漫画バンクジャンプスクエア。 ジャンプ、漫画学校を創設。全10回の講義で2万2000円

双星の陰陽師 22巻を完全無料で読む方法は?zip・rar・漫画村はウイルス常駐で利用禁止!

漫画バンクジャンプスクエア

「週刊少年ジャンプ21号」発売延期のお知らせ 2020年4月8日現在、「週刊少年ジャンプ」の編集部に勤務する40代社員に、新型コロナウイルス感染の疑いがあります。 当該社員は発熱があった4月2日から出社を控え、医療機関を受診のうえ自宅待機をしており、PCR検査待ちとなっております。 業務においては直接、作家と接触する立場ではありません。 集英社では4月6日より、全社原則在宅勤務の対応をとって感染拡大の防止に努めておりますが、作家・関係者への感染リスクを考え、「週刊少年ジャンプ」編集部全体で作業を一時中断するということにいたしました。 つきましては、4月20日(月)発売予定であった「週刊少年ジャンプ21号」(紙版・デジタル版)の発売を1週間延期し、「週刊少年ジャンプ21・22合併号」と号数を変更したうえで、4月27日(月)に発売予定といたします。 なお、「週刊少年ジャンプ20号」は、予定通り4月13日(月)に発売いたします。 大きな混乱を招き、ご迷惑をおかけすることを、毎週楽しみにしていただいている読者の皆様に心からお詫びいたします。 感染拡大が不安な状況の中、作家・関係者の健康と安全を最優先に考慮するとともに、必死に執筆を続ける作家をサポートして、読者の皆様の心を明るくさせられるような漫画を届けていけるよう努力いたしますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 2020年4月8日 株式会社 集英社 週刊少年ジャンプ編集部 新着情報• 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 32号• ジャンプGIGA 2020 SPRING• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 32号 イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• アニメ2期2021年1月放送!• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

ジャンプ中澤

漫画バンクジャンプスクエア

Gray-man ジャンル 、、 漫画 作者 出版社 その他の出版社 Madman Entertainment 文化伝信 Panini Comics Grupo Editorial Vid Chuang Yi 掲載誌 (2004年 - 2009年) (2009年) (2009年 - 2013年) (2015年 - 2018年) (2018年 - ) レーベル 発表号 WJ:27号 - 22・23号 赤マル:2009SUMMER SQ:2009年12月号 - 2月号 CROWN:SUMMER号 ー WINTER号 RISE:2018年SPRING号 - 連載中 巻数 既刊26巻(2019年2月現在) アニメ 原作 星野桂 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 、 トムス・エンタテインメント 放送局 放送期間 - 話数 全103話 アニメ:D. Gray-man HALLOW 原作 星野桂 監督 脚本 、樋口達人、 キャラクターデザイン 椛島洋介 音楽 和田薫 アニメーション制作 製作 D. Gray-man製作委員会 放送局 テレビ東京ほか 放送期間 - 話数 全13話 ゲーム ゲーム:D. Gray-man 奏者ノ資格 ゲームジャンル 絆 KIZUNA アドベンチャー 対応機種 発売元 KONAMI プレイ人数 1人 発売日 2008年9月11日 レイティング CERO:全年齢 キャラクターボイス フルボイス 小説:D. Gray-man reverse 著者 出版社 レーベル 刊行期間 2005年5月30日 - 巻数 既刊3巻 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 D. Gray-man』(ディーグレイマン)は、によるの作品。 話数カウントは「 - 夜」。 略称は「 Dグレ」。 『』()2004年27号から2009年22・23合併号まで連載され(186夜まで)、『』(同)2009SUMMERの掲載を経て(187夜)、『』にて2009年12月号より2013年2月号まで連載(188夜から218夜まで)。 2年半の長期休載を経て新増刊号『』に移籍。 同誌休刊後は、後継誌『』に移籍。 シリーズ累計発行部数は2,250万部を突破。 なお、『週刊少年ジャンプ』連載後期は、度々連載と休載を繰り返していた。 仮想19世紀末のヨーロッパを舞台としている。 あらすじ [ ] 「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき悪性兵器「 AKUMA(アクマ)」。 AKUMAの製造者で世界終焉への計画を進める「 千年伯爵」。 そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である、「エクソシスト」達。 主人公・「 アレン・ウォーカー」もその一人であった。 アレンは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく。 登場人物 [ ]• 用語解説 [ ] 「黒の教団」関連 [ ] 黒の教団 世界の終焉を阻止するための命によって設立された直属の対AKUMA。 コウいわく、殉職率は非常に高い。 黒の教団に所属する者はヴァチカンの名(ローズクロス)においてあらゆる場所への出入りが許可されており、任務で生じる費用は(たとえそれが修理費用でも)全て教団が支払う。 本部は断崖絶壁に位置していたが、ルル=ベルによる襲撃により壊滅寸前まで追い込まれたため、付近の島に移動した。 関係者 はここを住居・拠点として活動しており、「ホーム」とも呼ばれている。 、、、、、に支部がある。 黒の教団において最上級である階級者。 元帥と室長に命令を出すを持つ。 ティエドールの話からエクソシストではないもよう。 5人存在している。 室長 正式名は「黒の教団本部長代行監理官兼中央統合参謀司令室室長」。 教団の頭脳というべき役職でサポート派の頂点。 エクソシストにも指示を出す。 現在はコムイ・リーがその地位にある。 Lv4によればその重要性はエクソシストにも匹敵するらしい。 科学班(インテリ) 黒の教団第1班。 エクソシストや探索部隊が活動するのに必要な武器や道具、団服の作成などを行う(ただし、仕事そっちのけで妙な道具や薬品を創り、それにより大きな問題を起こすこともある)。 それぞれの専門に秀でた者が多く、やに長けた者もいる。 たとえばリーバー班長であれば、・・が専門分野である。 また、退団時には教団での記憶を消す薬を飲まなくてはならない。 それまでの主要メンバーは第一斑に所属することになる。 探索班 黒の教団第2班。 班員を探索部隊(ファインダー)と言う。 世界中の情報収集を担当。 イノセンスによる奇怪が起きていると思われる場所に赴き調査活動を行う。 最も死亡率が高い職域である。 医療班 黒の教団第3班。 エクソシスト・ファインダー等の治療を担当する。 婦長、ドクターが中心となっている。 通信班 黒の教団第4班。 エクソシスト・ファインダーからの通信を担当する。 警備班 黒の教団第5班。 黒の教団の警備全般担当。 主に門や水路など出入り口となる箇所を警備。 門番のアレスティーナ=ドロエ=ギョナサン=P=ルーボーソン=ギア=アマデウス=5号もここに該当。 対外調整班 黒の教団第6班。 外交活動担当。 本編にその班員は未だ登場していない。 総合管理班 黒の教団第7班。 事務・雑務担当。 料理長・ジェリーもここに該当。 協力者(サポーター) 世界各地の教団支部に所属して、普段は民間人として活動しながら裏で黒の教団の活動を支える。 アニタやマホジャがそれに当たる。 監査役 ヴァチカンから監査のため、黒の教団内に出向してきている人間。 ルベリエやリンクが該当。 「エクソシスト」関連 [ ] 黒の教団に所属するアクマ退治を専門とする黒の(クラーヂマン)。 アレン入団時は19人が所属していた。 全員黒の団服(コート)を着用している。 胸には教皇の象徴であるがある。 「エクソシスト」とはあくまで黒の教団に所属することによって呼ばれる名称である。 通常は適合者不明のイノセンスを持つ元帥によって発見されるが、ごくたまにアレンのような寄生型の適合者など、既にイノセンスを所有している適合者も居る。 戦力確保やハートの保護などの事情で適合者は発見次第教団本部へと出向することになり、改めて適合者と認定された時初めて名乗ることが許される。 第二エクソシスト 人造使徒計画の研究で生み出された2体の被検体のこと。 どんなに傷を負っても急速に治癒する超速再生能力を持っている。 「人造使徒」と名付けられてはいるが、実際は再起不能となったエクソシストを再び戦わせるべく、その脳を「器」となる別の肉体に移植して生み出された存在。 アジア支部のチャン家と北米支部のエプスタイン家が実験の指揮を執っていた。 だが、器の記憶が戻る可能性がある。 アルマはもう1体の被検体である神田によって機能を停止し、第三エクソシスト計画に利用されることになる。 第三エクソシスト 北米支部長レニー・エプスタインの指揮の下、アクマの卵核と融合したアルマの細胞を移植され半アクマとなった者達。 身体の一部をアクマのように変形させ、アクマを吸収・消滅させてしまう能力を持つ。 しかしイノセンスの力を持たないため、アクマに内蔵された魂の浄化はできずもろとも破壊してしまう。 アクマを取り込み「母体化」するという使命が課せられる。 元鴉のマダラオ、テワク、トクサ、キレドリ、ゴウシの5人がそれに当たる。 だが、全員アルマの細胞を受け継いでいるため、アルマがアクマになると同時にダークマターが覚醒してしまう。 そして、生き残った第三エクソシストはノアに連れ去られ、ノアの軍門に下った。 普段は教団を離れて単独で任務に当り、その任務と同時に世界のどこかに居る適合者を探すため世界を回っている。 したケビン・イエーガー、クロス・マリアンを除けば、フロワ・ティエドール、ウィンターズ・ソカロ、クラウド・ナインの3人が現在の元帥。 通常は定期的に教団と連絡を取り合う。 教団にいるのは、科学班によって作られる機械を内蔵したタイプ。 エクソシストは任務遂行のサポートのため、本部を含めた遠距離への通信が可能なタイプのゴーレムを各自1体与えられている。 電話回線を通じた遠距離通話も可能だが、教団本部への通信はそのゴーレムの所有者のみに制限され、10km圏内ならゴーレム同士で居場所が辿れる。 教団本部の周囲には監視カメラの役割を備えたゴーレムが多数飛んでいる。 アレンの所持するティムキャンピーは本来クロスと「契約」したゴーレムとなっており、映像記録機能を持つ他、粉々になっても再生できるなど従来のゴーレムとは製造法が違うものと思われる。 機械を内蔵せず自然物のみで構築されているため、機械通信機能などを内蔵するほかのゴーレムや各教団への連絡手段を持たないがアレンの耳をかじったりするなど、明確な意志を持っていると思われる。 団服(コート) 左胸に十字架の紋章(ローズクロス)が入ったコート。 科学班が製作を担当し、エクソシストと教団支部長クラス以上の幹部職員のみが着用を許される。 基本的なデザインコンセプトは同一だが細部は各自の好みで異なる。 エクソシストのコートは黒地に銀の装飾、元帥は金の装飾。 対して幹部職員や探索部隊のコートは白地である。 室長はそれに白のローズクロスが装飾されている。 エクソシストの団服は戦闘の際の守りを考慮した構造。 そのため初期のものは重く、作中で何度か軽量化も兼ねたリニューアルが行われている。 首飾りとしてセットで支給されるボタンの裏には持ち主の名前が彫られている。 「イノセンス」関連 [ ] イノセンス 「神の結晶」と呼ばれる不思議な力を帯びた(キューブの中に眠っていた物)、謎の多い物質。 「原石」と呼ばれる結晶の周りに2つの金色の歯車状の物が交差した形状の状態で発見されることが多いが、人間の手によってあるいは自身で様々な物体に変化しているものも存在する。 総数は109個だが、千年伯爵やノアの一族の手で既に相当数が破壊されており、残存する数は不明。 ノアの一族とは対極の存在。 第3巻冒頭時点で回収されたイノセンスは全部で41個。 また、ティキ曰く「 この世の物質じゃない」らしく、そのために彼の能力でもイノセンスだけは例外だという。 ある一定の距離に適合者がいれば飛んでいくこともできるが、それ以外は元帥達など、適合者以外の手によって適合者が居る辺りまで運ばれる必要がある。 AKUMAやノアに対する敵意を宿していることから、伯爵曰く「 自分達を殺すためなら何でもやる悪魔」。 ヘブラスカによると適合者の強い思いに反応してイノセンスが進化してきているらしい。 ハート 全てのイノセンスの核となる特別なイノセンス。 ハートが破壊されてしまうと他のイノセンス全ても力を失う。 分かっていることは「まだ破壊されていない」ということと、キューブに記されている限りでは「ハートはひとつ」ということだけであって、形状も能力も所在も一切が不明であるので、既に適合者によって運用されている可能性もある。 千年伯爵やノアの一族が、虱潰しにイノセンスを破壊するのはそのためでもある。 現在ハートの適合者ではないかと思われているエクソシストが数名いるが、実際のところは不明である。 適合者 イノセンスを扱える者。 適合者であると判明したものは黒の教団にスカウトされてエクソシストとなるか、千年伯爵によって始末される場合がほとんどである。 しかし、適合者はイノセンス1個に対し1人(クロスは例外的に2つの対AKUMA武器を所有している)の上、イノセンス自体が109個しかないので、そうそう適合者が見つかることはない。 対アクマ武器 対AKUMA用に武器化したイノセンス。 世界で唯一、AKUMAのボディに傷をつけ破壊することが可能。 個々のイノセンスに宿っている力の違いから、対AKUMA武器の形状や能力もそれぞれに異なる。 大きく 装備型と 寄生型2種類に分けられる。 その他には適合者の強い思いでイノセンスが進化した、寄生型でも装備型でもない 結晶型が存在する。 タイプごとの違いは以下の通り。 装備型(そうびタイプ) イノセンスを人為的に加工して製造した対アクマ武器。 大半のエクソシストは装備型の対アクマ武器の適合者である。 装備型の適合者は後述の寄生型と違って、イノセンスとの身体的な繋がりを持たないので、イノセンスの原石が持つ強大な力の制御が難しく、原石のまま発動していると使用者の体の方が破壊されてしまう。 したがって、イノセンスを加工・武器化することでイノセンスの力を抑えて武器として扱えるようになる。 ちなみに対アクマ武器を製作する際には、イノセンスごとの能力や性質を分析して、それに見合った形状に仕立て上げる。 なお、装備型イノセンスは発見当時から原石のままではなく、ミランダのように、特殊加工をしていないにもかかわらず何らかの形状をしている物(置時計の何処かの部品)、イノセンス原石が装備品へと変貌したケース(チャオジーの腕輪型対アクマ武器)も劇中で確認されている。 あくまでもイノセンスの性質に左右されるので、ミランダの「刻盤」のように武器の形をしていないものもある。 強制開放のリスクは寄生型より大きい。 結晶型(けっしょうタイプ) 装備型のイノセンスが進化した対アクマ武器。 イノセンスが一度適合者の体内に入り、その血液を取り込み金属体へと変質させて再度体外に出ることで適正な形状に武器化する(その際、体外に出るときに適合者の身体は十字型の傷を負う)。 そのため、破損しても自らの血を補填することで修復できる。 また寄生型ほどではないが血液を媒介にしているのでイノセンスとの繋がりが強く、戦闘では装備型のように「操作」する必要がないようで、適合者が強く念じることにより、その「想い」に応じ出力が変化する。 本部でのLv4アクマとの戦闘においてリナリーが初めて発現した。 寄生型(きせいタイプ) イノセンスの原石が適合者の肉体とシンクロして、適合者の肉体の一部が武器化した対アクマ武器。 寄生型の適合者は装備型の適合者に比べて非常に少ない。 装備型同様、原石ではなく別の形をとっているケースも確認されている(例:クロウリーの食人花の赤ちゃん「ロザンヌ」)。 寄生型の適合者は自分の肉体の一部を武器化するので、イノセンスとのシンクロ率が高く、装備型に比べてイノセンスの力をより引き出せる。 傷ついた対アクマ武器を自己修復する場合もあって、体内のイノセンスが侵入してきたダークマターを浄化するので、AKUMAの血のウイルスで死ぬこともない。 その反面、体力の消耗が激しく、寄生型の適合者は寿命も短い傾向にあり、みな非常に大食いである。 また、武器が損傷すると神経にダメージを受けてしまう。 また、作中に登場する寄生型の適合者は、アレンを除いていずれもイノセンスを体内に取り込んだ経緯(クロウリーの「ロザンヌに噛まれて歯が生え替わった」など)を持っており、生まれつきイノセンスを宿していたのはアレンのみである可能性が高い(ただし経緯が判明していない適合者もいるため確定的ではない)。 咎落ち(とがおち) イノセンスの暴走現象。 不適合者(イノセンスとのシンクロ率が0以下の人間)がイノセンスとシンクロしようとしたり、適合者がAKUMAやノアに屈してイノセンスの意志を裏切った場合に発生する。 体がイノセンスに取り込まれて、強大なエネルギーを放出して破壊行為を繰り返して、24時間以内に命を消費し尽くされて死ぬ。 かつて、教団内で不適合者を無理やりエクソシストにしようとする実験が行われた際に多く発生した。 現在は秘密事項として扱われ、教団でも一部の人間しか知らない。 その実験には聖女(ヘブラスカ)の一族であるルベリエ家の人間が差し出された。 元帥は全員臨界者である。 作中でアレン・ウォーカーも臨界者となる。 「千年伯爵」関連 [ ] AKUMA(アクマ) 千年伯爵によって造られる生きた悪性兵器。 絆の深かった者に死者の魂を喚び出させて、ダークマターから造られた魔導式ボディの原型に取り込み、拘束することで生まれる。 一度取り込まれた魂はイノセンスによってAKUMAを破壊されない限り自由はない。 自爆などによりエクソシスト以外に破壊されると魂はダークマターごと消滅する。 死者の魂を喚ぶのに利用された人間はその場でAKUMAに殺され、その死体はAKUMAが人間に擬態するために被る皮として利用される。 体のどこかに素体となった人間の顔の皮がある。 擬態中はほぼ完全に正体を隠すことが可能で、特殊な場合(アレンの左眼など)を除いて人間と見分けられることはまずない。 製造者である伯爵に絶対服従であり、空腹に似た強い殺人衝動を持つ。 人を殺すことで進化し、自我を有するようになり、形状や能力を変化させるという特性を持つ。 この自我は取り込んだ魂と別の人格であり、AKUMAの自我は殺人のたびに快感を覚え強くなる一方、魂のほうは苦しみ傷つけられる。 取り込まれた魂はAKUMAの進化と共にその原形を失っていく。 人の皮を被った状態のまま体を部分的に武器へと変形させて戦闘することもある。 AKUMAの血(オイル)は生物にとって猛毒であり、これを弾丸に成形して撃ち出すことができる。 AKUMAの血の成分が体内に入った生物はみるみるうちに黒いペンタクルに侵され、そのまま黒い霧状になって霧散(ノアの一族には無効)。 回避するにはAKUMAの血が全身に行き渡る前に吸い出すしか無いが、現実的にはほぼ不可能 である。 通常AKUMAは人を殺害するものだが、ある地区内でAKUMAの密度が異常に濃いときは殺人衝動を抑えるために共食いし別のAKUMAの能力を奪うことがある。 進化の最終形態は未だ不明。 Lv1 最も数が多く、頻繁に登場する。 本体は基本的に逆向きのタマゴ型で、ボディ中央部に顔がある。 まだ未発達なため人格を持たず、知性が低く言葉も片言のものが多い。 エクソシストとして訓練を積んだ者であれば、単独で複数を撃破することもそれほど難しくない。 Lv2の前兆になるとボール型になる。 組み込まれた魂は生前の格好をしているが顔は老人のようにしわがれた仮面に覆われており、首を鎖で繋ぎ止められて涙を流している。 Lv2 Lv1と比べ、個体によって形状がさまざまになり、それぞれに固有の能力を持つようになる。 また新たに発達した人格感情(芽生えた心)を持って自律的に行動するようになり、変化した状態でも流暢に喋る。 基本的に無名であり名乗ることもないが、アニメのEDクレジットでは一部のものに便宜的に名前が付けられている。 組み込まれた魂は手足を括られたのような状態で、年齢も性別も全く分からない。 Lv3 鎧を纏った大男のような姿で全体的に似た形状をしているが、細部の違いはLv1よりも顕著である。 時々、顔面にいくつもの目を開かせることがある。 頭部の中に皮となった人間の顔が隠れている。 固有の能力を持っている所はLv2と同様だが、接近戦などいくつかのタイプに特化するようになり、格段に強力になる。 また登場当初はそれぞれ特徴的な形の羽(エシの蜘蛛の巣のような羽など)を持っていたが、本部襲撃の際などLv3が大量にいるときには、どの個体の羽も同じ形状(天使の羽を縮小したようなもの)で統一されて描かれるようになった。 魂の状態はLv2時よりもさらに悪化し、輪郭が崩れて、不定形のおぼろげな姿となる。 融合体(仮称) 複数のLv1 - Lv3が合体して変形した姿。 3つの顔を持つ巨人のような姿をしており、破壊力や防御力もかなり増大している。 主に踊りながら行動する。 Lv4 幼い天使のような姿で、を喋る。 光線で攻撃したり、身体の一部を武器に変形させることも可能。 初登場の個体はLv3から妊婦の女性型が脱皮するように現れた。 その戦闘力は元帥クラスでも容易く倒せる物ではない。 教団で誕生したLv4は人間の神経を揺さぶる雄叫びを不意打ちで放つことで、元帥たちの動きを封じるとともにイノセンスとのシンクロを弱めて一時的に退けさえもした。 長い裏歴史を記録しているブックマンも知らない存在であり、ルル=ベルによる本部襲撃において教団にとっても初の接触となった。 魂の状態は目もあてられないほどに崩壊し悪化しており、様々なAKUMAの魂を見てきたアレンでさえ嘔吐するほどである。 ダークマター 通称は「」。 作中ではAKUMAを構成する物質を指す。 イノセンスと相反する物質で、AKUMAが人を殺せば殺すほど強化されていく。 ダークマターの能力による影響はAKUMAが倒されると解除される。 個々のダークマターは特有の能力を有する。 自爆するとダークマターと魂が一緒に吹き飛ぶ。 ダークマターは伯爵の魂によって生み出された。 ゴーレム(千年伯爵側) 千年伯爵によって作られる(それ故趣味が入っている)。 人間の言葉を理解することができる。 種類こそは少ないが、伯爵およびロードが使用する傘型ゴーレム()、ティキ・ミック使用の食人ゴーレム(ティーズ)、同じくティキ・ミック使用のカード(リスト檻の囚人、セル・ロロン)が確認されている。 ティーズ ティキ・ミックが使用しているゴーレム。 伯爵の趣味によって蝶型である。 羽の種類は様々で、主にのマークが付いており、それぞれ異なる。 人を主食としており、人間を喰えば喰うほど繁殖し増えていく。 巨大化し武器になったり口内から破壊光線を放ったり出来る。 ノアの一族 人類最古の使徒、「」のとを受け継ぐ超人達。 ロード曰く「神に選ばれた本当の使徒」。 歴史の分岐点にたびたび出現しているがどの文献や書物にも記されておらず、歴史の裏でしか語られることはない。 身体的特徴は肌が灰色であることと、額に十字架のが7つあること(前述の特徴を意識的に隠し、ほぼ普通の人間と変わらない姿になることも可能)。 千年伯爵同様イノセンスと対極に位置する存在であり、イノセンスを破壊できる力を持つ一方で、体内に直接イノセンスの力を流し込まれると死亡する。 全部で13人(千年伯爵含む)存在することが確認されている。 ノアの一族はそれぞれ13個(14番目を含めれば)のノアのとを司っている。 第1使徒・「 千年伯爵」• 第2使徒・「 裁(トライド)」• 第5使徒・「 智(ワイズリー)」• 第6使徒・「 蝕(フィードラ)」• 第7使徒・「 恤(マーシーマ)」• 第13使徒・「 能(マイトラ)」• ノアの一族の出現は7000年前にハートとの戦いで第1使徒「千年伯爵」が倒れた際に生き残った十二使徒達が、大洪水で滅びた世界で第二のアダムとなり、現在の人類の祖先となったことに由来している。 全ての人類は「ノア」の遺伝子を有し、一つの時代に12人の遺伝子が覚醒しノア化するのは千年伯爵を守るため十二使徒が転生していることの証。 彼らは7000年間数多くの人間に転生しイノセンスと戦い続けてきた。 なお7000年生き続けている千年伯爵と脳を覗ける魔眼を持つワイズリー以外のノアの一族は、「ノア」の使命を受託しても自身の自我がメモリーに飲まれることを拒絶するため、無意識の内にメモリーを抑えている。 ワイズリー曰く人間らしい反応とのことで、もしも解放すれば自我を失いイノセンスを破壊するためだけに行動するメモリーの人形になり果てる。 そのため、自分の先代のノアの記憶や7000年前の記憶と本来の力を抑え込んでいる。 ノアの一族が作り出す移動手段。 空間を越えて移動できるが、詳細はいまだ不明。 外見は巨大な立方体のような外見で、全く舟の形をしていない。 千年伯爵は動けなくなった古い方舟の代わりに新しい方舟を建造した。 空間が次元の狭間に吸収されて消滅しても心臓部さえ無事なら、奏者が鍵盤を弾くことで空間を元通りにすることが出来る。 旧方舟 「14番目」の仕掛けにより長い間江戸に固定されていたが、新方舟製造にあたり不要になったため、アレンらエクソシスト達を幽閉し新方舟にプログラムをダウンロード、消滅に向かっていたが、クロスの助力により奏者として方舟を操ったアレンとティムキャンピーにより完全に復活。 その後は各地への人員派遣や本部と各支部をつなぐ移動装置として使われている。 新方舟 伯爵が新たに製造した方舟。 AKUMAの生成工場(プラント)もダウンロードされる予定になっていたが、アレンの妨害により失敗している。 奏者(そうしゃ) 方舟に影響を及ぼす存在。 千年伯爵と、ノアの長子であるロード、14番目の宿主であるアレン、ティムキャンピーが確認されている。 生成工場(プラント) アクマのボディを生成するための工場(卵)。 ダークマターの塊であるため、元帥でも破壊は難しい。 千年伯爵がクロスに妨害されながらも新方舟にダウンロードを終えたかに見えたが寸前にアレンとティムキャンピーが奪い、その後黒の教団の第5研究室に運ばれた。 黒の教団に侵入したルル=ベルらが奪い返そうとしたが、クロス元帥らとアレンにより破壊される。 ルベリエの命令により、極秘でリンクが卵の欠片を回収。 その後その欠片は北米支部へ届けられた。 現在伯爵は新たな卵を製造中。 守化縷(スカル) 千年伯爵によって造られた分厚いコートを着用した骸骨たち。 魔術により体を改造された元人間。 寿命は約200年。 体が丈夫で銃弾程度では死なないが、対AKUMA武器やAKUMAによる攻撃は有効。 仕事はアクマ製造手伝い、方舟清掃、伯爵の衣服の縫製など雑務全般。 生まれたては動作が鈍いが、慣れると魔術が使えたり話したりできる。 死ぬと砂と化して消滅する。 協力者(ブローカー) 人間でありながらノアに従属し、AKUMAの材料(魂と皮となる人間)を提供する者達のこと。 基本的に報酬となる多額の金銭目当ての私欲で伯爵に従っている。 ただし身の安全が完全に保障されているわけではなく、AKUMAの攻撃の巻き添えになり殺される場合もある。 その他用語 [ ] ストライク 作中のキャラクターが、本人にとって衝撃的な一目惚れをしたときに起こる現象(ラビ、蝋花、李佳、パンダ〔ブックマン〕などが使用)。 ヨッシー 前担当Y氏を化したもの。 茶目っ気のあるウサギ。 笑いのポイントでよく出てくる。 7巻より巻末で開始された仕事場の様子を描いた漫画(Dグレ劇場)では、ヨッシーの愛らしい外見とは似ても似つかない担当Y氏の冷めっぷりが描かれている。 その他にも、2006年の『』43号のアニメ版情報コーナー「D. Gray-Room」の背景の絵では磔にされていた。 作者はこのキャラクターの姿をしたAKUMAを出そうと考えている。 ちなみにヨッシーの名前はその当時の作者の担当者吉田からとられている。 ヨッシーの愛らしさと吉田の暗さのギャップを皮肉るためにその名前がつけられたという話もある。 Gray-manの世界で使われている通貨。 実際に17世紀後半から19世紀初頭に流通したイギリスの金貨で、1971年の十進法移行まで原稿料、謝礼金などの表示に用いた。 1ギニー=21=1. 05(1ポンド=20シリング)。 仮想19世紀である作中では1ギニー=約2万円相当となる。 ブックマン 世界の裏歴史を記録する役目を負う一族。 次期後継者はラビ。 中立の立場でより正確な記録を取るため様々な立ち位置から歴史の変遷を観察し、時に任務上属していた陣営から敵方へと渡り歩く場合もあり、名を変える。 その過程でノア側にいたこともあるらしい。 ブックマンの持つ情報はブックマンしか口外してはならないという決まりがあり、ブックマンJr. のラビには口にする資格がない。 コムリン コムイがエクソシストのサポート等を目的に開発したロボットの名称(I〜EXまで、様々)。 改造AKUMA 日本でクロス・マリアンによって改造されたLv. 2のAKUMA達。 千年伯爵の命令を聞かなくても行動できるようになっていて、エクソシストに協力する者が多い。 だが、殺人衝動はそのまま残っていて、その衝動に負けそうになると自動的に自爆するようになっている。 時の破壊者 アレン・ウォーカーのことで、ヘブラスカから受けた「アレン・ウォーカー、お前は黒い未来で絶大な力を発揮し、いずれ、時の破壊者となるだろう」という予言から。 「時」が「千年」に通じるところから、ブックマンはこの予言を、アレンが千年伯爵を破壊するという意味と解釈している。 門番 黒の教団本部の5代目門番。 本名は「アレスティーナ=ドロエ=ギョナサン=P=ルーボソン=ギア=アマデウス5号」だが、あまりに長いため毎回「門番」で済まされてしまう。 目から不思議な光線を出し レントゲン 、悪魔かどうか識別する。 魔術 詳細不明。 扱える人物は現時点では千年伯爵とクロス、守化縷のみである。 コムビタンD コムイが日頃疲れている本部職員のため滋養強壮剤として開発した薬品。 しかし接種すると自我を失いゾンビのようになる上、次々と他人に噛みついて感染させるという欠点を抱えていたため、科学班の手により隠されていた。 ワクチンは感染源である人物からしか作れない。 Gray-Room [ ] 『WJ』本誌における読者コーナーで、連載と同時に開始した。 漫画本編の情報に加え、各キャラクターに一番似合いそうな衣装を読者募集する「キャラコスチュームコンテスト」などの企画がある。 担当編集者 [ ]• 吉田幸司:第1話 (2004年5月) - 2007年6月• 吉田幸司:2009年7月• 細野修平 :2009年11月 - 2011年10月• 玉田純一 :2011年11月 - 現在担当中 持ち込み時に担当になったのは寺師大輔。 寺師がジャンプ編集部から異動する際に同期の吉田が担当を申し出て引き継がれた。 テレビアニメ [ ] 2006年と2016年の2回、テレビアニメ化されている。 第1作 [ ] 10月3日より系列で放送開始。 の火曜日初の新番組である。 当初は4クール(1年)の予定であったが、計8クール(2年)にわたって放送。 いくつかの放送局での打ち切りが出た後、には、テレビ東京系列でも終了となった。 全103話。 原作第158夜(黒の教団本部の移転)までアニメ化された。 第2シーズンとなる52話から102話では、次回予告終了後におまけとして「D. Gray-man劇場」(別名:神田救済計画) が挿入されている。 その後、「D. グレ学園」と改名され、エクソシスト達やノアの一族などが生徒あるいは教師として登場している。 また、エンディングのキャストクレジットでは「D. Gray-man劇場」のみの出演者は線を境目に分けられている。 16:9ハイビジョン製作の作品であり、放送開始当時は週刊少年ジャンプ作品では唯一ハイビジョン作品だった。 2008年になって同じテレビ東京製作のジャンプ作品は『』を除き全てハイビジョン製作に移った。 キャスト [ ]• コイム・リー -• リーバー・ウェンハム -• 千年伯爵 -• クロス・マリアン スタッフ [ ]• 原作 -• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン -• デザインワークス -• サブデザイン - 桑原有紀• 美術監督 - 古賀徹• 色彩設計 - 手嶋明美• 撮影監督 - 土田栄司• 編集 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 鎌形英一、、佐藤成俊• 音響監督 -• 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2012年10月) アニメ版は吸血鬼編以降、イノセンス回収の話などの中編を多くするなどオリジナリティの濃い内容となっている。 下記の細かい描写のほか、放送時間などの理由により、残虐シーンについては画像の取替えや別のアングルからの視点を映すなどの対応策がとられている。 ローズクロスの形が微妙に変化している(十字架というより円に近い)。 ジャンとレオの話とマテール編の順番が入れ替わっている。 ジャンの父親がヴァチカンではなく黒の教団の科学班に在籍していることになっている。 原作では作中の具体的な年代は明らかにされていない(原作・第一夜の冒頭では「仮想19世紀末」と記載されている)が、アニメではレオの母の墓標に「1851年」と没年齢が記されている。 ラビのマフラーが赤(オレンジに近い)になっている(原作でも作者が気まぐれでカラーでは白と赤、オレンジ等がある)。 「教会」「十字架」などの単語を極力使用しないようにしたり、黒の教団とヴァチカンとの関係を曖昧にしたりするなど、関係での配慮が目立つ。 土翁と空夜のアリア編以降もトマが登場する。 ミランダの話は原作では『週刊少年ジャンプ』掲載日付に合わせて10月9日となっていったが、アニメ版ではテレビ東京系列のアニメ放送日が11月28日だったため10月28日になっている。 ミランダを時計に拘束している物が手の甲に打ち込まれた杭から、らしきに変わっている。 ミランダに子供たちがを投げるシーンが、悪戯らしく蛇を投げることになっている。 ミランダの部屋にあるロードが書いた血文字が原作と違う。 ロードのアレンの目の潰し方が違う(原作では手に持った武器で直接潰しているが、アニメでは飛ばした蝋燭で潰している)。 ロードに潰されたアレンの左目が再生し開くタイミングが異なる(原作ではエリアーデとの戦闘中、アニメでは森でAKUMAとの対戦終了後、「孤城の吸血鬼」編で改めて負傷)。 アレンとリナリーが仲直りするタイミングが異なる(原作では吸血鬼編直前、アニメではアニメオリジナルの千年剣士編)。 そのためクロウリーが吸血鬼編の直後に教団に到着する。 ケビン・イエーガー元帥とアレンが会っている。 ケビン・イエーガー元帥が殺されるタイミングが異なる(原作では巻き戻しの街編の後、アニメでは孤城の吸血鬼編の後)。 原作にはないデイシャがティエドール元帥と初めてあった日の話がある。 ラビ、リナリーの第2開放やブックマン、ティエドール元帥、マリの対アクマ武器などが原作よりも早いタイミングで登場している。 ルル=ベルが原作よりも早いタイミングで登場している。 原作では描かれていなかったデイシャとティキの戦闘シーンがアニメでは多々挿入されている。 アレンと神田のOPの武器が微妙に変化している。 フォーの一人称が時折「俺」になる。 原作ではラビの過去(ロードの夢世界内)で、ジョニーにバンダナのリクエストをしていたが、アニメではそれが省略されている。 ルル=ベルの本部襲撃の際にブックマンを助けた科学班でリーバーとロブ以外の科学班の研究員がマービンになっている。 アレンがレベル4の魂を見たときに口を手で抑えるが、吐かない。 黒の教団を引っ越しする際に起こるはずの騒動は起こっていない。 クロウリーが目覚めるタイミングが異なる(原作:引っ越しの際に起こる騒動の前。 アニメ:Lv. 4を撃破した後)。 放送局 [ ] 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 - 火曜 18:00 - 18:30 製作局 2006年 - 2008年 火曜 19:30 - 20:00 2006年 - 土曜 6:45 - 7:15 2006年10月14日 - 2007年 土曜 7:00 - 7:30 2006年 - 2007年 土曜 6:00 - 6:30 2006年10月21日 - 2007年 土曜 10:00 - 10:30 2006年 - 2007年 水曜 15:55 - 16:25 月曜 16:20 - 16:50 2006年 - 2007年 日曜 6:30 - 7:00 テレビ朝日系列 日本全域 2006年 - 2008年 日曜 12:00 - 12:30 リピート放送あり 2007年 - 木曜 19:00 - 19:30 日本全域 2007年 - 2009年 金曜 19:00 - 19:30 CS放送 リピート放送あり 2007年で放送終了した放送局は第1シーズンで終了。 DVD [ ] 初回特典には描き下ろしクリア三方背スリーブケース、カラースーパージュエルケース、スペシャルブックレット封入。 また、設定資料集、TCG限定カード、完全生産限定盤のドラマCDなどといった特典もたまに本編CDと共に封入してある。 1st stageのDVDシリーズは全13巻発売。 2nd stageのDVDシリーズは全13巻発売。 第2作 [ ] 2015年12月に開催された2016において、新シリーズとして放送されることが発表され 、2016年7月より9月まで『 D. Gray-man HALLOW』(ディー・グレイマン ハロー)のタイトルでほかにて放送された。 第1作の放送終了から8年ぶりのアニメ化であるが、ストーリー上は第1作の続編である。 タイトルに付け加えられた「HALLOW」は今シリーズのストーリー展開を踏まえ、原作者の星野自らが考案した。 制作会社は第1作同様にトムス・エンタテインメントが担当し、一部のスタッフも続投しているが、声優陣は前作から完全に刷新されている。 キャッチコピーは「 破壊者か。 救済者か。 DVDおよびBlu-rayは諸般の事情により発売中止となった (発売が見送られた理由については不明)。 キャスト(第2作) [ ]• ハワード・リンク -• 千年伯爵 -• ティキ・ミック - スタッフ(第2作) [ ]• 原作 -• 監督 -• キャラクターデザイン - 椛島洋介• デザインワークス -• エフェクト作画監督 - 川添政和• 美術設定 - 藤井一志• 美術監督 - 甲斐政俊• 色彩設計 - 末永絢子• 撮影監督 - 金光俊• 編集 -• 音響監督 -• 音楽 -• プロデューサー - 鍋岩晶子、数野高輔、黒﨑静佳、竹葉理沙、小玉慶太• アニメーションプロデューサー - 片桐秀介• アニメーション制作 -• 製作 - 「D. Gray-man 神の使徒達 用ソフト。 2007年3月29日発売。 Gray-man 奏者ノ資格 用ソフト。 2008年9月11日発売。 予約特典は豪華声優陣によるオリジナルドラマCD「黒の晩餐会」 その他、トレーディングカードゲームも発売されている。 ZONE [ ] 『』WINTER号に掲載。 その後、読者アンケートで3位を獲得した読切である。 星野のデビュー作品であり、『D. Gray-man』の前身的な作品となっている。 Gray-man公式ファンブック『灰色ノ聖櫃』に収録されている。 あらすじ(ZONE) [ ]。 との・リナリーは、働く屋の前で行き倒れていた異人の・ロビンを拾う。 ロビンはをするで、師匠のをのに出すためまでやって来ていた。 そんな折、ニヴォーズ号でして死んだ筈のリナリーのが生きているという連絡が入る。 しかし、それは千年伯爵の卑劣な罠にすぎなかった。 登場人物(ZONE) [ ] ロビン 師匠が忘れた剣「アバドン」を届けるため日本へやって来たが、路銀が尽きたため、大阪で船を降ろされてしまう。 の少年の姿だが、少女の魂が宿っているらしく髪が長い。 左腕には対悪魔用のを埋め込んだ師匠の腕を移植している。 彼女自身もかつて千年伯爵に騙され魂を奪われた悪魔で、千年伯爵を倒し、すべての悪魔を壊すことを目指している。 作中で「中身は姉のジュリアである」と語っているが、真偽のほどは不明。 設定の骨子は『D. Gray-man』の主人公、に受け継がれている。 リナリー 異人と日本人のハーフで饅頭屋で働く。 2年前に沈んだニヴォーズ号に乗っていた恋人が生きているという手紙を千年伯爵から受け取る。 千年伯爵 愛する人を亡くした者に対して、蘇生を持ちかける謎の男。 実は呼び戻した死者の魂を利用し、死者と絆で結ばれていた者の身体を使って悪魔を作る悪魔製造者。 この作品の千年伯爵は、マッチョな体型。 師匠 ロビンの師匠であるエクソシスト。 彼女に自分の左腕を授ける。 容姿はに受け継がれている。 書誌情報 [ ] 漫画本編 [ ]• Gray-man』 〈〉、既刊26巻(2019年2月4日現在)• 「opening」2004年10月9日第1刷発行(10月4日発売 )、• 「土翁と空夜のアリア」2004年12月31日第1刷発行(12月27日発売 )、• 「巻き戻しの街」2005年3月9日第1刷発行(3月4日発売 )、• 「元帥の危急」2005年5月7日第1刷発行(5月2日発売 )、• 「予覚」2005年7月9日第1刷発行(7月4日発売 )、• 「削除」2005年10月9日第1刷発行(10月4日発売 )、• 「時の破壊者」2005年12月31日第1刷発行(12月26日発売 )、• 「メッセージ」2006年7月9日第1刷発行(7月4日発売 )、• 「僕らの希望」2006年11月7日第1刷発行(11月2日発売 )、• 「ノアズ メモリー」2007年2月7日第1刷発行(2月2日発売 )、• 「ルージュの舞台」2007年5月7日第1刷発行(5月2日発売 )、• 「Poker」2007年8月8日第1刷発行(8月3日発売 )、• 「闇の吟」2007年12月9日第1刷発行(12月4日発売 )、• 「みんなが帰ってきたら」2008年3月9日第1刷発行(3月4日発売 )、• 「本部襲撃」2008年6月9日第1刷発行(6月4日発売 )、• 「next stage」2008年9月9日第1刷発行(9月4日発売 )、• 「正体」2008年12月9日第1刷発行(12月4日発売 )、• 「ロンリーボーイ」2009年6月9日第1刷発行(6月4日発売 )、• 「聖戦ブラッド」2009年12月9日第1刷発行(12月4日発売 )、• 「ユダの呼」2010年6月9日第1刷発行(6月4日発売 )、• 「リトル グッバイ」2010年12月8日第1刷発行(12月3日発売 )、• 「Fate」2011年6月8日第1刷発行(6月3日発売 )、• 「歩みだすもの」2012年4月9日第1刷発行(4月4日発売 )、• 「キミの傍に」2013年11月6日第1刷発行(11月1日発売 )、• 「彼は愛を忘れている」2016年6月8日第1刷発行(6月3日発売 )、• 「秘密と亡骸」2019年2月9日第1刷発行(2月4日発売 )、 その他 [ ]• ・『D. Gray-man reverse』集英社〈〉• 「旅立ちの聖職者」• 「四十九番目の名前」• 「Lost Fragment of Snow」• Gray-man公式ファンブック• 『灰色ノ聖櫃-グレイアーク-』• 『キャラグレ』• 『灰色ノ記録』• Gray-manイラスト集『Noche』• テレビアニメ公式ビジュアルコレクション『道化の聖画-クラウンアート-』 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 登場人物ではるエクソシストや各スタッフはヨーロッパ系がメインであるが、極少数アジア系が活動し、そのほとんどは中国人であり、かの地には教団関連の組織も存在する。 他のアジア系は日本人の神田のみであり、日本は本作においては千年伯爵の支配下に置かれている。 AKUMAの抗体がある寄生型エクソシストで血を吸い出すことができる人物はクロウリーのみ。 テレビアニメ公式ビジュアルコレクション「D. Gray-man 道化ノ聖画」内声優対談コーナーにて始まった経緯が語られている。 「本番に出番がないキャラクターを救済しよう」と収録後の食事会で企画。 ミランダ役の豊口めぐみが「神田救済計画」と言い出した。 『銀魂』が2010年に放送終了したことで全作品がハイビジョン製作となり、『銀魂』も2011年に放送再開した際にハイビジョン製作に移行した。 出典 [ ]• Gray-man』単行本1巻• 『週刊少年ジャンプ』2007年29号• Gray-man』単行本14巻• 『週刊少年ジャンプ』2008年41号• 『赤マルジャンプ』2009夏号• Gray-man』単行本19巻• Gray-man』単行本22巻• 公式ファンブック『灰色ノ聖櫃』• アニメイトTV(株式会社アニメイトラボ). 2015年12月22日閲覧。 コミックナタリー(株式会社ナターシャ). 2016年3月31日閲覧。 公式サイト 2017年3月1日• ソニー・ミュージックエンタテインメント 2016年4月24日. 2016年4月24日閲覧。 TVアニメ「D. Gray-man HALLOW」公式サイト. 2016年9月1日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 Gray-man』単行本第1巻62ページ。 アレンのキャラクターデザインについて解説している。 以下の出典は「」(集英社)内のページ。 書誌情報の発売日の出典としている。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 2012年4月7日閲覧。 2013年11月1日閲覧。 2016年6月3日閲覧。 2019年2月4日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2019年4月24日アーカイブ分)テレビアニメ第1作目当時に同時展開されたグッズ・ゲーム情報の総合サイト。 現在は概ね更新終了• テレビアニメ第1作関連• テレビアニメ第2作関連•

次の

「こちら葛飾区亀有公園前派出所(2020年読切版)」 秋本治 > 週刊少年ジャンプ読切!: 朴念仁と居候

漫画バンクジャンプスクエア

リンク 漫画ってめちゃくちゃ面白いですが、買うと嵩張るし出来れば お金をかけないで無料でたくさんの名作マンガが読みたいですよね。 そんな時におすすめする方法が 漫画アプリで無料で漫画を読む!という事になります。 ただ、漫画アプリってたくさんありすぎてどのアプリを選べばいいか分からない… 好きな漫画がどのアプリで掲載されてるか分からない… って方も多いと思います。 この記事では 今まで30以上の漫画アプリを使い込んできた僕が 特に無料でできるだけたくさん名作を読むことが出来るおすすめアプリを抜粋して紹介します。 ただ、 無料で全ての漫画が全て読み放題とかいうわけではありません。 それでも 漫画アプリは広告のスポンサーがついてるので無料でたくさんの漫画が読めるのは間違いないです。 なので、 できるだけたくさんインストールしておいた方がたくさんの漫画を無料で読める ので断然お得という事になります! 漫画アプリをたくさんインストールしておくと、電車や待ち合わせや病院の待ち時間など、 暇な時間を有効に活用することができます。 ちなみに僕のiPhoneにも大量に入ってます! このレベルで入れておくと時間が足りなくなって読みきれずに無駄にチケットを消費してしまいますw でもいいんです!どうせ無料なんで暇な時にたくさん漫画が読めれさえすれば! この記事では アプリごとに名作一覧を掲載しているので、自分が読みたいなって作品も探しやすいです。 また、いろんなアプリをインストールしておくことで、 こんな面白い漫画があったんだ!って発見もありかなり楽しいですよ! おすすめ02. マンガBANG!-人気漫画が全巻無料読み放題- 全体的には 大人向けの名作を無料でたくさん読める漫画アプリです。 これ大好きなゴッドハンド輝を一気読みできるのですごい重宝してます! 他にも「ジャンプ」「サンデー」「マガジン」。 も網羅しております! とにかくたくさん有名な名作マンガを読みたい方にはマンガBANG! がおすすめ! そしてなんといっても1日で読める話数の多さがマンガBANG! のポイントです! マンガBANG! は フリーチケットとCM(広告視聴)で1日最大13話分無料で漫画が読めるのです。 13話ってコミックス2冊分くらいありますよ。 これが無料で読めるなんてやばすぎです!! マンガワンで無料で読める名作• モブサイコ• デビルマン• 闇金ウシジマくん• 灼熱カバディ• 送球ボーイズ• 殺戮ルート• モブサイコ100• REIGEN• 土竜の唄• ケンガンアシュラ• ケンガンオメガ• 風の大地• 手塚治虫作品多数• 釣りバカ日誌• 殺し屋1• あんさんぶるスターズ• 今際の国のアリス• アフロ田中• おやすみプンプン• めぞん一刻• 心が叫びたがってるんだ• ポケットモンスターSPECIAL• ホイッスル• からかい上手の 元 高木さん• 勇者が死んだ• ヒト喰い• ダンベル何キロ持てる?• マンガUP!で無料で読める名作• ゴブリンスレイヤー• 咲 -saki-• とある魔術の禁書目録• アカメが切る!• 一週間フレンズ• ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章• マンガ家さんとアシスタントさんと• 荒川アンダー ザ ブリッジ• 異世界食堂• 自縛少年花子くん• 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!キューティクル探偵因幡• アホリズム• WORKING!! セキレイ• ヤンデレ彼女• クズの本懐• ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか• 009 RE:CYBORG• 天体戦士サンレッド• ソウルイーター• プラナス・ガール• 魔法科高校の劣等生 入学辺• 男子高校生の日常• アラクニド• 思春期のアイアンメイデン• 投票げぇむ あなたに黒き一票を• マンガParkで無料で読める名作• ふたりエッチ• 3月のライオン• ベルセルク• 自殺島• うそカノ• スキップ・ビート!• 学園ベビーシッターズ• ハチミツとクローバー• 神様はじめました• 学園アリス• 木根さんの1人でキネマ• 青春攻略本• 働きマン• 星は歌う• 上野さんは不器用• 翔んで埼玉• パタリロ! ホーリーランド• デトロイト・メタル・シティ• 藍より青し• ああ探偵事務所• あそびあそばせ• フルーツバスケット• 覆面系ノイズ• なまいきざかり。 彼氏彼女の事情• 会長はメイド様!• サンデーうぇぶり-で無料で読める名作• タッチ• 今日から俺は!! 焼きたて!! ジャぱん• 犬夜叉• 名探偵コナン• GS美神極楽大作戦!! デストロ246• 絶対可憐チルドレン• 史上最強の弟子 ケンイチ• MAJOR• BIRDMEN• 電波教師• 最上の命医、湯神くんには友達がいない• ワイルドライフ• 金剛寺さんは面倒臭い• MAR• からくりサーカス• 信長協奏曲• 國崎出雲の事情• はじめてのあく• 神様ドォルズ• 姉ログ• アオイホノオ• GOLDEN AGE• 妹さえいればいい•

次の