楽天 pay。 楽天ペイ(楽天Pay)が使えるコンビニとお得な使い方を解説!お得なポイントのため方も紹介

【2020年5月最新】楽天Pay(楽天ペイ)の使える店・加盟店・コンビニ(セブンイレブン・ファミマ・ローソン)

楽天 pay

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)、グループ会社の楽天ペイメント株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:中村 晃一、以下「楽天ペイメント」)およびKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下「KDDI」)は、2019年6月26日より、楽天ペイメントが運営する「楽天ペイ(アプリ決済)」の対象加盟店において、KDDIが運営するスマホ決済サービス「au PAY」が利用できるようになること(以下「本取り組み」)をお知らせします。 本取り組みにより、「楽天ペイ(アプリ決済)」および「au PAY」のお客様は、使えるお店の目印として指定ステッカーが提示された対象店舗において、共通のQRコード(以下「共通QR」)(注1)を読み込むことで、決済が可能となります(注2)。 対象の「楽天ペイ(アプリ決済)」加盟店は、事前に特別な操作などが不要で、簡単に「au PAY」を導入することができます。 楽天グループとKDDIは、2018年11月に、決済、物流、通信分野における事業協争の推進に合意しています(注3)。 本取り組みは、この合意に基づき、「楽天ペイ(アプリ決済)」の決済プラットフォームや加盟店網の一部をKDDIに提供するとともに、各種決済インフラの相互利用を促進し、「キャッシュレス社会の実現」とお客様の利便性向上を進めることを目的としています。 また、今後、合同キャンペーンなどの実施も検討していきます。 楽天、楽天ペイメント、KDDIの3社は今後も、「楽天ペイ(アプリ決済)」および「au PAY」が利用できる場所を拡大し、ユーザーに、よりお得で利便性の高い決済体験を提供すべく、サービスの向上を図っていきます。 (参考) 【楽天ペイメントについて】 楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。 現在、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営しています。 お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングブログラムを通じたビジネス支援を提供しています。 【「楽天ペイ(アプリ決済)」について】 「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。 利用者は、対象店舗でお買い物の際、店舗のタブレット端末に表示されるQRコードや印刷されたQRコード(プリント型)をスマホアプリで読み取る、または、スマホアプリにQRコード・バーコードを表示させて店舗側に読み取ってもらうことで、お支払いが可能となります。 本サービスをご利用いただくことで、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできます。 【「au PAY」について】 「au PAY」は、お手持ちの「au WALLET アプリ」から簡単な操作でご利用いただけ、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、または店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで、お買い物・お支払いにご利用いただけるスマホ決済サービスです。 使える場所は2019年5月下旬以降「スギ薬局」「ビッグエコー」が追加となり、順調に拡大しています。 「au PAY」が利用可能な加盟店は、「au WALLET アプリ」の「au PAY」の使えるお店からの検索、または「au PAY」サービスサイトから検索いただけます。 また、現在ご利用金額の合計最大26. 5%の「au WALLET ポイント」をお客様に還元しています。 (注1)「楽天ペイ」加盟店アプリから表示、印刷できる、「QRコード(ワンタイム型)」と「QRコード(プリント型)」が対象となります。 POSや小型決済端末(Sunmiなど)は対象外です。 また指定の特約に同意いただく必要があります。 なお、一部契約形態はこの限りではありません。 詳細は、「楽天ペイ」ホームページ上で後日ご確認いただけます。 (注2)すべての「楽天ペイ(アプリ決済)」加盟店で「au PAY」が利用可能となるものではありません。 (注3)詳細は、こちらのページをご確認ください: KDDIと楽天、決済、物流、通信分野における事業協争を推進.

次の

楽天ペイ(楽天Pay)と楽天Edyは違う?特徴やシーンごとの使い分け方法を徹底解説

楽天 pay

タップできる目次• 楽天ペイに三井住友カードを登録して支払いすると… 楽天ペイ0. お出かけついでにスマートにキャッシュレスで決済できると、荷物も減って便利ですね。 ビッグエコー・ジャンカラなどのカラオケ店 友達との遊びや、飲み会のあとの二次会などで利用することの多いカラオケ店。 ビッグエコーやジャンカラなどのカラオケ店でも、楽天Payで支払いが可能です!お手軽に使えると便利なお店ですよね。 薬局や内科・歯科などの病院 薬局や病院でも楽天Payが使えるお店が増えています。 医療費をポイントがもらえてお得な楽天Payで支払えるとうれしいです。 そのほかにも、全国に使えるお店はたくさんあります! あなたの近所のパン屋さんや、いつも行っている飲食店などでも、楽天Payでの支払いが導入されているかもしれませんよ。 以下のページで使えるお店が検索できるので、チェックしてみてくださいね。 楽天ペイのポイント還元率と支払い方法 楽天ペイの仕組みを確認していきます。 ポイント還元率 楽天Payは基本的に200円で1ポイントですが、支払先のクレジットカードを楽天カードにするだけで、200円ごとに3ポイントがもらえます! つまり、還元率1. また、コンビニではさらにTポイントカードの提示でdポイントが貯まり、Pontaカードの提示でPontaポイントが貯まります。 今までだったら使いにくさがあったのですが、楽天ペイの登場によってコンビニで支払いに使えるようになったので使い勝手は抜群に向上しました。 支払い方法 楽天ペイの支払い方法です。 楽天Payは登録したクレジットカードを利用した、後払い方式のコード決済• クレジットカードが必要• 楽天銀行からのチャージも可能になりました(2019年9月〜) クレジットカードは前述した楽天カードにすればポイント還元率がぐっと増すので楽天ペイを使うなら楽天カードがマストと言えそうです…!.

次の

「楽天ペイ(アプリ決済)」の対象加盟店で「au PAY」の利用が可能に

楽天 pay

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)、グループ会社の楽天ペイメント株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:中村 晃一、以下「楽天ペイメント」)およびKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下「KDDI」)は、2019年6月26日より、楽天ペイメントが運営する「楽天ペイ(アプリ決済)」の対象加盟店において、KDDIが運営するスマホ決済サービス「au PAY」が利用できるようになること(以下「本取り組み」)をお知らせします。 本取り組みにより、「楽天ペイ(アプリ決済)」および「au PAY」のお客様は、使えるお店の目印として指定ステッカーが提示された対象店舗において、共通のQRコード(以下「共通QR」)(注1)を読み込むことで、決済が可能となります(注2)。 対象の「楽天ペイ(アプリ決済)」加盟店は、事前に特別な操作などが不要で、簡単に「au PAY」を導入することができます。 楽天グループとKDDIは、2018年11月に、決済、物流、通信分野における事業協争の推進に合意しています(注3)。 本取り組みは、この合意に基づき、「楽天ペイ(アプリ決済)」の決済プラットフォームや加盟店網の一部をKDDIに提供するとともに、各種決済インフラの相互利用を促進し、「キャッシュレス社会の実現」とお客様の利便性向上を進めることを目的としています。 また、今後、合同キャンペーンなどの実施も検討していきます。 楽天、楽天ペイメント、KDDIの3社は今後も、「楽天ペイ(アプリ決済)」および「au PAY」が利用できる場所を拡大し、ユーザーに、よりお得で利便性の高い決済体験を提供すべく、サービスの向上を図っていきます。 (参考) 【楽天ペイメントについて】 楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。 現在、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営しています。 お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングブログラムを通じたビジネス支援を提供しています。 【「楽天ペイ(アプリ決済)」について】 「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。 利用者は、対象店舗でお買い物の際、店舗のタブレット端末に表示されるQRコードや印刷されたQRコード(プリント型)をスマホアプリで読み取る、または、スマホアプリにQRコード・バーコードを表示させて店舗側に読み取ってもらうことで、お支払いが可能となります。 本サービスをご利用いただくことで、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできます。 【「au PAY」について】 「au PAY」は、お手持ちの「au WALLET アプリ」から簡単な操作でご利用いただけ、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、または店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで、お買い物・お支払いにご利用いただけるスマホ決済サービスです。 使える場所は2019年5月下旬以降「スギ薬局」「ビッグエコー」が追加となり、順調に拡大しています。 「au PAY」が利用可能な加盟店は、「au WALLET アプリ」の「au PAY」の使えるお店からの検索、または「au PAY」サービスサイトから検索いただけます。 また、現在ご利用金額の合計最大26. 5%の「au WALLET ポイント」をお客様に還元しています。 (注1)「楽天ペイ」加盟店アプリから表示、印刷できる、「QRコード(ワンタイム型)」と「QRコード(プリント型)」が対象となります。 POSや小型決済端末(Sunmiなど)は対象外です。 また指定の特約に同意いただく必要があります。 なお、一部契約形態はこの限りではありません。 詳細は、「楽天ペイ」ホームページ上で後日ご確認いただけます。 (注2)すべての「楽天ペイ(アプリ決済)」加盟店で「au PAY」が利用可能となるものではありません。 (注3)詳細は、こちらのページをご確認ください: KDDIと楽天、決済、物流、通信分野における事業協争を推進.

次の