ウッド プロ 足場 板。 about us

【楽天市場】家具 > 収納家具 > OLD ASHIBA(足場板古材)ラック:WOODPRO(ウッドプロ)

ウッド プロ 足場 板

最近、からというもの、木材というものに興味を持つようになり、自宅近くにある木材家具に触れてきたわけなんですが、今回は広島市は西区商工センターにある「」にお邪魔してきました。 こちらも古材を使った家具や素材を販売している素敵なショップでしたので紹介したいと思います。 足場板古材のWOODPROにお邪魔してきました WOODPROの本社工場は別なところにあり、もあるのですが、リアル店舗なのがこちらになります。 それぞれ別の入り口になっています。 1階はカフェが併設されていてヘルシーメニューを味わうことができます。 2階がインテリア用品が販売されています。 古材を使ったテーブルやイスなどさまざまな品があり、とても癒される空間になっています。 全体的な雰囲気が温かいんですね。 古材を使っているからか、木の手触りがとてもいいですね。 表面がやわらかいですね。 とてもいい。 雑貨などもあります。 こちらは棚です。 ひとつひとつが全く異なっているので、自分に合うモノを見つける楽しみもありますね。 WOODPRO BASEは木材と道具があります こちらはお隣の「WOODPRO BASE」です。 こちらは古材やオイルなどの道具も販売しています。 ワークスペースもあるので、その場で作ることができるようです。 2階は足場板の宝庫 2階に上がると、まずもって驚いたのがその豊富な木材。 1枚1枚全く異なる足場板が所狭しと置いてあります。 これらを1枚1枚吟味しながら探すのも楽しみですね。 何か作ってみたい。 まとめ WOODPROにお邪魔してきたわけなんですが、古材って意外と雰囲気があるんだと感じました。 1枚1枚色なども違うので、自分が何を作りたいかによって選ぶ楽しみもありますし、古材でできた家具を部屋に置いておくだけで違う雰囲気になりそうです。 とても温かい感じの雰囲気のあるお店なので、また訪れたくなりますね。

次の

【WOODPRO楽天】OLD ASHIBA(足場板古材)フリー板

ウッド プロ 足場 板

【WOODPRO本店】OLD ASHIBA(足場板古材)リユースシリーズ トップメニュー 家族みんなが集う場所、私の時間を過ごす場所。 奥行スリムで、横はゆったり。 中央のガラス部分がポイント。 ソファと組み合わせて使いたい、中棚付きのセンターテーブル。 和洋問わず、いろんなお部屋になじみます。 組立式のローテーブル。 プラスオプションで中棚もつけられるダイニングテーブル。 たためてしまえる古材家具。 「座卓」ですがソファの前において、常設のセンターテーブルとしても。 ソファーでくつろぐ時に、そばに置きたいそんなテーブル。 キャスター付きで移動もラクラクです。 椅子として使わない時には、飾り棚として有効活用。 玄関先にちょっと置いて、 腰掛けに、荷物置きに。 どこにおいても何故かなじむ、不思議な丸椅子。 木のぬくもりと布のあたたかみ。 アクセントになる丸椅子。 「踏み台」デザインのスツールです。 照明を置く台にも。 飾り棚としてもオススメな 足置き付きハイスツール。 座って収納してインテリアにも。 うれしいベンチ付き収納。 「わが家」のゆったり寛げる場所に〜クッション付きベンチ。 テレビの大きさにあわせてオーダーできるのが魅力です。 組立&分解がカンタンな、HシリーズTVボード。 コーナー用も。 古材のラフさが気楽で楽しい!TVボード組立DIYキット。 組立不要!完成品でお届けします。 すっきりとした脚周りがスマートにお部屋を魅せます 置いている空間をデザインする、収納家具。 引き出しタイプ、扉タイプetc。 バリエーション豊富なキャビネット。 天板を乗せればデスクに変身! 飾りながら収納する。 空間をデザインするハンガーラック。 座って収納してインテリアにも。 うれしいベンチ付き収納。 スクエアに区切られた空間が、あなたのお気に入りをひきたてます。 リビングとダイニングの間仕切りパーテーションにもオススメ。 シンプル&ベーシック。 キャスター付け加工もできます。 規格商品化前なので、サイズは完全オーダーです。 要お見積もり。 好きなものを目線の先に、生活に彩(いろどり)を。 組立&分解がカンタンな、Hシリーズリビングボード。 2段と3段タイプをご用意。 並べても使える、重ねても使える。 ベンチにもなるシェルフです。 お庭やベランダで玄関で。 いろんなシーンで活躍してくれるはしご型の飾り棚。 入れ子式なので、収納時はコンパクト。 高低差をいかしたディスプレイ台に。 暮らしをほんのり楽しくさせる、古材のコモノたち。 ライトな感覚で、たのしみ方自由自在! 写真だけじゃもったいない!フレームが切り取る世界。 生まれ変わって時を刻む。 自分でデザインする時計。 印鑑スタンドがかくれんぼ。 千里の道も一歩から。 1段1段、のぼりましょう。 空間をぐっとやわらげる、 古材の飾り棚。 売上は広島土砂災害の義援金として寄付いたします。 アートな空間を楽しめる古材フレーム。 苗箱に、雑貨入れに。 シンプルフォルムで用途自在。 こんなBOXが欲しかった! どっさりみかん箱サイズ。 その名の通り「脚」です。 足場板商品と組み合せてご利用下さい。 1番人気は、実はコレ。 長さは1ミリ単位で指定OK! 棚受け金具と組み合わせて飾り棚にもオススメ。 足場板古材を厚みを15ミリに割った板です。 厚み5ミリの、古材風リメイク素材です。 厚み35ミリのフリー板を 幅方向につなぐ加工済み。 売上は東日本大震災の義援金として寄付いたします。 薄茶(うすちゃ)、鶯茶(うぐいすちゃ)、錆茶(さびちゃ)、濃茶(こいちゃ)の塗料です。 灰白:WB(ホワイトベージュ) 灰緑:GG(グレイッシュグリーン) 炭黒:CB(チャコールブラック) 国産で初心者でも塗り易い家庭用ワックスです。 全8色。

次の

【WOODPRO本店】OLD ASHIBA(足場板古材)リユースシリーズ

ウッド プロ 足場 板

ふつうは建築現場で足場として使う主に杉板で、床材ではないので乾燥はあまりさせずに製材しますから値段が安いのが長所です。 そのため床に隙間ができたり、反ったりしますから、木の特性を見て使います。 木材の断面を見てこのような年輪が見えたら、年輪の中心を上に向けて床を張ると、板が乾いたとき中央が膨らむように変形します。 反対に年輪の中心を下側にして床を張った場合は、板の両脇が持ち上がるようになりますから、歩いたときにつまづくかもしれません。 また、板全体も少し縮むので隙間の無いように張ってもやがて隙間ができてきます。 ただウッドデッキの場合は屋外にあり、雨にさらされますから多少の隙間があった方が床材が腐り難くて都合がいいです。 ウッドデッキは今回は土足で使うことを想定しましたので、カンナがけは行わずに、まずクレオソートで防腐塗装をしました。 次に板を必要な長さに切断します。 下の画の一番上の板のように一本もので張れば容易なのですが、途中で継ぐ場合、図の真ん中のように下に根太材が無いところで継ぐわけにはいきません。 ちゃんと根太が下にある位置で継ぎましょう。

次の