北斗 の 拳 天 昇 トロフィー。 北斗天昇 モード示唆演出まとめ 雑魚キャラボイス振り分け(実践値)を追記

北斗天昇【設定・トロフィー・エイリアン・画面】解析

北斗 の 拳 天 昇 トロフィー

スポンサーリンク 最近6号機と5号機の狭間で悩まされてます。 さらにハーデスと絆の命もあとわずか、4号機を知らず。 5号機AT機から入ってきた自分としては、撤去はすごく悲しいです。 5号機AT全盛期は、ほとんど5スロで遊んでた頃20スロをやるときはジャグラーばっかりでした。 あとMAXタイプがまだあり• 北斗、• 花の慶次• ルパン などなど名機がパチンコにも沢山あり、ホールに行くだけでなんかワクワクしてましたね。 まあ大抵ワクワクが絶望に代わり落ち込んで負けて帰るの繰り返しでした。 それでも楽しかったので、後悔はしてませんよ。 さて今回は北斗天昇の設定6濃厚台を打てたので• ハーデスからの北斗へ• レインボートロフィー出現• フリーズ?北斗揃いの威力• 設定示唆の重要性 この内容で紹介していきますね。 ハーデスから北斗へ 北斗天昇打ちたいなーと思いマイホに行ったら、店休日なので第二候補の向かいのホールへ。 ホールに着くと増大2日目の北斗天昇は満席なので、とりあえず趣味打ちでハーデスを打つことに。 とりあえず北斗打ちたい ハーデスは、215Gからスタートし650G手前で、天国からAT当選しました。 ケルベロスで、70GのATを獲得しました。 ジャッジメント直前ののレア役で10G乗せで、合計80Gスタートでしたが、そのままATを駆け抜け終了。 打ち続けるか移動するか悩みながら、打っていると設定がありそうな台2台の内1台が空き、少しの持ちメダルで北斗天昇へ台移動することができました。 ハーデスへの総投資は16000円でした。 スポンサーリンク 爆死せず無事到着して… 北斗移動後は、持ちメダルが飲まれました。 追加投資4000円後、世紀末ゾーン経由で激闘ボーナス当選。 3人撃破に成功し、AT当選しました。 特に何事もなく約1100枚獲得で終了。 AT終了画面はサウザーで偶数示唆、トロフィーはなしでした。 1G開始から、約650Gまで引っ張られ激闘ボーナス当選モードB天井でしょうかね?? 昇舞玉が8個もたまり、子役レベルが6まで上がり、軽々とAT突入。 高設定は昇舞玉獲得率も優遇されてるんですかね? 獲得枚数は約800枚で終了しました。 すると背景にトキが出現し4以上が確定しました。 トロフィーも出ましたけどシルバーで3以上だったので、トキが出てくれて助かった。 4以上確定なので、もちろん続行しました。 そのボーナスもラッシュ突入し、約1000枚の獲得で終了しました。 終了時になんと レインボートロフィーが出現し、設定6が濃厚にこれで安心して打てるし挙動に迷わされることもないのであとは出すだけだね。 次の当たりは、200G台での断末魔ゾーンこれは1人目で負けました。 流石ガチ抽選??6でも負けるときは負けるしょうがないね。 (なんか怪しい時あるけどガチだと信じよう笑) 6濃厚だから、メンタルに対するダメージが少ないトロフィーシステムはこういう時ありがたいね。 高設定確定が出たら打つか、打たないかの判断で迷わなくて済みます。 人生初レインボートロフィー。 ちなみにこの後に出た2回のレインボートロフィーは、トキとのコラボでした。 設定示唆割と出やすくなっているのですね。 スポンサーリンク フリーズ?北斗揃いの威力 次の当たりも200G台の断末魔ゾーンで、激闘ボーナス当選隣の常連のおちゃんと 「レインボー出たんだよ」 「昨日も角台で出てたんだよ」などと話してたら、ボーナス中に1人目対決の前に赤7カットインが出現しおちゃんと大盛り上がり 無事に赤七が揃い、フリーズで北斗揃い、おちゃんも自分も大満足でした。 お馴染み北斗揃い。 液晶がデカイので文字もデカイし、豪華。 あの演出泣けますね。 6号機との相性もいいです。 個人的に2400枚上限なのは納得いきませんが、現状仕方ありません。 なのでどう気持ちよく終わらせるかというのは、AT機にとって重要だと思います。 完走後は、400G台までハマりました。 激闘ボーナスは3戦目で敗北そこで満足したので終了。 最終的に約4700枚を流し、大きなプラスで終わることができました。 スポンサーリンク 設定示唆の重要性 6号機で5000枚近く出せるってすごいですね。 トロフィーも4000ゲーム過ぎたあたりからボーナスやラッシュ終了時にかなりでてきました。 虹色も3回出てきましたし、シルバーやゴールドも出現しました。 キリン柄とブロンズは1回も確認できませんでしたけど、虹色が出ているので問題ありません。 6だったけど捨てってしまったということが、北斗天昇では減るでしょう。 6号機はグラフでも上か下なのかはすごくわかりやすいですが、 正確に設定を看破するには、設定示唆要素をしっかりと調べ、見逃さないようにしましょう。 油断してると示唆表示するタイミングでボタンプッシュしないとか、すぐにレバーオンして設定示唆を見る機会を逃すことが多いですから。 看板タイトルの北斗で大胆に設定示唆出しまくってるので、これからのサミーの台は設定を知りやすい台が増えてくるでしょう。 なので 早めに設定示唆情報は調べておきましょうね。 ハーデスからの北斗へ• レインボートロフィー出現• フリーズ?北斗揃いの威力• 設定示唆の重要性 について紹介しました。 最高の展開に恵まれ、6号機北斗の実力を知ることができました。 個人的に厳しい規制の影響で、6号機に対してあまり良いイメージをもっていなかったのですが 設定看破のしやすさやコイン持ちのおかげで、多少ハマっても出玉崩壊しないという点で5号機にはない楽しみ方ができますね。 まあ低設定が辛いのは変わらないですし、 本当に2400枚リミッターの壁はどうにかしてほしいですが、緩和される日が来ることを信じて打っていきましょう。

次の

【北斗の拳天昇】激闘ボーナスで負けまくり?!金トロフィー出現した結果!

北斗 の 拳 天 昇 トロフィー

スポンサーリンク 最近6号機と5号機の狭間で悩まされてます。 さらにハーデスと絆の命もあとわずか、4号機を知らず。 5号機AT機から入ってきた自分としては、撤去はすごく悲しいです。 5号機AT全盛期は、ほとんど5スロで遊んでた頃20スロをやるときはジャグラーばっかりでした。 あとMAXタイプがまだあり• 北斗、• 花の慶次• ルパン などなど名機がパチンコにも沢山あり、ホールに行くだけでなんかワクワクしてましたね。 まあ大抵ワクワクが絶望に代わり落ち込んで負けて帰るの繰り返しでした。 それでも楽しかったので、後悔はしてませんよ。 さて今回は北斗天昇の設定6濃厚台を打てたので• ハーデスからの北斗へ• レインボートロフィー出現• フリーズ?北斗揃いの威力• 設定示唆の重要性 この内容で紹介していきますね。 ハーデスから北斗へ 北斗天昇打ちたいなーと思いマイホに行ったら、店休日なので第二候補の向かいのホールへ。 ホールに着くと増大2日目の北斗天昇は満席なので、とりあえず趣味打ちでハーデスを打つことに。 とりあえず北斗打ちたい ハーデスは、215Gからスタートし650G手前で、天国からAT当選しました。 ケルベロスで、70GのATを獲得しました。 ジャッジメント直前ののレア役で10G乗せで、合計80Gスタートでしたが、そのままATを駆け抜け終了。 打ち続けるか移動するか悩みながら、打っていると設定がありそうな台2台の内1台が空き、少しの持ちメダルで北斗天昇へ台移動することができました。 ハーデスへの総投資は16000円でした。 スポンサーリンク 爆死せず無事到着して… 北斗移動後は、持ちメダルが飲まれました。 追加投資4000円後、世紀末ゾーン経由で激闘ボーナス当選。 3人撃破に成功し、AT当選しました。 特に何事もなく約1100枚獲得で終了。 AT終了画面はサウザーで偶数示唆、トロフィーはなしでした。 1G開始から、約650Gまで引っ張られ激闘ボーナス当選モードB天井でしょうかね?? 昇舞玉が8個もたまり、子役レベルが6まで上がり、軽々とAT突入。 高設定は昇舞玉獲得率も優遇されてるんですかね? 獲得枚数は約800枚で終了しました。 すると背景にトキが出現し4以上が確定しました。 トロフィーも出ましたけどシルバーで3以上だったので、トキが出てくれて助かった。 4以上確定なので、もちろん続行しました。 そのボーナスもラッシュ突入し、約1000枚の獲得で終了しました。 終了時になんと レインボートロフィーが出現し、設定6が濃厚にこれで安心して打てるし挙動に迷わされることもないのであとは出すだけだね。 次の当たりは、200G台での断末魔ゾーンこれは1人目で負けました。 流石ガチ抽選??6でも負けるときは負けるしょうがないね。 (なんか怪しい時あるけどガチだと信じよう笑) 6濃厚だから、メンタルに対するダメージが少ないトロフィーシステムはこういう時ありがたいね。 高設定確定が出たら打つか、打たないかの判断で迷わなくて済みます。 人生初レインボートロフィー。 ちなみにこの後に出た2回のレインボートロフィーは、トキとのコラボでした。 設定示唆割と出やすくなっているのですね。 スポンサーリンク フリーズ?北斗揃いの威力 次の当たりも200G台の断末魔ゾーンで、激闘ボーナス当選隣の常連のおちゃんと 「レインボー出たんだよ」 「昨日も角台で出てたんだよ」などと話してたら、ボーナス中に1人目対決の前に赤7カットインが出現しおちゃんと大盛り上がり 無事に赤七が揃い、フリーズで北斗揃い、おちゃんも自分も大満足でした。 お馴染み北斗揃い。 液晶がデカイので文字もデカイし、豪華。 あの演出泣けますね。 6号機との相性もいいです。 個人的に2400枚上限なのは納得いきませんが、現状仕方ありません。 なのでどう気持ちよく終わらせるかというのは、AT機にとって重要だと思います。 完走後は、400G台までハマりました。 激闘ボーナスは3戦目で敗北そこで満足したので終了。 最終的に約4700枚を流し、大きなプラスで終わることができました。 スポンサーリンク 設定示唆の重要性 6号機で5000枚近く出せるってすごいですね。 トロフィーも4000ゲーム過ぎたあたりからボーナスやラッシュ終了時にかなりでてきました。 虹色も3回出てきましたし、シルバーやゴールドも出現しました。 キリン柄とブロンズは1回も確認できませんでしたけど、虹色が出ているので問題ありません。 6だったけど捨てってしまったということが、北斗天昇では減るでしょう。 6号機はグラフでも上か下なのかはすごくわかりやすいですが、 正確に設定を看破するには、設定示唆要素をしっかりと調べ、見逃さないようにしましょう。 油断してると示唆表示するタイミングでボタンプッシュしないとか、すぐにレバーオンして設定示唆を見る機会を逃すことが多いですから。 看板タイトルの北斗で大胆に設定示唆出しまくってるので、これからのサミーの台は設定を知りやすい台が増えてくるでしょう。 なので 早めに設定示唆情報は調べておきましょうね。 ハーデスからの北斗へ• レインボートロフィー出現• フリーズ?北斗揃いの威力• 設定示唆の重要性 について紹介しました。 最高の展開に恵まれ、6号機北斗の実力を知ることができました。 個人的に厳しい規制の影響で、6号機に対してあまり良いイメージをもっていなかったのですが 設定看破のしやすさやコイン持ちのおかげで、多少ハマっても出玉崩壊しないという点で5号機にはない楽しみ方ができますね。 まあ低設定が辛いのは変わらないですし、 本当に2400枚リミッターの壁はどうにかしてほしいですが、緩和される日が来ることを信じて打っていきましょう。

次の

北斗天昇 トロフィー スロット パチスロ:サミートロフィー

北斗 の 拳 天 昇 トロフィー

通常時は規定ゲーム数 or 1000ptを貯める事でCZ当選にし、そこからAT当選を目指します。 通常時に貯める事が出来る昇舞玉は激闘ボーナス中の小役レベル・バトルレベルに変換され、多く保有している方が有利になります。 3枚の 目押しのいらない高純増タイプです。 真・天昇RUSH中は前半パートで保留キャラを昇格させていき、後半パートで保留別にバトルが行われます。 AT平均獲得枚数は約1000枚となっています。 設定判別の重要ポイント 456枚表示で 設定4以上、199X表示で 設定5以上確定 トキ・バット出現で 設定4以上確定、他にも示唆多数 金= 設定4以上、キリン柄= 設定5以上、虹= 設定6確定。 詳細振り分けも判明しており、要チェック!! 4 高設定ほど上位モードに滞在しやすく、にも設定差あり 高設定は200Gと400Gのゾーンで当選しやすい!! モード天井に到達した場合は 断末魔ゾーン突入時の1回のバトルが勝利確定となります。 1戦目で勝利した場合は天井である可能性が高く、1戦目で敗北した場合は天井否定となります。 例えば、400G台の断末魔ゾーンの1回目で負け、2回目で勝った…という場合は、600G以降の天井が選択されていたということになるので、低設定挙動と見なす必要があるということです。 激闘ボーナス中の内容が重要 ここについては一切の解析が出ていないのですが、北斗天昇で 最も重要な設定判別要素となります。 解析が出ていない分、考察・推察を多分に含みますが、などを含め、設定6を多数打ったり、見ていたりした中ですので、参考になるはずです。 設定6の大きな特徴は、 激闘ボーナス中の勝率です。 低設定だとサブ液晶で表示された「50%」といった数値程度でしか勝利しませんが、高設定の場合は明らかにそれ以上に勝利します。 (いわゆるデキレ) ここに大きな設定差があると考えて良いです。 激闘ボーナスの挙動で良い挙動と言えるのは、• 「ハズレ/ベル」による早いG数での勝利• 「ハズレ/ベル」による勝利• 3ROUNDまでもつれ込む 逆に、 強チェリーやバトルレベルなどでゴリ押しで勝つといったパターンは、設定判別に考慮するべきではありません。 また、あっさり1ROUND目で負けるのは悪い挙動と言えるでしょう。 このような形で実際に打ちながらAT当選・非当選だけでなく その内容も見ながら設定を推測すると、より設定6に近づいていくと思います。 200G台以内の早い当選は無視 早い当選だと内部抽選優遇 デキレ は受けられないのか、浅めのゲーム数での激闘ボーナス当選だと高設定でも余裕で負けます。 早いボーナスで負けても設定判別にはあまり関係ないので、捨てないようにしたいですね。 このあたりは解析出ていないですが、出ていない分めちゃめちゃ有益な話だと思いますので、ぜひ参考にして下さい! AT平均期待枚数 設定 獲得期待枚数 1 約1000枚 2 約850枚 3 約950枚 4 約800枚 5 約900枚 6 約800枚 偶数設定ではATに突入させても、 1000枚を超える事は少ないです。 逆に1000枚以上獲得できるATが多い場合は 奇数設定の可能性が高まります。 北斗揃いからは設定差はほぼ無いのと同じなので気にする必要はありません。 ATレベル1と2の見分け方ですが、 3セット目からの挙動に注目すると良さそうです。 ハイエナした時の話です。 416Gで落ちてたので拾い、天候変化していた状態で、400台での断末魔は無し。 その後七星チャージのラストで液晶タッチ「あべし」だったのでモードBだと思いました。 ただ、600台で入った断末魔ゾーンで発展したのが12G目でした。 無事当たったのですが、だいたい天井断末魔だと3Gもたたないうちに発展しているイメージだったのでちょっと??と。 その激闘は当たらず、有利区間継続した これ結構勘違いしがちかもしれませんがちゃんと10Gくらいランプ見てました ので続行。 200台での断末魔は15G間発展せず継続した1G目で発展からのAT。 この二回で思ったのが天井の断末魔ってどんなもん?ってことなんですが。 モード推測が間違ってるのかどうかちょっと不安なので書かせてもらいました。

次の