呪 怨 ビデオ オリジナル 版。 ホラー映画「呪怨」シリーズの一覧を公開順にまとめ

gma.rusticcuff.com: 呪怨 (ビデオオリジナル版): 三輪明日美, 三輪ひとみ, 栗山千明, 柳ユーレイ: generic

呪 怨 ビデオ オリジナル 版

ホラー映画「呪怨1、2(ビデオ版)」をまとめてレビュー 「伽椰子(かやこ)&白塗りブリーフ小僧」がやりすぎ&無敵すぎワロタ 伽椰子「小林クンをドーン」 伽椰子の階段おりで有名な「呪怨」は、井戸の貞子ことと並んで和製ホラーの一大ブームを築き上げた映画ですね。 この「呪怨」シリーズは、1999年に公開されたビデオオリジナル版(2作品)と2003年に公開された劇場版(2作品)があります。 2006年には、続編にあたる「呪怨 パンデミック(The Grudge2)」まで製作されました。 外伝的な作品として「呪怨 白い老女」や「呪怨 黒い少女」などもあります。 (2009年に公開) さて、今回はそんなバリエーション豊かな「呪怨」シリーズの中でも 原点であり、 最怖と名高い、ビデオオリジナル版の2作品をレビューしていきたいと思います。 「何か怖い映画を見たい!」なんて人の参考になれれば嬉しいです。 それは、死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。 その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる。 佐伯家には俊雄しかいなかった。 佐伯家は異常なくらいに散らかっており、何やらただならぬ気配が漂っていた。 俊介は俊雄と一緒に彼の母・伽椰子の帰りを待つことにするが・・。 後の全身白塗りブリーフ小僧である。 レビュー オムニバス形式っていうんですかね。 登場人物は小林俊介以外にもたくさんいて、みんなそれぞれに佐伯親子(伽椰子&俊雄)の襲撃に合います。 どのエピソードも時系列がバラバラのため頭がこんがらがりそうになるんですけど、よーく見ると他の話とつながっていたりして、最後まで飽きることなく楽しめました。 で、肝心の怖さなんですけど、 「和製ホラーの不気味な怖さ」と「洋画によくあるビックリ系の怖さ」がいい感じにマッチしていました。 和製ホラーの不気味な怖さっていうのは、「すぐ近くに得体の知れない何かがいる!」という不気味な感じとでもいうのでしょうか。 その中でも、「村上家のエピソードで母・村上典子が自宅で電話をしている後ろで とあるモノが一瞬だけ映る」というシーンがあるんですけど、そのシーンでの とあるモノの映し方が上手だなあと感じました。 さりげないというか自然というか、人の恐怖をかき立てる映像の見せ方がバツグンに上手いんですよね。 そして、その直後の典子の壮絶な叫びは必見です。 典子役の女優・吉行由実さんの演技がスゴいです。 その他には、終盤で伽椰子の夫・剛雄が電話で小林に言うセリフがめっちゃ怖かったです。 「死んだ人間よりも生きている人間のほうがよっぽど怖い」という感じですね。 洋画によくあるビックリ系の怖さっていうのは、のラストシーンのように、私たち視聴者を真正面から怖がらせにかかってくるやつです。 本作でいうと「伽椰子の階段おりや俊雄の猫声シャウト」あたりでしょうか。 私はこの手の恐怖にはすっかり免疫がついてしまい、怖がるよりも先に笑ってしまうことのほうが多いのですが、ダメな人にはたまらなく怖いと思います。 そうそう、本編とは関係ないんですけど、有名どころの俳優が出演していないのが「 ストーリーや演出に集中できるからいいよなあ」と感じました。 ホラー映画に有名俳優が出演していると、ついついその俳優にばかり目がいってしまうんですよね。 栗山千明がちょい役で登場します。 今ではトップ女優の彼女もこの頃はまだまだ無名だったんですね。 達也は心霊系の話に詳しい妹・響子にその物件が本当にいわくつきかどうかを確かめてもらおうとする。 その物件とは、佐伯一家が住んでいた家であった。 レビュー 本編の最初30分がまんま前作のダイジェストという、ある意味衝撃的な映画です。 上記あらすじに書いてあることは、実は前作ラストの出来事なんですよね。 「 前作を見た人は30分飛ばしたらOK、前作を見ていない人はいきなりコチラから見ても大丈夫」といったところでしょうか。 実質の本編は50分弱なので、前作と続けて見ても大して疲れないのがいいですね。 「話が少しずつつながっていく」のが面白かったオムニバス形式のストーリーも健在です。 では、感想。 前作での 伽椰子&俊雄は佐伯家に関わった、もしくは佐伯家に入った人たちを呪い殺していくのが主な仕事でした。 でも本作の伽椰子&俊雄は、人を殺す&怖がらせることに味をしめたのか、佐伯家に関わった人だけではなく、その人とつながりがあるだけの無関係の人まで情け容赦なく呪い殺していくんですよね。 「呪いのビデオを見た人を殺す」という、リングのようなホラーではなく、「近づいた人はみんな殺す」という、見事なまでの無差別殺人っぷりはやに登場する殺人鬼のそれに近いですね。 「 呪怨といいながら怨みがない人を殺すのってどうなんだ」とは思うのですが、達也の両親や達也の息子、事件を捜査していた刑事など、関係ない人たちを次々に怪死させていく流れはなかなか見ごたえがありました。 刑事さん、後ろ、後ろ! 達也の父親が襲われるシーンで「部屋の壁にかかっているご先祖様の肖像画がすべて伽椰子の写真に差し替えられている」のも芸が細かくて良かったです。 リングの犠牲者を思わせるような、殺された人たちの歪んだ変顔もお見事でした。 洋画よろしくのストレートな恐怖だけではなく、 不気味な怖さも健在でした。 その中でも、伽椰子に憑りつかれた主婦・北田良美がフライパンをフルスイングするシーンの殺伐とした感じが実際にありそうでとても怖かったです。 近所にいそうな感じの美人さ加減が何ともリアルでいいですね。 ちなみに、右の郵便局員役の人はダンカン。 「股の下からババーンと登場」「影分身の術」など、 伽椰子が私たち視聴者をいかに怖がらせるのかを頑張りすぎている感があるのが気にはなりますが、ホラーとコメディって紙一重な感じがするので、これはこれでアリかなあと。 窓からのそのそと入ってくる伽椰子さん。 蹴り飛ばしたら勝てそうな気がしなくもないですね。 見る場合は2作目とセットで見たほうがいいかもしれません。 はじめの30分が1作目のダイジェストのため、いきなり2作目から見ても大丈夫です。 そうそう、1作目で詳細が不明だった村上典子の息子・強志(つよし)と娘・柑菜(かんな)の短編エピソードの動画がありました。 2つとも1998年にTVで放送されたスペシャルドラマ「学校の怪談G」で放映されていた短編エピソードです。 このころにはもうすでに呪怨の構想ができていたんですね。 強志の話は「444-444-4444」、柑菜の話は「片隅(かたすみ)」です。 1作目を鑑賞してから見るように〜。 スポンサーリンク 関連作品 おばあちゃんの呪い。 上半身だけの女幽霊。 へ|へ サントラ サントラはビデオオリジナル版のものではなく、劇場版1、2のものです。 「おどろおどろした旋律が印象的だったビデオ版のテーマ曲」が29曲目に収録されていたので掲載してみました。 (視聴可) 34曲目には、喉をつぶされた伽椰子独特の声も収録されています。

次の

日本一怖い映画「呪怨 ビデオオリジナル版」上映‐ニコニコインフォ

呪 怨 ビデオ オリジナル 版

ホラー映画「呪怨」シリーズの一覧を公開順にまとめ 「呪怨」といえば、日本で最も知名度の高いホラー映画のひとつですよね。 ただこの呪怨、面白いことには面白いのですが、同シリーズの作品がたくさんあるため、自分でも「どれがどれやら、どれから見たらいいのやら・・・」という感じだったので、今回は、現在公開されている呪怨シリーズを簡単にまとめてみました。 個人のメモ書きではありますが、これから呪怨シリーズを見ようと思っている人の参考になれれば幸いです。 興業的な売り上げはそれほどではなかったものの、じわじわとクチコミで評判が広まり、そのおかげで劇場版の製作が決定したそうです。 「シリーズ最怖」と評されるのが多いこともあってか、けっこう怖いです。 かの有名(?)な伽椰子の階段降りもこの作品からですね。 後述する2(ビデオ版)とあわせて、詳細はにて。 ストーリーもそのままつながっています。 伽椰子の出番は1より多めです。 余談ですが、やなど、この頃(2000年前後)に公開された邦画のホラー映画には面白いものが多いような気がします。 公開当時テレビや雑誌で頻繁にとりあげられていたこともあってか、シリーズの中での一般的な知名度は、この作品が1番高いのでしょうか。 「布団の中から伽椰子が・・・」の描写がトラウマになった人は私だけではないはず。 後述する2(劇場版)とあわせて、詳細はで。 1(劇場版)はかなり怖かったのですが、コチラは伽椰子や俊雄くんの出番が多すぎて、怖いを通りこしてギャグ要素が強くなってしまっています。 それはそれで面白いのですが。 ・外伝なので伽椰子は登場しない。 ・その代わりに「バスケットババア」という、文字通りバスケットボールを抱えたおばあちゃんが襲ってくるギャグ全開の描写があるらしい。 ・「とある家の長男が家族を皆殺しにしていく描写がリアルに描かれている」というグロ要素があるらしい。 バスケットババアのB級感はちょっと気になるものの、私はグロ(ゴア)要素が苦手なので、なかなか手が出せずにいます。 余談ですが、「呪いつづけて、10周年」というキャッチコピーが個人的に気に入っています。 センスを感じます。 生まれることができなかった女の子(A)の怨みや憎しみが実際に生まれたもう片方の女の子(B)の中で育ち、いろいろと手に負えなくなり、霊能者の力を借りたりなんかして・・・という話。 「人気映画のスピンオフ作品は駄作が多い法則」の例にもれず、評判はイマイチなのですが、とあるブログにあった「肉体を手に入れた黒い少女が伽椰子とタメをはれるくらいに強い」という感想が気になり、多分つまらないんだろうけど、機会があれば見てみたいなあと思っています。 私はまだ見ていないので何とも言えないのですが、Amazonのレビューでは「大して怖くない」とか「俊雄が大きいのでブリーフ姿が変態みたいに見える」とか「ジャパニーズホラーは終わった」とか、さんざんな評判ですね。 回を重ねるごとに面白くなくなっていくのは、シリーズものの常なんでしょうかね。 とはいえ、以前よりも上手くなったと言われている佐々木希の演技を見てみたいというのもあります。 関連動画:呪怨 -ザ・ファイナル- 本予告 家を壊したら呪いは消えるだろうという、もっともなんだけど伽椰子さんには効かないだろうな、という理論。 のあらすじを読む限りでは、「終わりの始まり」の続編にあたるのでしょうか。 「終わりの始まり」で佐々木希が演じた生野結衣の姉・麻衣(平愛梨)が主役です。 呪怨シリーズはこれにて完結だそうなのですが、上映終了後に「貞子vs伽椰子」の予告が入っているそうです。 こんなの、もうどうやったってギャグ映画にしかならないような気がするww ここから先はハリウッド版。 ちなみに、原題にある「Grudge」とは恨みや遺恨という意味です。 では以下、ネットで調べた内容や感想を簡単にまとめ。 ・監督はビデオオリジナル版、劇場版と同じ清水崇。 ・舞台は日本、設定も日本。 登場人物は外人。 ・内容は劇場版第1作目のリメイクと言っていい。 ・いろいろと説明不足気味だったオリジナル版に比べて、ストーリーが分かりやすい。 日本のビデオ版や劇場版では時系列がバラバラで進行するため、気を抜くとすぐに頭がこんがらがり、話が分からなくなってしまうのですが、このハリウッド版ではそういったことがないようです。 これから呪怨シリーズをはじめて見る、という人にはいいかもしれませんね。 話は変わるのですが、DVDのジャケット画像が私にはリングの貞子に見える・・・。 パンデミックとは、感染症が広範囲にわたって流行すること。 (例:中世ヨーロッパのペスト) ・監督は前作と同じ清水崇。 ・伽椰子が人並外れた強大な力を持っている理由が明かされる(ビデオ版やオリジナル版とは違う、後付け設定) ・「バーンと出てきて観客を怖がらせ、出番が終わったらサっと引っこむ」という洋画テイストの恐怖描写が多い。 ・日本語吹き替え版のキャスティングがイマイチ。 (プロの声優ではなく、お笑い芸人が担当) 怖いとか怖くないとかよりも、伽椰子についての謎が明かされることが重要、という感じの映画ですね。 評判は可もなく不可もなく、といったところです。 ネットで見つけた感想をザックリとまとめると、 ・監督は清水氏ではなく、トビー・ウィルキンスという人。 ・伽椰子がシカゴで大暴れ。 ・伽椰子の妹が登場する。 ・とりあえずみんな死ぬ。 ・もうほとんどギャグ映画。 こんな感じです。 評判はイマイチなのですが、そこはかとなく漂うB級テイストに惹かれている自分がいます(笑 .どれが1番おすすめ? 私自身、見ていない作品の方が多いのであまり偉そうなことは言えないのですが、これからはじめて「呪怨」を見るのであれば、シリーズの原点とも言えると、その後に製作されたがおすすめです。 ストーリーの完成度ではビデオオリジナル版、単純な怖さでは劇場版といったところでしょうか。 これらの4作以外では、ストーリーが分かりやすいというハリウッド版の1作目も良さそうです。 それにしても呪怨って、TVゲームの某最終幻想シリーズではありませんけど、シリーズが続くにつれて、評価が下がっていっているような気がします。 もうそろそろ、伽椰子さんと俊雄くんは休んでもいいと思うんですよ。 おわり スポンサーリンク 関連作品 上半身だけの女幽霊。 ぐるぐる、ぐるぐる。 こういうホラーが1番怖い。 母と娘と。

次の

【映画の感想】『呪怨2(オリジナルビデオ版)』(2000年、日本)

呪 怨 ビデオ オリジナル 版

呪怨2 ビデオオリジナル版 呪怨2 ビデオオリジナル版 監督:清水崇 脚本:清水崇 出演:大家由佑子、藤井かほり、 齋藤繭子、柳ユーレイ、ダンカン ストーリー 「伽椰子」…小学校教師の小林は、大学時代に同級生だった伽椰子の息子であり、現在の教え子でもある俊雄の家を訪れた。 しかし、両親はいつまで経っても帰って来ない。 何者かの気配を感じ取った小林は、大学時代に伽椰子が書いていた日記帳を発見。 そこに記されていたのは、伽椰子が小林に抱いていた病的なまでの恋心、 ストーキング記録であった。 さらに2階の天井裏で、夫に惨殺された伽椰子の死体を発見。 すぐさま、俊雄を連れて逃げようとするが、伽椰子の夫、剛雄から電話が入る。 その内容は、小林の妻と胎内にいる赤ん坊を殺害したことを示唆するものであった。 放心状態の小林に、怨霊となった伽椰子が襲い掛かる。 一方、剛雄もゴミ捨て場に現れた伽椰子の怨霊に呪い殺されるのであった。 「響子」…不動産屋を営む兄、達也に呼び出された響子。 曰くつきの物件(佐伯家)を調べてほしい、という依頼であったが、霊感の強い響子はそこに足を踏み入れた途端に、只ならぬ気配を感じ取る。 結局、響子の警告も虚しく、北田夫妻がそこへ引っ越してきた。 響子は友人の協力により、過去に起こった惨劇の内容を知る。 すぐ様、情報を伝えるために不動産屋へと赴くが、達也は不在であった。 彼の住むアパートに行ってみると、息子の信之が放心状態で座っていた。 この部屋は以前、剛雄が小林の妻と胎児を殺害した部屋と同室であった。 過去の惨劇のフラッシュバックを目撃した響子は、何者かに取り憑かれてしまう。 「達也」…放心状態の信之と、取り憑かれてしまった響子を実家へと預け、達也は佐伯家へと向かった。 新しく入居している北田夫妻の様子を見に行くが、旦那の姿が見えない。 実は今朝、妻の良美が フライパンで殴り殺していたのだ。 徐々にテンパりだす良美の異変を感じた達也。 逃げ出そうとするが掴まってしまい、その後行方不明となる。 一方、達也の実家の方も伽耶子が襲撃。 両親は殺され、響子は半狂乱になり 髪の毛をブンブンと振り回していた。 「神尾」…一連の事件の繋がりを調べていた刑事の神尾。 ヤバイものを感じ取った上司の飯塚は手を引けと警告するが、時既に遅し。 署内に伽耶子が現れ、神尾、飯塚は呪い殺されてしまった。 「信之」…関係者が続々と死亡、又は発狂しているというのに未だ のうのうと生き残っている信之。 しかし、学校での掃除中に窓から伽耶子が侵入してきた。 校内を逃げ惑う信之。 しかし、2人、3人と徐々に伽耶子が 増殖している。 外では、無数の伽耶子がゾンビよろしく窓ガラスを引っ掻いている。 ついに追い詰められ、信之は伽耶子に連れて行かれてしまうのであった。 「沙織」…やめときゃいいのに、佐伯家で肝試しを楽しむ沙織含む女子高生数名。 伽耶子の魔の手はすぐそこに… レビュー 数ある「呪怨」シリーズの中で、 最も ファンを唖然とさせたのが本作である。 まぁ、一番の理由は、 冒頭30分まるまる前作のダイジ ェスト だという点に尽きるだろう。 しかし、それを逆手に取れば、前作を見ないでいきなり本作から見ても楽しめる、ということになる。 ビデオ版のストーリーは、これさえ見れば大凡掴めてしまうので、レンタル代の節約にはなるかもしれない。 もう1つ深刻な問題を挙げると、恐怖演出が過剰すぎて笑いを誘ってしまうという点。 そもそも、前作の最恐シーン(階段降り)を冒頭部分に流してしまったので、観客はその先何が起きても大して驚かなくなってしまうのだ。 スタッフもそれは十分承知していたのか、如何に伽耶子を神出鬼没に登場させるか、という点に終始してしまった感がある。 天井に出現する伽耶子の 巨大な顔面を初め、ベンチの下から 相手の股間見上げて飛び出す伽耶子、四つん這いになって ゴキブリみたいにカサカサと動き回る伽耶子、そしてクライマックスの 伽耶子大増殖。 ここまでくると完全に コント である。 さすがはサム・ライミを唸らせた男、清水崇。 ホラーとコメディ、その境界線は極めて曖昧だということに、改めて気付かされてしまった。 股の間から登場する伽耶子。 ごめん、爆笑した 「ドーン・オブ・ザ・伽耶子」状態のクライマックス [PR].

次の