ジャック・オー。 ジャック・オー・ランタンの由来って?本当は怖い?知られざる謎とは!

ハロウィンのかぼちゃの由来は?なぜジャック・オー・ランタンなの!?

ジャック・オー

ジャック・オー・ランタンといえば、ハロウィンイベントのイメージがありますが、その起源や由来を知っている人はあまりいません。 ジャックオーランタンは英名で 「Jack-o'-Lantern」と表記され、日本語に訳してみると「ジャックのランタン」となります。 誰もがカボチャを表情を込めてくり抜いたランタンをイメージしますが、元々のジャック・オー・ランタンの起源は現在の「カボチャ」ではなくて、「カブ」だったことはご存知でしょうか。 この記事では、ジャック・オー・ランタンの由来やアイルランド起源のハロウィンとアメリカ起源のハロウィンについてとても詳しくご紹介します。 ジャック・オー・ランタンの誕生由来なども、2国で間で物語も異なっているのでその物語もお話していきます。 ジャックオーランタンの由来と起源アイルランド編 ハロウィンは元々の起源がアイルランドであり、アメリカはハロウィン文化発信の起源という位置づけで解釈すると理解しやすいです。 多くの方がアメリアがハロウィンの起源であると思っているおりますが、一番古いハロウィンの起源はアイルランドでることをご存知でしょうか。 では、ハロウィンにおけるジャック・オー・ランタンの面白い誕生秘話や今のカボチャではなく、大昔はカブであったことをアイルランドの伝承をもとにご紹介しょう。 ジャック・オー・ランタンとは 既に多くの方がご存知のハロウィンの象徴となっている様に、ハロウィンで飾られるカボチャの顔を「ジャック・オー・ランタン」と呼んでいます。 日本のショップで販売されているハロウィン雑貨などでは、ポップでキュートなデザインでとても可愛らしく作られていることが多く、ハロウィンキャラクターとして親しみを感じている人は多いかもしれません。 ジャック・オー・ランタンとは、もともとアイルランドに古くから伝わる鬼火のような存在で、「ランタン持ちの男(Jack-o'-Lantern)」を意味します。 今では世界的にジャック・オー・ランタンはカボチャが定着していますが、もともとはカブをくりぬいて作ったものだったといわれています。 ではなぜ、ジャックオーランタンの起源が「カブ」であるのに、「カボチャ」としてイメージが定着したのでしょうか。 それは、アメリカの野菜の生産事情にありました。 かつてアイルランド人がアメリカに移住した際に、カブよりもアメリカでの生産が比較的多かったカボチャを使ってジャック・オー・ランタンを作るようになったということが理由でカボチャでのジャック・オー・ランタンが定着しました。 アイルランドからアメリカに移住したアイルランド人も、本当はカブでジャック・オー・ランタンを作りたかったでしょうが、当時アメリカでカブの生産があまりされていなかったため、渋々カボチャをカブの代用として活用しました。 そしてジャック・オー・ランタンは、悪霊を寄せ付けない魔除けのような存在であり、今ではすっかりハロウィンの象徴となっています。 当時アメリカでカブの生産がカボチャよりも多かったら、今では世界中のジャックオーランタンが「カブ」だと思うと、なんだかハロウィンのイメージが凄く激変していたように感じますね。 ジャック・オー・ランタンの由来となった伝承物語 ジャック・オー・ランタンが魔よけのような存在になった理由としては、古くから伝わっているアイルランドで伝承がとても影響しています。 はるか昔、ジャックという名前のずる賢くて悪いことばかりしている男がいました。 そのジャックという男が突如地獄から出てきた悪魔と出会い、その悪魔は悪さばかりするジャックの魂を取ろうとしました。 しかしピンチになったジャックは悪魔に魂を取られないようにと、色々悪知恵を働かせて悪魔から「二度と魂を取らない」と約束させることに成功します。 この時のジャックが考えた様々な悪知恵が面白すぎるので少しお話してみようと思います。 まず、自分の魂を狙う悪魔をジャックは捕獲しようと罠を作り出しますが、悪魔を捕まえるという発想が衝撃的ですよね。 ジャックが悪魔を捕まえようと考えた作戦は、持前の悪知恵を働かせてまんまと悪魔を高い木に登らせます。 悪魔が高い木に登った状態になると、木に悪魔の苦手な「十字架」を飾り身動きが取れなくなった悪魔に対して「ジャックの魂を二度と取らない」という契約を条件に悪魔を解放して、ジャックは魂を取られずに済みました。 やがて時がたつと、人間のジャックはとうとう寿命でこの世を去ります。 しかし、ここでジャックにとって想定外の悲劇に直面してしまいます。 ジャックは、生前から悪い行いを頻繁にしていた理由から天国に入れてもらうことができず、仕方なく自業自得ということで地獄に行こうとしました。 ところがジャックはその地獄でジャックの魂を取ろうと試みたあの悪魔に再び出会い、悪魔から「二度と魂を取らないと約束したから地獄に連れて行くことができない」と言われてしまいます。 自分の魂の行き場がなく困り果てたジャックは自分が辿ってきた道を引き返そうと試みますが、そこは恐ろしいくらいに暗く闇が永遠と広がる空間となっていました。 そこでジャックは、悪魔に対して灯りをくれとお願いし、地獄の炎の小さな塊を分けてもらいました。 ジャックは、唯一のこの明かりが風などで消えてはいけないと考え、道端にたまたま転がっていた「カブ」をくりぬき、その中に悪魔からもらった炎の塊を入れ、カブをランタンとして活用しました。 ジャックはこの唯一の灯りとなるランタンを手に、天国にも地獄にも行けずに今でもなお生と死の間を彷徨っているという伝承がアイルランドにあります。 このようなアイルランドでの言い伝えがジャック・オー・ランタンの物語ですが、伝承には諸説あるともいわれています。 ジャックオーランタンの由来と起源アメリカ編 今ではカボチャがハロウィンのイメージとして、世界中で認知されていますが、元々は「カブ」という野菜が一般的なハロウィンのイメージでした。 しかし、アメリカでの野菜の生産事情からカブではなく、カボチャで代用したことによって、ハロウィンがカボチャというように定着しました。 では、そんなハロウィンの由来をアメリカ起源の話しでお伝えしようと思います。 もともとの発祥はアメリカではなくてアイルランド 今では目や口などのパーツ部分を切り抜いたカボチャは、ハロウィンの飾り物としてあちこちで見られるほか、ジャック・オー・ランタンのかぶり物をして仮装を楽しむ人も多いものです。 けれども実際にアイルランドでジャック・オー・ランタンは元々カブを切り抜いて作られていましたが、アメリカにハロウィンが伝わってから、野菜の生産事情によってカブからカボチャへと変わります。 現在のハロウィンはアメリカから伝わった要素が大きいですが、そもそもハロウィンの発祥の地はアイルランドです。 移民としてアメリカで働いていたアイルランド人がカボチャをたくさん作っていたことが、カボチャに切り替わったことと関係しています。 ジャックオーランタンの由来となるアメリカでの提灯ジャックの物語 ハロウィンイベントの象徴のひとつでもあるジャック・オー・ランタンですが、実は古きアメリカでの一人の男の物語が由来となっています。 それが、悪魔との契約を交わした「提灯ジャックの物語」です。 その昔、ハロウィンの日にはあの世とこの世を行き来する門が限られた時間だけ開くとされていました。 そんなハロウィンの日に、酒場で楽しくお酒を飲んでいた日頃から悪い行いをするジャックは、あの世から来たという恐ろしい悪魔と出会うのです。 ジャックは、あろうことか自分の魂をあげる代わりに酒代を払って欲しいと悪魔に交渉を持ち掛けます。 その悪魔は魔法でコインに変身しますが、ジャックは悪知恵を働かせて悪魔が変身したそのコインを自分財布にしまってしまいます。 財布に閉じ込められて困り果てた悪魔は「10年間はお前(ジャック)の魂を取らないことにしてやる」とジャックに約束して、ジャックは魂を一定期間取られないことを条件に悪魔を財布から解放します。 そうして時が過ぎ、ちょうど10年目のハロウィンの日に再びあの時の悪魔がジャックの魂を奪いに来ます。 当然ながら約束の10年目が来てもジャックは、魂を取られたくないのは言うまでもありません。 そして、ジャックはその悪魔をあの手この手でやつけようとして、悪魔を撃退するある作戦を思いつきました。 自分を追ってくる悪魔に対して、今度は「人生の最後にあの木の上のリンゴを取ってきて欲しい」と悪魔に頼みます。 木に実っているリンゴを取ろうとした悪魔に対して、ジャックはここぞとばかりに十字架をかかげるとまたもや悪魔は動けなくなってしまいます。 行動を封じ込まれた悪魔はまたもや困り果てて「もうお前(ジャック)の魂は取らない」とジャックに断言するのです。 そうしてジャックは長生きしますが、あの世に行ったときに生きていたときの行いを咎められて、当然ながら天国に行けません。 仕方なく地獄へ行こうとするとそこでまたあの悪魔に出会い、「お前の魂はもう取れない」と言われて地獄にも入れません。 結局ジャックは自分の行いが悪かったことから天国にも地獄にも行けなくなったので、悪魔から1つの灯をもらい、カブを切り抜いてその灯でランタンを作ります。 ジャックはランタンを灯しながら、あの世に行けずにひたすらさまよい続ける羽目になってしまいました。 道に迷った人に道案内をする灯役に! 今では道端や家の玄関などに明るくモニュメントとして輝くジャック・オー・ランタンは、ハロウィンの街のイルミネーションのように美しいものとなっています。 また暗い中、ハロウィンの仮装行列をする人たちにとって、明るいジャック・オー・ランタンの光は道に迷わないための手助けともなっています。 ジャック・オー・ランタンは、道案内役のような役割を担っているとも言えるのです。 日本国内でも定着したハロウィン ハロウィンといえば、日本には馴染みが少なくアメリカの民間行事として大きく定着していたイメージがありました。 現在のように毎年10月31日に大々的に盛り上がる日本のハロウィンが本格的に定着したのは、2010年代頃とされております。 この頃から、日本の街中でハロウィン仮装をした人たちが街中をねって歩く姿が放送されています。 また、国内各地でハロウィンイベントも行われるようになり、もはやクリスマスなどと並ぶ国民的な行事となりつつあります。 そのようなハロウィンでよく見かけるのが、カボチャで作られたジジャック・オー・ランタンですが、その名前や由来など詳しいことを知っている人は意外と少ないので、この記事で知ったハロウィンの起源やジャックの物語などをハロウィン中の話しのネタとしてご活用ください。 また、ハロウィン専門サイトの「」ではジャック・オー・ランタンの起源紹介の他にもハロウィンについての豆知識やお役たち情報などもたくさんご紹介しております。 さらには、カボチャに関する料理などもバリエーション豊富にまとめておりますのでご参考としてご覧ください。

次の

ハロウィンのかぼちゃの由来は?なぜジャック・オー・ランタンなの!?

ジャック・オー

しかし不完全な状態で覚醒したためにカボチャ柄の仮面を着けるかをくわえてないと精神状態が不安定になってしまうと言う困った体質の持ち主。 その為学者肌な大人モードと無邪気な子供モードが入り乱れる話し方をする。 子供モードの中には「おキャン」などといったを用いる。 フルネームは 「ジャック・オー=ヴァレンタイン」であり、作中登場する4人目のヴァレンタインである。 アリアのコアダンプ(プログラムのエラーにそなえて保存されるバックアップ)から産まれた存在であり、おそらくは最もアリアに近い人間性を獲得したヴァレンタインと思われる。 からはジャスティスと同じく「懐かしい匂いがする」と言われており、ソルと戦った際には不意に「私達」と発している。 キャラクター特性 のゲーム性を格闘ゲームに用いたらをコンセプトに製作された。 対空技などはDボタンだけで出せるが、このキャラクターの真骨頂は「ゴースト設置」とここから出てくる「サーヴァント」の存在。 操作自体はシンプルなのだが勝ち続けるにはゴーストの配置や敵を追い込む緻密な戦術が要求される。 もうここまで来るとギルティギアはおろか他の格闘ゲームのキャラクターから一線を画したキャラクターといっても過言ではない。 関連イラスト イントロや戦闘中のモーションに豊満なお尻を強調するポーズ・アングルが多く、その妖しくも健康的な笑顔と相まってpixivでは尻神様絵の需要と供給が高い。 余談だが、の『刺激的絶命拳』の演出を見ると、 自らお尻を突き出して「バッチコーイ!」と言わんばかりのサムズアップをしている。 更に、の『そしてさらば』の演出では、台詞とは裏腹に楽しんでるのか、 左右の指差し確認の上、発射の瞬間、右腕だけ前方に伸ばしてぶっ飛ぶ気満々である。 関連タグ (中の人&格ゲー繋がり) (飴好き&声優つながり。 五十嵐氏はQ 第6回『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- 稼動記念すぺしゃる』にゲスト出演した際になぜ自分がキャスティングされたか分からなかったが、台本を見て飴好き設定を知って納得したことを語っている。 番組内でも、ジャック・オーのイラストの服装がの書かれたTシャツになったりした。 それに加え、何の因果かの二代目が役のだったりする〈上記番組に一緒にゲスト出演している〉。 ) 関連記事 親記事.

次の

【カナダのハロウィンの過ごし方】ジャックオーランタン作り・仮装・お化け屋敷・スタバ

ジャック・オー

フランス料理への情熱 マリーナと リビエラの船上にご用意した「ジャック」は、パリのビストロをモデルにしており、代々受け継がれたアンティーク家具、酸洗木材の家具、ジャック・ペパンの個人コレクションからのアート作品で贅沢に飾られています。 店内は快適で様々な要素が入り混じった、フランスらしい雰囲気。 料理もまた、都会的ながらも懐かしい味の、まさにフランスらしい料理に仕上げられています。 赤く輝くロティスリーではチキン、ダック、豚肉、牛肉、子牛肉がゆっくりとローストされ、おいしいアロマが漂います。 どの料理も、マスターシェフ、ジャック・ペパンの創意工夫が加わった伝統料理。 ロティスリーでローストされた鶏肉は身離れがよく、風味たっぷり。 スズキの切り身とブールブランの絶妙な取り合わせジャックはまさに「マニフィーク」(最高)! マリーナおよびリビエラの船上でディナーにご利用いただけます。 ご予約が必要です。 ノルウェージャンクルーズラインホールディングス社のミッションは、お客様に優れたクルーズ旅行を提供することです。 本ミッションは当社の活動のすべてに適用されます。 これには、アプリケーションやウィジェット、ブログ、ソーシャルネットワーク、ソーシャルネットワーク「タブ」を含む当社ウェブサイトおよびインタラクティブ機能を通して、当社が船内、目的地、およびオンラインコミュニティで提供する商品や体験、他のオンラインおよびモバイルサービス(以下、総称して 「サービス」)が含まれます。 当社のサービスは、ノルウェージャンクルーズラインホールディングス社(以下、その子会社およびブランド、ノルウェージャンクルーズライン、オーシャニア クルーズ、リージェント セブンシーズ クルーズを総称して「当社」)が所有し運営するものです。 本個人情報保護方針は、オンラインおよびオフラインで当社が収集するデータの種類、および当社が当該データを使用、共有、保護する方法を説明するものです。 また、個人データの使用、アクセス、および修正に関するお客様の選択肢についての説明も含まれています。 個人データとは、お客様を識別できる情報、またはさまざまな種類の情報の組み合わせを指します。 本個人情報保護方針をお読みになり、特定のトピックに関する追加情報が必要な場合は利用可能なリンクをクリックすることをお勧めします。 当社は、適用される法的要件に従い、お客様から直接的に、あるいは当社のビジネスパートナーおよび第三者から以下のカテゴリーのデータを収集します。 個人に関する情報(氏名、敬称、肩書、生年月日、出身地、性別、写真、画像など)• 連絡先に関する情報(Eメールアドレス、電話番号、携帯電話番号、住所、緊急連絡先など)• 健康に関する情報(該当する場合)• 旅行/バケーションに関する情報(フライト番号、ホテルの予約、客室番号、記念日、特別な客室、ロイヤルティプログラムに関する情報、食事の嗜好、同行者、家族など)• 当社クルーズ船における、お客様のロケーション、アクティビティ、お取引• 政府発行の書類(パスポート、外国人登録証、ビザ、滞在許可証、社会保障番号、運転免許証、レッドレスナンバーなど)• ウェブサイトやアプリのご利用に関する詳細(ユーザー名、パスワード、セキュリティ認証質問、位置情報、お客様による当社ウェブサイトやアプリの利用状況、当社が送信したEメールを開封しているかどうかなど当社からのEメールへの反応など、複数の機器でお客様を認識できるようにする可能性のある情報)• 金融に関する情報(クレジットカード情報、取引および購入履歴、サービスへの支払額、銀行情報、収入、ビジネス情報など)• カジノでのプレイやお支払いの詳細、ロイヤルティリワード、当社の船上カジノでご利用になるクレジットにお申し込みの場合はクレジットに関する情報• 公共の記録に記載されている情報およびソーシャルメディアのプラットフォーム上に公開されているコンテンツ• 通話の録音を含む、当社コールセンターでのお客様との交信の詳細• 求人応募に関する情報(氏名、職歴、電話番号、住所、Eメールアドレス、学歴、推薦状詳細、兵役、移民ステータスなど) 当社のアカウントの作成、当社の商品のご購入や当社のサービスのご利用の際に収集されるデータには、お客様自身に関する情報および一緒に旅行される個人の情報が含まれる場合があります。 当社に第三者の個人データを提供することで、お客様は当該個人の代理として情報を提供する権限を有すること、および当該個人に本個人情報保護方針に記載される情報を提供していることを確認するものとします。 すべてのアクセスポイントおよび共用エリアを含め、当社の客船には閉回路テレビ(以下「CCTV」)カメラが設置されています。 CCTVカメラにより絶え間なく録画されているため、お客様の画像が録画に含まれる可能性があります。 船内にはカメラマンがおり、お客様にご購入いただける写真を撮影していますので、ご了承ください。 撮影を希望されない場合には、当社のカメラマンにその旨をお知らせください。 お客様の要請にお応えできるよう合理的な措置を講じます。 ただし、お客様が偶発的に画像に含まれることが絶対にないという保証はいたしかねますので、ご了承ください。 サービスの提供や求人への応募に関連して当社が収集するデータの一部は、個人データの特別カテゴリー(または機密性の高い個人データ)を構成する可能性があります。 特に、当社のサービス提供に関連して、あるいは求人応募手続きを通じて、人種または民族、宗教、哲学、政治理念、性的指向、あるいは健康に関する情報(病歴や食事制限など)を示す個人情報を収集する場合があります。 お客様が当社または旅行代理店などのサービス提供者に、あるいは求人への応募手続きを通じて当該情報の提供を選択した場合、当社はこれを収集します。 当該情報は、クルーズの船内における医療処置または特別食の提供など、お客様が要望されるサービスを提供する目的、あるいは求人応募に関連して使用されます。 当社のクルーズの最中に、お客様が人身傷害の発生を主張した場合、または人身傷害を主張した後に申し立てを提出した場合、当社は医療情報を含め、主張された事件に関連する個人データを収集する可能性があります。 このテクノロジーが利用可能な船でお客様の同意があれば、顔認識テクノロジーをご利用いただけます。 これはお客様の写真を撮影し、それを乗船時に収集した写真と比較することにより、乗船および/または下船の手続きをスピードアップするものです。 それが合致すれば、お客様はクルーズ船に乗船またはクルーズからチェックアウトしていただけます。 また、お客様の下船時の写真を米国税関・国境取締局(CBP)に安全に提供することも可能です。 CBPでは、独自の顔認識テクノロジーを使用して、入手した写真を、パスポートまたはその他の書類から入国審査前に既に保存しているお客様の写真と比較します。 当社はCBSにお客様の身分証明が確認され次第、お客様の下船時の写真を即時削除します。 当社ではお客様の顔認識情報をクルーズ期間を越えて保存することはありません。 また、上記の目的以外に使用することはありません。 米国籍のお客様の場合は、CBPがお客様の写真を12時間以上保存することはありません。 米国籍以外の一部のお客様の場合は、米国国土安全保障省(DHS)がお客様の写真をより長期間保存します。 CBPの生体認証データの取り扱いについての詳細はwww. cbp. 当社は、お客様の個人情報を以下の目的のために使用することがあります。 お客様の識別と認証:お客様が当社のサービスにアクセスしたり当社のサービスを使用する際、お客様の個人情報を保護するため、当社では身元認証のための個人識別データを使用しています。 これは、お客様との契約上の義務を遵守するためです。 緊急・セキュリティサービスの提供:当社は、お客様の生命を守るため、あるいは船上で緊急事態やセキュリティ上の問題が発生した際に必要なサービスを提供するという正当な目的のため、お客様に緊急・セキュリティサービスを提供します。 お客様とお客様のグループへのサービスの提供:お客様あるいはお客様の組織からリクエストされたサービス提供のために、当社はお客様の個人情報を処理します。 これは、お客様またはお客様の組織との契約上の義務を遵守するためです。 複数のお客様のご予約については、お客様のご予約管理をより便利にするという正当な目的のため、同一のご予約下のお客様全員がご予約およびご予約に関連するお客様の個人情報にアクセスし、管理できるようになっています。 当社のサービスの広告と販促:お客様のお好みをよりよく理解し、お客様にお送りするマーケティングメッセージを適切にカスタマイズするため、当社では適用法が許す限りにおいてお客様の個人情報を使用してお客様のプロフィールを作成し、お客様を特定のマーケティングセグメントに割当てています。 より関連性および関心の高い広告メッセージを提供することは、当社の正当な利益に該当します。 当社はダイレクトメール、電話、Eメール、テキストメッセージ、アプリからの通知を通じてお客様にマーケティング目的の通信を行う場合があります。 必要に応じて、当社はこのようなマーケティング コミュニケーションを送信する前に、お客様に同意を求めます。 お客様との通信:当社はお客様の個人情報を、ダイレクトメール、電話、Eメール、テキストメッセージ、アプリからの通知などを介したお客様とのコミュニケーションに使用する場合があります。 たとえば、当社の利用規約変更に関する情報を提供する場合や、お客様からのご質問にお答えする場合、お客様の旅程の変更をお知らせする場合などです。 適切な回答を提供し、当社サービスに関する通知をお客様に提供することは、当社の正当な利益に該当します。 適用される法律による当社の義務の順守:適用される法的要件に従うため、当社はお客様の個人情報を処理する場合があります。 たとえば、政府機関や一般に認められている法執行機関に特定の情報を提供する場合があります。 これにはお客様が当社を通じてご予約になった民間航空機での旅行に関連した運輸保安庁や港の審査官への個人情報の提供や、法律で明示的に義務付けられているその他の規制要件に従うための情報提供などがあります。 体験のカスタマイズ:お客様のサービス利用に際して、たとえばインタラクティブなサービスあるいはカスタマイズしたサービスの提供や、寄港地観光を含む、お客様の興味に沿ったコンテンツやキャンペーン、体験の提供などにおいて、サービスを向上させるために、当社はお客様の個人情報を使用する場合があります。 必要に応じて、当社はこうした形での個人情報の使用に先立ってお客様の同意を求めます。 当社の権利の行使:当社は、たとえば法的請求、知的財産権侵害の主張、法律や適用される利用規約への違反の発見、予防、対応などの必要に応じて、当社の法的権利を行使するためにお客様の個人情報を使用する場合があります。 不正行為の防止と法的義務の遵守当社はたとえば以下の目的でお客様の個人データを処理する場合があります。 i 不正行為に関連するプロファイルの作成や、それに基づく不正行為防止専門家の判断、カジノでの不正行為の防止および発見のためのCCTV画像の使用を含む不正行為防止検査の実施、 ii 他の法的要件または規制要件の遵守。 従業員と乗客の安全の確保:当社の船に乗船されているお客様全員の安全と保護を確保するため、当社はお客様の個人情報を処理する場合があります。 例えば、乗客およびチームメンバーの安全を守るために、公的に利用可能な犯罪記録データベースとお客様の情報を照合する可能性があります。 雇用の可能性に関する評価:当社は、当社チームメンバーの求人への応募者の個人情報を、適用される法律や規制の許す限り、必要に応じて処理します。 それには、資格の確認、雇用機会均等の監視、医療スクリーニング(一部の場合)の実施、正当な理由に基づく犯罪歴および/またはクレジット履歴の調査などが含まれます。 当社は、適用される法律や規制が許す限りにおいて、以下の状況下でお客様の個人データを第三者と共有する可能性があります。 サービスプロバイダーおよびビジネスパートナー:当社は、当社のマーケティングサービスおよび他の事業運営を行ったり、マーケティング上の提携や協力関係を結んでいるサービスプロバイダーおよびビジネスパートナーとお客様の個人情報を共有する場合があります。 たとえば、旅行の手配および円滑化、ホテルの手配、航空券や交通手段の手配、船内アカウントへの請求を含む支払い処理、船内サービスの提供、港でのサービスまたは寄港地観光ツアーの提供、郵送またはEメールによるターゲットマーケティングやその他の通信の促進、カジノクレジットにお申し込みの際の身元調査やクレジット調査などカジノに関連するサービスの促進、乗客記録の維持、およびデータ分析などのために、他の会社や業者、旅行代理店と提携することがあります。 これらの会社は、上記のサービスを当社に提供するために必要な場合にのみ、お客様の個人データを使用することが認められています。 一部のブランドは、たとえばノルウェージャンクルーズラインの提携ブランドのクレジットカードなど、提携ブランド商品やサービスを提供するために金融機関と提携する場合があります。 ただし、これは適用法が認める範囲に限って行われます。 旅行代理店は当社に代わって、お客様に関するデータを処理する場合も、しない場合もあります。 ご利用の旅行代理店が独自の使用目的で収集している個人情報については、その旅行代理店のプライバシーポリシーでお客様の個人情報の取り扱いの詳細をお確かめください。 旅行代理店を通じてクルーズをご予約になり、船上で今後のクルーズでご利用いただけるクレジットをご購入の場合、旅行代理店が適切なタイミングでクレジットのご利用をお客様に通知できるよう、当社はその旅行代理店にそのクレジットについて通知する場合があります。 商品やサービス、寄港地観光ツアー、およびアクティビティには、第三者により提供されるものもあります。 お客様へのサービスを向上させるため、乗船前、クルーズ中、または下船後、当社はお客様に関する十分な個人データを第三者パートナーと共有する場合があります。 これらの会社は独自の個人情報保護方針を持ちます。 第三者のサービスを利用する場合は該当する各方針をご確認ください。 法律により義務付けられている場合:当社は法律により義務付けられている場合、特定の個人情報を政府機関や一般に認められている法執行機関、あるいは当社が法的義務を遵守するために必要だと信じるその他の第三者に提供する場合があります。 当社は、税関および移民局を含め、お客様の航程に含まれる国の政府と法執行機関、および公的機関に協力する必要があります。 当社はセキュリティまたは出入国管理を目的として、乗船前、クルーズ中、または下船後に、これらの機関(税関や米国国土安全保障省など)とお客様に関する個人データを共有する場合があります。 当社の権利または第三者の権利を守るため:当社の権利や財産または第三者の権利や財産に害を及ぼしたり妨害する可能性のある人物を特定したり、調査したり、その人に接触したり、またはその人に対して訴訟を提起するために、この個人情報の開示が必要あるいは賢明だと誠実に判断した場合、お客様の個人情報を共有する場合があります。 当社のカジノおよび一般的な支払取引に関する不正行為の防止または発見のために、当社はお客様の個人データを第三者と共有する場合があります。 犯罪の防止および検知、ならびに未成年や脆弱な成人の保護を目的として、お客様に関する個人データは政府および認定された法執行機関と共有される可能性もあります。 トランザクションの状況下:当社が他社により買収・合併された場合、あるいは当社の資産や事業のすべてまたは一部を売却・譲渡する場合の企業取引の検討、交渉、または完了に関連して、適用法の許す限りにおいて、当社はお客様の個人情報を潜在的な取引パートナー、サービスプロバイダー、顧問、および他の第三者と共有する場合があります。 このような買収または譲渡が発生した場合には、当社はお客様の個人データを譲渡する先の事業体に対して、本個人情報保護方針に一致する方法での使用を義務付けるよう合理的な努力をします。 ご家族、ご友人、グループでのご利用:団体またはチャーターでご予約の場合は、グループアクティビティに関するお客様への通信を可能にするため、お客様の連絡先情報など特定のご予約に関連する個人情報を団体代表者と共有する場合があります。 複数のお客様でご予約の場合、そのご予約下のお客様全員が、同一のご予約下の他のお客様のご予約に関連する個人情報にアクセスすることができます。 これは、同一のご予約下のお客様全員に以下が可能になることを意味します。 1 お客様本人および同一のご予約下の他のお客様のオンラインチェックイン、 2 お客様本人および同一のご予約下の他のお客様の搭乗券の閲覧、 3 ご本人の船上支払いアカウントまたは各自の支払い方法による、お客様本人または同一のご予約下のお客様が購入された商品やアクティビティの支払い、 4 お客様のご連絡先情報の更新。 複数のお客様のご予約の取り扱いについてのご質問やご懸念は、「お問い合わせ」の欄に記載されている方法で当社までご連絡ください。 Norwegian Cruise Line Holdings Ltd. 系列会社:NCL Corporation Ltd. 、NCL Bahamas Ltd. 、Norwegian Cruise Line Group UK Limited、Oceania Cruises S. de R. 、Seven Seas Cruises S. de R. 、Sixthman Ltd. 、および当社ブランドであるノルウェージャンクルーズライン、オーシャニア クルーズ、およびリージェント セブンシーズ クルーズ、シックスマンはNorwegian Cruise Line Holdings Ltd. に所有されており、当社はNorwegian Cruise Line Holdings Ltd. 系列のその他のビジネスや企業と密接に協力しています。 当社は前述の目的のために、お客様に関する特定の個人データをノルウェージャンクルーズラインホールディングス社系列の他の企業と共有する場合があります。 これには、お客様による当社サービスの購入および閲覧履歴、氏名、Eメールアドレス、住所などの連絡先情報、お客様が過去に当社ブランドのクルーズを利用した日付、お客様による船内の商品およびサービス(カジノを含む)の利用状況、商品およびサービスに関するお客様からのお問い合わせなどが含まれます。 また、当社は系列会社によるお客様へのマーケティングを可能にするために、適用法が許す限りにおいて、お客様の個人情報を共有することがあります。 必要に応じて、当社はこのようなマーケティング コミュニケーションを送信する前に、お客様に同意を求めます。 当社のマーケティングまたは他のプロモーション資料の請求、またはロイヤルティプログラムのメンバーシップなど、当社とお客様との関係が続く限り、または適用法に準じて、当社はお客様の個人データを保持します。 当社との関係が終了した後の個人データの保管期間は、当社に対して権限を有する規制当局および政府機関の要件など、当社の法的義務を考慮して決定されます。 潜在的な法的要求の調査またはこれに対処するために、記録を保持する場合もあります。 保存期間が終了した時点で、当社はお客様の個人情報を削除または匿名化します。 技術的な理由により、当社システムから完全に削除できない情報がある場合、当社はデータの今後の処理または使用を防ぐために適切な措置を講じます。 当社がお客様に送信するすべてのマーケティングEメール、テキストメッセージ、その他の電子メッセージには、Eメール配信の登録を解除する方法が記載されており、以下のいずれかの方法でいつでもマーケティング配信を解除できます。 当社からのメッセージすべてに記載されている手順を実行する。 お客様の選択を変更するには、以下のいずれかのリンクをクリックしてください: 、、• 下記の住所宛に、購読停止依頼を郵送する。 Norwegian Cruise Line Holdings Ltd. Legal Department: Privacy Team 7665 Corporate Center Drive Miami, Florida 33126 0333 2412319• カリフォルニア: カリフォルニア州在住の方の個人情報に対する当社の取り扱いについての詳細はから「カリフォルニア州在住の方向けプライバシーに関するお知らせ」でご覧いただけます。 欧州連合: 地域のEUデータ保護法に基づき、お客様は自身の個人データに関して一定の権利を有しています。 これには、以下の権利が含まれます。 自身の個人データへのアクセス• 当社が保持する自身のデータの訂正• 自身の個人データの削除• 当社による個人データの使用への制限• 当社による個人データの使用への反対• 使用可能な電子形式で自身の個人データを受領し、第三者に転送する(データ携行の権利)• 地域のデータ監督当局に苦情を申し立てる これらの権利の行使またはご相談は、「お問い合わせ」の欄に記載されている方法を通じて、当社までご連絡ください。 お客様に関する情報が変更となった場合や当社が保存している個人情報が不正確である場合には、当社にご連絡のうえ更新または変更することをお勧めします。 お客様の要望にお応えするために、追加データが必要な場合は当社からお客様にご連絡いたします。 当社のウェブサイトには、Facebookの「いいね!」ボタンなどのソーシャルメディア機能、および「共有」ボタンなどのウィジェット、あるいは当社のウェブサイト上で動作するインタラクティブなミニプログラム(以下「機能」)が含まれています。 これらの機能により、お客様のインターネットプロトコルアドレスや当社のウェブサイトでお客様が閲覧しているページの情報が収集され、機能が適切に動作するようクッキーが設定される場合があります。 ソーシャルメディアの機能およびウィジェットは、第三者によりホストされる場合や当社ウェブサイトにより直接ホストされる場合があります。 お客様によるこれらの機能の利用には、それを提供する企業の個人情報保護方針が適用されます。

次の