国家総動員法 ブログ。 【拡散希望】中国・国防動員法の解説と中国人の本音

【拡散希望】中国・国防動員法の解説と中国人の本音

国家総動員法 ブログ

中国共産党政府が「支那」をNGワードに指定した。 それ以外にもFacebookは中国共産党政府から突きつけられた様々な規制条件に協力するらしい。 中国共産党政府が日本に注文を付けている。 しかし、 外国の「China」表記には文句をつけないらしい。 China=支那 ではないか。 だがしかし、 どれくらいの日本人が、 中国(支那)に「国防動員法」があり、 池袋のチャイナマフィアに代表されるような、 地下の中国人組織が動いていることを知っているだろうか? ここで2010年に成立した、 中国共産党政府の「国防動員法」について さらっとおさらいをしておきたい。 (2015. 「備蓄物資が国防動員の需要を延滞なく満たすことができなくなったときは民生用資源を徴用できる」。 「金融、交通運輸、郵政、電信、報道出版、ラジオ、映画テレビ、情報ネットワーク、エネルギーや水資源の供給、医薬衛生、食品と食糧の供給、商業貿易などの業種に管制を敷く」 とある。 最悪の場合は日系企業の中国の銀行口座凍結や金融資産接収のほか、売掛金放棄も考えられる。 ビジネスの基本であるカネが危ない。 今、日本国内に多くの中国人社長の企業があり、日本人が従業員として雇われている会社がありますが、 国防動員法が発令されれば、日本にある中国系企業もすべて、 中国軍のスパイ活動や食糧調達、軍備調達に協力する可能性があります。 日本人従業員が退職を願い出ても受理されない可能性がありますよね。 民主党政権が、いかに壊国政権だったかわかりますね。 ですから、元民主党、民進党議員は 国会に入れてはいけないのです。 さて、これを踏まえて中国人の本音の話に入っていきます。 先日、ネットで興味深い記事を見つけました。 詳しくはダイヤモンドオンラインに掲載されています。 先日、帰国したときも、東京の家電量販店では支付宝を使えばなんと15%引きだった。 これは大きい。 中国側で特定店のクーポンを発行している場合もあり、使えないと「損した!」気分になるのだろう。 日本の適正価格という感覚はわからないようです。 だから文句言うのよね。 しかも中国でペーパーレス化が進んでいるのは、偽札が横行しているから。 当然ですが中国の銀行は国営です。 その銀行のATMでお金を引き出したら偽札が紛れて出てきた。 偽札をもって銀行に苦情を言いに行ったら「そんなことはあり得ません」と頑として認めない。 出てきた偽札は預け入れもできない。 結果として偽札の分だけ自分が損をするとなれば、 そりゃあ電子マネーも普及するわなぁ。 「日本で発展したい」、「未来をかけたい」という言葉は、あまり聞かない。 黄河は対岸が見えないし、滝もナイアガラみたいなのがある。 小さいのがぽつんとあるだけ。 「わび・さび」がわかる人は少ない。 』)である。 映画は、壮大な景色の中で中国人たちがおりなす恋愛ドラマ。 登場人物らの旅資金はベンチャービジネスで当てたものであり、旅館の浴衣を着た彼らに、給仕の和服の日本人女性が正座で頭を床につくほど下げるシーンが出てくる。 幻滅するから。 日本で働くのはそんなに我慢しないとダメなのか。 日本人の昼と夜のあまりの違いに中国人は引いてしまう。 中国人は昼もワガママ、夜もワガママなので変化はない。 私だって在中日本人としていろいろ言われるが、お互いそういうことを乗り越えていくのが、グローバルかもしれない。 -------------- 一方、日本人の、中国人に対するビミョーな気持ちも彼らは感じ取っている。 先日、私が日本でホテルに泊まったときに、ふと中国での現住所を宿泊カードに書いたら、それまで笑顔だったフロント係の対応が突然変わり、怒り声で「パスポート、見せてください!! ……私は純ジャパニーズだって。 「 サベツはいけない」というインテリにも多く、私の姉は大学教授だが、中国に来る時は何度言っても冷蔵庫の期限切れ食品を抱えてくる。 でも中国人は世界中で差別されているから。 面子のないことするやつも多いし、しかたないよ」(30代、中国人男性)。 うち、おじいちゃん、手術せず死んだよ」「警官がこっちに道ゆずった!威張っていないんだね」 「不正や賄賂が少ない。 まじめ。 民度の高さも認める。 ストレス強そうで、人と人との関係が冷たそう」 中国の内陸の安徽省に西逓・宏村という有名な観光地がある。 昔栄えた村で、中国らしくなく、古い建築がそのまま保存されている。 水もきれいで汚染されていない。 交通が隔絶されており、閉じた社会で人々は非常に善良で騙す人がいない。 しかし老人ばかりで、たまにいる若者は足抜けできず不機嫌そうである。 取り残され物価も安い。 ここに発展に疲れた都市部の中国人たちが、近年のひなびた田舎観光ブームで観光バスを仕立てて大挙して押し寄せている。 そして短時間のうちにバーっと消費し、帰っていく。 「いいね、いいね」と言いながら。 中国の桃源郷と呼ばれるここ、私は日本に重なるのだが、どうだろうか。 しかし、国という視点で考えた場合、勘違いをしているように私には見える。 利便性と言う点ではたしかに電子マネーが有利だろう。 しかし、その普及に貢献したのは中国国内で流通する人民元の偽札である。 ご存知の通り、 貨幣と言うのは国が管理し、責任を持つツールの一つである。 そこに偽札が混じっている。 そしてそれを放置というのは、 既に中国が国としての信用を失っていると思うのだが、 J-CASTニュースの記事ではそれを知らぬ顔で官も民もやり過ごしている様子が描かれている。 今はこんな地方の金券ショップでも人民元をよく見かけるが、それは本当に真札だろうか? 「騙したもん勝ち」の弱肉強食の文化で、それがまかり通っているのなら 私達は彼の国と付き合ううえで、自衛の手段として 入国ビザの強化や、あらゆる警戒と規制をしなければならないと思うのだが、どうだろう。 文中の羽田近くのホテル従業員の対応は私は非常に納得できる。 彼らは非常識なことを自分ルールでやらかす。 例えば宿泊施設では1室あたりの宿泊人数が決められていることが多いが、 彼らは平気でそれを破る。 2人でツインの部屋をとって5人で泊まる(ベッドに2人ずつとソファーに1人)。 そこには宿泊施設に対する敬意はない。 ただ自分たちの都合だけだ。 その時さえ良ければ、その時さえ凌げればそれでいい。 と言う本音が垣間見える。 旅館も商売だ。 営業に差し障ると思えば断ることはできない。 そういう弱みにつけこんで、無理難題をねじ込んできたのが中国だ。 結果、どんどん中国人に侵食される。 アパホテルの様に毅然と断ってもいいではないか。 宿泊施設はそこを利用するすべての人に責任がある。 そのために宿泊約款があるのだから。 日本に住んで現体制を批判する中国人だって、 国防動員法が施行されれば日本人を襲うのだろう? だったら、彼らにとやかく言われる筋合いはない。 日本は日本のやり方でいいし、文句を言われたら、 「これが日本のやり方だ。 不満なら帰ってください。 」と言えばよい。 「日本人て、なぜあんなにすぐに初対面の人を信じるの? バカなんじゃないの? 人も思いきって騙せない。 自分と家族とその親戚だけが得をすれば、あとはどうでもよい。 その代わり自分の権利、得をすることには石にかじりついてでも主張してきます。 正直さ、高信頼社会に価値を見出す私達とは全く違う性質だということを 私達は肝に銘じておかねばなりません。 外国人に人道的配慮とかいいますが、 憲法違反の生活保護費も1円たりとも出す必要はありません。 憲法は国の最高法。 そこに、配慮や婉曲した解釈は不要です。 むしろ、国の最高法律に「どうとでも解釈できる」というような穴があってはいけないのです。 なんで日本が譲歩しなければいけない? その必要はない。 日本は日本人の利益を第一として動けばよいのです。 国防動員法を知ったうえで中国に支社を置くなら、それは企業の自己責任だろうし 駐在員の安全を考慮するのは企業の経営者の責任です。 いつの間に日本はこんなに弱くなった? それは日本の歴史をきちんと学ばなくなったからです。 国に対して誇りを持たなくなったからです。 歴史を知らないから国も自分の存在も肯定できないのではないですか? どうか、このブログをご覧の皆さまが 学校で学んだ以外の日本の歴史を学び直ししてくださいますように。 そして家で家族で忌憚なく社会問題の話ができますように。 一人でも多くの人が自分が生きている社会に興味を持ってくれることを願っています。

次の

贅沢は敵だ

国家総動員法 ブログ

昭和12年にはという政策活動が第一次近衛内閣によって推奨された。 その心髄こそが滅私奉公である。 そして、その流れは、昭和13年から始まったに依ってを前提とする立法へと突き進んでいくことになった。 政府は欧米列強や中国戦線での長期間にわたる戦争を想定して国民の戦意昂揚を狙っ て様々なスローガンを掲げる事になる。 会でも、企業間競争が熾烈を極めるビジネスの世界でも十分に通用するスローガンが含まれている様に思うのだが。 兎角今の世間では贅沢が当たり前で、金持ちは海外へしてまでも脱税をする始末で滅私奉公などは飛んだお笑いだろう。 無用と思われるものに大金を注込んでも惜しまない暮らし振りなどは一度、振り返る必要がある。 無駄な浪費、無駄な買い物の結果、物であふれ返る家の中、美食と飲酒が招くの蔓延、無駄な医療費の浪費などで国家は疲弊してゆくし、官の世界での税金の無駄使いと今後益々増え続ける自然災害がもたらす国家財政と界の競争力低下の危機、未婚層の増加の低下と人口減少。 老齢化の加速、どれをとってみても日本の未来は暗い。 今こそ戦前のスローガンに戻って日本国への滅私奉公を再考する時ではないか?? akooyot.

次の

国民精神総動員運動を簡単にわかりやすく!背景の世界恐慌や標語のまとめも。

国家総動員法 ブログ

中国共産党政府が「支那」をNGワードに指定した。 それ以外にもFacebookは中国共産党政府から突きつけられた様々な規制条件に協力するらしい。 中国共産党政府が日本に注文を付けている。 しかし、 外国の「China」表記には文句をつけないらしい。 China=支那 ではないか。 だがしかし、 どれくらいの日本人が、 中国(支那)に「国防動員法」があり、 池袋のチャイナマフィアに代表されるような、 地下の中国人組織が動いていることを知っているだろうか? ここで2010年に成立した、 中国共産党政府の「国防動員法」について さらっとおさらいをしておきたい。 (2015. 「備蓄物資が国防動員の需要を延滞なく満たすことができなくなったときは民生用資源を徴用できる」。 「金融、交通運輸、郵政、電信、報道出版、ラジオ、映画テレビ、情報ネットワーク、エネルギーや水資源の供給、医薬衛生、食品と食糧の供給、商業貿易などの業種に管制を敷く」 とある。 最悪の場合は日系企業の中国の銀行口座凍結や金融資産接収のほか、売掛金放棄も考えられる。 ビジネスの基本であるカネが危ない。 今、日本国内に多くの中国人社長の企業があり、日本人が従業員として雇われている会社がありますが、 国防動員法が発令されれば、日本にある中国系企業もすべて、 中国軍のスパイ活動や食糧調達、軍備調達に協力する可能性があります。 日本人従業員が退職を願い出ても受理されない可能性がありますよね。 民主党政権が、いかに壊国政権だったかわかりますね。 ですから、元民主党、民進党議員は 国会に入れてはいけないのです。 さて、これを踏まえて中国人の本音の話に入っていきます。 先日、ネットで興味深い記事を見つけました。 詳しくはダイヤモンドオンラインに掲載されています。 先日、帰国したときも、東京の家電量販店では支付宝を使えばなんと15%引きだった。 これは大きい。 中国側で特定店のクーポンを発行している場合もあり、使えないと「損した!」気分になるのだろう。 日本の適正価格という感覚はわからないようです。 だから文句言うのよね。 しかも中国でペーパーレス化が進んでいるのは、偽札が横行しているから。 当然ですが中国の銀行は国営です。 その銀行のATMでお金を引き出したら偽札が紛れて出てきた。 偽札をもって銀行に苦情を言いに行ったら「そんなことはあり得ません」と頑として認めない。 出てきた偽札は預け入れもできない。 結果として偽札の分だけ自分が損をするとなれば、 そりゃあ電子マネーも普及するわなぁ。 「日本で発展したい」、「未来をかけたい」という言葉は、あまり聞かない。 黄河は対岸が見えないし、滝もナイアガラみたいなのがある。 小さいのがぽつんとあるだけ。 「わび・さび」がわかる人は少ない。 』)である。 映画は、壮大な景色の中で中国人たちがおりなす恋愛ドラマ。 登場人物らの旅資金はベンチャービジネスで当てたものであり、旅館の浴衣を着た彼らに、給仕の和服の日本人女性が正座で頭を床につくほど下げるシーンが出てくる。 幻滅するから。 日本で働くのはそんなに我慢しないとダメなのか。 日本人の昼と夜のあまりの違いに中国人は引いてしまう。 中国人は昼もワガママ、夜もワガママなので変化はない。 私だって在中日本人としていろいろ言われるが、お互いそういうことを乗り越えていくのが、グローバルかもしれない。 -------------- 一方、日本人の、中国人に対するビミョーな気持ちも彼らは感じ取っている。 先日、私が日本でホテルに泊まったときに、ふと中国での現住所を宿泊カードに書いたら、それまで笑顔だったフロント係の対応が突然変わり、怒り声で「パスポート、見せてください!! ……私は純ジャパニーズだって。 「 サベツはいけない」というインテリにも多く、私の姉は大学教授だが、中国に来る時は何度言っても冷蔵庫の期限切れ食品を抱えてくる。 でも中国人は世界中で差別されているから。 面子のないことするやつも多いし、しかたないよ」(30代、中国人男性)。 うち、おじいちゃん、手術せず死んだよ」「警官がこっちに道ゆずった!威張っていないんだね」 「不正や賄賂が少ない。 まじめ。 民度の高さも認める。 ストレス強そうで、人と人との関係が冷たそう」 中国の内陸の安徽省に西逓・宏村という有名な観光地がある。 昔栄えた村で、中国らしくなく、古い建築がそのまま保存されている。 水もきれいで汚染されていない。 交通が隔絶されており、閉じた社会で人々は非常に善良で騙す人がいない。 しかし老人ばかりで、たまにいる若者は足抜けできず不機嫌そうである。 取り残され物価も安い。 ここに発展に疲れた都市部の中国人たちが、近年のひなびた田舎観光ブームで観光バスを仕立てて大挙して押し寄せている。 そして短時間のうちにバーっと消費し、帰っていく。 「いいね、いいね」と言いながら。 中国の桃源郷と呼ばれるここ、私は日本に重なるのだが、どうだろうか。 しかし、国という視点で考えた場合、勘違いをしているように私には見える。 利便性と言う点ではたしかに電子マネーが有利だろう。 しかし、その普及に貢献したのは中国国内で流通する人民元の偽札である。 ご存知の通り、 貨幣と言うのは国が管理し、責任を持つツールの一つである。 そこに偽札が混じっている。 そしてそれを放置というのは、 既に中国が国としての信用を失っていると思うのだが、 J-CASTニュースの記事ではそれを知らぬ顔で官も民もやり過ごしている様子が描かれている。 今はこんな地方の金券ショップでも人民元をよく見かけるが、それは本当に真札だろうか? 「騙したもん勝ち」の弱肉強食の文化で、それがまかり通っているのなら 私達は彼の国と付き合ううえで、自衛の手段として 入国ビザの強化や、あらゆる警戒と規制をしなければならないと思うのだが、どうだろう。 文中の羽田近くのホテル従業員の対応は私は非常に納得できる。 彼らは非常識なことを自分ルールでやらかす。 例えば宿泊施設では1室あたりの宿泊人数が決められていることが多いが、 彼らは平気でそれを破る。 2人でツインの部屋をとって5人で泊まる(ベッドに2人ずつとソファーに1人)。 そこには宿泊施設に対する敬意はない。 ただ自分たちの都合だけだ。 その時さえ良ければ、その時さえ凌げればそれでいい。 と言う本音が垣間見える。 旅館も商売だ。 営業に差し障ると思えば断ることはできない。 そういう弱みにつけこんで、無理難題をねじ込んできたのが中国だ。 結果、どんどん中国人に侵食される。 アパホテルの様に毅然と断ってもいいではないか。 宿泊施設はそこを利用するすべての人に責任がある。 そのために宿泊約款があるのだから。 日本に住んで現体制を批判する中国人だって、 国防動員法が施行されれば日本人を襲うのだろう? だったら、彼らにとやかく言われる筋合いはない。 日本は日本のやり方でいいし、文句を言われたら、 「これが日本のやり方だ。 不満なら帰ってください。 」と言えばよい。 「日本人て、なぜあんなにすぐに初対面の人を信じるの? バカなんじゃないの? 人も思いきって騙せない。 自分と家族とその親戚だけが得をすれば、あとはどうでもよい。 その代わり自分の権利、得をすることには石にかじりついてでも主張してきます。 正直さ、高信頼社会に価値を見出す私達とは全く違う性質だということを 私達は肝に銘じておかねばなりません。 外国人に人道的配慮とかいいますが、 憲法違反の生活保護費も1円たりとも出す必要はありません。 憲法は国の最高法。 そこに、配慮や婉曲した解釈は不要です。 むしろ、国の最高法律に「どうとでも解釈できる」というような穴があってはいけないのです。 なんで日本が譲歩しなければいけない? その必要はない。 日本は日本人の利益を第一として動けばよいのです。 国防動員法を知ったうえで中国に支社を置くなら、それは企業の自己責任だろうし 駐在員の安全を考慮するのは企業の経営者の責任です。 いつの間に日本はこんなに弱くなった? それは日本の歴史をきちんと学ばなくなったからです。 国に対して誇りを持たなくなったからです。 歴史を知らないから国も自分の存在も肯定できないのではないですか? どうか、このブログをご覧の皆さまが 学校で学んだ以外の日本の歴史を学び直ししてくださいますように。 そして家で家族で忌憚なく社会問題の話ができますように。 一人でも多くの人が自分が生きている社会に興味を持ってくれることを願っています。

次の