にある彼の自宅で特訓を始める。 だが、最初は車のワックス掛け、次に床磨き、そして垣根のペンキ塗りと、空手に関係のない練習ばかりだった。 不信に思ったダニエルだが、我慢して数日間はそれを続けた。 だが流石にしびれを切らしたダニエルは、「空手を教えてくれる約束だ!」とミヤギに抗議する。 そこでミヤギはダニエルを自分の前に立たせ、ワックスがけ、床磨き、ペンキ塗りで教えた手の動きを確認させると、彼はいきなりダニエルに対して拳を付き出した。 すると、ダニエルはそれを反射的に手の動きによって防御することが出来たのだ。 関係ないと思っていた練習がすべてカラテの防御の練習になっていたのだった。 それからのミヤギはダニエルにとって掛け替えのない存在となり、海や川にも出掛け、カラテの本格的な練習に明け暮れる日が続く。 一方でダニエルはアリとのデートを重ねていた。 だが、ダニエルはお金持ちの家に育った彼女との温度差を次第に感じ始めていた。 そしてある夜、アリが高級クラブで両親と食事をするというので、その後に合う約束をしたダニエル。 しかしなかなかアリが来ないので、様子を見にこっそりとクラブに入り込んだダニエルは、そこで彼女が元カレのジョニーとキスをしている現場を目撃した。 ショックを受けたダニエルはその場から逃げ帰ってしまうのだった。 ある日、ダニエルの誕生日をミヤギが祝ってくれた。 そして彼はダニエルに、昔、妻が作ってくれた道着と、ダニエルがワックス掛けをした高級車を1台プレゼントした。 ダニエルはその車でアリに会いに行く。 そしてジョニーとのキスの事を責めると、一緒に居た彼女の友達から、アリはジョニーに無理やりキスを迫られ、彼を殴って手をくじいたのだという。 アリの自分への思いを理解したダニエルは彼女に謝ると彼女を抱きしめ、二人は熱いキスを交わすのだった。 少年カラテ選手権大会で決勝戦まで勝ち上がったダニエルはジョニーとの対戦を迎えた。 少年カラテ選手権大会の日がやって来た。 会場は沢山の選手と観客で埋め尽くされ、さすがに緊張を隠せないダニエルだったが、ミヤギを信じて試合に臨む。 コブラ会のメンバーも大勢参加しており、2回戦から4回戦はいずれも彼らと当たるが、何とか撃破するダニエル。 一方、優勝経験があり、本大会の優勝候補であるコブラ会のジョニーも順当に勝ち上がっていた。 そしていよいよ準決勝。 目の前でジョニーの試合が始まり、圧倒的な強さで勝利する彼に目を見張るダニエル。 自分の相手はコブラ会の不良グループの1人・ボビーである。 だが試合の直前、コブラ会の師範・クリースはボビーに「勝たなくていいから動けなくしろ!」と敢えて反則を指示。 「失格になる」と困惑するボビーだが師範には逆らえない。 試合開始早々にボビーはダニエルの左足に蹴りを入れ負傷させた。 ダニエルは反則勝ちとなるが、一旦医務室へ運ばれた。 だが15分で戻らなければジョニーの不戦勝優勝が決まってしまう。 ここで終わりにしようというミヤギだが、ダニエルのこれまでにない闘争心にほだされると、彼はダニエルの足におまじないを掛けた。 15分経った決勝の舞台に足を引いてダニエルが現れた。 呆気に取られるジョニーは、試合が始まるとダニエルの気迫に押され苦戦する。 そこでまたも師範のクリースから「足を狙え」と非情な指示があり、困惑しながらもダニエルの足を集中的に攻撃するジョニー。 会場からブーイングが起こる中、ついに決定的なダメージを受ける一発を食らったダニエル。 そして右足の蹴りがジョニーの顔面を捕らえ見事に勝利した。 負けたジョニーは「立派だった。 君の勝利だ!」と自ら優勝トロフィーをダニエルに手渡す。 駆け付けた母親やアリー、フレディや友人たちに抱えられ、「ミヤギ!僕たちやったよ!」と喜ぶダニエルに、ミヤギはいつもの厳しい表情がほころんだ。 沖縄出身の日系二世の老人。 本名は宮城成義。 ダニエルの越したアパートの管理人で修理屋も開業しているが、実は従軍の経験もあるカラテの達人。 出征中に日系人収容所にいた妊娠中の妻が、出産による合併症でお腹の子共々死亡するという悲しい過去がある。 ダニエルの家に水道の修理に行ったのが彼との出会いで、その後、悪友にイジメられているダニエルを救ったことで彼にカラテを教えることになる。 アリ・ミルズ(演:エリザベス・シュー).

次の