キュウリ種子。 ときわ研究場

キュウリの種子 販売

キュウリ種子

・ 暖地、中間地では「地温が15度を確保できる時期」を選ぶようにします。 キュウリをハウスで栽培する際には、 上記の月日から更にマイナス20日ほどの計算で良いです。 植え付け日のおおよその目安をつけておきましょう。 を初めて育てる方には、接ぎ木苗を使うことをお勧めします。 [キュウリ 種からの育て方 ] 1.播種日=種まき日を決める キュウリの発芽適温は、25~30度、 育苗の最低温度は8度、最高温度は35度とされています。 種まき日は、定植から育苗日数(種から植え付けできる苗に育つまで)を、 さかのぼって決めます。 地植え栽培、プランター栽培とも、30~35日になります。 キュウリの本葉が2枚~3枚出たくらいが定植時期に適します。 2.播種=種まき適期 ・加温育苗の場合……3月中~下旬 ・無加温育苗の場合…4月中~下旬 ・直まきの場合…………5月下旬~7月上旬 ポリポットとセルトレイ 3.播種=種まきに必要な道具 ・黒ポリポットかセルトレイ あまり小さいものだと根づまりが早いので、 セルトレイは50穴のもの、黒ポリポットは12cm鉢(4号ポット)が良いでしょう。 ・育苗用の土 ホームセンターで売っているもので良いです。 ポットで育苗しているようす 4.播種=種まき ポットやセルトレイに土を入れます。 この時に全体に詰め込むのではなく、 上から土を入れて表面をならして、地面にトントンと軽く落とします。 軽く用土が、詰まったところで、また上から土を入れます。 ポットやセルトレイの中央付近に軽く穴を開けて、 種を2~3粒まき、土をしっかり被せます。 キュウリは、とくに低温だと 嫌光性なので、 土をやや厚めに被せるようにします。 好光性種子は、種から発芽するまでに光があると発芽が良くなります。 逆に嫌光性種子は光が当たらないほうが発芽が促されます。 また、この中間のタイプの種もあります。 嫌光性種子の場合は土をやや多めにかけておく必要があります。 最後に水をあげます。 セルトレイの底から水がしたたってくるまで与えてください。 キュウリの双葉 5.水やり 1週間程度で芽が出てきます。 発芽するまでは用土が乾き過ぎないように、 また種が流れないようにやさしく水やりをします。 育苗中期になってくると葉が大きくなり土の乾きが早くなるので、 晴れの日であれば毎日、曇りの日や雨の日は2日に1回くらい、 の割合で水を与えるようにします。 6.間引き ポットに幾粒かの種をまいた場合は、発芽したら間引きをします。 生育の一番良い芽を選び、あとは間引きします。 残す芽の根元を指で軽く押さえて、ほかの芽を抜くようにします。 難しいようなら、地際をハサミで切る方法でも大丈夫です。 本葉2~3枚に生長したら苗を植え付けます 7.定植 育苗日数約30~35日、本葉2~3枚の苗で、 ポット全体に白っぽく太い根が張った苗を選び定植します。 定植数日前から外気に徐々に慣らしておくと、 生育が安定して良くなります。 愛菜花PG? 種まきの頃に、まだ20度に満たないときは室内で管理します。 昼間は日当たりの良い窓辺で、夜は窓から離しておきます。 この時、暗い場所に移動するか、容器の中に入れて、 暗い環境を作ってあげるようにします。 加温の方法は、簡単な方法はビニールをかぶせたり、 発泡スチロールの箱に入れることです。 温度が足りない、正確な温度管理をしたい場合は、 各社から販売されている育苗器や加温器を使用すると便利です。

次の

タキイの野菜

キュウリ種子

お住まいの気候条件に合わせて栽培してください。 種の内容量:1. 5ml うどんこ病に強い作りやすい品種です。 子づるの発生が良く、たくさんの量が安定して長期間収穫できます。 歯切れの良い、おいしいきゅうりです。 支柱作り、地這作り、どちらも良いものが収穫できます。 家庭菜園で作ったキュウリ本来のおいしさ、採れたての新鮮さを思う存分味わってください。 キュウリは酢の物、和え物、漬け物、サラダに最適です。 特にぬか漬けは、味はもちろん体に良いです。 収穫適期は、20cmくらいです。 そのままにしておくと、たちまちヘチマのように 大きくなってしまい、株に負担がかかり収穫量も減るのでできるだけ若いうちに収穫してください。 株が衰えると、果実が曲がったり、先が細くなる「曲がり果」ができてきます。 主な原因は、肥料切れやなり疲れ、日照不足、乾燥などによって株が衰えると、 発生しやすくなります。 若どりを心がけて株の負担を減らし、追肥で肥料分を補給してください。 病気の予防には、水はけをよくし、葉や下位側枝を整理して、風通しと日当たりをよくしてください。 価格 220円 価格 196円 価格 180円 価格 265円 価格 195円 価格 196円 価格 430円 価格 435円 価格 540円 価格 435円 価格 165円 価格 330円 価格 473円 価格 440円 価格 231円 価格 228円 価格 280円 価格 430円 価格 440円 価格 325円 価格 430円 価格 440円 価格 297円 価格 320円 価格 385円 価格 407円 価格 330円 価格 220円 価格 220円 価格 210円 価格 330円 価格 165円 価格 165円 価格 165円 価格 165円 価格 330円 価格 550円 価格 440円 価格 495円 価格 330円 価格 430円 価格 440円 価格 330円 価格 440円 価格 330円 価格 298円 価格 330円 価格 435円 価格 165円 価格 220円.

次の

キュウリ 種からの育て方

キュウリ種子

・ 暖地、中間地では「地温が15度を確保できる時期」を選ぶようにします。 キュウリをハウスで栽培する際には、 上記の月日から更にマイナス20日ほどの計算で良いです。 植え付け日のおおよその目安をつけておきましょう。 を初めて育てる方には、接ぎ木苗を使うことをお勧めします。 [キュウリ 種からの育て方 ] 1.播種日=種まき日を決める キュウリの発芽適温は、25~30度、 育苗の最低温度は8度、最高温度は35度とされています。 種まき日は、定植から育苗日数(種から植え付けできる苗に育つまで)を、 さかのぼって決めます。 地植え栽培、プランター栽培とも、30~35日になります。 キュウリの本葉が2枚~3枚出たくらいが定植時期に適します。 2.播種=種まき適期 ・加温育苗の場合……3月中~下旬 ・無加温育苗の場合…4月中~下旬 ・直まきの場合…………5月下旬~7月上旬 ポリポットとセルトレイ 3.播種=種まきに必要な道具 ・黒ポリポットかセルトレイ あまり小さいものだと根づまりが早いので、 セルトレイは50穴のもの、黒ポリポットは12cm鉢(4号ポット)が良いでしょう。 ・育苗用の土 ホームセンターで売っているもので良いです。 ポットで育苗しているようす 4.播種=種まき ポットやセルトレイに土を入れます。 この時に全体に詰め込むのではなく、 上から土を入れて表面をならして、地面にトントンと軽く落とします。 軽く用土が、詰まったところで、また上から土を入れます。 ポットやセルトレイの中央付近に軽く穴を開けて、 種を2~3粒まき、土をしっかり被せます。 キュウリは、とくに低温だと 嫌光性なので、 土をやや厚めに被せるようにします。 好光性種子は、種から発芽するまでに光があると発芽が良くなります。 逆に嫌光性種子は光が当たらないほうが発芽が促されます。 また、この中間のタイプの種もあります。 嫌光性種子の場合は土をやや多めにかけておく必要があります。 最後に水をあげます。 セルトレイの底から水がしたたってくるまで与えてください。 キュウリの双葉 5.水やり 1週間程度で芽が出てきます。 発芽するまでは用土が乾き過ぎないように、 また種が流れないようにやさしく水やりをします。 育苗中期になってくると葉が大きくなり土の乾きが早くなるので、 晴れの日であれば毎日、曇りの日や雨の日は2日に1回くらい、 の割合で水を与えるようにします。 6.間引き ポットに幾粒かの種をまいた場合は、発芽したら間引きをします。 生育の一番良い芽を選び、あとは間引きします。 残す芽の根元を指で軽く押さえて、ほかの芽を抜くようにします。 難しいようなら、地際をハサミで切る方法でも大丈夫です。 本葉2~3枚に生長したら苗を植え付けます 7.定植 育苗日数約30~35日、本葉2~3枚の苗で、 ポット全体に白っぽく太い根が張った苗を選び定植します。 定植数日前から外気に徐々に慣らしておくと、 生育が安定して良くなります。 愛菜花PG? 種まきの頃に、まだ20度に満たないときは室内で管理します。 昼間は日当たりの良い窓辺で、夜は窓から離しておきます。 この時、暗い場所に移動するか、容器の中に入れて、 暗い環境を作ってあげるようにします。 加温の方法は、簡単な方法はビニールをかぶせたり、 発泡スチロールの箱に入れることです。 温度が足りない、正確な温度管理をしたい場合は、 各社から販売されている育苗器や加温器を使用すると便利です。

次の