辛いの食べて腹痛。 辛いものを食べて下痢や腹痛が!素早く回復させるコツと予防法

辛いものを食べて下痢が起こるのはなぜだろう?対策と対処法

辛いの食べて腹痛

辛い物を食べるとなぜ下痢になるのか 辛い食べ物を食べると、下痢や腹痛を引き起こしますが、原因は一つでは無い事をご存知でしょうか? もしかすると今悩まされている下痢は、辛い物が原因では無いかもしれませんよ。 香辛料の多くは、身体に良い効果をもたらします。 香辛料がもたらす体への影響には• 消化促進効果• 整腸効果• 腸のぜん動運動活性化• 発汗作用 などがあります。 胃腸の働きを良くする効果が目立ちますが、過剰に辛い物を食べると 胃腸の働きが「良くなりすぎて」下痢になる、という訳です。 辛い物の食べ過ぎは胃腸を傷つける トウガラシなどに含まれるカプサイシンという成分を見聞きしたことがあると思います。 そもそも、私たち人間は「辛味」という味覚は持ち合わせていません。 一般に言う辛味とは、カプサイシンなどが持つ強い刺激を「痛覚で痛み」として感じる事を指しています。 話を元に戻しましょう。 刺激物であるカプサイシンの過剰摂取は、胃や腸の粘膜を傷つける場合があります。 胃腸が傷ついてしまうと、機能が低下して下痢や腹痛を引き起こします。 前述した通り、香辛料には胃腸を活性化させる働きがあります。 傷ついて弱った胃腸に、「もっと働け」と命じる訳ですから、胃腸にとって辛い物の食べ過ぎはWパンチで負担がかかる事になる訳ですね。 辛い物を食べた時の水分摂取量 皆さんは辛い物を食べるとき、普段の食事よりも多量の水分を飲むのでは無いでしょうか? 辛さが強ければ強いほど、少しでも和らげようと水を飲むと水分の摂り過ぎが原因で下痢になる事があります。 つまり、辛い物をそこまで大量に食べた訳でも無いのに下痢や腹痛を起こしている方は、 【水分の過剰摂取】が原因かもしれないのです。 実は、 辛い物を食べた時に水を飲むのは逆効果。 カプサイシンなどの刺激成分は、脂溶性物質。 つまり、水には溶けない性質の成分です。 辛い!と感じて水を飲むと、辛い成分が口の中で広がるだけで、もっと水を飲みたいと感じてしまい、水分の摂り過ぎに繋がります。 辛さを和らげたい場合は、牛乳や少量のアルコールを飲む方が効果的です。 但し、牛乳もアルコールも下痢や腹痛を引き起こす原因になりかねませんので、飲む場合は量を加減して飲みましょうね。 辛い物による下痢はいつまで続くのか 辛い物による下痢で苦しんでいると、「一体いつまで続くのか」と不安になりますよね。 残念ながら、明確にいつまで続くと断言する事は出来ません。 強いて言うならば、 「胃腸の機能が正常に戻るまで」続くと言えます。 苦しんでいる最中、胃腸が回復するまで続くと聞いては「泣きっ面に蜂」状態ですが、少しでも胃腸の回復を早めるために出来る治し方や対処法を紹介しますので、参考にしてなるべく早く胃腸の回復を図りましょう。 辛い物による下痢の治し方や対処法 辛い物による下痢や腹痛の治し方とは、いかに「胃腸の機能を正常に戻すか」と言い換えることができます。 辛い物が原因で下痢や腹痛を引き起こしている場合、胃腸が傷ついていて機能が低下している可能性が高いからです。 辛い物による下痢や腹痛・治し方と対処法一覧 民間療法や対処療法など、様々な観点から辛い物を食べ過ぎた際の下痢や腹痛に効果的な方法を紹介します。 市販薬を服用する 辛いものを食べたると 刺激で胃酸が大量に出る一方で、胃の動きは弱まるので、胃酸過多となり胃粘膜が荒れてしまい胃が痛むこともあります。 によると、辛いものを食べた場合は大体これにあたるようなので胃酸を元からコントロールすガスター10などがオススメです。 引用元:Amazon ガスター10以外で購入する場合は、辛いものを食べたので胃酸過多で胃痛が起きるとネットで見たのですが、どの胃薬が良いでしょうか?と聞くのも良いです。 胃薬には3種類あり、• 胃酸が出すぎて粘膜を傷めている• 胃粘膜が弱って胃酸に耐えられない• 胃の動きが激しすぎて差し込むような痛みが出る 引用元: 辛いものでの胃痛は2番目にあたることが基本ですが、間違ったものを選ばないように、必ず聞いてみてください。 水分の取りすぎによる単なる下痢の場合は、正露丸などの通常の腹痛に効く薬で問題ないでしょう。 seirogan. html 安静にしてお腹を温める 辛い物を食べ過ぎて腹痛や下痢に悩んでいる時は、お腹を温める事を意識しましょう。 photo-ac. 腹巻やホッカイロなどでお腹を温めて静かに横になって回復を待ちましょう。 温めることで胃腸に血液がよく流れるようになり、回復が早くなるとも言われています。 お腹にやさしい飲み物・食べ物を摂る お腹を温めるだけでなく、身体を中から温める飲み物や食べ物を摂るのも良いでしょう。 温かく、身体を温める効果のある飲み物としておすすめは• ハーブティー• ルイボスティー• ホットミルク などがあります。 いずれの場合も 飲む時は必ずHOTで飲みましょう。 ハーブの香りには鎮静効果があり、副交感神経を刺激してくれます。 整腸作用を重視するなら、コリアンダーなどがおすすめです。 ルイボスティーも、ノンカフェインなのでおすすめ。 ホットミルクを飲む際は、飲み過ぎは逆効果となるため少量を少しずつ飲む様にしましょう。 辛い物による下痢や腹痛時におすすめの食べ物は、定番ですがやはり「お粥」など胃腸に優しい食べ物が良いでしょう。 下痢や腹痛がひどいと、食欲が沸かず大変ですが「水分補給」は意識して行いましょう。 特に、下痢の時は排便時に健康時に比べて失う水分量が多くなり、水分補給を怠ると脱水症状の原因となります。 上記で紹介した温かい飲み物を中心に、こまめに水分補給をしながら胃腸が回復するのを待ちましょう。 辛い物による下痢・まとめ 辛い物が好きな人に、「食べるな」とは言えません。 しかし、辛い物を食べるとすぐにお腹を壊す人は、食べる量を控えた方が良いでしょう。 どうしても食べたくて仕方がない方は、辛い物を食べる時に少し工夫をしてみてはいかがでしょうか?• 乳製品(牛乳やヨーグルト、チーズ)を一緒に食べる• 整腸作用のあるハーブティーなどを飲む•

次の

辛いものを食べた時の腹痛の原因と対処法

辛いの食べて腹痛

夏になると冷たい食べ物を欲する人は多いでしょうが、なかには「暑い夏だからこそ熱いものが食べたい! 辛い物が欲しくなる!」という人も少なくないでしょう。 筆者のかつての同僚がそうでした。 猛暑日が続く中、昼休みになると毎日のように社員食堂でカレーライスを注文し、それに大量の七味唐辛子をふりかけて食べていました。 額に玉のような汗を浮かべて「はふはふ」と言いながら激辛カレーを頬張る同僚を横目に、筆者は冷やし中華を食べていたのを思い出します。 また、別の知人はタイへ旅行に行った際、辛い物を食べすぎて腹痛になりました。 下痢が治まらず、病院で診てもらったところ、胃の内壁がただれていたということがあります。 普段から辛い物を多く食べているメキシコでおこなわれた調査によると、唐辛子の摂取量と胃癌のリスクは比例するというデータも。 やっぱり、辛い物、刺激が強い物を食べ過ぎると腹痛になってしまうのでしょうか。 ここでは辛い物を食べ過ぎると腹痛になるメカニズム、そして知って得する治す方法、予防法などをご紹介します。 じつは「胃酸」が関係しています。 何らかの理由で胃酸の分泌量が増えると、胃や食道を痛めることがあります。 唐辛子には、少量であれば胃酸の分泌を抑え、食欲を増進させる効果があると言われていますが、 食べ過ぎると逆に胃酸の分泌を促進してしまい、結果、胃や食道を痛めてしまうことがあるというのです。 「ストレスで胃が痛くなった」という話を聞きますが、これも胃酸が多量に分泌されている状態ですから、 ストレス発散のために辛い物をドカ食いすることは明らかに無謀と言えるでしょう。 味覚に分類されない「辛味」は、実は〇〇だった! 人間の味覚は大きく5つに分類されます。 塩味 つまり、「辛味」というものは存在しないのです。 私たちが 辛い物を食べて「辛い」と感じるのはじつは「痛み」なのです。 口内炎ができたときに痛いと感じるように、口の中には痛みを感じる神経がたくさんあり、辛い物を食べたとき、その痛みの感覚を「味覚」と錯覚してしまっているだけなのです。 そう考えると、辛い物を食べてお腹が痛くなるという現象も、なかば当然のことのようにも思えます。 辛い物と一緒に口にしないほうがいいものとは? 辛い物を食べても、少しくらいの腹痛ならすぐに治まりますから、それほど気にならないでしょう。 しかし、いつまでも下痢が続く、胃腸の痛みが治まらないという場合があります。 中にはお尻までヒリヒリするといった症状を訴える人もいるようです。 そんな強い症状を訴える人の多くは、 唐辛子などの辛い物と合わせて、脂っこいものやアルコール類を摂取しているものです。 唐辛子の辛み成分であるカプサイシンが脂溶性であるため、油やアルコール類とうまく溶け合って、口から肛門に至る消化器官全体に行き渡ってしまいます。 その結果、口内炎ができたり、胃腸が痛くなったり、お尻までヒリヒリしたりするわけです。 ときには肛門の炎症がもとで痔になる人もいるそうです。 辛い物と脂っこいもの、アルコール類というのはセットみたいなイメージを持ってしまいがちですが、体のことを考えると、じつは良くない組み合わせだということなのです。 そんな人のために、辛い物で胃腸が痛くならないための効果的な予防法や、なってしまったときの対処法をご紹介したいと思います。 水よりヨーグルトのほうが効果的 水を飲んでも辛さやヒリヒリ感が治まらないことがよくあります。 これは、唐辛子に含まれるカプサイシンが水に溶けにくい性質を持っているからです。 そこで効果的なのが カゼインを豊富に含む乳製品です。 激辛料理を食べる前や食べている途中に ヨーグルト、牛乳、チーズといった乳製品を摂取してみましょう。 カプサイシンによる刺激をやわらげてくれる可能性大です。 緑茶やコーヒー、ワインでも効果あり 乳製品は苦手。 牛乳を飲むと下痢をする。 そういう方も少なからずいらっしゃいます。 そんな場合は、緑茶やコーヒー、ワインを試してみてはいかがでしょうか。 タンニンを含む飲み物には整腸作用があると言われています。 乳製品のようにカプサイシンによる刺激をやわらげてくれる効果はありませんが、胃腸環境を整えて、辛さによる影響を多少は軽減してくれると思います。 また、お酢やレモン、ライムなどの酸味は、辛さをやわらげてくれます。 お腹が痛くなった時の対処法 実際にお腹が痛くなってしまったときは、それに見合った処置をするしかありません。 市販の胃腸薬や整腸剤を服用し、合わせて消化の良いものを食べるようにしましょう。 おかゆ• 温野菜• 卵料理• 白身魚• 脂身の少ない肉料理 これらが一般的には良いと言われているメニューです。 他に、整腸作用のある リンゴを食べるのもいいでしょう。 辛い物を食べてお腹をこわしたとしても、普通はそれほど心配ありません。 下痢も1~2日ほどで治まります。 それでも症状が改善されない場合は、すみやかに医療機関を受診するのが賢明です。 まとめ 辛い物って「後を引く美味しさ」がありますが、体に負担のかかるものを多く食べていると、健康被害のリスクもそれなりに大きくなるでしょう。 ですが前もって効果的な予防法や対処法を知っておけば、リスクは軽減されるかもしれません。 この記事の内容が少しでもお役に立てばと願っております。

次の

唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は?

辛いの食べて腹痛

皆さんはキムチにどのようなイメージを持っていますか? 辛いというイメージはもちろんのこと。 キムチは発酵食品なので健康に良いといったイメージを持っている人も多いでしょう。 実際にキムチには様々な効能があります。 それについては本文中で詳しく書いていきますね。 しかしながら、そんなキムチにもデメリットがあります。 それがタイトルにもあるように、• 吐き気 といったような症状の原因になるということです。 キムチが好きなのにこういった症状に悩まされているという人もいると思います。 そこで今回はキムチのデメリットについて詳しく書いてみました。 キムチによる腹痛・下痢・吐き気の原因や対策は?• キムチの効能は? となっています。 それでは発送開始! 広告 キムチによる腹痛・下痢・吐き気の原因や対策は? まずはキムチと胃腸の不調との関連性についてです。 冒頭にも書いたようにキムチは発酵食品で乳酸菌が多く含まれています。 そのため、キムチには整腸作用があるといえるでしょう。 しかしながらキムチを食べると、• 吐き気 といったような不調を訴える人が多いというのも事実。 これらは全てキムチにより胃腸に負担がかかってしまうことによって起こる症状。 キムチを食べると毎回こういった不調が出るためにキムチを敬遠しがちだという人もいるかもしれません。 キムチは好きなのにそういった理由で食べっれないというのはつらいですよね。 そんなことを気にせずキムチを食べられるようになりたいと思っている人も多くいることでしょう。 なので、ここでは不調を身にしたりせずにキムチを食べられるように原因や対策について詳しく書いていきますね。 キムチによる不調の原因はなぜ? キムチを食べた後に胃腸の不調が表れるのには主に2つの要因が挙げられます。 それが、• 香辛料• アリシン の2つ。 これらについてそれぞれどのように胃腸の不調と関係しているのか説明していきますね。 香辛料による要因 キムチにより胃腸に不調が出るのは香辛料が大きな原因となっています。 皆さんの中に辛いものを食べるとおなかの調子が悪くなるという人やそういったことを聞いたことがあるという人も多くいるでしょう。 あれは香辛料が胃腸にダメージを与えていることが原因となっているのです。 というのも香辛料は刺激物。 刺激物である香辛料を食べることによって胃腸の粘膜などが傷つけられてしまうのです。 そしてこれは先程も書いたように何もキムチに限ったものではなく辛い食べ物全般に言えること。 特に辛いものを食べ過ぎた時にこういった症状が出ることが多いです。 また、もともと胃腸の調子が悪い人が香辛料を食べることによって症状が悪化するということもあります。 なので、• 胃腸の調子が悪い人• 胃腸が弱い人 は香辛料を食べる際には注意しましょう。 広告 アリシンによる要因 キムチにはニンニクが多く含まれているものがあります。 ニンニクの臭いの成分であるアリシンはこのアリシンという成分も刺激物。 これを多く摂取してしまうと香辛料と同様に胃腸にダメージを与えかねません。 酸味が強いもの• カフェインが多く含まれるもの は胃腸に負担をかけてしまいます。 なのでこういったものを食べ過ぎないようにしましょう。 キムチによる不調の対策法を紹介! 続いてはキムチによる不調の対策法についてです。 これに関してはキムチを多く食べ過ぎないということが大切になってきます。 というのも、とても胃腸が弱い人やすでに胃腸に不調が出ている人でない限りは少量しか食べないのであれば症状が出ることもほとんどありませんから。 また、多少の不調が表れるにしても重症になる可能性は低いでしょう。 そのため、食べ過ぎないということが一番の対策法と言えるのです。 また、体質によっては少し食べただけでも症状が出てしまう人もいます。 そういった人は病院の先生に相談してみるのが良いでしょう。 ちなみに胃腸は強くすることは難しいです。 なので、辛いものを多く食べて胃腸を慣れさせようとするのはやめましょう。 むしろ体質が悪化してしまう可能性もあるので。 ただ、どうしても食べないといけない時やどうしても食べたいという時もあるでしょう。 そういった場合には食べる前に胃腸薬を飲んでおくというのも効果的です。 たまにしか食べないのであればこの方法でも問題ないと思います。 また胃腸薬以外にも、• 食べる前に乳製品を摂る• 水を過剰に飲まないようにする といったような対策法もあります。 こういった対策をすることによって症状を軽くすることも出来るでしょう。 ただ、食べ過ぎないようにするということは大前提として考えるようにしてくださいね。 広告 キムチの効能は? ここまではキムチのマイナスの面を中心に書いてきました。 ただ、冒頭にも書いたようにキムチにも健康に良いところは多くあります。 なのでここからはキムチの効能について書いていきますね。 脂肪燃焼効果• 疲労回復効果• 免疫力向上効果 といったようなものがあります。 それぞれ詳しく書いていきますね。 脂肪燃焼効果 これはキムチを辛くしている唐辛子に含まれるカプサイシンによるもの。 カプサイシンには脳神経を刺激し代謝をよくする働きがあるのです。 このように刺激物も食べ過ぎなければ悪いことばかりではないということがわかるかと思います。 疲労回復効果 こちらもキムチに含まれる香辛料による効果。 代謝や発汗を促すことにより疲労回復にもつながるのです。 美容効果 これはキムチに含まれるカプサイシンやビタミンBによるもの。 これらによって血液の循環が良くなりむくみの予防になるのです。 また、豊富な栄養により美肌効果も期待できます。 免疫力向上効果 これはキムチに含まれている乳酸菌によるもの。 ヨーグルトを食べると免疫が強くなるとよく言われますよね。 あれもヨーグルトに含まれている乳酸菌によるものなのです。 まとめ 今回はキムチによる不調について書いてみました。 これに関しては食べ過ぎないようにすることしか根本的な対策法はありません。 胃腸薬を飲めば症状は出ないかもしれませんがキムチを食べるたびに胃腸薬を飲むわけにもいきませんからね。 今回はここまで。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の