逢い たく て いま カラオケ。 MISIA 逢いたくていま 歌詞

ジェジュンVocalReview「逢いたくていま」(LoveCovers II)

逢い たく て いま カラオケ

MISIAの「逢いたくていま」のカバーだ。 「上手い」 その一言だと思った。 文句なくこの曲に関しては「上手い」 彼はこういう曲を歌わせると右に出るものはないと思わせるぐらい上手い。 この曲は真正面から臨むのに適している。 なんの誤魔化しもまやかしも通用しない。 こういう曲には真正面から素直に取り組むのが正しい。 その楽曲に対して、ジェジュンは真っ向勝負に出ている。 そう感じるのは、サビの部分だ。 「今、逢いたい あなたに 伝えたいことがたくさんある ねえ、逢いたい 逢いたい ……」 この部分で彼は音楽は縦ラインでリズムを刻んでくるのに対し、彼の歌声も鋭角に直角にリズムを刻んでいく。 この縦の線の刻みが見事だと感じた。 歌声は全体をしっかりとした充実した響きが覆っている。 どの部分を切り取っても非常に充実したいい響きの歌声が奏でられており、歌声に関してはこの2年間の日活の中で一番ベストな歌声と言えるだろう。 伸びも透明感も申し分ない。 また充実した濃厚な歌声はそれだけで魅力的に聴衆の耳の中に残っていく。 この歌に関して彼の歌は一度も気持ちが引いていない。 今までの彼の歌にはどこか躊躇したものや葛藤のようなものを感じることが多かったが、この曲に関してはそれらがどこにもなく、非常にスッキリとして決然とした潔さというようなものを感じさせるぐらい、歌い上げること、声を放り上げることに躊躇がない。 この部分が今までの歌と全く違うところだ。 この潔さが東方神起時代の彼の歌声の持ち味だったが、それが完全に蘇っている。 高音部に対する躊躇や踏ん切りの悪さというものが影を潜め、自信のある伸びやかで透明性のある響きが戻り、空気の流れの中で高く歌声を空中に放り上げるという手法が取られている。 こういう彼の歌声を久しぶりに聴いた気がする。 これは彼が完全にかつての歌い方を取り戻し、感覚の中で歌声を自分の身体から手放し、空中に放り上げる感覚や、ブレスの流れに歌声を載せて前へ前へと運んでいく感覚を思い出したかのように見える。 だからこそ、これほどまでに自由に自分の歌声を操りながら、この曲を自分の思い通りに歌い上げていくことができたのではないかと思う。 楽曲の構成に対して、正々堂々と真正面からきちんと縦に刻んだ楽曲作りをしてきている一曲である。 決して横に流したり誤魔化したりするのではなく、音楽を前へ前へと運んでいく。 非常にメリハリの効いた歌い方を選択しているという点でも今までの楽曲との違いを感じる。 この曲に関する彼の歌手としての自信がそのまま楽曲の歌い方に現れていると言えるだろう。 そういう意味でこの曲は歌手ジェジュンの真骨頂を見事に表現している一曲だ。 この歌い方を彼が覚えている限り、それは彼の強烈な武器となって、歌手ジェジュンの実力を広く示していくものとなるだろう。 非常に歌唱的にも音楽的にもレベルの高い一曲に仕上がっている。

次の

MISIA「逢いたくていま」全日本カラオケバトル盛岡ミニ予選で歌ったのだが・・・

逢い たく て いま カラオケ

「 逢いたくていま」 の 初出アルバム『』 唇と唇 LOVE TRULY リリース 規格 録音 2009年 、 時間 21分11秒 MISIA、 Hinata, 、• ミリオン( 1、シングルトラック、日本レコード協会)• ダブル・プラチナ( 1、、日本レコード協会)• プラチナ(PC配信、日本レコード協会) チャート最高順位• 週間9位()• デイリー6位(オリコン)• 2009年11月度月間21位(オリコン)• 2009年度年間185位(オリコン)• 週間3位()• 週間12位()• 2010年度年間85位()• 2010年度年間44位() シングル 年表 () 逢いたくていま (2009年) (2009年) 目次• 解説 [ ] 前作から約5か月ぶりのリリース。 9枚目のアルバム『』の先行シングル。 「逢いたくていま」は系『』の主題歌。 ドラマ主題歌を担当するのは『』の主題歌となった14thシングル「」以来、5年ぶりである。 この曲は、『JIN-仁-』の主題歌を依頼されたMISIAが、おおよその設定と原作を読んで命をテーマにした歌を書きたいと決意した際、鹿児島出身の仕事仲間から勧められたとへ翌日、日帰りで一人訪れ、知覧特攻平和会館で開館時間からほぼ丸一日、特攻に赴く前の兵士が家族や恋人に宛てた手紙の展示を読み、「これ以上、切実に会いたいという思いが込められた手紙はない」と、命の重さ、人と人との絆を改めて実感して、曲の芯の部分が定まり制作された。 カップリングの「唇と唇」は、「MOTOR OIL」の。 初回限定盤のみスリーブジャケット仕様。 では18枚目のシングル「」以来、約1年11か月ぶり通算15作目のTOP10入りとなった [ ]。 本作の配信開始から9年2か月後の2019年1月度日本レコード協会リリースにて、フル配信でのに認定された。 中島みゆき「」(15年10か月)、中島美嘉「」(13年0か月)に次ぐスロー達成となった。 収録曲 [ ]• 逢いたくていま• 唇と唇• LOVE TRULY• 逢いたくていま Instrumental 脚注 [ ].

次の

MISIA 逢いたくていま 歌詞&動画視聴

逢い たく て いま カラオケ

MISIAの「逢いたくていま」のカバーだ。 「上手い」 その一言だと思った。 文句なくこの曲に関しては「上手い」 彼はこういう曲を歌わせると右に出るものはないと思わせるぐらい上手い。 この曲は真正面から臨むのに適している。 なんの誤魔化しもまやかしも通用しない。 こういう曲には真正面から素直に取り組むのが正しい。 その楽曲に対して、ジェジュンは真っ向勝負に出ている。 そう感じるのは、サビの部分だ。 「今、逢いたい あなたに 伝えたいことがたくさんある ねえ、逢いたい 逢いたい ……」 この部分で彼は音楽は縦ラインでリズムを刻んでくるのに対し、彼の歌声も鋭角に直角にリズムを刻んでいく。 この縦の線の刻みが見事だと感じた。 歌声は全体をしっかりとした充実した響きが覆っている。 どの部分を切り取っても非常に充実したいい響きの歌声が奏でられており、歌声に関してはこの2年間の日活の中で一番ベストな歌声と言えるだろう。 伸びも透明感も申し分ない。 また充実した濃厚な歌声はそれだけで魅力的に聴衆の耳の中に残っていく。 この歌に関して彼の歌は一度も気持ちが引いていない。 今までの彼の歌にはどこか躊躇したものや葛藤のようなものを感じることが多かったが、この曲に関してはそれらがどこにもなく、非常にスッキリとして決然とした潔さというようなものを感じさせるぐらい、歌い上げること、声を放り上げることに躊躇がない。 この部分が今までの歌と全く違うところだ。 この潔さが東方神起時代の彼の歌声の持ち味だったが、それが完全に蘇っている。 高音部に対する躊躇や踏ん切りの悪さというものが影を潜め、自信のある伸びやかで透明性のある響きが戻り、空気の流れの中で高く歌声を空中に放り上げるという手法が取られている。 こういう彼の歌声を久しぶりに聴いた気がする。 これは彼が完全にかつての歌い方を取り戻し、感覚の中で歌声を自分の身体から手放し、空中に放り上げる感覚や、ブレスの流れに歌声を載せて前へ前へと運んでいく感覚を思い出したかのように見える。 だからこそ、これほどまでに自由に自分の歌声を操りながら、この曲を自分の思い通りに歌い上げていくことができたのではないかと思う。 楽曲の構成に対して、正々堂々と真正面からきちんと縦に刻んだ楽曲作りをしてきている一曲である。 決して横に流したり誤魔化したりするのではなく、音楽を前へ前へと運んでいく。 非常にメリハリの効いた歌い方を選択しているという点でも今までの楽曲との違いを感じる。 この曲に関する彼の歌手としての自信がそのまま楽曲の歌い方に現れていると言えるだろう。 そういう意味でこの曲は歌手ジェジュンの真骨頂を見事に表現している一曲だ。 この歌い方を彼が覚えている限り、それは彼の強烈な武器となって、歌手ジェジュンの実力を広く示していくものとなるだろう。 非常に歌唱的にも音楽的にもレベルの高い一曲に仕上がっている。

次の