ゴートゥー トラベル。 おもちゃボックスとしても使える子ども用キックボード「ミニ・トゥーゴー・デラックス」|@DIME アットダイム

ゴートゥーモール 観光ガイド

ゴートゥー トラベル

2020年に入り、連日の報道で加熱する「新型コロナウイルス(新型肺炎)」の感染情報。 中国を中心に世界各地に広がり、日本国内でも日々感染者が増えています。 1月26日には、中国政府が新型肺炎への感染拡大を防ぐ措置として「同国から海外への団体旅行を禁止する」と発表。 その後の相次ぐ旅行キャンセルにより国内観光地は、観光客が大幅に減少し国内経済にも影響が及び始めています。 このような状況のなか、一部の自治体では、宿泊費の一部を割り引く観光地支援「ふっこう割」の実施を政府に要請したり、自治体独自の予算で宿泊割引クーポンを配布するなど観光地支援の動きが広がっています。 2020年4月、政府もついに1兆6,794億円規模の観光業や飲食業などをメインとした経済支援「Go Toキャンペーン」の実施を発表しました。 本稿では、支援の内容を詳しく解説します。 Go To Travelキャンペーンの詳細|新型コロナふっこう割で観光支援 長崎県、山梨県笛吹市、静岡県西伊豆町など全国向けクーポン配布中 6月中旬より配布している自治体がでています。 詳しくは、下のバナークリック。 特集ページへ 108兆円規模「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」 政府は2020年4月7日、経済財政諮問会議ならびに臨時閣議を開催し、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として、2020年度の補正予算案を閣議決定した。 事業規模は、約108. 2兆円となります。 このうち、観光や飲食業、イベントなどへの支援として、新型コロナウイルス終息後に、地域活性化を図る官民一体の大規模キャンペーン「Go Toキャンペーン(仮称)」を実施する予定です。 この予算として経済産業省に1兆6794億円を計上し、内閣官房、経産省、国土交通省、農林水産省などが連携して事業に取り組みます。 「Go Toキャンペーン」とは?新型コロナ終息後に大型観光支援 「Go Toキャンペーン(仮称)」は、旅行・飲食・イベント・商店街と業種ごとに異なったキャンペーン内容が予定されています。 いずれも実施期間は、「新型コロナウイルス終息後~半年ほど」としていますので、開始時期は未定(2020年5月時点)ですが、経済的な打撃を受けているホテル・旅館などの宿泊施設、飲食店などの支援は早急に行う必要があります。 政府としては、なんとか夏前には終息させて、7,8月頃には始めたいと考えていると思われます。 半年の期間と年度予算の都合上、9月(おそくとも10月)には開始していないと3月までに終了することができなくなりますし、事業者の体力がそこまで持つか心配です。 最大一人あたり2万円分/泊。 例:クーポンについては、7割を宿泊用、3割を買い物用という感じで適用を検討しているようです。 例えば一人1泊20,000円の宿に宿泊した場合、7,000円を宿泊代金から割り引き、残り3,000円分をその地域で使える商品券とするイメージです。 『Go To Travelキャンペーン』も『希望割』も現時点では、仮称ですので実際どのような名称になるかわかりません。 最大一人あたり1000円分。 事業に登録された飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引など)を発行。 (追記)テイクアウトやデリバリーも対象となるよう検討されています。 2割相当分の割引。 (追記)ネット配信によるライブも対象となるよう検討されています。 あわせて読みたい 誰でも購入できる最大4割増のプレミアム商品券情報を公開中! 都道府県別 Go To Travelキャンペーン!半額割引 Go To Travel キャンペーンに向けて各都道府県や自治体でも最大半額などとうたった割引率の大きいお得なキャンペーンを実施しています。 各エリアごとのキャンペーンを集めてみましたので参考に。 北海道 Go To Travelキャンペーン 【北海道民限定】どうみん割を実施 7月~ 北海道は、7月1日より道内宿泊施設への宿泊に対して一人あたり1万円を割り引く「どうみん割」を実施します。 補助額は、交通+宿泊や宿泊のみで最大10,000円、交通機関を使った日帰り旅行の場合に5,000円と旅行の内容に応じて補助金を決定します。 詳しくはこちら 【札幌市民限定】定山渓温泉ふっこう割引クーポン発行 札幌市は、定山渓地区で利用できる2,000円分の割引クーポンを市民5万人を対象に発行すると発表しました。 北海道東川町 宿泊優待券発行 北海道東川町は、ホテル・温泉・一棟貸し・民泊など(キャンプ場は除く)の利用者に対して一人当たり1泊につき3,000円の優待券を発行します。 詳しくは、 青森 Go To Travelキャンペーン 【青森県民限定】宿泊割引キャンペーン 7月~ 青森県は、夏休みをめどに県民限定で県内宿泊施設への宿泊に対して一人あたり5千円を割り引く「県内宿泊モニターキャンペーン」を実施します。 岩手 Go To Travelキャンペーン 大槌町おおつちに泊まろう!宿泊券を販売 大槌町は、6月6日より額面の半額で購入できるプレミアム宿泊券の販売を全国のセブンイレブンにて行います。 【販売期間】 2020年6月6日10:00~7月31日 【宿泊期間】 2020年7月1日〜2023年3月31日 詳しくは、 宮城 Go To Travelキャンペーン 仙台市 宿泊促進キャンペーン&仙台市プレミアム商品券販売 仙台市は、秋保温泉と作並温泉で利用できる宿泊クーポン券(1人3千円)を抽選で配布するキャンペーンを実施します。 また、額面1冊13,000円分の仙台市プレミアム商品券を1万円で販売します。 秋田 Go To Travelキャンペーン 【秋田県民限定】男鹿市宿泊割引キャンペーン 6月1日~ 男鹿市は、6月1日より県民限定で市内宿泊施設への宿泊に対して一人あたり最大半額・5千円を割り引くキャンペーンを実施します。 詳しくは、 山形 Go To Travelキャンペーン 【山形県民限定】泊まって応援キャンペーン 5月15日~ 山形県は、5月15日より県民限定で県内宿泊施設への宿泊に対して一人あたり最大半額・5千円を割り引くキャンペーンを実施します。 詳しくはこちら 群馬 Go To Travelキャンペーン 【渋川市民限定】『日本の名湯 伊香保温泉』元気応援プロジェクト 6月10日~ 渋川市は、6月10日より市民限定で市内宿泊施設への宿泊に対して一人あたり最大半額・5千円を割り引くキャンペーンを実施します。 先着1000人で、6月10日から予約を受け付け、7月31日の利用分まで。 詳細が分かり次第、更新します。 埼玉 Go To Travelキャンペーン 千葉 Go To Travelキャンペーン 東京 Go To Travelキャンペーン 神奈川 Go To Travelキャンペーン 箱根町 「箱ぴたサンクスクーポン」を販売 箱根町は、全国向けに額面の半額で購入できる「箱ぴたクーポン」の販売を予定しています。 詳細が分かり次第、更新します。 新潟 Go To Travelキャンペーン 【県民限定】つなぐ、新潟。 宿泊キャンペーン 6月1日~ 新潟県は、6月1日より県民限定で県内宿泊施設への宿泊に対して一人あたり5千円を割り引く「つなぐ、にいがた。 宿泊キャンペーン」を実施します。 詳しくはこちら 長野県の観光支援・お得情報をまとめています。 【長野県民限定】阿智村・昼神温泉宿泊キャンペーン 6月1日~ 阿智村は、6月1日より県民限定で村内宿泊施設への宿泊に対して5千円を割り引くキャンペーンを実施します。 さらに村内の観光施設や飲食店で使える1,000円分のクーポン付きとなっています。 キャンペーンスペシャル特典もあり。 詳しくは、 岐阜 Go To Travelキャンペーン 岐阜県 コロナ対策ふっこう割クーポン配布 岐阜県は、新型コロナウイルス(新型肺炎)の感染拡大の影響で相次ぐ旅行キャンセルにより、旅行客を呼び込むため県の予算を用いて5,000円の割引クーポンを配布することを決定しました。 静岡 Go To Travelキャンペーン 伊東市GO!ITO!静岡県民宿泊キャンペーン 伊東市は、6月15日より静岡県民限定で市内宿泊施設への宿泊に対して一人あたり最大5千円を割り引くキャンペーンを実施します。 詳しくはこちら 全国のふっこう割・宿泊割引クーポン情報お届け中 当サイトでは全国のふっこう割やふるさと割など割引クーポン情報を発信しています。 旅行前にぜひチェックしてください。 令和元年ふっこう割、新型肺炎の影響で期間延長を検討【終了】 相次ぐ宿泊キャンセルを受け2月6日、山梨県笛吹市は県に対して宿泊施設や観光施設への財政支援「ふっこう割」を求める要望書を提出しました。 観光客が戻ってこない状況が長引けば、観光支援が必要な地域が拡大するのは間違いないので少しでも早く収束してほしいものです。 クーポン配布状況は、以下のページで紹介しています。 新型肺炎大丈夫?今後の旅行予約や旅先での注意点 先行きの見えない新型肺炎の感染拡大。 当サイトでは、春休みやゴールデンウィークの旅行を迷っておられる方のために賢い宿泊予約方法や旅行先での注意点・対処方法を解説しています。 お時間ある方は、ぜひご覧ください。 写真は、2020年2月の週末の嵐山渡月橋(京都市右京区)。 京都も宿泊キャンセルにより、旅行客は少なく閑散としています。 レポート公開中です。

次の

「Go To キャンペーン」開始時期が発表されました!|いつから?期間は?回数制限は?【続報】

ゴートゥー トラベル

【この記事は2020年6月8日時点の内容です】 新型コロナウィルス感染症の拡大防止に伴う緊急事態宣言が解除され、少しずつ自粛ムードも緩和されつつあります。 こういった流れの中で、政府は新型コロナウィルス感染症の影響による経営不振の対抗策のひとつとして『Go To キャンペーン』というものの実施が予定されています。 Go To キャンペーンについては、テレビやニュース、雑誌などで目にしたことがあると思いますが、実際に私たちの外食産業にどのようなプラスの効果をもたらしてくれそうなのか? 制度の概要などを交えて詳しく解説します。 <この記事の目次> 1.Go To キャンペーンの制度概要 新型コロナウィルス感染症の拡大を防止するため、多くの人が外出を自粛しました。 ・観光旅行をキャンセルした ・外食の回数を減らした ・テレワークになり外出を減らした ・イベントが中止になった などなど。 こうした自粛のおかげで新型コロナウィルスの感染者は減りつつあります。 ただし、その一方で大きな打撃を受けた業界がいくつもあります。 私たちの外食産業もその一つですよね。 こうして打撃を受けてしまった業界の再び活性化させることを目的とした政策が、この「Go To キャンペーン」です。 政府はこのGo To キャンペーンに総額1兆6794億円という大規模な予算を投じる予定です。 2.Go To キャンペーンが始まるのはいつ? 2020年7月下旬からスタートすると現段階では言われています。 政府は、緊急事態宣言の解除と共に『外出自粛の段階的緩和の目安』を発表しています。 手指消毒やマスク着用、発熱などの症状がある者は外出等を避けるなど、基本的な感染防止策の徹底・継続。 ・感染拡大の兆候や施設等におけるクラスター発生があった場合、外出自粛の強化等を含めて、国と連携しながら、都道府県知事が速やかに協力を要請。 その際、専門家によるクラスターの発生原因やそれへの有効な対策等に関する分析を出来る限り活用(業種別ガイドラインの改定にも活用)。 緊急事態宣言が出た場合、対策を強化。 ・観光振興は県内で徐々に、人との間隔は確保する。 ・観光振興は県内で徐々に、人との間隔は確保する。 ・観光振興は県をまたぐものも含めて徐々に、人との間隔は確保する。 しかし、 Go To キャンペーンの委託先公募を見直しする話も出ていますので、スタートは予定よりも遅れる可能性が高いでしょう。 3.Go To キャンペーンは4種類 Go To キャンペーンには4種類ありますので順番に紹介します。 3-1.Go To Travel(ゴー・トゥー・トラベル)キャンペーン こちらは、新型コロナウィルス感染症の影響で経営不振に陥った観光業界を再活性化させるためのキャンペーンです。 Go To Travel(ゴー・トゥー・トラベル)キャンペーン期間中に旅行代理店や旅行薬サイトなどで旅行の予約を購入した場合、その購入金額の50%分のクーポン券などが付与されるキャンペーンです。 そのクーポン券は、宿泊費だけでなく、その旅行先の地産製品・飲食店・観光施設などでも利用できるようです。 クーポン券の金額には上限があり、一人当たり1泊最大20,000円分までとなっています。 ですので、例えば5人家族の3泊4日旅行であれば1泊40,000円のホテルを予約した場合はホテル代の合計は48万円になります。 その50%がクーポン券になりますので24万円分の割引が適用される、という感じです。 これはかなり大きいですよね。 このGo To Travel キャンペーンの利用者が増えれば観光地などの飲食店はかなり増客が見込めるのではないでしょうか。 3-2.Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーン こちらは外食産業を再活性化させるためのキャンペーンです。 Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーン期間中にインターネットのグルメサイト経由で飲食店を予約・利用した人に対して、その飲食店で使えるポイントなどが付与されるといった内容です。 このポイント数には上限があり、1人あたり最大1,000円分のポイントまでとなります。 さらに、政府が定めた登録先に登録されている飲食店を利用すれば、飲食費が20%割引になるというプレミアム付きお食事券ももらえる予定です。 利用者にとっては、ポイント付与とお食事券という2つの割引がもらえるは大きいですよね。 飲食店にとっては客数増加だけでなく、客単価の向上も狙えそうですよね。 3-3.Go To Event(ゴー・トゥー・イベント)キャンペーン こちらはイベント・エンターテイメント業界を再活性化させるためのキャンペーンです。 Go To Event(ゴー・トゥー・イベント)キャンペーン期間中に、イベントなどのチケットを販売する会社から、ライブ・演劇・スポーツなどのイベントのチケットを購入すると、その購入金額の20%ほどの割引クーポンが付与されるといったものです。 こうしたイベントが多くの開催されれば、その開催地周辺の飲食店でも客数の増加が期待できそうですよね。 3-4.Go To 商店街キャンペーン こちらは商店街を再活性化させるためのキャンペーンです。 Go To 商店街キャンペーン期間中に各地の商店街で地域活性化のイベントが開催されたりするイベントです。 近年、シャッター商店街という言葉をよく見かけるようになるほど過疎化が進んでいます。 商店街に店舗を出すと最大700万円もらえるという補助金もあるほど、政府は商店街の再活性化に力を入れています。 いま、商店街で飲食店を経営している方には追い風となります。 また、アフターコロナで店舗を引っ越ししようと考えている経営者様も商店街での出店を検討してみるのも良いかもしれません。 4.飲食店はどうやってGo To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンに参加するのか? さて、前章まではGo To キャンペーンを利用する消費者目線で概要を紹介しました。 本章からは、Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンに参加するにはどうすれば良いのか?について詳しく解説します。 4-1.キャンペーンの内容は? 前章のおさらいとなりますが、Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンは内容は以下のものとなります。 ・飲食店を利用した人に、その飲食店でも使えるポイントを付与(一人最大1,000円までが上限) ・登録された飲食店を利用した人に、プレミアムお食事券を配布(20%割引) 上記のように、このキャンペーンは補助金・助成金・給付金のように飲食店そのものを支援するものではなく、国民の飲食店利用を活性化させることが目的です。 そのため、飲食店を利用する人にもよりますが、「気になっていた飲食店に行ってみたい!」と考える人が増え、新規客を獲得できるチャンスが増えたり、「ちょっと贅沢をしたい!」と考える人が増え、客単価を向上できるチャンスが増えることが予想されます。 新型コロナウィルス感染症の影響による経営不振からV字回復するために、このキャンペーンにはぜひ乗っておきたいですよね。 4-2.対象となる飲食店は? 今回のGo To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンの対象となる飲食店になるには、以下の2つの条件が必要です。 (2020年6月4日時点) ・食べログ ・ぐるなび ・ホットペッパー ・Retty(レッティー) 消費者は、上記の予約サイトを経由して飲食店を利用することで1,000円分のポイントがもらえるというわけです。 (2020年6月4日時点) 情報が出てきたら改めてこちらの記事でお知らせします。 とにかく、消費者は政府が指定した登録先に登録した飲食店を利用することで20%割引になるプレミアムお食事券がもらえるというわけです。 4-3.どの予約サイトに登録すべきか? まだ詳細が決定していない部分もありますが、インターネット予約サイトに掲載していることが条件となることは決定済みですので、本項では「どの予約サイトに登録すべきか?」を解説します。 あなたの経営する飲食店に合ったものを登録して、Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンに参加するのが一番大事でしょう。 使いにくい予約サイトや、自社の客層と違うユーザーばかりの予約サイトに登録してもコストばかりかかり逆効果になってしまいます。 そうならないために、各グルメサイトの特徴を調べたり、過去の自社での集客実績などを確認して、あなたにとってベストな予約サイトを選ぶようにしてください。 インターネット予約サイトには、掲載料とは別に予約手数料が発生します。 予約サイトから予約が入り、来店したお客様の人数分の手数料を飲食店側が予約サイトに支払わないといけません。 現在、予約手数料はおおよそ以下の料金です。 飲食店にもよりますが、多くの場合は薄利になっていまいますよね。 ということで、予約手数料のかからないRettyがこの中では一番低コストでオススメです。 以上のような優先順位で、いずれかの予約サイトに登録してGo To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンに参加できるようにしておきましょう。 5.Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンをV字回復にどう活かすか? このGo To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンによって新規客の獲得が期待できます。 ただ、集客を予約サイトに依存し過ぎてしまうと、掲載料や予約手数料などで、どうしても薄利になってしまいがちです。 そして、今後このような集客コストが値上げする可能性もあります。 下記の記事でも解説しましたが、アフターコロナでのV字回復するには、まずは経費を削減することが第一歩となります。 新規集客の広告コストを最大限に活かすには、広告で獲得した新規客に、その後広告なしで何回も来店してもらうことです。 つまり、リピート率をアップさせることが大事になります。 顧客購買データを分析すると、リピート顧客は新規顧客に比べて、何十倍も飲食店の利益に貢献してくれることが分かっています。 同じコストをかけるのであれば、新規集客よりもリピーター維持にかけた方が、圧倒的に効率が良くなります。 経費を削減しつつ、客数と単価をアップすることができるのです。 ということで、Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンをV字回復に活かすためには、 『キャンペーン中に一時的に増えた新規客を、その後もリピートしてくれるようになる仕組みを作る』ということが必須です。 私たちは飲食店オリジナルアプリ作成サービス『レストランスター』を通じて、リピート率UPの仕組みを作る専門企業です。 新規のお客様も含めた全てのお客様を、高確率でアプリ会員にすることを得意としています。 そして、アプリ会員を中心に飲食店の顧客台帳を作り上げ、経営に活用することに絶対の自信を持っております。 あなたの飲食店でも、顧客台帳経営を始めてリピート率UPの仕組み作りを始めませんか? Go To Eat(ゴー・トゥー・イート)キャンペーンを最大限に活用することにも繋がりますし、アフターコロナでは顧客台帳経営は絶対に重要になります。 アプリ運用のご相談、デモンストレーション、資料送付などは無料で承ります。 まずはお気軽にお問合せください。 それではこの記事は以上です。 最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次の

Go To キャンペーンを飲食店経営に最大限に活用するには

ゴートゥー トラベル

Q&A回答 0件• 314,367アクセス• 韓国一人旅第9弾は、チェジュ航空で行くソウルです。 今回はお久しぶりの金浦空港発着。 何故だか、仁川空港利用よりも安い値段でチケットが手に入りました。 金浦空港と言えば、免税エリア内にスカイハブラウンジもオープンしたらしいし、とにかくソウル市内に近いのが一番。 あとホテルは、まだまだソウルのホットスポットの益善洞近くの【ホテル呉竹荘】です。 このホテルも出来て一年くらいとまだ新しく、なんと言ってもピカピカのホテルは気持ちが良い。 ホテルの位置的には仁寺洞になりますが、とにかく観光するには最適なホテルでした。 あと大人気のゴートゥーモールにも、地下鉄で乗り換え無しで行けます。 最近の旅行の中ではかなりお気に入りのホテルとなり、絶対にまた泊まる!と心に誓ったホテルを拠点としたソウル旅行です。 ホテルのチェックアウトは11時。 今回は少し早くに帰国するため、チェックアウトして直ぐに金浦空港に向かいました。 行きと同じで地下鉄で行ったのですが、鐘路3街駅から座れました。 金浦空港に到着するとチェックインが始まっていたので、チェックインカウンターへ。 カウンターの近くに「Gong cha」がありました。 飲もうかどうか悩みましたが、今回は新しく出来た【スカイハブラウンジ】に行く目的があるため止めました。 でも本当にタピオカティは人気ですね。 タピオカティがそれほど人気ではなかった頃は、タピオカティと言えばQQと言って、台湾の貢 ミツグ Gong chaのこと とか台湾の嵐 アラシ 50嵐のこと とか巷では言ってましたよね。 韓国内で、こんなに台湾のパールティが人気になるとは思いもしませんでした。 次は何が流行るのでしょう?•

次の