俺 の 話 は 長い かい せい。 謝罪が上手い人はこんな言葉を使っている!相手が思わず許したくなる謝罪(お詫び)の仕方

絵の才能があったせいで変な生活送った話する

俺 の 話 は 長い かい せい

茜色した細長い雲。 柔らかい黄金色の日差しがガラス窓に反射するこの時間。 「あれ、みおちゃんもう帰るの? 早くない?」 今日の最終講義が終わり、持参したバックに丁寧に荷物を詰めて帰る準備を始めている澪を見て不思議そうに声をかける七海。 講義が終わったのなら大学を出るのが普通であるが、澪は真面目が故に疑問を持たれるのだ。 「ええ、そのつもりだけど……。 どうかしたの?」 「いやぁ、いつもみおちゃん居残りで勉強してるから今日も残るのかなぁーって思ってて」 「居残りしている日が多いのは間違いないけれど、毎日じゃないわよ?」 七海は彼氏と一緒に帰る約束をしている。 彼氏の連絡が来るまで看護大学で待機していることで澪が居残りをしていることを知っているのである。 「あー。 そういえばみおちゃん、月曜日だけは早く帰ってない?」 「ええ、その通りよ」 「習い事とか何かしてるの? みおちゃんのことだからしててもおかしくはないけど……」 「ううん、そんな立派な用事じゃないわ。 飲酒店よ」 「んえっ!? 飲酒店!? みおちゃんお酒飲むの!? 」 「私だって嗜む程度には飲むわよ。 そんなに驚かなくてもいいと思うのだけれど……」 今までに酒の話題を出したことがなかったからこそ、七海は驚嘆を示す。 澪が酒の席に通い出したのは半年ほど前のことである。 「飲酒店ってことはBarに行く感じだよね!? 」 「ええ。 私のお母さんの知り合いが経営しているお店で良くしてもらっているの。 今度七海も一緒に行ってみない?」 「んー、うちはいいかな! お酒にあんまり詳しくないし、Barとかオシャレなお店はどうしても気後れしちゃうから」 「それは残念……。 でも、足を運びたくなったらいつでも教えてほしいわ」 「うん、ありがと! そうさせてもらうねっ!」 笑顔でそんな約束をする二人。 性格が全然違う澪と七海だが、流石は親友と呼べる仲。 これから先も良い関係を築けていけるだろう。 「でも、みおちゃんは美人さんなんだから気をつけるんだよ? そういうトコって結構絡まれるって聞くもん。 今までに絡まれたりしたことあるんじゃない?」 「お酒が入る場所だから絡まれたりはするわよ……。 でも、大丈夫。 バーテンさん ( 、、、、、、 )がいつも助けてくれるから」 「ふぅん」 柔和な声色で安心げに答える澪は微笑を浮かべている。 澪が絡まれていた時に助けてくれたバーテンダーのことを忘れることはない。 酒の影響で、傲慢な態度や敵意をもって当たってくる客を冷静に対処し、絡まれている側への気遣いも忘れなかった あの人 ( 、、、、 )。 自身に余裕があるからこそ出来る対応であり、澪は見惚れるようにあの時の経験を記憶に刻んでいた。 「信頼してるんだねぇー、みおちゃん。 そのバーテンさんを」 「な、なにか言いたげね……」 片方の口角をあげてニマッとしている七海に、ジト目で訴える澪。 「いやぁ、みおちゃんが幸せそうに語ってたからそのバーテンさんのことを気に入ってるんだろうなって」 「し、幸せそうには語ってないわよ……」 「あー、あれか! あれでしょ!! そのバーテンさんをお世話したい……みたいな! みおちゃん過保護だし、なんか年上好きそうだし!! 」 看護大学を卒業すれば、看護師や保健師の国家資格を生かして総合病院や国公立、私立の大学病院等に就職することになる。 怪我や病気で生活が不自由になった人のお世話をする職だ。 世話嫌いなら長く勤めることは難しく、この大学に進学していないだろう。 「もぅ、どうしてそうなるのよ。 どうして年上好きだと思われているのかも分からないし……。 そのバーテンさん私達の一つ年下よ?」 「え、ちょっえっ!? バーテンなのに年下!? ご年配の方じゃなくて!? 」 バーテンダーと聞いて二十代を浮かべられる者はほぼいない。 9割型、四、五十代がしているイメージがあるはずである。 その理由としては専門的に酒を扱う仕事だからで……七海も後者のイメージを持っていた一人だった。 「ふふっ、その人はバイトだけれどね。 そのBarで一年くらい働いているらしいわ」 「ふーん。 なるほどなるほど。 そー言うことだったんだねぇ……」 「そう言うこと……?」 「いやぁ、みおちゃんはその人のことが気になってるんだーってねぇ?」 「ど、どうしてそうなるのよ……っ」 「だってさー、そのバーテンさんは月曜日のシフトに入ってるわけだよね? そしてみおちゃんは月曜日だけ早く帰る。 つまり、そのバーテンさんに会うために予定を合わせてるようなもんじゃん!」 「……」 「ほらぁ、なにも言えない」 得意げな表情で追求する七海は、じわじわと顔を近づけてくる。 「ち、違うわよ……。 少しぼーっとしていただけ」 「ほー、じゃあ説明してよ。 出来るはずだよねー?」 「……そ、それは……。 その……」 頭の回転が早く、言葉を繋ぐことが得意な澪だったが声を吃らせてしまう。 七海の発言が的を得ていたのだ……。 こうなってしまうのも仕方がない……。 そしてーーあの人のことを脳裏で浮かべてしまった澪は、両手をもじもじとさせながら顔を伏せてしまう。 「ほらー、言葉が出てこないじゃん! 好きな人の話題でおかしな反応をしてると思ったらそういうことだったのかぁ〜。 なるほどねー、なるほどねぇ!! 」 「だ、だから違うのっ! わ、わたしはその人のことを好きなわけじゃないのっ!」 「まぁまぁ、いいじゃんいいじゃん! 好きな人が出来たってさ! 「は、話を聞いて……っ!! 」 「でもぉー。 好きな人を相談してくれるって言ってたのにみおちゃんってば酷いよ〜。 もう出来てたんじゃん!」 にひひ、とからかいの笑みを見せながら澪の肩をバシバシと叩く七海。 先ほどの反応を見れば誰がどう見ても『その人のことが好き』と捉えるだろう。 「だ、だから 違 ( ちが )ーー」 「ーー今ままで散々男を切ってきた理由はソレだったんだねぇ。 みおちゃんはその人に夢中ってことかぁ」 親友の仲だがらこそ 執念 ( しゅうねん )深いからかいをしてくる。 だがしかし、それは仕方がないことでもある。 今まで澪に色恋沙汰の話は何もなかったのだから。 澪にも彼氏が出来るかもしれない……なんてことは、七海にとっても嬉しい話題であった。 「ほらぁ、早く帰らないとそのバーテンさんに会えないよ? たっくさん時間作るために急いで帰りなさいな?」 「も、もうっ!! もう知らない……っ」 追求の嵐、からかいの旋風に 容量 ( キャパ )がオーバーしたのだろう。 夕日に負けないほどの赤みを帯びた澪はバッグを抱えて教室を走りさったのであった。 **** 「あちゃあ、からかいすぎた……。 これは謝らないとだ……」 逃げ去るように帰った澪を見て独り言を零す七海は、スマホから LAIN ( らいん )を開く。 そして、『さっきはごめんね!』と顔文字つきのメールを送った。 罪悪感を覚えながらスマホを閉じる七海は……ゆっくりと自席の椅子に腰掛けた。 (……でも、あの男斬りのみおちゃんが好きになった人……か。 一体どんな人なんだろうねぇ) なんて心の中で呟きながら彼氏からのメールを待つ七海であった。

次の

キャスト・スタッフ|俺の話は長い|日本テレビ

俺 の 話 は 長い かい せい

1 小学生の頃、祭の露店の射撃でファミコンのソフトがあったので 友達と挑戦したが、当たってもなかなか落ちない。 そこで店のおやじが見てない時に銃でこづいて落として 「おじさん、落としたよ」 と言ってみたが、それに対しておやじが一言 「こんな弾で落ちるわけないだろう」 子ども心に世の厳しさを知りました。 2 せんせいあのね 6がつ17にち 晴れ きょうはともだちのえり子ちゃんと公えんでおままごととかしたよ そしたら、ひとりでブランコにのってるおじさんがいたよ えり子ちゃんが「おじちゃん、おしごとは」って言ったら 「おじさん今やすんでるんだ」って言ってさびしそうな顔でした わたしは『今の日本の雇用制度は間違っている。 社会的弱者や高齢でリストラを受けた人への手当てをもっと見直すべきだ。 ドイツや諸外国を見習う必要がある。 』とおもいました。 たのしかったです。 3 うちの姉ちゃんがスーパーでバイトしてた時の話 果物つんでる姉ちゃんにカコイイ兄ちゃんが近寄ってきて ささやくように 「ねえ、次の休みいつ?」 姉ちゃんしどろもどろになりながら 「バッバイトしてんのは土日だけですっ」 すると兄ちゃん3秒ほど考え込んだ後 口調を正して申し訳なさそうに 「すいません、お店の定休日を聞いてるんですが」 4 今朝、自販機で缶コーヒー買ったら 「おはようございます。 お仕事頑張ってください!」 って言われた。 おまえはハローワークの前に設置されてるって事を自覚しろ! 5 今日、母親の財布から金パクろうと思って開けたら、 10年前の母の日に俺があげた肩たたき券が大事そうに入っていた。 俺は泣きながら2千円を抜き取った。 6 出会い系サイトに 「じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらこうじのやぶこうじぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがんしゅーりんがんのぐーりんだいぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーのちょうきゅうめいのちょうすけ」 って名前で登録したら、 ねぇねぇ「じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらこうじのやぶこうじぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがんしゅーりんがんのぐーりんだいぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーのちょうきゅうめいのちょうすけ」 さん。 当時、好きだった男の子にチョコをあげました。 勇気を出して! 買いに行く時間がなく母が買い置きしてあったチョコをもらい渡しました。 帰宅し家にあったチョコを食べようと、あげた物と同じ物を開けました。 一緒に食べてる気分で 笑 中身を見た瞬間、私は凍りつきました ・・; なんと!中身が女性の上半身(裸)のチョコでした T-T 翌日、友人に中身は何だったかを聞いてもらったらビンゴでした。 30歳になった今でもバレンタインの時期になると笑われます。 以上、笑ってもらえたら良いのですが。

次の

罪悪感の心理学5~誰かのせいにしてしまうのはなぜ?~

俺 の 話 は 長い かい せい

82 ID:xqvpIv330 スペック言っとくわ 俺 高2? 自分で言うのもなんだがイケメンだ? 色々と痛い で、まず事の発端は高2の時に俺ガイルを読んでしまった事から学校生活が崩れていく。 35 ID:xqvpIv330 じゃあとりあえず書いてく まぁ学校生活厳しくなったが崩壊までは行かないか。 俺ガイルを見てしまったのは高2その時俺は色んなアニメやラノベに影響されやすかったんだ。 で、その頃はまだ友達もまぁまぁいてイケてるグループに属していた。 まぁこいつらとも後に喋ることすら無くなっけどな。 俺の高校では、毎日朝読書するのよ。 だけどもう全てのラノベ読んじゃったし新しく買おうかと本屋に向かった。 そして、そこで俺ガイルに出会う。 53 ID:xqvpIv330 最初本屋で見たときは 「まぁた絵だけで人気でたクソラノベか。 」 とか思ってたんだが他に絵上手くて面白そうなのがなくてこいつを買った。 そして、学校。 俺は朝登校して早速席につき、俺ガイルを開いた。 ペラペラーっと最初のキャライラスト見て、 「戸塚めっちゃ可愛いやん」 とか呟いて一人で盛り上がってた。 で、問題の中身。 俺は1ページ目で噴出した。 なんなんだよ。 最初のやつ。 周りは一斉に俺の方を見てクスクスしたり お前いきなり1人で笑うのキモいからやめろやww ってな感じに言われて、これを教室で読むのはマズイ、、 そう感じた俺は昼休みに弁当と俺ガイルをセットにし、裏庭へいく。 グループとは昼飯は一緒に食ってない。 60 ID:xqvpIv330 あと、この文とかも恐らく俺ガイルに影響されてっから。 まぁかなりのイケイケグループって訳ではなかったよ。 少なくともオタクグループではないな。 グループのリーダー的なやつは葉山みたいに学校で1番2番くらいのイケメンだったし。 まぁ読んでたら女子にオタクやー(笑)とかは言われたりするけどな。 なんとつまらない書込みだろうか。 義務教育を終えていない小学生であったとしても 多少のヒネリを加えて書き込む事は容易いはずである。 しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。 彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。 恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。 この一見無意味としか思えない彼の書込みは、現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。 46 ID:xqvpIv330 昼飯食いながらラノベ最近俺の中で流行ってた。 だが今回ばかりは昼飯中に食うべきでは無かった。 このラノベは章と章の間に色々とあんのよ。 っとなり盛大に口の中で噛んでいたジャムパンを噴出してしまった。 詳細は俺ガイル購入すればわかる。 まぁそんなこんなで、俺ガイルを当時出ていた6巻をすべて1ヶ月の間に読破した。 しかも全て10回以上読んだ。 そして、俺の中二病が見事に開花することになる。 105 俺自身もキモいとは思う。 でも直しようがない。 むしろ他のラノベと全く別物。 人の心情とかうまく書かれてるし とりあえず、読んだ方が早い。 69 ID:rFopwAPu0 あれはフィクション。 現実には、どんなに頑張ってもせいぜい材木座くんにしかなれない。 下手したら頑張ってもウザがられるだろう。 度が過ぎるときっと叩かれる。 そんなもんさ•

次の