アマゾンコロナ。 アマゾン社員がコロナ感染、物流拠点は一時的に休止

【新型コロナ】アマゾンジャパンの神奈川県の物流拠点で感染者|誰?物流拠点はどこにある?感染経路は?濃厚接触者は?

アマゾンコロナ

多くの企業が新型コロナウイルスによる影響を受けており、商品供給が滞らないようアマゾンも対応に必死だ(写真:ロイター/アフロ) いつもは何でも売っている店なのに、新型コロナウイルスによる混乱のために、手に入らないものがでてきたらどうなるだろうか。 世界中に商品を供給している中国が、工場の閉鎖や生産縮小をしている中、アマゾンはそんな状況が起こるのを防ごうとしている。 同社では通常、トイレットペーパーからヨガウェアまで、1億種類以上の商品を在庫している。 アメリカのアマゾンが送信したメールや、大手ブランドのコンサルタントによると、アマゾンは過去数週間、すでにアメリカ向けに出荷された中国製の商品を、従来よりも頻繁に、かつ多めに仕入れている。 アマゾンのサプライヤーの一部は、ウェブサイト上での広告や宣伝を控えて、商品が売り切れにならないようにしている。 2月19日には、夏に行われる有料会員向けのセール「プライムデー」について、アマゾンはサプライヤー企業に緊急メールを送付した。 ここからはプライムデー用の商品に関するアマゾンの不安が読み取れる。 さらには、アマゾンに商品を出品して販売するサードパーティ・セラーの一部にもメールを送り、商品のフローが滞っていないかを探った。 プライムデーでは売り上げの60%をサードパーティ・セラーの商品が占めている。 ニューヨーク・タイムズが入手したメールには、次のように書かれていた。 「御社は一部、中国から調達をされていると認識しています。 新型コロナウイルスの拡大によって、中国の生産と流通が影響を受けていることから、御社の事業にはどのような影響が生じているかを確認したく、ご連絡しました」。 アマゾンでは中国製の商品が販売されていることから、同社の対応が注目され、また同社の動向からは、他の小売業者が今後直面する問題も見えてくる。 すでに、多くの企業が新型コロナウイルスによる影響を受けており、アップルは2月下旬に業績予想を引き下げ、航空会社は中国へのフライトを休止している。 中国以外から調達可能な小売業者の背景 小売業者は、新型コロナウイルスによる影響をそれほど口にしてはいない。 ウォルマートは2月18日に、中国国内430店舗の売り上げは落ち込んでいないと述べ、サプライチェーンへの影響は不透明だが、他社よりも影響は少ないのではないかとも述べた。 その背景としては、昨年の米中の貿易摩擦が、いまになって意図しない形で大手小売業の力になっていることが考えられる。 昨年、新たな追加関税の適用が予測されたため、企業はそれが実施される前に、通常よりも多くを中国から輸入した。 製造拠点をベトナムや他のアジア諸国に移した企業もあった。 そのため、関税の適用が見送られたときには、大手小売業はより多くの在庫を持ち、中国以外の国々からの調達ができるようにもなっていた。

次の

アマゾン孤立部族に新型コロナの死者、その危険性

アマゾンコロナ

新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウン(都市封鎖)などの影響をもろに受ける米小売業界。 増加する需要を取り込んで業績を大きく伸ばす企業もあれば、思うような成長を果たせていない企業もあるなど、明暗が分かれてきた。 コロナショックというこれまでに誰もが経験したことのないような緊急事態下で、各社はどのような動きを見せているのか。 現地からレポートする。 食品の売上構成比が明暗を分ける? 新型コロナウイルスの感染拡大は米国の小売市場にも大きな影響を及ぼしている 米国の一部地域で新型コロナウイルスの感染爆発が起こり、ロックダウンやソーシャルディスタンシング(社会的距離)などの政策が各地で適用され始めた今年3月、米小売販売額は史上最悪となる対前年同月比8. 店舗運営面でも消費者が食料品や生活必需品の買いだめに走ったことから、小売各社は商品確保や配送体制の急な見直しを迫られている。 こうしたなか、大手小売企業では株価や業績面で明暗が分かれ始めている。 一部の州では感染防止をねらって食品など生活必需品以外の商品販売を制限する動きがあることもターゲットには不利に働いているようだ。 しかし、より需要の高い生鮮の強化が遅れていることが懸念材料であるとアナリストたちは指摘している。

次の

コロナ禍のアマゾン、商機と苦悩

アマゾンコロナ

フェイスブックは投資減額 新型コロナによって、テレワークの導入拡大、さらに「巣ごもり」需要の拡大によってeコマースやビデオストリーミングサービスの視聴機会が増えたことで、米系大手が展開するサービスの多くが好調だ。 需要増に応えるべく、各社は積極的な設備投資を行う構えを見せており、結果として、これが足元の半導体需要につながっている。 具体的にはプロセッサーをはじめ、DRAM/NANDなどのメモリー需要を喚起している。 ただ、米系4社の足元の状況を見ると、一部では設備投資の先送りや抑制も出てきている。 大きな要因となっているのが、広告収益の急減だ。 欧米各国ではロックダウン(都市封鎖)に伴い企業活動が停滞。 これによって、広告の出稿量も大きく減少しており、フェイスブックは3月に入って、広告が急減したことを明かしている。 実際にフェイスブックは20年の設備投資(ファイナンスリース含む)について、当初計画の170億~190億ドルから、140億~160億ドル(中心値は前年比5%減)に引き下げるとしている。 ただ、設備投資そのものを抑制するわけではなく、21年へ期ずれするものだと言及している。 グーグルの親会社であるアルファベットも同様に3月から広告売り上げが急減したとコメント。 設備投資は前年比で減少する見通しだが、そのうち、テクニカルインフラと呼ばれるハードウエア関連は前年と同規模の水準になる見通しだ。 マイクロソフトは「Teams」が爆発的な伸び 一方で、アマゾン、マイクロソフトは足元のビジネスで追い風が吹いており、投資の手を緩めそうにない。 アマゾンの20年1~3月期における全社売上高は前年同期比26%増の754億ドルを記録。 主力のeコマースに加え、クラウドサービスのAWS(アマゾンウェブサービス)が同33%増、「Prime Video」などのサプスクリプションサービスが同29%増と高い伸びを示しており、新型コロナに伴う社会活動の変化をポジティブに受けることができている。 同社は年間の投資計画を明らかにしていないが、先行指標となるオペレーティングリースは1~3月期に前年同期比で21%増となっており、引き続き高い水準を維持している。 マイクロソフトもテレワーク/在宅勤務によって、コミュニケーションプラットフォーム「Teams」をはじめとする各種の「Office 365」サービスの利用が急拡大。 4月末の決算でTeamsのDAU(Daily Active User)数が7500万人を突破したと公表。 わずか1カ月半で利用者が1. 7倍に膨らんでいる。 さらにクラウドサービスの「Azure」部門の売上高も前年同期比59%増と大きな成長を見せている。 同社の1~3月期設備投資実績は前年比15%増の39億ドル。 ただ、部品調達の混乱から当初計画を下回ったとしており、その反動から4~6月期は前四半期比で大幅な増加となる見込み。 電子デバイス産業新聞 副編集長 稲葉 雅巳 参考記事.

次の