円靭帯痛 対処法。 妊娠中期のお腹の痛み、下腹部痛〜危険な腹痛と心配ない腹痛〜

妊婦のお腹の張りってどんな感覚?原因や対処法まとめ

円靭帯痛 対処法

妊婦のお腹の張りってどんな感覚?原因や対処法まとめ• 妊娠中の女性なら、一度は体験した事がある「お腹の張り」。 ですが、一口にお腹が張ると言っても感じ方は人それぞれですし、「ピンと来ない!」という人も多いでしょう。 実際に、産婦人科が運営しているサイトを覗いてみると、多くの妊婦さんから質問が寄せられているようです。 それだけ、お腹の張りについて不安や疑問を感じている妊婦さんが多いという事でしょう。 代表的な質問を抜粋してみると・・• お腹が張るってどんな感覚なのか分からない!• どうしてお腹が張るのか原因が知りたい!• 病院の診察を受ける目安が分からない!• 対処法を教えて欲しい! などの問い合わせが多いようですね。 妊娠すると、ちょっとした体調の変化にも過敏になってしまいます。 お腹に張りを感じると、「これって自然現象なの?」「赤ちゃんに何かあったのでは?」と不安になりますよね。 一体、妊婦の「お腹の張り」はどんな仕組みになっているのでしょうか? この記事の目次• 「お腹の張り」は人によって感じ方が違う!? 一口に「お腹が張る」と言っても、その人によって感じ方は様々です。 まずは、妊娠期間を3つのカテゴリーに分けた時の、代表的な感想をご紹介しましょう 妊娠初期の「お腹の張り」はこんな感じ! 妊娠初期(妊娠4週目~15週目くらいまで)の女性が訴える「お腹の張り」というのは、下記のようなイメージが多いようです。 お腹の張り方が、生理前に感じる違和感と似ている• 生理痛のような鈍い痛みを感じる• お腹がパンパンに膨張しているような感じ• まるで子宮の中で炭酸水が膨張しているような感じ• 下腹部が重く、圧痛のような違和感がある• 便秘が1週間続いた時のような硬さを下腹部に感じる 中でも特徴的なのが、生理前や生理中に感じるお腹の張り方と似ている、という点でしょう。 女性の身体には、妊娠によって様々な変化が現れてきますが、最も変化するのが子宮です。 子宮は、妊娠と同時に下記のような準備をスタートさせます。 【 妊娠してからの子宮の変化 】• 赤ちゃんを安全に守る為に子宮内膜が分厚くなる• 胎盤が作られていく• 赤ちゃんの成長に合わせて子宮が拡張できるように、血液が集まっていく 妊娠初期に生理前や生理中と同じような張りを感じてしまうのは、上記のような子宮の変化に伴って血液量が増えていくから、と考えられています。 妊娠初期のお腹の張りについてはで確認してみましょう。 妊娠中期の「お腹の張り」はこんな感じ! 妊娠中期(妊娠16週目~27週目くらいまで)の女性が訴える「お腹の張り」というのは、下記のようなイメージが多いようです。 子宮が締め付けられるような硬さと張りを感じる• お腹の上に手を当てると、子宮の形が確認できる程の硬さを感じる• パンパンに膨らんだ風船のような張りを感じる• 膨張してバレーボールほどの硬さを感じる• 硬く膨らんだと思ったら、急に萎んでいくような感覚• 皮膚が引っ張られているような感覚 妊娠中期というのは、特にお腹が張りやすい時期と言われており、妊娠5ヵ月を過ぎた頃には殆どの妊婦さんが、何等かの張り感を体験するそうです。 中には、妊娠初期にはお腹の張りを感じなかったという人も、中期に入ってから急にお腹が張り始めた!なんてケースも少なくありません。 妊娠中期のお腹の張りについてはを確認してみましょう。 妊娠後期の「お腹の張り」はこんな感じ! 妊娠後期(妊娠28週目~39週目くらいまで)の女性が訴える「お腹の張り」というのは、下記のようなイメージが多いようです。 下腹部だけではなく、お腹全体が石のようにカチカチに硬くて重量感がある• 皮膚が裂けてしまいそうなくらい、四方に引っ張られる感覚• スイカのような硬さで、叩いたら音がしそう• お腹がコンクリートで固まっているような感覚 妊娠後期になると、子宮が頻繁に収縮するようになります。 これは、子宮が陣痛やお産に備えて練習をしていると解釈されており、ごく自然な現象とも言われています。 ただ、子宮が陣痛やお産の練習を始めるようになると、急激に増えてしまうのが「お腹の張り」です。 特に、いつ赤ちゃんが産まれてもおかしくない正期産(妊娠37週目以降)にもなると、妊娠中期とは比べものにならないほど、お腹が大きく突き出てきます。 その分、お腹の張り方がキツくなって頻度も増していくのです。 妊娠後期のお腹の張りはで詳しく紹介しています。 どうして妊婦さんのお腹は張るの? お腹が張る原因は、大きく分けて4つの現象が影響しています。 子宮収縮• 子宮の増大と子宮広間膜の膨らみ• 子宮を支えている靭帯が引っ張られる• 皮膚の突っ張り ではここから、項目ごとに詳しいメカニズムをご説明しましょう。 原因その1:子宮収縮 子宮の収縮には、「刺激を受けて収縮するタイプ」と「刺激を受けなくても自然に起こるタイプ」があります。 【 子宮を収縮させてしまう刺激 】• 動き過ぎ• 病的なアクシデント 子宮というのは、たとえ流産や早産などの兆候がなくても、ちょっとした刺激で収縮してしまうんです。 【 生理的な収縮 】• 名称:ブラクストン・ヒックス収縮(前駆陣痛)• 起こるタイミング:安静にしていても起こるが、起床時に多い• 規則性:不規則 生理的な子宮収縮は、人の行動とは関係なく反射的に起こります。 前駆陣痛と聞くと妊娠後期に限られると思われがちですが、生理的な子宮収縮自体は妊娠初期でも現れる現象なんです。 子宮が収縮すると「キュッ」と締め付けられるので、お腹が張っているように感じてしまうんですね。 原因その2:子宮の増大と子宮広間膜の膨らみ 妊娠する前は約50mlの容積だった子宮も、出産する頃には約4Lもの容積まで増大します。 子宮を包んでいる子宮広間膜も一緒に膨らんでいきますが、この肥大によって引っ張られているような感覚を「お腹の張り」と認識してしまうんです。 原因その3:子宮を支えている靭帯が引っ張られる 子宮というのは、多くの靭帯に支えられています。 子宮と子宮広間膜が大きくなるにつれて、円靭帯や仙骨子宮靱帯などが引っ張られますので、これをお腹の張りとして感じているのです。 原因その4:皮膚の突っ張り 子宮の増大に伴って、腹部の皮膚表面も膨らんでいきます。 妊娠中期にもなると膨らむスピードが加速しますので、妊娠線が気になるという女性も多いでしょう。 つまり、実際にお腹の皮膚が引っ張られているのですから、お腹が張るのも当然なんです。 お腹の張りには減らせるタイプもある!? お腹が張る原因は幾つかありますが、子宮や周辺器官の変化を止める事はできませんよね。 ですが、ちょっとした気遣いで減らせるのが「子宮収縮」なんです。 子宮の収縮は、お腹の張りと切っても切れない関係にあります。 つまり、子宮収縮さえ穏やかに抑えられれば、それだけお腹の張りが軽減されるんです。 子宮が収縮するタイミング お腹の張りを少しでも減らしたいなら、まずは子宮が収縮するタイミングについて把握しておきましょう。 一体、どんな時に子宮は収縮するのでしょうか?• 動き過ぎた時• 疲労が溜まっている時• 外部の刺激が子宮に伝わった時• 力んでいる時• オキシトシンの分泌が活発になった時 もちろん、人の行動とは関係なく反射的に起きるブラクストン・ヒックス収縮(前駆陣痛)であれば、防ぎようがありません。 ですが、上記のようなシチュエーションを出来るだけ避ける事で、お腹の張りを未然に防ぐ事は可能なんです。 お腹の張りをエスカレートさせるNG行動! では、具体的にはどのような行動を見直すべきなのでしょうか。 ウォーキングなど、長時間歩き過ぎて疲労してしまう• 掃除や洗濯など、家事を一度にまとめて行う• 勢いを付けて立ったり、急に座ったりしてしまう• 性的な興奮やオーガズムを感じる 妊娠しているのだからお腹が張るのは当たり前!と思われがちですが、何気ない日常の中にこそ、お腹の張りを助長させている行動が隠れていたんですね。 ちなみに、たとえ性交渉でオーガズムに達しなかったとしても、性的な興奮が脳に伝わるだけでホルモンが分泌されて子宮が刺激を受けてしまいます。 つまり、乳首に性的な刺激を受けるだけでも子宮は収縮してしまうんです。 受診するかどうかの目安は? 妊婦さんがお腹の張りを感じた場合、最も気になるのが病院に行くべきかどうか?という見極めでしょう。 一体、どんな症状なら病院の診察を受けるべきなのでしょうか? セルフチェック項目 お腹に張りを感じたら、下記の項目に当てはまるか確認してみましょう。 30分以上、横になって休んでいるのに張りが治まらない• 30分以上、安静にしているのに断続的に張る• お腹の張りが、だんだん強くなっていく• 断続的に張りが続き、しだいに間隔が短くなっていく• 冷や汗をかくほどの痛みを伴う張り• 出血を伴う張り• 破水の兆候を伴う張り• 呼吸が乱れたり、息苦しさを伴う張り• 1日、10回以上の張りを感じる• 妊娠30週未満(3回以上/1時間)• 妊娠30週以降(5回以上/1時間) 上記の項目に当てはまる場合は、早めに診察を受けた方が良いでしょう。 まずは通っている産婦人科に連絡し、どれ位の間隔で張りを感じるかなど、詳しい症状を伝えて下さい。 救急車を呼ぶほどの緊急性があるか、それとも翌日の診察でOKなのかアドバイスしてくれますので、指示に従いましょう。 お腹の張りを自分で確かめる方法! お腹の張り具合を、自分で確認する方法をご存知でしょうか?• 妊娠5ヵ月~6ヵ月:お腹に手を当てると赤ちゃんの頭部や手足が触れる• 妊娠7ヵ月~8ヵ月:ママのお腹の左右どちらかに赤ちゃんの身体が触れる 上記の状態が確認できれば、お腹は正常な状態で張っていないと判断できます。 ちなみに、同じ張りでも鼠蹊部(そけいぶ:太ももの付け根)が突っ張るような感覚は、正常な状態ですから心配はいりません。 子宮を支えている円靭帯が、子宮の成長と共に引っ張られる事で感じる症状です。 お腹の張りを医学的に確かめるには? お腹の張りを医学的に調べる検査としては、下記の2種類が有効です。 CTG検査:胎児心拍陣痛図• NST検査:ノンストレステスト(胎児モニター) どちらも、胎児心拍数や子宮収縮の程度を調べるための検査ですが、同時にお腹の張り具合も調べる事ができるんです。 ちなみに、通常は妊娠後期に受ける検査ではありますが、お腹の張りが気になる場合は時期に関係なく担当医に相談してみましょう。 お腹の張りは薬で治るの? 張り止めの薬は、早産や切迫早産の予防措置として処方される事もある薬剤で、下記の3種類が多くの産婦人科で用いられています。 リトドリン• ウテメリン• ズファジラン 上記の3種類の薬剤は、全て子宮の収縮を抑制する作用がありますが、ズファジランだけは血管を拡張して血行を促す効能がプラスされています。 ちなみに、リトドリンとウテメリンの成分は、ほぼ同じ構成になっているそうです。 どんな副作用があるの? 3種類、どの薬を服用しても副作用は同じですが、症状の程度には個人差があります。 低カリウム血症• 高血糖• 横紋筋融解症• 汎血球減少• 吐き気や食欲不振• 頭痛やめまい• 下痢 但し、張り止めに対して医学的根拠を疑問視する産科医が居るのも事実で、安易な服用に警鐘を鳴らしています。 赤ちゃんへの影響は? 張り止めのリスクとして最も気になるのが、赤ちゃんへの影響ですよね。 確かに、張り止めの成分である「塩酸リトドリン」には、長期間の使用が赤ちゃんに悪影響になるのでは?という意見も多く、ヨーロッパなどでは積極的に推奨されていないんだとか。 日本産婦人科学会でも、早産や切迫早産への有用性は認めているものの、できるだけ短期間の使用に留める傾向にあります。 妊娠の継続と服用のリスクを天秤にかけて、慎重に判断しなければなりません。 妊娠中にお腹の張りを感じたら、まず安静に! お腹の張りは、妊婦さんなら誰もが経験しているもので、そのほとんどが生理的な現象ですから、過剰に怖がる必要はありません。 お腹に張りを感じたら、楽な姿勢で安静にするのが鉄則! そうしてこそ、「危険を伴わない張り」と「危険を予兆している張り」を見分ける事ができるんです。 全ての妊娠期間を通して危険と言えるのが、下記の3タイプになります。 出血を伴う張り• 激しい痛みを伴う張り• 安静にしていても治まらない張り これらの症状は、流産や早産、切迫流産や常位胎盤早期剥離などの急を要する事態のシグナルとされています。 このような症状が現れた時は、迷わず産婦人科に連絡して下さいね。

次の

足裏の親指が痛い!症状で疑うべき病気とその対処法とは!!

円靭帯痛 対処法

このページの目次• 痛みの主な2つの原因 妊娠すると赤ちゃんを育てるため、そして赤ちゃんを産むために子宮をはじめとして、目には見えなくても、 体は大きく変化していきます。 足の付け根の痛みもその変化が原因のようです。 原因1:骨盤が広がることで痛む 妊娠すると卵巣や子宮から 「リラキシン」 という女性ホルモンが分泌されます。 このホルモンは出産時に赤ちゃんがスムーズに出てこれるように、骨盤を広げやすくするため、 骨盤周辺の関節や靭帯を緩める働きがあります。 この働きにより 骨盤の股関節に近い部分が緩んでくるため、足の付け根に違和感や痛みを感じるのです。 原因2:子宮が大きくなることで痛む また妊娠すると赤ちゃんの成長とともに徐々に子宮が大きくなっていきます。 子宮は 「円靭帯」 という靭帯によって支えられています。 この靭帯が大きくなる子宮を支えるために伸び始めることで、 引っ張られるような痛みを感じたりします。 どのくらい痛い?いつまで?痛みの感じ方や期間について 妊娠初期に、足の付け根に違和感や痛みを訴える妊婦さんは多くいますが、皆それぞれ痛みの程度や種類、感じ方、そして痛みがある時期や期間は違います。 痛みの種類や感じ方• チクチクするような痛み• ズキズキと少し激しい痛み• ギューッと引っ張られるような痛み• ズキン!と我慢できないほどの痛み• 軽い 筋肉痛のようなだるい感じ• 股関節がはずれそうな感じ• 両方の付け根が痛い• どちらか 片方だけが痛い• 歩けないほどの痛み などなど、痛みの程度や種類や多岐に渡ります。 また、なかなか言葉で表現するのも難しいような痛みだったりもします。 少しの違和感で済む妊婦さんもいれば、立っていられないほどの激痛に悩まされる妊婦さんなど、その症状は様々です。 痛みがある時期や期間 まだ妊娠に気づいてない 妊娠超初期で痛み出す妊婦さんもいたり、妊娠に気づいたくらいの時期に痛み出すなど、痛み方と同じく人によって様々です。 期間も妊娠初期で治まる妊婦さんもいれば、お腹が大きくなるにつれて痛みが増してきたり、出産するまでの間ずっと、痛みが続く妊婦さんもいます。 痛みを少しでもやわらげたい!効果的な6つの対処法 子宮内の赤ちゃんに影響があるわけではないので 「産んだら治るからね」と、お医者さんでも励まされて終わることも多い、足の付け根の痛み。 赤ちゃんが出てくるための痛み、出てくるまでのガマン!と心では思っても、やはり痛いのはつらいですよね。 では痛みを少しでもやわらげるにはどういった方法があるのでしょうか? 1. 立ち方に気をつける 足の付け根の負担を少しでも減らすためには、 長時間立ちっぱなしでいない、片方の足だけでなく、両足に体重をかけて立つようにするなど、立ち方に気をつけましょう。 立ち仕事などで立ちっぱなしがやむを得ない場合は、 早めに周囲へ報告して、理解して対処してもらうことも大事です。 座り方を工夫する また横座りやアヒル座り、足を組むなどといった、 姿勢を崩した座り方も足の付け根に負担がかかってしまいます。 床に座る時はあぐらか正座、椅子に座る時は膝を揃えて座るなど気をつけるようにしましょう。 軽い運動やストレッチをする ウォーキングやストレッチなどの軽めの運動で血行を良くすることも、痛みの緩和に効果的です。 ただし 激しい運動は避け、無理のない範囲で行いましょう。 また痛みが強くなるような場合は、すぐに休んで様子をみてくださいね。 骨盤や足の付け根を温める 運動と同じく血行を良くするために、 ぬるめのお湯にゆっくりつかる、腹巻きやカイロなどで骨盤周辺を温めたりと、 下半身を冷やさないようにすることも効果的です。 骨盤ベルトを使用する 骨盤の広がりが原因でもあるので、 骨盤ベルトで固定してあげることで痛みが緩和されます。 ベルトは恥骨痛や腰痛、また産後に広がった骨盤を戻す時にもあるととても役に立ちますので、1つ持っておくと大変便利です。 マタニティ整体や指圧を行う それでも痛みが続く場合や痛みが強い場合は、整体や指圧を受けて、緩和する方法もあります。 その際は必ず マタニティ整体や指圧を行っているところで施術してもらってくださいね。 整体や指圧を受けていいか判断に迷った時は、自己判断せずに主治医に相談してくださいね。 痛いのはつらいですが、出産するために体が変化しているがゆえの痛みですので、安心してくださいね。

次の

膝が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

円靭帯痛 対処法

| | | | 膝の痛み 膝の痛みの対処法 膝の痛みの原因と対処法 膝の痛みの原因 膝関節は骨と骨とのつなぎ目 膝関節のすり合わせ部分が軟骨、骨と骨とが直接ぶつからないようになっています。 膝関節を包んでいるのが関節包、滑液という潤滑油を分泌する滑膜と繊維膜という2枚の膜でできています。 膝の関節軟骨には神経が通っていないので直接には痛まないが、 膝関節の周囲にはたくさんの神経が通っており、少しの異常て痛みとして感じるのです。 膝の痛みの直接の原因 ・関節軟骨がすり減り、骨と骨が直接こすれあう。 ・軟骨のすぐ下にある骨に異常が起こる。 ・関節包が引っ張られる。 ・滑膜が炎症を起こして腫れる。 これらが重なって膝の痛みを起こす場合が多くあります。 膝の痛みが起こる病気 特に多い病気 ・変形性膝関節症 膝関節の軟骨がすり減り痛む クッションの役目をする軟骨が老化でもろくなって減り、筋肉の衰えによって軟骨の負担が増し痛みが強くなる。 ・慢性関節リウマチ 全身の免疫異常により滑膜に炎症が起こり、そこから出る科学物質によって関節軟骨が破壊される病気。 特に女性に多い。 まず手や指など比較的小さな関節に起こることが多く、進行すると全身の関節が破壊されて機能障害が起こる。 関節が痛いときは、原因を特定することが大切。 痛みが強いときや症状が長引くときには、自分で判断せず医師の診断を受けておきましょう。 レントゲンや血液検査で当日に原因特定できます。 原因が分からないのにマッサージや湿布、鎮痛剤等で痛みをごまかすのは非常に危険です。 変形性膝関節症・慢性関節リウマチ・半月板損傷が膝の三大病です。 お年寄りや肥満の人に、膝の痛みが多い 膝の痛みの原因 ・老化 年をとって筋肉が衰えると膝の一部に負担がかかるとともに軟骨も老化する。 70〜75歳の人の、5割以上の人に膝の障害がみられる。 ・肥満 歩くときは、体重の3〜5倍の重さが膝にかかる。 ・O脚 O脚の人の場合、膝が体の中心から外にずれていて、 重心が膝の内側に集中する。 ・姿勢の悪さ 姿勢が悪いと膝にストレスがかかり、ゆがみやずれが生じる。 それで股関節や背骨がゆがんで全身に悪影響を及ぼす。 ・成長期に過度のスポーツ 骨が発達中の成長期に、膝に過度の負担がかかる運動を続けると軟骨が弱くなる。 スポーツによって膝の痛みが起こるケース スポーツのケガで、もっとも多いのが膝の関節。 関節の限界を超えた動作をするために起こる。 膝の障害で多いのは次の2つ ・半月板損傷 半月板は膝の2つの骨の間に挟まっている繊維質の軟骨。 膝をねじったりジャンプして着地したときなど、大きな衝撃がかかって裂けることがある。 年をとると衝撃に弱くなり、しゃがんだ状態から急に立ち上がっただけで裂けることもある。 ・膝の靭帯損傷 膝には前後の動きの安定を保つ前十字靭帯と後十字靭帯、横の動きの安定性を保つ内側側副靭帯と 外側外副靭帯など、いろいろな靭帯があり、ねん挫などで必要以上に伸ばされると断裂する。 健康のためと、中高年の人が急にジョギングを始めると膝を痛めるケースが多いので要注意です。 肉体のコンディションを知り無理をしないことが大切です。 中年以降の膝の痛みの原因で最も多い変形性膝関節症 中高年の人の膝の痛みで最も多く、関節の軟骨がすり減ったり半月板が部分的に切れて 関節の間に挟まった結果、関節が変形します。 何年もかけて徐々に症状が進行するのが特徴です。 まず、膝の違和感やこわばりを感じ、痛みを伴うようになります。 膝に水が溜まったり、関節が変形し歩行がつらくなり日常生活にも支障が出てきます。 膝の痛み、病院での治療 膝関節の不調を感じたら整形外科で受診してください。 病院では問診をはじめ、視診(歩き方などを視る)、触診(膝などを触って調べる)、 関節のレントゲン撮影などの検査を行い原因となる病気を診断します。 変形性膝関節症では、関節への負担を軽減させるため肥満の人は体重が正常値内になるよう指導します。 初期の場合、膝の筋肉を強化する運動療法や生活環境の指導によってほとんど改善できます。 症状が進んだ場合、温熱療法や装具療法、薬物療法(抗炎症薬、湿布薬、関節内へのヒアルロン製剤の注入等)、 関節内洗浄法などを行います。 それでも回復しない場合は手術療法が選択されます。 膝の痛み・関節痛に効く薬 関節の痛みや腫れをやわらげる市販薬として消炎鎮痛剤があります。 消炎鎮痛剤の種類 ・内服薬 痛みや炎症に有効。 ・湿布薬 冷やしたり温めることが目標ではなく皮膚を経由して薬を患部に送り込む。 ・塗り薬 クリーム剤、軟膏、液剤。 成分は湿布薬とほぼ同じ。 ・坐薬 強い痛みに有効。 内服薬は副作用がなければ痛みをしのぐには良いですが、1週間たっても同じ症状が続いたり 症状が悪化する場合などは医師に相談してください。 ひじや膝など湿布薬が貼りにくい部位には塗り薬を使用し、その上をサポーターで保護するとよいでしょう。 膝の痛み・関節痛を予防 関節痛の原因は日常の動作や生活環境が影響します。 関節痛を予防するために次のことを心がけましょう。 ・肥満の解消 膝の関節に最も負担をかけるのが肥満。 食事と運動(ウォーキングなど)を組合せて無理の無いダイエットをしましょう。 ・椅子の生活を 正座は膝へ大きな負担をかけるので椅子に座る生活をして、できるだけ正座をしないようにしてください。 ・膝を強化する体操を 膝の関節の周囲にある筋肉を強化することで、膝関節機能の衰えを予防する。 ・適度な運動を習慣 膝に痛みがある人は原因を確かめてから行うこと。 ウォーキングなど軽い運動は血行を良くし関節の曲げ伸ばしを楽にする効果がある。 ・体を冷やさない 関節痛のある人は体を冷やさないことが大切。 ・長時間、立ち続けない 膝の関節軟骨に負担がかかるため。 特に下り坂や下り階段は要注意。 重い荷物もできるだけ持たないように。 膝の痛み・人気商品 一番人気 1枚 2100円 2枚 3800円 お得なセット組 4900円〜 5300円 正座がつらい方 5250円 携帯・正座椅子 2080円 大きめ携帯椅子 5040円 飲む膝の健康 4800円 メモ用紙に品名・住所・氏名・電話番号を記入してファックスもOKです <90%の商品は3日以内に発送しています> 送 料 合計金額 4500円以上・・送料無料 4500円未満・・550円 <全国一律> お支払い方法 安心の 料金後払い 商品到着後に、郵便局・ 銀行でお支払いください。 ご注文は 電話・FAXもOK Tel. 072-811-5170 Fax. 072-811-5175 印刷してご利用ください 安心のお約束 万一、不良品やサイズが 合わない場合は、 無条件で交換いたします。 072-811-5170 Fax. 072-811-5175.

次の