あさり 砂抜き 時間。 急いでいますあさりの砂抜き!時短でもできる方法とは⁉

料理のプロが教える『あさりの砂抜きと時間』

あさり 砂抜き 時間

酒蒸しにしたり パスタに入れたり お味噌汁にしたり。 あの独特の風味がたまりません。 ただ、あさりやしじみ・はまぐりなどは、砂抜きがめんどくさいのが難点なんですよね。 とにかく時間がかかるので、使いたい時と思ったときにすぐに使えないし、かと言って適当にすると砂を吐ききらず食べた瞬間にジャリ。。。 あー思い出しただけで鳥肌が立ちそうです。 そんな面倒なあさりの砂抜きが、わずか15分ほどで出来てしまう方法があるんです。 というわけで今回は、時間をかけずに簡単にあさりの砂抜きが出来る方法、砂抜き後に上手に保存しておく方法などをご紹介してみたいと思います。 あさりの砂抜きって通常だと数時間、ヘタすると半日〜一日以上かかったりするんですが、なんと50度のお湯を使うことで大幅な時間の短縮が可能なんだそう。 スタジオでは、あっという間にあさりが砂を吐き出す様子にシェフたちも驚愕の表情。 しかもふっくらとして美味しいとのこと。 いや〜気になりますねー。 本当にそんなに簡単にできるんでしょうか? というわけで実際にやってみることにしました。 あさりの砂抜きは50度洗いすることで短時間で砂を吐いてくれる まずはあさりを用意。 これは近所のスーパーで買ってきた普通のあさりのパック 約30個です。 塩水を作る 浅めのバットに水500ccと塩を大さじ1を入れて塩水を作る。 これで大体3パーセントくらいの塩分濃度になります。 塩水にあさりを入れる 塩水の中によく洗ったあさりを重ならないように並べる。 水の量が多すぎると上手く砂を吐かないので、あさりの殻が少し出るくらいがベター。 このときバットの下にアミを敷いておくか、洗いカゴのようなものを使うと吐いた砂を再び吸い込まずGOOD。 砂を吐くのを待つ 上から新聞紙かダンボールをかぶせ、室内の暗い場所で2~3時間以上放置。 潮干狩りで捕ってきたやつは半日から一晩くらい あさりは 冷蔵庫など冷たすぎる場所だと砂を吐いてくれないので室温でOKです。 50度洗いは確かに時短にはなるんですが、やっぱ50度という温度設定が微妙に難しいんですよね。 適当にやって死んじゃったら元も子もないので、時間があるときは従来のやり方のほうが失敗は少ないのかもしれません。 あさりの砂出し後に保存しておく方法 これも以前、何かのテレビ番組で紹介してた保存方法なんですが ためしてガッテンだったかな? 、これがなかなか画期的で。 あさりが冷凍保存出来るのはご存知の方も多いと思うんですが、ここで紹介されてたのは真水 水道水 と一緒に冷凍してしまうというもの。 そのほうが空気に触れる部分が少なくなるため、水を入れずに冷凍した時よりも長持ちするとの事。 あと時間を置くことで「コハク酸」という旨味成分がアップするそうなのでまさに一石二鳥。 潮干狩りで大量に捕ってきたときや、買ったあさりを数回に分けて使いたいって時に知っておくと便利ですね。 砂抜きしたあさりを用意 通常の方法で砂抜きをしたあさりは、ザルに上げて30分くらい置いておきます。 あさりは砂抜きの際に塩水を取り込むため、これを出してしまわないと塩辛くなってしまうんですね。 アサリの酒蒸しなんかでしょっぱいと感じるのは大抵この塩抜きをしてない事が原因。 前章の50度洗いのあさりは塩水を使ってないのでそのままでOKです。 保存袋に砂抜き後のあさりと水を入れて冷凍 ジップロックなどの保存袋やタッパーなどの容器にあさりと あさりが隠れるくらいの水を入れてそのまま冷凍庫に。 これだけ。 解凍する時の注意点 調理するときは凍った水ごと使います。 これはあさりのうまみが流れ出ないようにするためです。 なので、どちらかと言うとお味噌汁などの汁物で使うのに向いてますね。 ちなみに、使う時 自然解凍したり弱火で温めるというのはNG。 ゆっくり解凍すると上手く殻が開かなくなってしまいます。 調理するときは凍ったまま沸騰させたお湯の中に入れ、 強火で一気に加熱するのがポイント。 関連記事 あさりの簡単な砂抜きと保存方法まとめ.

次の

あさりの砂抜きを短時間で!失敗しないコツと終わりの見極め方とは?!|Reliable

あさり 砂抜き 時間

しばらくすると段々とお湯が濁って来て砂が出ていることが分かります。 時間に余裕がある人は15分くらい放置すると、もっと効果的です。 心配や不安に思う人は、15分くらい放置してみましょう。 この方法をあさりの50度洗いなんて言い方をします。 短時間でも失敗しないためのコツは? あさりを50度のぬるま湯に着けることで短時間で砂抜きが出来る方法をご紹介しました。 しかし、短時間だと本当にちゃんと砂抜きで来ているのか心配になりますよね。 出来ればせっかくのあさり美味しく食べたいですからね。 失敗度合いによっては食べれないなんて事にも… それでは、 あさりの砂抜きが 短時間でも失敗しない為のコツをご紹介します。 まずは紹介した方法であさりの砂抜きをしてみてください。 時間は、5分~15分です。 あんまり短いと砂が残っててジャリジャリするんじゃと心配な人は15分放置した方がいいですね。 失敗しないコツはこの放置後のステップが重要になります。 きちんとあさりの砂抜き具合を確認しましょう。 お湯の汚れがひどい場合 砂抜き自体は出来ていますが、完全に終わっているか不安が残ります。 その場合はお湯を取り替えすぐかき混ぜて下さい。 お湯を取り換えてかき混ぜてもまだ汚れが酷い場合 今度は水に入れて様子を見てみましょう。 ちなみに水に入れたまま冷蔵庫へ入れても問題ありません。 まぁここまで汚れがひどいって事はそれほどないと思いますが念のため知っておいてくださいね。 スポンサードリンク あさりの砂抜き終わりのタイミングは?! あさりの砂抜き終わりのタイミングってどこで判断すれば良いんでしょうか。 これについては、「一般的なやり方」「短時間でのやり方」で見極め方が違いますので順にご紹介しますね。 一般的な砂抜き時の見極め方 新聞紙等を被せ、暗い場所に放置。 2~3時間後に一度様子を見に行く。 そして 新聞紙等が湿っている、濡れている状態になっていれば砂抜きが完了になります。 短時間な砂抜き時の見極め方 あさりの口が3mmくらい開いている状態になっていれば砂抜きが完了となります。 3mmくらい開いている状態と言ってもわかりづらいですよね。 汚れを確認して問題が無ければ、あさりを1つ手に取って口を見てみるといいですね。 もし汚れが酷い場合は、お湯を取り替えてすぐにあさりを混ぜるという作業をする。 そして再度汚れ具合を確認して問題が無いと判断する。 そしたら、あさりを1つ手に取って口を見てみる。 ちょっと手間はかかりますが、確実な方法になりますので実践して下さいね。 短時間で砂抜きをした場合は確認には少し手間をかけてあげるという点だけ覚えておくと良いでしょう。 まとめ あさりに砂抜きを短時間でする方法をご紹介しました。 あさりの砂抜き自体は短時間で出来ます。 手順もとっても簡単なので、あ~今日使いたかったのに砂抜きしてなかった~なんて時にはおすすめです。 ただ砂抜き=時間がかかるって意識があるので短時間で本当に砂抜きが出来ているのかは心配になりますよね。 砂抜きが終わっているかの見極めの際には少し手間をかけてみてくださいね。 せっかくなので美味しいあさりが食べられるようにしっかり砂抜きしておきたいですね。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

急いでいますあさりの砂抜き!時短でもできる方法とは⁉

あさり 砂抜き 時間

あさりの砂抜きの方法!食べた時にジャリッとしないために まず、あさりを浸けておく塩水を自分で作る場合は、塩分濃度を3%にして下さい。 塩分濃度は非常に重要です。 濃度がちょっとでも高くなって5%くらいになっても、あさりは死んでしまいます。 量りできちんと量って3%の塩水を作りましょう。 3%というのは、水1リットルにつき塩32gほどです。 容器の中で、あさりが浸かるくらいの塩水を用意して下さい。 次に、あさりを塩水に浸す方法ですが、この時、あさりを塩水の入ったボウルなどに直接浸けるのではなく、あさりをザルに入れてから、そのザルを塩水で満たしたボウルなどに入れるのがコツです。 貝が水の中で重なっていると、上の貝が吐いた砂を下の貝が取り込んでしまいます。 スポンサードリンク ですから、10分くらいしてから一度ザルを揺すって、砂を下に落としてやるといいのです。 ザルを揺するとあさりが潮を吹くのをやめてしまいますが、しばらくするとまた潮を吹き始めるので大丈夫ですよ。 あさりの砂抜きは何時間くらいすればいいの? あさりの砂抜きはどのくらいの時間やればいいのかですが、一晩とか、そんなに長い時間やる必要はありません。 あまり長時間砂抜きをすると、あさりの体力が弱って味も落ちてしまいます。 また、時間が長すぎると水の中が酸欠状態になって、あさりが死滅してしまいますので気をつけましょう。 時間は、1時間から2時間くらいです。 あさりの砂抜きの時は暗くした方がいいの? あさりは暗いほうが潮を吹いてくれるので、ボウルの上に古新聞などを乗せたり、ボウルを大きい鍋に入れて蓋をするなどして暗くしてやりましょう。 吹いた潮で周りが濡れるのが気になる場合は、あさりを入れた容器を浴室に置くといいです。 また、あさりは意外と音に敏感なようですので、あまりうるさいと潮を吹いてくれません。 特に、塩分濃度と時間に気をつけて美味しいあさり料理を作って下さい。 それと、調理前に死んでしまった貝は危険ですから食べないでくださいね。

次の