ユミル リンク 株式 会社。 ユミルリンクとは

サイボウズとの資本提携に関するお知らせ|ニュース

ユミル リンク 株式 会社

ユミルリンク株式会社 YMIRLINK Inc. 2月に、株式会社、の3社を中核とする企業グループの傘下となる。 自社製品である事業を主業としている。 概要 [編集 ] 同社eメールメッセージング製品「Cuenote」は用途に応じ3製品が提供され、いずれの製品も自社開発の MessageTransferAgent である。 並列化を行う事でメール配信・転送処理が高速化されている事が特徴である。 1 Cuenote FC 大規模一斉送信用メール配信ソフトウェア 2 Cuenote MR eメールソフトウェア 3 Cuenote SR-S リレーサーバー 国内企業の海外市場におけるメールマーケティングの需要拡大に応え、メール配信システム「Cuenote FC」ではやほか世界の約60言語で作成したメール文章に対応。 対策の認証技術「」の啓蒙および国内普及を目的として2010年11月に設立されたJapan Working Group に参加。 当団体が策定するリコメンデーションに基づき、2011年7月にメール配信システム「Cuenote FC」がに対応したと発表している。 同社では開発言語としてを用いる事が多く、開発「TripleTail」や、携帯対応日本語などをで公開するなど、技術情報の公開を行っている。 同社のeメールメッセージング製品「Cuenote」ではの他にとが用いられている。 入念なプロファイリングにより、Erlangでボトルネックとなる処理をC言語による実装に置き換えることで、大幅な高速化を実現している。 出典 [編集 ]• 2018年6月22日閲覧。 外部リンク [編集 ]• 所属団体 [編集 ]•

次の

業務提携に関するお知らせ

ユミル リンク 株式 会社

ユミルリンク株式会社とは、7月設立のに本社を置く開発会社である。 2月に、株式会社、の3社を中核とする企業グループの傘下となる。 自社製品である事業を主業としている。 ユミルリンク株式会社 YMIRLINK Inc. 並列化を行う事でメール配信・転送処理が高速化されている事が特徴である。 1 Cuenote FC 大規模一斉送信用メール配信ソフトウェア 2 Cuenote MR eメールソフトウェア 3 Cuenote SR-S リレーサーバー 国内企業の海外市場におけるメールマーケティングの需要拡大に応え、メール配信システム「Cuenote FC」ではやほか世界の約60言語で作成したメール文章に対応。 対策の認証技術「」の啓蒙および国内普及を目的として2010年11月に設立されたJapan Working Group に参加。 当団体が策定するリコメンデーションに基づき、2011年7月にメール配信システム「Cuenote FC」がに対応したと発表している。 同社では開発言語としてを用いる事が多く、開発「TripleTail」や、携帯対応日本語などをで公開するなど、技術情報の公開を行っている。 同社のeメールメッセージング製品「Cuenote」ではの他にとが用いられている。 入念なプロファイリングにより、Erlangでボトルネックとなる処理をC言語による実装に置き換えることで、大幅な高速化を実現している。

次の

ユミルリンク株式会社 求人情報

ユミル リンク 株式 会社

ユミルリンク株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:計 和友紀、以下 ユミルリンク)は、アイテック阪神株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長: 河原 伸吉、以下 アイテック阪神)が過半を出資する アイテック阪神戦略パートナーズ投資事業組合(業務執行組合員: 住信インベストメント株式会社、以下アイテック阪神戦略パートナーズ)を割当先と する第三者割当増資を実施し、アイテック阪神との業務上の提携を推進していくこと で合意しましたのでお知らせいたします。 企業と顧客間を結ぶインターネットコミュニケーションはますます重要化されてきて おり、あらゆる分野で多様化が進んでいます。 ユミルリンクはメール配信のコアとな るメール送受信エンジン(MTA)を独自開発しており、マーケティングに関する パッケージソフトおよびWEBソリューションの提供を主として事業展開をしています。 一方、阪神電鉄グループであるアイテック阪神は、インターネット事業、 ソリューション事業、システム開発受託事業、医療システム事業等、多岐にわたる IT事業で豊富なノウハウを持っており、相互のシナジーが期待できると判断しまし た。 また、今回の割当先であるアイテック阪神戦略パートナーズは、アイテック阪神 と住信インベストメント株式会社が共同で設立したベンチャー企業向け投資事業組合 であり、アイテック阪神と事業面でのシナジーが期待される企業を対象とした投資を 行っています。 この資本業務提携により、ECをはじめとするWEBビジネス全般の強化や専門分野に向 けたメール配信など各種マーケティングツールの販売強化、経営資源やノウハウの相 互活用を通じ、両社の利益拡大および事業基盤の強化を図ることを計画しております。 1.業務提携の概要 ユミルリンクの既存顧客や新規顧客に対して、ECシステムをはじめとする各種WEB システムの販売支援。 また、アイテック阪神の既存顧客や新規顧客に対してメール 配信をはじめとするマーケティングツールの販売支援・強化。 さらに、両社のWEBに 関するシステム開発等での協業を検討し、事業強化を図ってまいります。 2.資本提携の概要 新規発行株式の総額:普通株式 39,997,000円 増資後の資本金 :118,281,860円 払込日 :平成18年11月30日 割当先および株式数:アイテック阪神戦略パートナーズ投資事業組合 1,739株 発行済株式総数に占める割合4. 9% 3.会社概要 商号 :アイテック阪神株式会社 代表者 :河原 伸吉 所在地 :〒553-0001 大阪市福島区海老江1丁目1番31号 設立年月 :1987年7月 主な事業 :インターネット事業 アウトソーシング事業 医療システム事業 ソリューション・システム開発事業 ビル関連事業 技術サービス事業 機器販売事業 詳細については、 をご覧ください。 商号 :ユミルリンク株式会社 代表者 :計 和友紀 所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-3-8 恵比寿イースト438ビル4F 設立年月 :1999年7月 主な事業 :メール関連事業(メール配信、フィッシング対策製品等) ソリューション事業(EBook、IM、SNS、PCソフト、ブログ、SEO) システムインテグレーション事業 ネットワークマネジメント事業 詳細については、 をご覧ください。 【本件に関するお問い合わせ先】 アイテック阪神株式会社 マルチメディア事業本部:木村(hd7707 itec. hanshin. jp) TEL:06-6347-0384 FAX:06-6452-2114 ユミルリンク株式会社 広報担当:杉浦(sugiura ymir. jp) TEL:03-6820-0088 FAX:03-5791-3262• 東北地方• 関東地方• 中部地方• 近畿地方• 中国地方• 四国地方• 九州地方• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• その他.

次の