ライズ toyota。 トヨタ 新型コンパクトSUV「ライズ」を発売|ダイハツ製ミニRAV4が登場

ライズ

ライズ toyota

ダイハツ ロッキー トヨタ ライズ 外装デザインはDNトレックがベース トヨタ ライズの外装デザインは、東京モーターショー2017に出展されたコンパクトSUVのコンセプトカー「 DNトレック」がベースとなります。 実際にモーターショーで撮影したDNトレックの写真がコチラです。 ヘッドランプ、リアコンビランプ共に左右につながったワイド感のあるデザインが特徴的で、ブラックアウト化されたAピラーがかっこ良さを引き立てています。 トヨタ ライズの市販モデルはカッコいいデザインへ進化 ライズの市販モデルは、コンセプトカー「DNトレック」よりもフロントグリルやリヤコンビランプ等のデザインが変更され、 ミニC-HRを彷彿させるカッコいいデザインとなりました。 フロントにLEDシーケンシャルターンランプを採用するなど先進のデザインが取り入れられています。 広い荷室と荷室と室内空間が特徴 ライズの魅力は、 コンパクトSUVトップレベルとなる369Lの大容量の荷室が実現されている所です。 また、後席のシートを前に倒すことで 長尺物や大きい荷物を入れることも可能に。 可動式デッキボードが採用されているので、 デッキボードを取り外せば観葉植物といった背丈の高い荷物も収納が可能となります。 トヨタ ライズ 実用性の高い内装 ライズの内装は以下のように 実用性の高い内容となっています。 フルセグTV対応の9インチディスプレイオーディオ搭載• 好みの表示に切り替えられるLEDデジタルスピードメーター+7インチTFTカラー液晶ディスプレイ• 前席後席それぞれにUSB端子搭載• 座りやすい新形状シートの採用• 左手を伸ばした自然な位置に配置したシフトレバー パーキングブレーキが手動のレバー式で、電動式ではない所が賛否両論呼ぶことになりそうです。 トヨタ ライズのエンジンに1. 0L直3ターボ トヨタ ライズのパワートレインには、1. 0リッターの直3ターボエンジン 1KR-VETターボエンジンが搭載されます。 トヨタ初採用の スプリットギヤを組み込んだD-CVTと組み合わせられている所が特徴です。 トヨタ ライズはCVTのみでMTの設定はなし トランスミッションは、CVTのみでMTの設定はありません。 トヨタ ライズはDNGAプラットフォーム採用 ライズは、ダイハツ ロッキーのOEMモデルという事もあり、 プラットフォームにはDNGAプラットフォームが採用されます。 トヨタ ライズのサスペンション フロントに マクファーソンストラット式サスペンション、リヤに トーションビーム式サスペンションが採用されています、 トヨタ ライズは4WDもラインアップ ライズには、4輪駆動の 4WDグレードも設定され、ダイハツの電子制御式4WDが採用されます。 トヨタ ライズの先進安全装備スマートアシスト ライズの安全装備には、新型タントに採用されている「 次世代スマートアシスト」が採用されます。 次世代スマートアシストの内容• 衝突警報機能• 衝突回避支援ブレーキ機能• 車線逸脱警報機能• 車線逸脱抑制制御機能• オートハイビーム• アダプティブドライビングビーム• 標識認識機能• 誤発進抑制制御機能• 先行車発進お知らせ機能• コーナーセンサー• 全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)• LKC(レーンキープコントロール)• BSM(ブラインドスポットモニター)+RCTA(リヤクロストラフィックアラート)• スマートパノラマパーキングアシスト• パノラマモニター• サイドビューランプ 車線中央維持機能のLKC機能がライズに採用されたことで、LTAといった車線中央維持機能のないC-HRよりも一部優位になることとなります。 これは3位のプリウス(8,375台 に次ぐ4位となる好成績で、出だしは好調。 さらに 2020年1月に関しては、ライズは10,220台を販売して乗用車ブランド通称名別順位で1位になるという大ヒットの状態となっています。 ちなみに今後トヨタは、 ライズとC-HRに位置するヤリスクロスを導入する予定等、SUVでの攻勢はまだまだ続きそうです。 新しい情報が分かれば、この記事にて更新致します。

次の

TOYOTA、新型車ライズを発売

ライズ toyota

余裕のある軽快な走りを叶えるパワー走行モードをはじめ、マニュアル感覚の走りを楽しめる制御があります。 [パワー走行モード制御] スロットルを高開度に制御し、エンジン回転数を高い状態にキープ。 アクセル操作に対して優れたレスポンスをもたらします。 ステアリングの「PWR」スイッチで、切り替えが可能です。 [Sレンジ] 有段オートマチックトランスミッションのように、車速とアクセル開度によって変速ポイントを決定する自動変速制御を行います。 [マニュアルモード(シフトマチック制御)] CVT車でありながら、マニュアル感覚のシフトチェンジが可能に。 ドライバーの変速操作に応えた、アクティブな走りが楽しめます。 [ブリッピング制御] マニュアルモードにおいて、シフトダウン時にエンジン回転数を最適化する(意図的に上げる)ことで、スムーズで変速ショックの少ないシフトダウンを可能にします。 広さと使い勝手を拡張する2段デッキボード構造を採用。 フラットで出し入れがしやすいデッキボード上段時と、たくさん積み込めるデッキボード下段時で、荷物の大きさやシーンに合わせた使い方ができます。 さらにデッキボード下にも収納スペースを確保し、買い物カゴや洗車セットなどを積載しておくのに便利です。 デッキボードを取り外せば、荷室高にいっそうゆとりが生まれるため、観葉植物など背丈の高い荷物の収納も可能。 また、デッキボードは斜めに立て掛けた状態を維持できる設計になっており、デッキボード下収納スペースへの荷物の出し入れをしやすいように配慮しています。 デッキボード下収納の容量 デッキボード立て掛け時 (VDA法によるトヨタ自動車(株)測定値) 2WD車 デッキボード上段時145L/デッキボード下段時80L 4WD車 デッキボード上段時104L/デッキボード下段時38L *1. 2WD車の場合。 4WD車は260mm。 2WD車の場合。 4WD車は135mm。 2WD車の場合。 4WD車は1,025mm。 衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者) 2. 標識認識機能(進入禁止) 3. 先行車発進お知らせ機能 4. LKC(レーンキープコントロール) 6. 車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制制御機能 7. BSM(ブラインドスポットモニター) 8. オートハイビーム 9. ADB(アダプティブドライビングビーム) 10. サイドビューランプ 11. ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方) 12. スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム) 14. パノラミックビュー 15. RCTA(リヤクロストラフィックアラート) *1. 約2秒後に、停止保持状態が解除されますのでブレーキを踏んでください。 クリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。 ただし、二輪車や電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。 高速道路のサービスエリア出口や、一方通行の多い都市部などで役立ちます。 [Z、Gに標準装備。 ACC:Adaptive Cruise Control *2. 約2秒後に、停止保持状態が解除されますのでブレーキを踏んでください。 [Zに標準装備] *1. 隣の車線を走る車両をミリ波レーダーで検知。 ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の死角領域に急接近してくる車両も検知します。 車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯。 その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、ブザー音で警告することで、より注意を喚起します。 一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 ヘッドランプ点灯走行時に、ウインカー操作やステアリング操作と連動して点灯。 交差点への右左折進入時などに、歩行者や障害物の視認性を確保します。 また、シフトが[R]ポジション時には左右同時点灯します。 必ず車両周辺の安全を直接確認してください。 手放し運転を推奨するものではありません。 ステアリングに手をかざし、安全運転を心がけてください。 スマートアシストは、ドライバーの判断を補助し、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。 脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。 また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。 運転時は常に先行車や歩行者との距離や周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど距離を保ち、安全運転を心がけてください。 ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。 DVD・CDデッキは搭載されていません。 また、ナビゲーションシステムは含まれません。 スマートフォン連携により、ナビアプリが利用可能となります。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 の商標です。 の商標です。 また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。 実際の走行状態を示すものではありません。 実際の走行状態を示すものではありません。

次の

ライズに欠点・デメリットはあるか?ライズを徹底評価!

ライズ toyota

トヨタからコンパクトなSUVが発売される事になった。 名前はライズ(Raize) 1番下のグレードで価格が1,679,000円から買えると言う、なんとも売れそうな1台を出してきたなと言う感じだ。 ターゲットとしては「SUVが欲しいけどもう少し小さめで経済的なタイプが良い」と言った層へ向けてだと思う。 ただ、単なる安物ではなくレベルが高いSUVなんじゃないか?と私は考えている。 トヨタのライズは見た目がカッコいい SUVの中でもビジュアルは優秀な方で、普通にカッコいいと私は思う。 特にリアのライトからバンパーにかけての形が美しく、落ち着いた雰囲気があって普通に欲しいと思えるよね。 サイドからまたビジュアルも、SUVにありがちな丸っこいボディではなく角ばりがメリハリをつけていて好き。 フロントもライトの形は鋭くシンプルで、フォグ・グリルの形を合わせて上手くまとまっている。 内装に関しては黒でシンプルになっていて私は好き。 人によっては地味すぎるなんて思うかもしれないが、私は無理に派手にしてチャラついてほしくないから今のままで良いかな。 唯一気に食わないのは公式がブルーカラー推しなところかな。 ブラックやベージュやホワイトならより一層大人っぽくて渋いんだけどね。 家族向けだとしても車買うのはパパだしな。 トヨタライズのカラーはベージュが良いね ベージュ「ナチュラルベージュマイカメタリック」と言うのが、公式な色の名前だ。 私が1番推しているのがこのベージュカラーかな。 大人の渋さとお洒落さが相まってコスパは最強クラスだと思う。 もしくはシンプルに黒色の「ブラックマイカメタリック」が良いかな。 これは失敗は無いし無難な安定択だと思うね。 トヨタライズはどことなくRAV4に似た雰囲気がある サイズはRAV4の一回り小さくなった感じがある。 ライトの少しつり目でシュッとしたところや、グリルの角ばった形やフォグの位置もソックリだ。 他のSUV車と比較してみよう。 JC08モード(日本での燃費を測る基準みたいなもの)での値となる。 ・トヨタランクル 6. トヨタのライズは比較的燃費が良い事が分かるよね。 恐らく車体が小さく重量が軽いのが理由だと思う。 SUVは1600〜1900kgの車が多くのに対してトヨタのライズは1200kgくらいだからね。 ただ流石にハイブリッド車には劣るけどね。 トヨタのライズは走破性は怪しいかも? 悪路の走行が出来ない訳では無いが、それ向けにシャシーが作られているような感じは無い。 ただ普通に雪道を走ることは出来るし、冬が困るとかそんな事は無いので普段使いするだけなら余裕だ。 ただ「趣味でオフロード走行したい!クロカンで悪路をガンガン攻めたい!」と思うならライズは向いていないかな。 で、どっちが買いか?それは人によって変わるかも。 まず価格はどのグレードも4WDの方が2WDより20万ほど高くなってしまう。 生活するにあたり、アウトドアの趣味が無かったり雪道を走る予定が無い人は2WDで充分だ。 2WDの方が燃費が良いのでお財布に優しいよね。 冬に雪が割と積もる地域に住んでいる人は4WDを選んだ方が良い。 雪にハマった時も抜け出しやすいし、走行時の安定性も高いからね。 もう1つ、アウトドアでスノボーやキャンプなどが趣味の人は4WDにした方が良いと思うね。 トヨタは売り方が上手いなあと思う。 こんな楽しそうなPVを見てしまったら、そりゃ欲しくなるでしょ。 コストパフォーマンスは良いし、現代ではありがたい1台だ。 SUVはちょっと大きいしな〜ここまで無くても良いかなって人にはベストな選択肢になると思う。 実際にかなりの人気車種だし売れているからね。 トヨタというメーカーのブランド力もあるしな。 故障もしにくいだろうし買って絶対に損は無いと言える。

次の