ジョン ウォール。 ジョン・ウォールが長年かかとの骨棘に悩まされていたことを明かす「地獄のような痛みだった」(バスケットボールキング)

ジョン・ウォールというNBA史上最悪クラスの不良債権

ジョン ウォール

(引用元:nbcsports. com) 低調なシーズンを送るワシントン・ウィザーズの状況を好転させる機会は、もはや失われたと言っても過言ではないでしょう。 12月29日(現地時間28日)、シカゴ・ブルズに敗れるのを目の当たりにした ジョン・ウォールは、その後 かかとの手術によって今季中の復帰が絶望的であることを発表しました。 14勝23敗のウィザーズは現在イースト12位に着けており、プレイオフ圏内の8位とは4. 0ゲーム差があります。 一見すれば大きな差ではありませんが、 ウォールを欠くウィザーズがここから巻き返すのは非常に困難なことです。 <スポンサードリンク> ウォールと ブラッドリー・ビールを中心にフランチャイズを築いたウィザーズは、5年間で4度のプレイオフ出場を果たし、大きな成功を果たしました。 しかしプレイオフに入ると彼らだけでは勝てなくなり、そのほかのチームメイトの助けが必要…すなわち全体のロスターの価値が上がることとなります。 加えて、勝つために意味のある改善を施したことで、彼らの選択肢は自由度が少なくなりました。 今季、 ウォール、 ビール、 オットー・ポーターJr. の3人だけで7060万ドルものサラリーを占めており、 ウォールは4年間で1億6900万ドルの契約延長を結んでいます。 さらに ウォールは 32歳を迎える2022-23シーズンに4690万ドルのプレイヤーオプションも保持しています。 ウィザーズのゼネラルマネジャーであるアーニー・グランフェルド氏は、 ウォール、 ビール、 ポーターJr. の周りに支えとなる選手を置くことができませんでした。 そして代わりに、 イアン・マヒンミのようなロールプレイヤーに高価な契約を配当しました。 <スポンサードリンク> 夏には元No. 1センターの ドワイト・ハワードを獲得しましたが、彼はシーズンのほとんどを臀部の怪我によって離脱しています。 さらに ウォールのバックアップのために、 マーチン・ゴータットと引き換えにロサンゼルス・クリッパーズから オースティン・リバースを獲得しましたが、結果的にそれもフェニックス・サンズの トレバー・アリーザとのトレードとなりました。 紙の上では意味のある動きだったのかもしれませんが、全体を通して見れば無限のサイクルのような動きでもあります。 グランフェルド氏の15年間の任期の中でウィザーズは一度もシーズン50勝を達成していなければ、プレイオフでカンファレンスファイナルに進んだこともありません。 それどころか近年は ウォールの健康状態が悪化しており、 本格的な再建をしなければ状況は好転しないでしょう。 ですが ウォールを放出するのは、決して簡単な話ではありません。 そしてNBAの契約は、取り戻せないのです。 昨季も膝の手術により、シーズンの半分を欠場したウォール。 実力はオールスター級ですが、試合に出場できなければ元も子もありません。 (引用元:blog. basket4ballers. com) <スポンサードリンク> もしウィザーズが全ての選手をトレードの放出対象とすれば、特に ビールは魅力的なプレイヤーとなるでしょう。 彼はまだ25歳で、今季を終えても2シーズンの契約が残っています。 ビールはウィザーズでプレイすることを最も望んでいますが、彼が活躍できる間にウィザーズが勝てるロスターを揃えるのはできそうにありません。 ビールは、2番手、3番手のプレイヤーとして最適です。 近い将来に勝利を望むユタ・ジャズや、ニューオーリンズ・ペリカンズにとっては喉から手が出るほど欲しい選手でしょう。 彼が手に入るのであれば、激しい争奪戦が繰り広げられ、それは ウィザーズの再建の手助けとなるかもしれません。 ポーターJr. は、今季と残り2年間の契約で8180万ドルと高額ですが、生産性のあるスターターのウィングとして活躍できます。 シカゴ・ブルズやポートランド・トレイルブレイザーズのような周囲からの得点を切望するチームであれば、それがたとえ長期的なサラリーの支払いとなっても、獲得する価値はあると言えるでしょう。 彼らは今後数年間、ドラフトでの1巡目指名権を全て保持しており、低調な成績から高順位のピックも得られるかもしれません。 ビールや ポーターJr. を動かせば、再建のために大きな対価を得られることでしょう。 ウォールは、少なくとも怪我から回復するまではトレードするのが非常に難しいです。 ウィザーズがこの先どういった道筋を辿るのか、明確なものはありません。 しかしウォールの長期離脱によって、 ウィザーズが本格的な再建をスタートさせるには十分な理由があります。 (参考記事:).

次の

ジョン・メイオール

ジョン ウォール

ウォールはそれを再び証明することにウズウズしており、彼はそれをウィザーズでやりたいと願っています。 「複数のチームでプレイしたいと思っている人間じゃない。 一つの組織でプレイしたいんだ。 彼らは僕にチャンスを与えてくれているし、僕は自分自身に証明するチャンスを与えたんだから、誰も責めることはできない。 僕が求めているのは一つの組織でプレイすることだけだよ」 ウォールは28歳でまだ多くの時間がありますが、年齢が増すにつれて重度の怪我から完全に回復することは難しくなります。 それでもは、一つのことに集中していると語りました。 「 怪我をコントロールすることはできない。 永遠に怪我をしない人もいれば、そうでない人もいる。 だけど試合ができるのを当たり前のように思っていはいけない。 僕はそう思ったことはないね」.

次の

ウィザーズのジョン・ウォールが左足アキレス腱の部分断裂で約12か月の離脱へ

ジョン ウォール

略歴 [ ] 出身。 ギタリストの父の影響で子供の頃からに親しみ、楽器を覚える。 本格的にバンド活動を始めたのはから。 後にロンドンへ移り、イギリスのブルース・ギタリストの先駆者的存在であるの影響を受け、にブルースブレイカーズを結成する。 にを脱退したがバンドに加入。 折しもの流行が到来する時期で、クラプトンとともにメイオールも名を上げた。 クラプトンの脱退後も、、(のちなど)らのギタリストを輩出、ジョン・メイオール学校とも呼ばれる由縁となった。 このバンドからはその他にも、、アンディ・フレイザー (のちなど)、(のち)、ラリー・テイラー(のちキャンド・ヒート、の実弟)といったや、、(のちフランク・ザッパやジョン・レノンとの共同作業、、ジャーニーなど)、(のちフリートウッド・マック)、(のちなど)といったも多く輩出している。 に(OBE)を受章した。 2000年代に入ってもコンスタントに新作を発表しており、リリースしたアルバム『In The Palace of the King』が現時点(2008年8月)での最新作となっている。 また、現在も精力的にライブ活動を行っている。 なお、息子のは、英国を代表する・・バンドであるザ・トロージャンズのリーダーとして知られる。 日本通でもあるギャズ・メイオールの日本語力は高く、日常会話程度であれば難なく話せる。 ディスコグラフィ [ ] スタジオ・アルバム [ ]• 『ブルース・アローン』 - The Blues Alone 1967年• 『ベア・ワイヤーズ』 - Bare Wires 1968年• 『ローレル・キャニオンのブルース』 - Blues from Laurel Canyon 1968年• The Turning Point 1969年• Empty Rooms 1970年• 『U・S・A・ユニオン』 - USA Union 1970年• Memories 1971年• Jazz Blues Fusion 1972年• 『テン・イヤーズ・アー・ゴーン』 - Ten Years Are Gone 1973年• 『ザ・レイテスト・エディション』 - The Latest Edition 1974年• New Year, New Band, New Company 1975年• 『出会い』 - Notice to Appear 1975年• A Banquet in Blues 1976年• A Hard Core Package 1977年• Bottom Line 1979年• No More Interviews 1980年• Road Show Blues 1981年• Return of the Bluesbreakers 1985年• Chicago Line 1988年• 『センス・オブ・プレイス』 - A Sense of Place 1990年• Cross Country Blues 1992年• 『ウェイク・アップ・コール』 - Wake Up Call 1993年• 『スピニング・コイン』 - Spinning Coin 1995年• 『ブルース・フォー・ザ・ロスト・デイズ』 - Blues for the Lost Days 1997年• Padlock on the Blues 1999年• 『アロング・フォー・ザ・ライド』 - Along for the Ride 2001年• Stories 2002年• Road Dogs 2005年• In the Palace of the King 2007年• Tough 2009年• 『ア・スペシャル・ライフ』 - A Special Life 2014年• 『ファインド・ア・ウェイ・トゥ・ケア』 - Find a Way to Care 2015年• 『トーク・アバウト・ザット』 - Talk About That 2017年• 『ノーバディ・トールド・ミー』 - Nobody Told Me 2019年 ライブ・アルバム [ ]• 『ジョン・メイオール・プレイズ・ジョン・メイオール』 - John Mayall Plays John Mayall 1965年• 『ブルース・バンドの日記 VOL. 1』 - The Diary of a Band, Vol. 1 1968年• 『ブルース・バンドの日記 VOL. 2』 - The Diary of a Band, Vol. 2 1968年• 『前進』 - The Turning Point 1969年• Live in Europe 1971年• Jazz Blues Fusion 1972年• 『ムーヴィング・オン』 - Moving On 1972年• Lots of People 1977年• 『プライマル・ソロズ』 - Primal Solos 1977年• The Last of the British Blues 1978年• Rock the Blues Tonight 1999年• Live at the Marquee 1969 1999年• Time Capsule 2000年• UK Tour 2K 2001年• Boogie Woogie Man 2001年• Rolling with the Blues 2002年• Live: 1969 2004年• Live from Austin, TX 2007年• Howlin' at the Moon 2011年• Live in London 2011年• Smokin' Blues 2012年• Historic Live Shows, Vol. 1 2012年• Historic Live Shows, Vol. 2 2012年• Historic Live Shows, Vol. 3 2012年• Blues Alive NYC 1976 2015年• 『スリー・フォー・ザ・ロード』 - Three for the Road 2018年 脚注 [ ]• 「 ジョン・メイヨール」「 ジョン・メヨール」の表記もある。 ただし、フレイザーは「良かったことはミック・テイラーと出会えたことぐらいで、メイオールやバンドから得たものは何もない」と切り捨てている(フラッシュバック・シリーズ『ブリティッシュ・ハード・ロック』)。 外部リンク [ ]• Interview with Vintage Guitar Magazine•

次の