人権 作文 高齢 者。 高齢者・障害者に対する人権侵害をなくそう

【佳作】 高齢者の生活と現在の工夫

人権 作文 高齢 者

私たちは認知症を患ったお年寄りを無意識のうちにひとくくりに考えてしまっていないでしょうか? たとえば、 「この症状は認知症でよく見られるパターンだ」 などなど・・ もちろん、それらの共通するパターンを知ることはとても大切なことです。 しかし、そこには落とし穴があります。 それは・・ たとえ共通するパターンに見えてもそれらを起こしているのはやはり個々の人格によって違うということです。 ですから「その人」そのものを知り、向かい合うことが大切なのです。 ひとくくりは無視すること 認知症は一見すると、その人の人格が消えてしまったように感じることがあります。 しかし、決してそうではありません。 どんなに認知症が悪化しても、その人を形成しているコアの部分はきちんと残っているものです。 しかし、認知症をひとくくりにしてしまうと、 なぜそのような行動をするのか? それを、「知ろう」とする努力をせずにすみます。 ですが、努力せずにすむぶん、なぜそのような行動をとるのか理解することが不可能になります。 そして、理解できないうえに、本人の人格を軽くみてしまうことに・・・。 つまり、 ひとくくりはその人の人権を無視するのと同じなのです。 認知症は自尊心を失いやすい 認知症は感情という原始的な部分は残りやすいのに対して、知的な能力は衰えやすくなります。 私たちは無意識に他人の評価を得て自尊心を保っているもの。 しかし、認知症の人は知的能力が衰えるので、同じ失敗を繰り返してしまいます。 なぜ、失敗するのかわからないけども、周りの人が嫌がっているという空気だけはしっかりと感じとります。 そのため自尊心を保つのが難しく、心の不安定さを増してしまうことになるのです。 スポンサーリンク 人権を尊重して接する 先述したように認知症になっても人格のコアな部分は残っているものです。 それはその人にとって非常に大切な部分であり、なにが残っているのかは人それぞれです。 その残っている大切な部分を見つけたら、そこを認めて尊重してあげましょう。 たとえば、長年、教師をやってきた人が「先生」と呼ばれると顔つきがパッと輝く場合があります。 そこで、その部分を認めて接してあげるようにします。 いやぁ〜たいしたことないよ このように、 本人の中で残っている大切な部分を評価してあげて、自尊心が保たれるようにしてあげることが大切です。 認知症の人の権利を守る いま、介護をしている私たちも将来もしかしたら認知症になるかもしれません。 そのとき、あなたはどのような対応をされたいですか? 「認知症の人は自分たちと違うから、同じことができなくなって当たり前」 このように思われたいですか? いいえ、こんな対応されたくないですよね。 認知症の人は、ただ病気が物事を困難にさせているだけです。 認知症という病気をとりされば、そのひと自身はきちんとそのまま存在しています。 認知症の人と接するとき、介護をするとき・・ 自分自身のことだと思って、本人の人権を守ってあげてください。 そのことが、将来、私たち自身のためにもなるのです。

次の

人権作文の中学生向け例文!4枚・3枚での障害者の人権作文まとめ方!

人権 作文 高齢 者

中学にあがると、 人権作文という課題が出ますよね。 この人権作文ってどういうものなのか、読書感想文のときのように読んだ物の感想を書くのとはちょっと違うので、どうやって書こうかと悩みますよね。 人権作文はテーマが重たいので 『感想を書くのはむずかしいなぁ』 と感じることと思います。 どこかから人の作文を見てパクってこようと考えている人もいるのではないでしょうか? ただ、私達はふだんから無意識に人権について感じていることや考えていることが多いので、書き方のポイントさえおさえれば案外スラスラと文章が思い浮かびやすいものです。 そこで今回は中学生のかたに向けて、人権作文の書き出しや、どういう風な順番で文を作っていくとよいのかなど、 書き方のポイントをお伝えします。 また、パクリはバレるものなのかということも説明しますので、ぜひ最後まで見てくださいね。 電車やバスなど静かにしないといけない公共の場にも関わらず、ときどき大きな声をあげたり落ち着かない様子でウロウロしたり突然手を叩くなどする大人の人を見ることがあります。 周りの人は迷惑そうにしていたし、可哀相な人を見るような目をしていました。 私もその人が近くに居ることが怖かったし、あんな風に自分はならなくてよかったと思っていました。 そんないつも他人事だと思っていた知的障害者の人に対して考えるきっかけになったのは、学校から帰宅する帰り道のことでした。 よく見かける知的障害者の人が、地域の子どもたちに囲まれていました。 通りすぎるときによく見てみると、小さな石を投げられていたり、「気持ち悪い」「消えろ」といった言葉をかけられていたのです。 状態から書き始める 私の叔父は右腕がありません。 詳しくいうと、右の肘から下がないのです。 小さい頃に交通事故で失ってしまった様です。 叔父は、私のことを小さなころからとても可愛がってくれました。 優しくて面倒見のよい叔父に私はとても懐いていました。 叔父は私の授業参観などにも喜んで来てくれたのですが、当時の私は正直周りの目がとても気になりました。 好奇の目で見られたり、気味悪がられたりすることもあり、私は叔父さんに学校に来ることを遠慮してもらうように言ったのです。 すると母に「あなたは右腕が無い叔父さんが恥ずかしいと思ったんだね。 でも、お母さんはあなたに叔父さんがどんな気持ちなのかを考えてみてほしい。 」と、言われたことが身体障害者について考えるきっかけとなりました。 体験したことから書き始める この夏休みに家族で旅行に行きました。 うちには車が無いので電車で移動でしたが、夏休みなので駅のホームはとても混んでいました。 私には小さな弟も居るし、長旅になるので絶対に席に座りたいと思い、電車が到着するとすぐに二人で駆け込むようにして乗り込みました。 そのときに、弟が何かにぶつかって頭を押さえたのです。 見ると、サングラスをした無愛想な男性が白い杖を振っていたのです。 それを見てすぐに、その男性は目が見えないのだということには気がつきました。 ぶつかったことを謝罪しましたが、男性は「どいてくれ!」と言ってとても慌てているように声を荒げてきました。 私はどうしてこの男性がここまで怒るのか、急いでいるのかこのときは全くわからず、ただ失礼な人だと思っていましたが、視覚障害の方について調べるうちに、男性がどうして急いでいたのかを知ることになりました。 社会的な事情の面(調べたことなど)から書き始める 最近ではバリアフリーといって障害のあるかたや高齢者の方でも、障害のない方と同じように社会生活・日常生活を送ることができるように、障害の壁といわれるものを取りのぞいていく支援がとても多くなっています。 外を歩けば、点字ブロックがあったり、階段の近くにスロープや車椅子の方でも利用できるエレベーターがあったり、シャンプーなどのボトルに点字があるなどたくさん日常生活には優しさが溢れていることに気づき、温かい気持ちになります。 ただ、私はひとつ気になったことがあります。 それは「障害者」という言葉とその漢字です。 害がある、害を他人に及ぼすというようにも見えるこの漢字が見ていてどうしても嫌な気持ちになり調べてみることにしました。 以前、母親が私の学校の運動会で「サバイバルリレー」という文字をみて、「これ何?」と聞いてきました。 サバイバルリレーは「障害物リレー」といわれていたものを言い換えたものだそうです。 といった具合です。 ここで 人権作文の書き出し方について3つのポイントをあげます。 1.作文のテーマ(今回は障害)について調べてみる まずは、 障害について調べてみます。 『どんな風なことが障害(不自由)となっているのか』• 『どんな気持ちで過ごしているのか』• 『どうしてもらうのがありがたいと感じているのか』• 『そもそも障害って何なのか』 など。 2.自分の体験(見たり、聞いたりした障害に関してのこと)を思い浮かべてみる その人のことを考えたときに、 頭に浮かぶ言葉(感情)は? もしその人が自分の家族や友達だったらどうしてあげたいと思うのか思い浮かべてみる 3.2で思い浮かべた人について、どんな人であるか、どういうところが気になったのかを書いて、それについて調べてみよう(考えてみよう)と思ったきっかけを書く。 この きっかけの部分が、 文章を作る上で大切な起承転結の『起』の部分にあたります。 まずはこの3つポイントを順番に意識して書いてみてください。 だいたい作文は 原稿用紙5枚ほどが目安だと思いますので、書き出しは1枚の半分ほどを目標に書いてみましょう。 また、以下では全国中学生人権作文コンテストで入賞した作文を見ることができます。 ぜひ参考にしてみてください。 参考《法務省・全国中学生人権作文コンテスト》 お勧めの参考になる書籍 1.目の見えない人は世界をどう見ているのか 人権作文の中学生向け例文!5枚のまとめ方・構成は? 原稿用紙5枚も書かなきゃいけない!と、あまりの多さに戸惑いますよね。 でもポイントを押さえてしまえば、5枚もあっという間ですよ。 作文は基本的には 「起承転結」の形で文章をつくります。 前提として伝えておくことなどを書きます。 原稿用紙5枚だとすると、 起:承:転:結は1:4:4:1ぐらいの配分が理想的です。 『起』と『結』は原稿用紙のページ半分。 『承』と『転』は原稿用紙2枚分です。 ここで上の例文2を使って 起承転結を簡単にまとめてみます。 『結』 何も知らなかったら身体障害者である叔父の気持ちを考えることができなかった。 自分が思っていた気持ちは間違っていることに気づいた。 人には皆平等に生きる権利があると気づいた。 これから同じような障害者に出会ったら自分にできるサポ-トをしたい。 といった具合です。 起承転結といって説明を見てみたけれど、まだ分かりにくいという人もいると思います。 また、障害者の人について書かれている他の人の人権作文を参考に見ると、そればかりが頭に残ってしまい余計に自分の書きたい文が思い浮かばなくなるといった人もいるでしょう。 そこでオススメするのは、 まずテーマ(今回は「障害者の人権」)について調べることです。 「障害者の方ってどんな人なのかな?」• 「障害者の方にとって、外に出かけるってどれだけの弊害があるのかな?」• 「障害者の家族ってどんな風に過ごしているのかな?」 など、その テーマに関してまず調べてみてください。 すると、書きたいことが浮かびやすくなります。 どんな人がいることに気がついたのか• それを知ってどう感じたのか• その人はどういう生活をしているのか• 自分たちはその人たちとどう関わっていくべきなのか という風に考えてみてください。 人権作文の参考動画 武蔵村山市人権作文代表作品朗読動画(平成30年度全国中学生人権作文コンテスト東京都大会)より 人権作文のパクリはバレる? ここまで人権作文の書き方をみてきましたが、『考えるのも面倒だし、ネット上から良さそうな文章をパクって書いちゃおうかな』と思っている人も、もしかしたら居るかもしれません。 ただし、 人の作文を真似するパクリはすぐにバレますよ。 今はコピペをした文章を検索するためのソフトもあるので、そこに文章を入れるとすぐに人の文章だとバレてしまいます。 ネット上に出てくる作文ということは、ある程度 評価されているものである可能性が高いので、パクリ文章が学校内で受賞してしまうなんてことになったら大変です。 そのまま市のコンクールなどに出すことになったら、取り返しのつかないことになります。 《参考ページ》過去にパクリがバレた人もいるようです そもそも人権作文はなぜ夏休みの宿題ででるの? そもそもせっかくの夏休みに人権作文などの作文が宿題に出されることが多いのかというと、一番はもちろん、 十分に考える時間があるからです。 国語力というのは、どの教科にも通づるところがあり、 国語力を高めることで他の教科の勉強も理解しやすくなります。 ただ、 国語力というのは短時間で身につけられるものではありません。 思ったことは話せるけど、自分の考えをまとめて人に伝える・文章にするというのは書く力がなくてはできません。 また、 書く力というのは読む力がなければ向上しません。 学校の授業で、「さぁ、今から作文書いてください!」といってすぐに書けるものでもないので、夏休みの宿題としてだされるのです。 長い時間がある中で、どれだけ自分の思いや考えをまとめて書くことができるのか。 また、 書くためにどれだけ調べ、読み、考えたのか。 この過程がとても大切で、国語力を養うとともに、 心も成長させるのが作文です。 まとめ• 人権作文はポイントさえおさえれば、難しくない• 私達は普段から無意識に人権について感じ、考えている• まずは、与えられたテーマについて調べてみると書きやすくなる• 作文は起承転結で書き、「1:4:4:1」の割り合いで書くとよい• 人の作文をパクると高い確率でバレる• 夏休みだからこそ作文で国語力をアップ いかがでしたか? ついつい作文が苦手で後回しにしてしまうことも多いと思いますが、この機会にぜひ作文を楽しんでみてください。 障害をもつ人がどんな人なのかを 知ろうとすることから始めてみましょう。 関心をもって調べると、今まで知らなかったことを知り、自分の中でいろんな考えや思いが浮かんでくると思います。 それを丁寧にまとめていきましょう。 あなたがこの記事を読んで、自分の思いをスラスラと書けるようになるとうれしいです。 【こちらも読まれています】.

次の

最優秀賞 高齢者にも尊厳を : 福島県人権啓発活動ネットワーク協議会

人権 作文 高齢 者

中学生の夏休みの宿題としてよく出されるのが人権作文です。 法務省が毎年秋に実施している「全国中学生人権作文コンテスト」に向けての取り組みなので、地域を問わず全国的に夏休みの宿題として出されることでしょう。 でも実は、日常の学校生活や社会生活、ニュースなどで経験したり見聞きしていることの中に、人権に関係している出来事はたくさんあります。 思っているよりも、結構身近なテーマなのです。 とはいえ、人権って何? 何を書けばいいの? どうやって? と、頭の中は???だらけかもしれません。 人権作文の書き方を、基本的なところから少しずつひも解いていきましょう。 人権とは? そもそも、人権って何でしょう。 文字通り、人の権利(human rights)ですが、もう少し具体的に説明すると、 人間が人間らしく生きていく権利で、すべての人が生まれた時から平等に持っている権利です。 言い換えると 「すべての人が生命と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」 とも言えます。 世界のどこに生まれても、肌の色や目の色が何色でも、性別が何であれ、どんな人でも、誰にも命を驚かされることなく、自由に、そして幸せを求める権利があるのです。 小さい子どもに説明するならば「命を大切にすること」「みんなと仲良くすること」と言えるでしょう。 この権利は、「世界人権宣言」として1948年に国連(国際連合)によって採択されました。 人権が広く認知されている今の社会に生きていると人権は当たり前にあるもののようにも思えますが、実は、人権宣言が採択されてからまだ70年も経っていないんですね。 私たちは、自分以外の人を差別し、その人の権利や自由を奪うことはでません。 その権利や自由を奪ってしまうことが「人権侵害」であり、私たちの身近なところでも、日本国内のいろいろな場所でも、世界のあちこちでも、この人権侵害が起きているのです。 人権作文とは? 人権作文とはつまり、人権をテーマに自分が経験したことや、感じたこと、考えていることを自由に書いた作文です。 中学生は、これからの社会を担っていく世代。 その中学生に、人権作文を書くという作業を通して、人権の大切さを理解してもらうことが大きな目的の一つです。 そして、年に1回入賞作品をメディアを通して発表することで、多くの人にもあらためて人権に目を向けてもらい、人権意識を根付かせていこうという、社会的啓発の意味合いもあります。 法務省の募集要項には、作文の内容について 「日常の家庭生活、学校生活、グループ活動あるいは地域社会との関わりなどの中で得た体験を通じて、基本的人権の重要性、必要性について考えたことなどを題材としたものとする」 と書いてあります。 つまり、「いつもの生活中で、人権って大切だよね、人権って必要だね、など、人権について考えた体験や経験を題材にして書きましょう」ということです。 では、どんな問題やテーマが人権にかかわってくるのかを次で具体的に見ていきましょう。 人権作文にはどんなテーマ(ネタ)や問題がある? いまの社会では、どんな人権問題があるでしょうか。 法務省の人権擁護局のWebサイトを参考に、中学生に身近なところから具体的に見ていきます。 それぞれの説明を参考に、ピン!とくるテーマ(ネタ)を見つけてみてください。 ピン!とこなくても、なんか気になるな、というものもチェックしておくといいですよ。 親から子への人権侵害• HIV感染者、ハンセン病患者などの感染症のある人への差別• 犯罪被害者に対する人権侵害• 刑を終えて出所した人への差別• 性同一性障害、性的嗜好のある人への差別• <いじめ> 今年に入ってからも、いじめを理由に自殺した中学生のニュースを目にしたことが少なからずあると思います。 いじめは、子供の間だけでなく、大人の間でもあったりします。 いじめそのものをテーマにすることはもちろん、自分はいじめに加わっていなかったとしても、「いじめを知っているのに、黙って見ていて何もしないことはどうなのか」という切り口もいいでしょう。 人権作文に必要なのは具体的な体験 テーマ(ネタ)が決まったら、次はそのテーマ(ネタ)にもとづいた 「具体的な体験、経験」 を見つけます。 具体的な体験や経験がない作文は、とても薄っぺらな印象を与えてしまいます。 体験が入ることによって 「こういう経験をしたから、こう思っているのか」 「この経験が、この人をこうさせたんだね」 と、読んでいる人に理解してもらいやすくなるだけでなく、読んでいる人も、自分が体験したことのように感じることができるため、共感も得やすくなるのです。 「でもそんな経験なんて、ないし…」 と思っている人も、安心してください。 体験はなにも、特別なものでなくていいのです。 誰もが日常で経験するような小さなこと。 これで十分なのです。 例えば・・・• 電車の中で杖をついたおじいさんが立っているのに、優先席に座っている人たちが誰も席を譲らない場面に遭遇した• 駐車場の車椅子の方専用駐車場に、車椅子じゃない人が駐車していた• 何か意見を言ったら「女のくせに」と言われた• 顔に火傷の跡が残っている人を見て、思わず顔を背けてしまった 等々、振り返ってみると思い出すことがあるかもしれません。 それでももし、「ない!」というのであれば、• 気になったテーマをインターネットで検索する• 誰かに話しを聞きにいく ——の2つにトライしてみましょう。 気になったテーマをインターネットで検索する 例えば、「虐待 子ども 死亡 ニュース」で検索すると、検索結果の上位に、いろいろなニュースが上がってきます。 「外国人 差別 ニュース」「戦争 子ども ニュース」 など、検索する時に「ニュース」というキーワードを加えると、比較的新しい出来事を見つけることができます。 自分に経験がなければ、検索で見つけたニュースを見て、自分が人権について感じたことをテーマにしていけばいいでしょう。 誰かに話しを聞きに行く 家の近くに、障害者や高齢者が通う施設などがあれば、そこに話しを聞きに行くのも一つの手です。 直接本人に話しを聞けなくても、施設の職員の方に「どんな差別や人権侵害があるのですか?」と聞いてみると、いろいろ教えてくれるはずです。 施設がなくても、自分の生活の範囲にいる外国人の方や、近所の高齢者など聞くのもいいですね。 意外と、じぶんのお母さんや、おじいちゃんおばあちゃんなども、いろいろな経験を持っているものです。 積極的に質問してみましょう。 誰かの経験を聞いて、じぶんが感じたこと。 <カギかっこで始める> 作文を誰かの言葉、カギかっこで書き始めると、読む人をグッと引きつけます。 書こうとしている体験談に、誰かの言葉が関係しているのであれば、その言葉をカギかっこで引用して書き始めるといいでしょう。 <場面の描写で始める> —冷たい雨が降っている朝だった。 みんなが駅の中へと急ぐ中、車椅子の人が段差を登れずに立ち往生していた —ある日、ネットに友達の写真がアップされていた。 よく見ると…… <短い文で始める> —私の祖父は、右手の指が1本少ない。 —アメリカから、転校生が来た。 書き出しが決まれば、その後はスムーズに体験したできごとを書いていけるはずです。 書き出しをちょっと、工夫してみましょう。 2.1を通して、どんなことに気づき、何を思ったのか 体験を書いたら、その経験を通して「自分」がどう思ったのか、何を感じたのか、そこをしっかりと書いていきます。 なぜなら、同じように体験したとしても、どう受け止めるかは人それぞれ違うからです。 大切なのは「自分が」どう思ったか。 「もし自分だったら…」と、体験したことを自分に引き寄せて考えてみるのも一つのやり方です。 人にどう思われるか、などと気にせずに、思ったことを堂々と、そして素直に書きましょう。 変に気取ったり、いい子ぶらないほうが読み手に伝わります。 3.どんな社会、未来にしていきたいか、という提言 そして結論には、社会への提言を書くといいでしょう。 これまでに書いてきた体験談も、自分が思ったことも、いずれも個人的な、もしくは限られた範囲の話です。 でもそこには、必ず普遍性があるはずです。 個人的な体験でも、それは障害者全体に通じる話だったり、立場さえ少し違えば、私たち誰もが経験し得ることだったりするはずです。 最後のまとめとなる部分なので、自分の言葉で、気持ちを込めて書き上げましょう。 人権作文の書き方のヒントにご利用ください。

次の