ある日お姫様になってしまった件について 最新話 ネタバレ。 ある日、お姫様になってしまった件について32話ネタバレ

【感想・ネタバレ】ある日、お姫様になってしまった件について 1のレビュー

ある日お姫様になってしまった件について 最新話 ネタバレ

ある日お姫様になってしまった件についてという漫画にどハマりしてしまい、最近は韓国で連載されている最新の話の英語版まで読みました。 ネタバレ全然構いませんし、ある姫の情報をとにかく知りたいのです……。 どなたか私にお教えくださる方はいらっしゃいませんか? 私も翻訳が未熟でして,わからない点や間違っている点などもあると思いますがご容赦ください。 ジェニットはそれで更に絶望するのですが,アタナシアからジェニットを託されたイゼキエルと共に,徐々に回復していき,皇族の証の宝石眼を母と同色の緑色に変えて,ジェニット・マグリタとして新しく生きていくことを決心するみたいです。 残念ながらアナスタシウスやアタナシアとは暮らしません。 その後は,外伝でちょこちょこ出てくるぐらいで,本文ではあまり書かれていませんでした。 黒髪黒目で変装しているのは,ジェニットやイゼキエルに自分の正体を悟られないためです。 クロードに復讐するための材料としてジェニットを使うために近づきますが,段々ジェニットに親心が沸いてくるみたいです。 他の方は存じませんが,私の場合は韓国語版小説を購入して翻訳しました。 現在は韓国語以外の小説は発売されて居ないみたいです。 どういう風に戻すかはあまり分かりませんでしたが,それで魔力が安定して,記憶が戻るみたいです。 その後は,兄であるアナスタシウスと対峙したり,ダイアナについてを思い出したり,ジェニットの問題を片付けたりします。 この辺は結構まとめられて書かれていました。 私が知っているのはこれくらいです。 お力になれず本当に申し訳ございません。 他に疑問点ございましたら,知っている範囲で答えさせていただきますので,質問して頂いても大丈夫です。 Google翻訳で原作を読んだ感じなので,どこか翻訳ミスなどがあると思います。 広い目で見ていただければ嬉しいです。 とても嬉しいです。 宜しければもう少し教えて頂いてもよろしいでしょうか? 知っていらっしゃる範囲で大丈夫です。 クロードの、ダイアナとの思い出とはどのようなものでしょうか? アタナシアのデビュタントの時、アタナシアの姿が一瞬ダイアナの姿と重なった描写があったものでとても気になります。 ダイアナとクロードについて、他にもありましたらなんでも良いので教えて頂きたいです。 もう一つお聞きすることをお許し下さい。 小説はネットで読むタイプのものご購入され、読まれましたか?前にある姫の韓国語版コミックの特装版を購入したのですが、韓国で販売されているものより2倍の値段だったので、もし紙のタイプの小説を買った場合もきっと値段がかなりすると思うので……。 質問に答えてくださった上、またお手を煩わせてしまい申し訳ありません。

次の

【感想・ネタバレ】ある日、お姫様になってしまった件について 1のレビュー

ある日お姫様になってしまった件について 最新話 ネタバレ

全話一覧は 無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、アルフィアス公爵は、息子のイゼキエルをアタナシアのエスコートにと言うのだが、原作と違うので不思議に思う彼女。 その後、久しぶりにルーカスに会い、彼は彼女の靴紐を結び直してくれる。 翌朝、アタナシアの14歳の誕生日をリリー達メイドや、フィリックスが祝ってくれる。 だが今年もクロードは来なかった。 そして深夜、クロードの人間らしさにモヤモヤするアタナシアが、ベッドに横になっていると、ルーカスが突然現れたのだった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」29話のネタバレ 俺が暇なやつに見えるのかとぼやくルーカスだが、毎年誕生日に、このように訪ねてきてくれるのだ。 誕生日プレゼントとして、クロを見に行こうと言うアタナシア。 お前俺の話を聞いてるのかマジで食べるぞとルーカスはイラっとするが、彼女は無視しベッドから出る。 深夜の庭園で休むクロに会いにいく彼女。 クロは大喜びで彼女に飛びつく。 寒いのでルーカスに保温魔法を使ってもらう。 またクロと遊んでいると気を失うから、早く寝ろというルーカス。 アタナシアは、今度私デビュタントだよと言うと、知っていると答える彼。 ミスしたらどうしようという彼女に、父がミスを駄目と言ったのでないなら何が問題なのかと言う。 お前は毎日足の裏が擦り切れるほど練習しているだろう、バカでもない限りかなりできるはずだとルーカスは言う。 彼は、黙って寝ろ、お前が寝ないと俺が寝れないだろうと言う。 おやすみルーカスと言い、アタナシアがクロにくっついたまま眠り始める。 そんな彼女を、ルーカスは頬杖つきながらじっと見つめるのだった。 そしてついにデビュタントの日がやってきた。 支度のために朝早く起こされ、入浴、マッサージ、パックと侍女たちは目まぐるしく動き、アタナシアのケアをする。 侍女達があまりに忙しそうなので、お姫様のデビュタントについて、軽く考えていたことを実感するアタナシア。 そうしてアタナシアの支度が終わった。 侍女たちは、今日のデビュタントは間違いなくお姫様が一番美しいに違いないと言う。 鏡に映った自分を見て、アタナシアはもともとキレイだけど、本当に美しすぎると、彼女自身も実感する。 リリーは、今日は絶対に素晴らしいデビュタントになりますと言い、微笑む。 待っていたフィリックスのところへ向かうと、彼は、今日は眩しいほど美しいと驚く。 そしてフィリックスに手を引いてもらい、クロードのところへ。 クロードも、眩しいほどとても素敵に正装していた。 このようにクロードがきちんとした格好をするのを初めて見るアタナシア。 クロードは、アタナシアの姿を見て、目を丸くして驚く。 一瞬ダイアナを思い出したのだ。 今日のパパはとても素敵だねと彼女が話しかけるが、クロードは無言だ。 誕生日以来今日やっと会えたのだが、自分が理解してあげなくてはと、アタナシアは、今日パパと一緒で嬉しいと微笑む。 クロードはゆっくり手を差し出した。 そして、今日はとてもキレイだと言う。 アタナシアは満面の笑み浮かべ、ありがとうパパと言い、クロードの手を取るのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」29話の感想 アタナシアもクロードも、とても美しく着飾っていましたね。 このために侍女たちが朝から目まぐるしく動いていたので、あまりの忙しさにアタナシアは呆然としていました。 そうした頑張りによって、アタナシアが完璧に仕上がると、侍女たちは感動していましたね。 フィリックスと手をつなぐときも、なんだか盛り上がっていました。 いつもだらしなくローブを羽織ったままのクロードも、今日はビシっと着こなしていましたね。 そんなクロードは、アタナシアが登場したとき、しばらく固まっていました。 ダイアナとアタナシアがかぶって見えたようです。 もう二度と触れることない愛したダイアナの手。 そのダイアナに瓜二つの娘の手をとる、彼の気持ちはどんなものなのでしょう。 また、ルーカスはなんだかんだ、口は悪いですがアタナシアのことを思いやっていますね。 さすがにルーカスはデビュタントに出席できないのでしょうか。 出席したら面白そうなのに。 それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻のネタバレ!

ある日お姫様になってしまった件について 最新話 ネタバレ

ある日、お姫様になってしまった件について33話ネタバレ 「あっ、申し訳ございません陛下」 ジェニットはハッとして頭を下げる。 「気持ちが先走りいたしました。 オベリアの太陽に栄光と祝福があらんことを」 「……」 きらきらとした瞳でクロードを見つめるジェニット。 「落としたのを今気づいたのに、見つけてくれてありがとうございます」 アタナシアはクロードの前へと進み、ジェニットからリボンを受け取ります。 「とんでもございません。 まだ私の紹介もしておりませんでしたね」 ニコ、と微笑むジェニットの面影に、肖像画のフェネロペの姿が思い出されます。 「私はジェニット・マグリタと申します」 「マグリタ。 アルフィアスが面倒見ているあの子どもか」 「!私のことをご存知でしたか?」 「……」 瞳を大きくして前のめりになるジェニットを、無言で見つめるクロード。 (さっ、さすが本物のジェニット!!) ジェニットの行動に、アタナシアとフィリックスは驚きます。 「アルフィアスの元で育ったせいか大胆だな」 「申し訳ありません」 ジェニットを見つめながら、クロードは「そういうことか」と薄い笑みを浮かべました。 「帰るぞ」 ジェニットに背を向けて歩き出すクロード。 アタナシアはジェニットへ視線を向けます。 ジェニットはどこか切なげに目元を歪めていました。 何も言えず固まるアタナシア。 「アタナシア、さっさと来い」 「ごめんなさい」 クロードの元へ駆け寄るアタナシア。 「姫様はお疲れのようです。 よろしければ馬車まで私がお支えし…」 「フィリックス、10歩後ろに下がれ」 そんな三人の後ろ姿を、ジェニットはずっと見つめていました。 「これは捨てたほうがいい」 「!」 王城の外へ出た途端、クロードはアタナシアの手から先ほどジェニットに手渡されたリボンを奪い取ります。 「床に転がっていたものだ。 わざわざ手を汚す必要はない」 「あっ!」 リボンを放り捨てるクロード。 「でも…」 「その他にも欲しいものがあれば何でも言え。 もっといいものもいくらでも与えてやるから、残念がる必要はない」 (私、神経過敏なのかな?ずっと探って計って調べて。 クロードが何を考えているのかわからない) クロードの脳裏には、会場内での様子が思い出されていました。 「じゃあね、パパ」 人混みに消えていくアタナシア。 「アタナシア。 なぜ」 (そんな表情を) 一人になったクロードの元へ寄る影。 「陛下」 アルフィアス公爵です。 「ロジャー・アルフィアスがご挨拶申し上げます。 オベリアのさらなる…」 「結構だ」 「姫様がもうデビュタントを迎えられるとは感激でございます。 初めてお会いした時は、あれほど小さく幼かったのに」 幼少期のアタナシアを思い返し、クロードの心臓は嫌な音を鳴らしました。 「陛下自ら姫様をエスコートなさったため、会場がざわついております。 私でさえ驚きましたので当然でしょう。 もし、陛下に他の王子や姫様がいらっしゃっても、今と同じように大切にしてくださるでしょう」 「他の王子や姫か。 無駄な仮定だな」 「その通り仮定です」 「公爵も意味のない話をする趣味があったのか」 「未来のことはわからないものではありませんか」 「いや、そんなことはない」 ハッキリと言い切ったクロードに、焦りが見えるアルフィアス公爵。 「あの子が二人にならない限り」 「……。 左様でございますか」 アルフィアス公爵は考えます。 「陛下。 このたび私の姪も姫様と一緒にデビュタントを迎えました。 この曲が終わったらご挨拶してもよろしいでしょうか?」 「姪か。 公爵が前からしつこいほど言っていた子どものことか」 「はい。 とても小さいころからアルフィアスが面倒を見ていた子です」 「アルフィアスで実の娘のように面倒を見ている子とは。 前から思っていたが、公爵らしくなくなかなか興味深いぞ」 「……。 元々姫様くらいの年頃の女の子はガラスの工芸品のように繊細な面があるので、大人の目で面倒を見るには、限界があるものです。 同じ女の子の友達ができれば、姫様もお喜びになられるのでは?表には出さずとも、姫様もおそらく寂しがっていることでしょう」 「寂しい?」 「非常に聡明な姫様なので発言は謹んでおられますが、その心の隙間がないはずありません。 もちろん私がわざわざ言わずとも、陛下はすべてご存知だと思いますが」 「…ただでさえ音楽がうるさいのに面倒なことを。 今日はもう下がれ」 「姫様と一緒にこの場に立ったのも縁ですし、そうおっしゃらず今…」 「下がれと言ったはずだ。 娘との時間を邪魔するな」 「……失礼いたしました」 * 待機していた馬車に乗りながら、クロードは声をかけます。 「アタナシア。 14回目の誕生日と今日のデビュタント…おめでとう」 アタナシアは以前の己の発言を思い出しました。 「デビューダンスもパパと一緒に踊りたいし、14歳のデビュタントおめでとうって言葉もパパから一番最初に聞きたいな」 プッ、と吹き出すアタナシア。 「遅刻だよパパ。 誕生日もデビュタントのお祝いも、もういろんな人から聞いたのに」 「じゃあ取り消すか?」 「あははは!」 33話はここで終了です。 次回34話へ続きます。

次の