多用途運用護衛艦。 海上自衛隊の多用途目的護衛艦いずもは、空母ではないのでしょ...

一気に進水式段階まで建造 護衛艦いずもペーパークラフト

多用途運用護衛艦

多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』にF35B対応させるための改修方針 日本政府および有識者会議「安全保障と防衛力に関する懇談会」が新たな防衛大綱案を提示。 この中で最新鋭ステルス戦闘機F35B導入、および多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』の空母への改修方針を示す予定しているとのことです。 政府は「現大綱を策定した際に想定したよりも、格段に厳しさと不確実性が増大している」と指摘。 日本も空母を保有する必要があると主張しています。 最初からF35Bを載せることが前提だった多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』 しかし、いつものことですが、これはずっと昔から決まっていた既定路線です。 ちょっとでも軍事ネタに興味がある人ならば、• 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』がもともと軽空母として設計されたこと• F35などのVTOL機を導入することも大前提だったこと• いざとなったら改修なしでVTOL機を離発着させることも可能なこと• エレベーターなどもF35のサイズを前提に設計されていること はだいたい知っていることです。 『いずも』軽空母化は出来レース。 「災害派遣に海上ヘリポートが必要」とか言ってたのは嘘、まやかし、ぺてん、いんちき 政府と有識者会議の御用学者たちは 「現大綱を策定した際に想定したよりも、格段に厳しさと不確実性が増大している」 とか、言ってますが、 「どの口が言っているんだ?」 という感じです。 既に最初から軽空母として運用するために「いずも」が建造されたのです。 それなのに 「最初は災害派遣にヘリが必要だと思って導入したけど、なんか世界的にきな臭くなってきたから、軽空母に改修しようと思うんだけどどうする?」 などと政府は言っている。 これは完全に国民を騙そうとしているとしか思えません。 ペテンに近い。 子供が 「パソコン買うと学習に役立つことがいっぱいあるんだよ。 英会話の自習にも使えるし、グラフも立体も視覚的に見ることができるから、欲しいんだけどなぁ・・・」 と言いながら、実際にパソコンを買った後はネトゲーやエロサイトめぐりに使い始めた・・・くらいのペテン、インチキだと思います。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』は防衛に役に立つのか? これについては意見が分かれると思いますが、個人的には、空母は全くの時代遅れだと思っています。 まず第一に、現代では数十年前と異なり、宇宙にある人工衛星からどの船がどこにいるかは丸見えです。 画像の更新タイミングもどんどん短くなっており、バレバレなんです。 いざ戦争になったら、空母が存在する海域には無数の巡航ミサイルが撃ち込まれるはずです。 もしかしたら核弾頭搭載のSLBMが発射されるかもしれない。 超音速の自律非行型巡航ミサイルが撃ち込まれるかもしれない。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』の空母打撃群を構成する艦は? 真面目に空母打撃群を構成しようとしたら、15程度の艦隊編成は必要と言われています。 海自の船をそんなに動員したら他の場所がスッカスカになります。 もっというと、そこに核ミサイル撃ち込まれたらオワコンです。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』の入渠中は別の軽空母が役割を引き継ぐ? 当然、いずも一隻では空母はダメ。 修理中に引き継ぐための代わりが必要。 そのためのコストもかかります。 護衛艦も含めて冗長性が必要になるため、かなり大きなコスト発生源になる可能性があります。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』に載せるF35Bのパイロットの訓練は現実的なのか? どう考えても現実的じゃないです。 たぶん、誰がどうみても無理があると思います。 訓練役を米軍退役軍人から雇うんでしょうか。 訓練終了までに相当の時間がかかるはずです。 きっと、多用途運用護衛艦『いずも』を軽空母化しても、米軍が利用することになると思います。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』は誰のため? 個人的には、多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』は日本防衛時に中国やロシアとやりあうには不向きだと思っています。 ミサイル全盛の時代に空母はすでに時代遅れです。 さらに未来には、無人機や超音速自律非行型ミサイルが全盛の時代に向かっていますから、なおさら空母は時代遅れです。 では軽空母はどういった場合に使えるかといえば、核や最新鋭の巡航ミサイルをあまり持ってない国への攻撃時だけ。 つまり、シリアだとかアフガニスタンだとかそういうところです。 そういった紛争地に多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』を派遣するのなら意味があります。 つまり、米軍の後方任務を担う・・・それが『いずも』導入時の当初からの目的だったのではないか、という気がします。 最初から、アメリカのために日本のカネで導入した軽空母が、『いずも』だったのではないか?ということです。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』導入で、米国側に旗色を見せる必要に迫られる可能性 上でも書きましたが、多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』が効力を発揮するのは、タリバンなど対テロ戦などのような場合と思われます。 間違っても、対ロシアや対中国じゃありません。 そんな強い相手に使っても、開戦後数時間で沈んでしまいます。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』導入で、米国の侵略戦争の片棒を日本が担ぐことになる可能性 上に書いたように、多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』はそもそもが米国側とのツーカーの関係で導入されたのではないか?という気がします。 このままいくと、日本は将来、米国の侵略戦争の片棒を担ぐことになる可能性があります。 多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』を導入したことが安全保障の強化に繋がっているようにはみえません。 むしろ、世界のどこかの紛争時に多用途運用護衛艦 軽空母 『いずも』を派遣することで、無用に旗色をみせることに繋がり、日本がテロのターゲットになりやすい環境を生み出すことに繋がるのではないか? そんな気がしています。

次の

海上自衛隊 護衛艦 かが 多用途運用母艦 ハセガワ プラモデル

多用途運用護衛艦

自民党と公明党の防衛大綱作業チームは、5日の会議で空母に改造した護衛艦を「多用途運用護衛艦」と呼ぶことで意見が一致したと朝日新聞が6日伝えた。 防衛大綱は、日本の防衛政策の基本方向を定める指針であり、今月中旬に閣議決定する予定だ。 日本政府は、改定防衛大綱に空母運用宣言を公式化する内容を入れると見られる。 自民党は、当初は「防御型空母」という名称使用を考慮していた。 日本政府は専守防衛 攻撃を受けた時にのみ防衛力を行使し、その範囲は最小限とする 原則のために、攻撃型空母は保有しないという立場を維持しているためだ。 しかし、連立与党の一軸である公明党が「空母という言葉はだめだ」と反対した。 その後5月に自民党は「多用途運用母艦」という表現を持ち出した。 公明党は「母艦」という表現が「空母」を連想させるとして再び反対した。 連立与党の作業チームを率いる小野寺五典元防衛相は5日「多用途であり、あくまでも護衛艦の範囲で色々な運用が可能というのが作業チームの共通認識」と話した。 だが、護衛艦の空母改造で専守防衛原則が形骸化されかねないという憂慮を名称の変更だけで払拭させるのは難しく見える。 一方、自民党は自衛隊の存在を憲法に明記することを含む改憲案の年内国会提出をあきらめた。 自民党は当初、年内に改憲案を衆議院憲法審査会に提出する予定だった。 だが、野党が一方的推進に反発して審査会への参加を拒否しているために提出が難しくなった。 改憲案の提出は来年に延期されると見られる。

次の

いつの日か多用途運用護衛艦「いずも」をその実力どおり空母と呼びたい

多用途運用護衛艦

AMS 4302 すおう 基本情報 種別 多用途支援艦 運用者 建造期間 2001年 - 2008年 就役期間 2002年 - 就役中 建造数 5隻 前級 次級 最新 要目 980 1,400トン 65. 0 m 最大幅 12. 0 m 深さ 5. 8 m 3. 計画番号はJ-147。 概要 [ ] 各種射撃訓練の支援の他、自走不能になった僚艦や標的艦の曳航・・救難・物資輸送・離島に対するや新装備の洋上試験など多目的に使用するために建造された。 5隻の後継となる艦であり、1番艦は度計画に基づき2001年に起工、2002年に就役している。 海上採油基地用のサプライ・ボートをベースにした設計で、後部には広い作業甲板兼貨物搭載甲板を備え、船体は後部甲板が一段低いものとなっており、構造物もなくスペースがとられている。 射撃訓練支援の場合は、ここに自走式水上標的(通称バラクーダ)や曳航式水上標的を搭載し作業を行うほか、ここに各種物資を積載することもできる。 自走不能になった僚艦を曳航することも任務の一つであることから、機関出力は5,000馬力と排水量に対してかなり強力になっており、も単艦で曳航することが可能である。 艦の中央に大型のを1本備えており、艦橋構造物とは独立している。 当初、3番艦の「あまくさ」までは武装を有しておらず、放水銃が艦橋上にあるのみだったが、4・5番艦の「げんかい」と「えんしゅう」は警備上の理由から用の銃架を艦橋上左右舷に追加装備した。 また、1~3番艦も修理時等に順次装備するよう改装された。 ただし、海自では12. 7mm機関銃は武装ではなく搭載火器扱いとなるために表記はされていない。 その他に、「げんかい」と「えんしゅう」はの訓練支援も念頭に置いて水中通話機を、また、外洋での活動を考慮して減揺タンクを装備するなど、3番艦までと比べてある程度の改良が施されている。 機関は「ひうち」、「げんかい」、「えんしゅう」が6MG28HXディーゼルを、「すおう」と「あまくさ」は6DKM28ディーゼルを採用している。 各艦の名前は、の名前に由来する(、、、、)。 同型艦 [ ] 艦番号 艦名 建造 起工 進水 就役 所属 AMS-4301 2001年 (平成13年) 1月18日 2001年 (平成13年) 9月14日 2002年 (平成14年) 3月27日 舞鶴警備隊 () AMS-4302 京浜事業所 2002年 (平成14年) 9月19日 2003年 (平成15年) 4月25日 2004年 (平成16年) 3月16日 大湊警備隊 () AMS-4303 2002年 (平成14年) 12月3日 2003年 (平成15年) 8月6日 佐世保警備隊 () AMS-4304 2006年 (平成18年) 11月7日 2007年 (平成19年) 5月24日 2008年 (平成20年) 2月20日 呉警備隊 () AMS-4305 2006年 (平成18年) 12月19日 2007年 (平成19年) 8月9日 横須賀警備隊 () 参考文献 [ ].

次の