メガドンキ ユニー 伊勢崎。 ドン・キホーテ×ユニー,ドン・キホーテUNY,ピアゴ香久山,アピタ掛川,

MEGAドン・キホーテUNY伊勢崎東店、2019年6月25日開店-アピタ跡に

メガドンキ ユニー 伊勢崎

2020年2月中旬、アピタ岐阜店はユニーとドン・キホーテのダブルネーム店舗に生まれ変わる。 ダブルネーム店舗とは、ドン・キホーテUNYまたはMEGAドン・キホーテUNYのことを意味する。 現在の営業時間は午前9時〜午後9時となっているが、業態転換後は早朝や深夜の営業時間が拡大する予定だ。 そこで、地元のPTAや自治会などで構成される「加納西まちづくり協議会」が、2663人の署名とともに「深夜と早朝の営業時間拡大をやめてほしい」といった要望をアピタの運営会社に提出したのだ。 朝日新聞は9月14日、「(リニューアル後)営業時間が現在の午前9時〜午後9時から午前8時〜深夜0時に変更になる可能性を示した」「店の周辺は住宅街で、約300メートルの圏内に加納西小学校、陽南中学校、加納高校がある」と報じている。 ドン・キホーテなどを運営する、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH、旧ドンキホーテホールディングス)は、18年6月期に6店舗、19年6月期に10店舗、アピタとピアゴを業態転換した。 22年をめどに、約100店舗を業態転換する方針だ。 アピタやピアゴを運営するユニーはPPIHの子会社であり、東海地方を中心に172店舗を運営している(8月末時点)。 ユニーの関口憲司社長はドンキ出身だ。 現在のところ、業態転換は成功している。 PPIHの決算説明資料によると、19年6月期に業態転換した店舗の19年2〜6月における売り上げ、客数、粗利高(粗利益)は、前年同期比(転換前)でそれぞれ223%、168%、207%と伸びている。 18年6月に業態転換した6店舗も、同様に好調な業績を維持している。 業態転換の前後で、店舗の売り上げ構成比も大きく変わっている。 転換前のピアゴやアピタは、売り上げに占める食料品カテゴリーの割合が約8割。 転換後はその割合が約5割にまで低下する一方、日用雑貨・家電・スポーツ/レジャー用品などの比率が4割近くに増加している。 転換後の店舗では、「ニューファミリー」「若年層」「男性」のお客が増えているという。 9月24日にリニューアルオープンした「MEGAドン・キホーテUNY武豊店」(旧ピアゴ武豊店、愛知県武豊町)の場合、新たに家電・スマホパーツ売り場を展開したり、機能性アウターウェアなどを扱ったりしている。 ドン・キホーテUNYの売り場面積は4000〜5000平方メートルで、アイテム数は5万〜6万点。 MEGAドン・キホーテUNYの売り場面積は5000〜1万3000平方メートルで、アイテム数は7万〜10万点となっている。 業態転換にあたっては、営業時間を延長するのが基本路線だ。 関連記事• ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。 店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。 ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。 スタバは大都市の一等地に多くの店舗を構えている。 1杯数百円のコーヒーを販売しており、店に長居するお客も多い。 家賃が200万円以上するような場所でも利益が出せる秘密とは?• ウォルマートによる売却報道が飛び出た西友は、毎日安売りをするEDLP(Everyday Low Price)で苦戦している。 しかし、同じスーパー業態のオーケーや、ドラッグストアのコスモス薬品のように、EDLPで成功しているケースもある。 どこで差がついたのだろうか。 ドンキホーテホールディングスが社名を2019年2月1日に変更する方針を示した。 新しい社名はパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス。 どうして「ドンキ」の名前を捨てたのか。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。

次の

UDリテール/アピタ伊勢崎東店「MEGAドン・キホーテUNY」に業態転換

メガドンキ ユニー 伊勢崎

ドンキの大原孝治社長は「ユニーの店舗をドンキホーテに転換していくうえでは、緊密な関係を築いてアドバイスをしていかなくてはいけない。 そのときにわれわれがリスクを取らずにコンサルタントのような形で話をしても説得力がない」と述べ、資本提携に踏み切った経緯を説明した。 それだけではない。 大原社長は「ユニーファミマとドンキが大同団結をしていく第1歩として『血縁者』になるべく40%の出資をした。 経済合理性にかなっていないかもしれないが、流通業を変えるためにはリスクをとっていかなければならない」と強調した。 GMSの2~3階でドンキを展開 では、具体的に両社でどのような連携をしていくのか。 ユニーについては、一部の店舗をドンキと統合したダブルネームの新業態に転換する。 1号店のオープンは2018年度中を予定している。 握手を交わす両社長。 ドンキは本気でGMS改革に乗り出す構えだ(撮影:今井康一) 売り上げ動向を見定めた上で、他店舗でも業態転換を行うかを検討する。 そのほか、ユニーが閉鎖予定の店舗については、居抜きでドンキが入る予定だ。 ユニーは2016~18年度にかけて36店の閉店を計画。 2016年度には9店舗を閉鎖、2017年度は15店舗の閉店を予定している。 ドンキが閉鎖する店舗の中から物件を選定し、活用する構えだ。 一部の店舗については、フロアごとに運営を分ける可能性もある。 「GMSの問題は2、3階で販売する衣料品や住居関連品が苦戦していること。 ドンキは日用雑貨が強く、2、3階を(ドンキの売り場として)使ってもらえば親和性がある」(髙柳社長)。

次の

驚安ドンキが苦境の「ユニー」に入り込むワケ

メガドンキ ユニー 伊勢崎

ドン・キホーテの本店格の店舗「渋谷本店」。 渋谷唯一の「総合スーパー」として地域住民からの指示も集める ついに「流通再編の切り札」といわれる企業が動いた。 ディスカントストア大手の「ドンキホーテHD」(目黒区、以下ドンキHD、社名変更予定)は、業務資本提携している「ユニー・ファミリーマートHD」(東京都豊島区、以下ユニー・ファミマHD)の子会社である大手総合スーパー「ユニー」(名古屋市)の全株式を取得することを10月11日に発表。 合わせて、ユニー・ファミマHDはドンキHDの株式を株式公開買い付け(TOB)で最大約20パーセント取得することも発表した。 かつて大手スーパー「長崎屋」やダイエーの海外店舗を買収、この8月にも西友買収への興味を示すなど、流通再編の立役者となりつつあるドン・キホーテ。 ドン・キホーテは1978年にディスカウントストア「泥棒市場」として西荻窪で創業。 1989年に「ドン・キホーテ」1号店を東京都府中市に出店して以降、急速に店舗網を拡大し、2017年11月の「MEGAドン・キホーテ山科店」開店により総店舗数は400店舗を突破している。 ドンキHDは、2017年11月にユニー・ファミマHDと業務資本提携を実施し、ユニー・ファミマHDの100パーセント子会社となっていた総合スーパー「ユニー」株式の40パーセントを取得。 さらに「UDリテール」を設立し、2018年2月からはユニーの既存店6店舗をドンキ主導型のユニーとドンキのダブルネーム店舗「MEGAドン・キホーテUNY」へと転換していた。 今回、ドンキは残るユニー株60パーセントについても取得することを発表。 ユニーはドンキの完全子会社となる。 譲渡時期は2019年1月、取得額は約282億円。 この額は、仮にユニーが展開しているショッピングセンター業態「ウォークモール」の新築費用に換算すると僅か3~4店舗分でしかない。 ユニーの店舗に長く親しんだ人にとってみれば「年商7000億円規模のユニーが格安で買収されてしまった」という事実にショックを受ける人も少なくないであろう。

次の