バイク プラグ コード。 バイクのプラグ交換の適切な時期(タイミング)はいつ?

ngk プラグコード バイクの販売特集【通販モノタロウ】

バイク プラグ コード

バイクのプラグコードは交換が必要だということをご存知でしょうか?プラグコードが劣化するとエンジンの燃焼効率が下がってしまい、燃費の低下にも繋がるので定期的な交換が必要です。 しかし電気系統だということもあり、プラグコードの交換を自力で行うには危険が伴います。 そこで本記事では、プラグコードの解説から交換時期の目安、バイクショップに交換を依頼した際にかかる工賃の相場などをご紹介します。 プラグコードとはどんな部品? プラグコードはハイテンションコードとも言われており、文字通り「プラグに電気を送るコード」のことです。 ヘッドライトなどの灯火類を点灯させる際、イグニッションコイルで上昇させた高圧電流をディストリビューターや点火プラグに送り、圧縮された火花を発生させる必要があります。 その際、高圧電流を安全にプラグに送る役割を持っているのがプラグコードです。 流れる高圧電流は空気中でも放電してしまうほど強いため、絶縁性があること、エンジンの熱にさらされるので耐熱性があることの2つが特徴としてあげられます。 3年に1度は交換しよう 一般的に、プラグコードの交換目安は約3年といわれています。 しかし、プラグコードの劣化は運転していて体感しやすいものではないので交換を忘れてしまいがちです。 そこで、プラグコードの劣化による影響を3つご紹介するので、チェックしてみてください。 3年以上交換をしておらず、以下の症状がある場合はプラグコードが劣化している可能性が高いので、交換しましょう。 加速がスムーズでない プラグコードが劣化すると火花が綺麗に飛ばず、エンジンの回転数が上がりにくくなります。 つまり、アクセルを開けてもあまり加速しないということです。 アイドリングが不安定 エンジンの回転数を一定に保つことができないため、アイドリングが不安定だと感じることがあります。 燃費の低下 電気抵抗が増して加速もスムーズにできないので、燃費が低下してしまいます。 交換工賃の目安 プラグコードの交換は「古いコードと新しいコードを入れ替えるだけだから楽」と思ってしまいがちです。 しかし実は、普段高圧電流が流れているコードだけあってとても頑丈に取り付けられており、外すだけでも一苦労です。 そこでおすすめなのが、バイクショップやディーラーに交換を依頼すること。 工賃の相場は約2,000~4,000円で、別途部品代が発生します。 プラグコード自体は1本約4,000~8,000円程度かかるので、プラグコードを1本交換するのに約1万円かかると考えておくと良いでしょう。 もちろんセルフで交換することも可能ではありますが、万が一付け方が不十分だったり違う場所に繋いでしまったりした場合、バイク本体が故障してしまったり怪我をしてしまう可能性もあります。 その大きなリスクを考えると、バイクショップやディーラーに依頼するほうが安全で安心でしょう。 まとめ バイクのプラグコードは劣化を体感するのが難しい部品ですが、交換すると加速や燃費などにおいて走りが良くなるので約3年で交換するのがおすすめです。 セルフで交換しても良いですが、大きなリスクを伴うのでバイクショップやディーラーに依頼するほうが無難です。 本記事は、2019年5月30日の情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

次の

プラグキャップの交換方法

バイク プラグ コード

バイクのプラグコードは交換が必要だということをご存知でしょうか?プラグコードが劣化するとエンジンの燃焼効率が下がってしまい、燃費の低下にも繋がるので定期的な交換が必要です。 しかし電気系統だということもあり、プラグコードの交換を自力で行うには危険が伴います。 そこで本記事では、プラグコードの解説から交換時期の目安、バイクショップに交換を依頼した際にかかる工賃の相場などをご紹介します。 プラグコードとはどんな部品? プラグコードはハイテンションコードとも言われており、文字通り「プラグに電気を送るコード」のことです。 ヘッドライトなどの灯火類を点灯させる際、イグニッションコイルで上昇させた高圧電流をディストリビューターや点火プラグに送り、圧縮された火花を発生させる必要があります。 その際、高圧電流を安全にプラグに送る役割を持っているのがプラグコードです。 流れる高圧電流は空気中でも放電してしまうほど強いため、絶縁性があること、エンジンの熱にさらされるので耐熱性があることの2つが特徴としてあげられます。 3年に1度は交換しよう 一般的に、プラグコードの交換目安は約3年といわれています。 しかし、プラグコードの劣化は運転していて体感しやすいものではないので交換を忘れてしまいがちです。 そこで、プラグコードの劣化による影響を3つご紹介するので、チェックしてみてください。 3年以上交換をしておらず、以下の症状がある場合はプラグコードが劣化している可能性が高いので、交換しましょう。 加速がスムーズでない プラグコードが劣化すると火花が綺麗に飛ばず、エンジンの回転数が上がりにくくなります。 つまり、アクセルを開けてもあまり加速しないということです。 アイドリングが不安定 エンジンの回転数を一定に保つことができないため、アイドリングが不安定だと感じることがあります。 燃費の低下 電気抵抗が増して加速もスムーズにできないので、燃費が低下してしまいます。 交換工賃の目安 プラグコードの交換は「古いコードと新しいコードを入れ替えるだけだから楽」と思ってしまいがちです。 しかし実は、普段高圧電流が流れているコードだけあってとても頑丈に取り付けられており、外すだけでも一苦労です。 そこでおすすめなのが、バイクショップやディーラーに交換を依頼すること。 工賃の相場は約2,000~4,000円で、別途部品代が発生します。 プラグコード自体は1本約4,000~8,000円程度かかるので、プラグコードを1本交換するのに約1万円かかると考えておくと良いでしょう。 もちろんセルフで交換することも可能ではありますが、万が一付け方が不十分だったり違う場所に繋いでしまったりした場合、バイク本体が故障してしまったり怪我をしてしまう可能性もあります。 その大きなリスクを考えると、バイクショップやディーラーに依頼するほうが安全で安心でしょう。 まとめ バイクのプラグコードは劣化を体感するのが難しい部品ですが、交換すると加速や燃費などにおいて走りが良くなるので約3年で交換するのがおすすめです。 セルフで交換しても良いですが、大きなリスクを伴うのでバイクショップやディーラーに依頼するほうが無難です。 本記事は、2019年5月30日の情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

次の

バイクのプラグ交換を行っていますか?バイクの走りを変えましょう!|

バイク プラグ コード

プラグキャップの取り外し 参考車両の場合、作業の支障となる燃料タンクを取り外します。 タンクやステー類に傷が入らないよう慎重に取り外しましょう。 詳しくは、をご覧下さい。 参考車両の場合、作業の支障となるエアクリーナーボックス・キャブレターを取り外します。 詳しくは、、をご覧下さい。 参考車両の場合、作業の支障となるイグニッションコイルのステーを取り外します。 プラグキャップはシリンダヘッドカバーに取り付けられています。 プラグキャップを指で持ち上げてプラグから取り外しましょう。 そのまま引き抜いてシリンダヘッドから取り外しましょう。 プラグコードを押さえながらプラグキャップを反時計回りに回しましょう。 通常プラグキャップには雄ネジが取り付けられておりプラグコードにねじ込む形で取り付けられています。 何度か回すとプラグコードからプラグキャップが離れて、最後に引き抜くとプラグキャップが外れます。 プラグキャップの取り付け 接点グリスを少量マイナスドライバーに取ってプラグコードに塗布すると良いでしょう。 プラグコードの銅線は数本しか入っていないので少しでも接点の通電をロスなくプラグキャップに伝える為に塗布します。 プラグキャップに接点復活剤のウェットタイプで端子を保護しておくと良いでしょう。 プラグキャップをプラグコードに押し付けながら時計回りに回して取り付けましょう。 回しすぎるとプラグコード側がナメてしまう可能性があるので回す感触が固くなったらそれ以上回さないで下さい。 プラグキャップをプラグホールの中心に垂直に配置して感触があるまでプラグに押し込みましょう。 取り外したイグニッションコイルのステーを取り付けます。 取り外したパーツを取り付けましょう。 詳しくは、、、をご覧下さい。 まとめ• プラグキャップ取り外し時、 プラグコードを片手で押さえてからプラグキャップを反時計回りに回して引き抜く。 プラグキャップ取り付け前、 プラグコードの銅線に接点グリスを少量塗布する。 プラグキャップ取り付け時、 プラグキャップをプラグコードに押し付けて時計回りに回して取り付ける。 NGKのパワーケーブルを装着しています。 プラグキャップ単体での交換は出来ないのでしょうか? 長期放置してプラグキャップをはずしておいたら錆てしまいました。 パワーケーブルでもプラグキャップの交換は出来ます。 プラグコードをプラグキャップギリギリの長さでニッパで切った後、をプラグコードにねじ込んで取り付けます。 錆はバッテリーの電解液 硫酸を蒸留水で希釈させた希硫酸 を綿棒に付着させてふき取る事が可能かもしれません。 錆を落とせたら接点復活剤のウェットタイプで保護しておくと良いでしょう。 改善しないようならプラグキャップを交換しましょう。 ヤマハのドラッグスターなのですがプラグキャップを取り付けるとき、前側の気筒のプラグキャップはうまく入ったのですが後ろ側の気筒のプラグキャップが上手く入っていきません。 なにかコツとかあるのでしょうか? 4サイクルエンジンの場合はプラグキャップを差し込んでも、プラグの頭にはまらずプラグの横に入り込んでしまう場合があります。 純正品はプラグキャップが比較的硬く作られていてスムーズに取り付けできるのですが社外品はうまい事誘導してあげないと入らない場合があります。 コツとしてはプラグキャップをシリンダヘッドに挿入する際にプラグホールのなるべく中心に配置しながら垂直に挿入するとプラグの頭に掛かり易くなります。 何度かチャレンジしてみて下さい。 FTR223で純正プラグキャップなのに回しても外れないのですがプラグキャップのみ交換する事は出来ないのでしょうか? 外れなかったら、一体式なのでそのままニッパでプラグコードを切って純正のサイズのプラグキャップをNGKで注文すると交換出来ます。 純正のプラグコードとプラグキャップがASSYを取り寄せて使用するのもよいでしょう。 単気筒かとおもうので費用もそれほどかからないでしょう。 パワーケーブルを付ければ速くなれますか? パワーケーブルは主に高回転域のトルクの上昇が期待出来るので、通常よりタイムは縮まるかと思います。 スパークテストってどうやるんですか? でスパークテストを説明しています。

次の