あやしい彼女主題歌。 Amazon

多部未華子、『あやしい彼女』で歌に苦戦!

あやしい彼女主題歌

このたび、多部さんがそのコメディエンヌぶりと美声を披露する魅惑の予告映像が解禁、さらに小林武史プロデュースによるユニット「anderlust」が主題歌を担当することが明らかとなった。 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。 その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。 で本気の恋に悶絶するヒロインを軽ろやかに演じた姿も記憶に新しい多部さんは、数々の映像作品、舞台への出演を重ねる実力派にして、老若男女問わず愛される、いま最も輝く女優のひとり。 このたび解禁された予告映像では、そんな多部さんがキュートな笑顔、驚き、照れ顔、涙、白目姿まで披露し、コメディエンヌとしての実力をいかんなく発揮、新たな一面を目にすることができる。 さらに本作では、初めて本格的な歌唱にも挑戦! 「見上げてごらん夜の星を」「悲しくてやりきれない」など、音楽プロデューサー・小林武史によってアレンジされた往年のヒット曲を歌い上げ、今回の映像にも多部さんによる「真っ赤な太陽」が使用されている。 そして、映像の後半に流れる印象的な主題歌は、小林さんがプロデュースし、3月30日(水)にデビューを控えた期待の大型新人「anderlust」の「帰り道」。 シンガーソングライター・越野アンナとベーシスト・西塚真吾が結成したユニットが生み出す楽曲に、水田監督も「小林武史さんと一緒に作ったという、書き下ろしデモを聴いて、楽曲の圧倒的な魅力、アンナの透明で伸びやかな歌声に即決しました」と太鼓判を押している。 また、越野さんは水野監督のアイディアにより、本作へ出演者としても参加しているという。 『あやしい彼女』は4月1日(金)より全国にて公開。 《text:cinemacafe. net》.

次の

『あやしい彼女』感想…「彼女」はあの人だからこそ輝く : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

あやしい彼女主題歌

映画『あやしい彼女』を観た人の感想、評価、口コミ あやしい彼女すごく感動した! 多部未華子さん歌うますぎて泣きそうになった wacci見たさに「あやしい彼女」見てきた! 面白かったし号泣もして、なんかいい映画だったな。 多部ちゃん可愛いし、歌声もいいし、要潤さんかっこいいし、オススメの映画。 そして、自分の悩みのちっぽけさに気付かされ、くだらん悩みだな。 どうでもいい。 愛くるしいコメデイアンヌ多部未華子の魅力炸裂。 笑って泣け、心が温かに。 昭和歌謡やファッションもイイ。 特に「悲しくてやりきれない」には泣けた。 韓国版も号泣したが、息子を娘に変更も有りだね。 いきなばあちゃんが若返って歌姫になる話。 面白かった。 多部未華子さんが歌う場面が必見。 引きつけられてしまいました。 ストーリーは突っ込みどころもあるけどね。 多部ちゃんの『あやしい彼女』がすごくよかったから、韓国オリジナルも見たいと思ってTSUTAYAに行ったら、扱ってないだと!? 悔しいからチェイサーとグエムル借りてきた。 ハジョンウとガンホを補充。 あやしい彼女鑑賞。 ほぼ前情報なしで主演多部未華子、音楽監修小林武史ということで言った。 多部未華子ちゃんがCD出したら買う 「あやしい彼女」鑑賞。 正直、観る前はどうだろうと思っていたが、日本オリジナルの部分が成功していて良かったと思った。 ベースとなる物語が多くの人を惹きつける要素を含んでいるので安心して観ていられる。 「あやしい彼女」を鑑賞。 韓国版の下品さが無くなり見やすかった。 多部ちゃん可愛いし、要さんはかっこいい。 泣き、笑い家族の大切さ、親子の絆、どの年齢層にも大丈夫な作品かと。 最後の最後に出てきた人にびっくりしました。 あやしい彼女を見て思ったことは今の年齢で「疲れた」とか言ってられない今やりたいことやらなくちゃね!! あやしい彼女めっちゃ面白かった! 多部ちゃんの歌声はほんま惚れそう いや惚れたね。 2014年製作の韓国映画「怪しい彼女」のリメイクとなる水田伸生監督によるコメディ。 韓国の強固な家族関係を反映したオリジナルを日本に移植するのは無理があるかと思えたが昭和の香りを残す実在の佐竹商店街や秋葉神社等の舞台設定が功を奏している。 あやしい彼女、多部ちゃんの可愛さにやられたけど次郎さん役の志賀廣太郎さんにキュンキュンしっぱなしだった・・・愛おしすぎる 日本版あやしい彼女には韓国版にも中国版にもなかった「夢を叶えたその先」という要素があるんだよね。 そこが良いと思ったし、もっと掘り下げてほしかった。 映画あやしい彼女の曲。 なかなかいいですね。 サビの抑揚がいい。 リメイクするなら多部ちゃんがピッタリと思っていたので大満足。 コメディだけでなく泣けるシーンもあり予想外に良かった。 多部ちゃんの歌声も美声でいい感じ。 個人的には、多部ちゃんのカバー曲オンリーでアルバム出してほしいくらい。 楽しかった。 切なかった。 考えさせられた。 だから、ぼくが言ってやる。 でっかい声で、言ってやる。 がんばれって、言ってやる。 聞こえるかい、がんばれ。 水田伸生「あやしい彼女」 倍賞美津子は冒頭の時点で今を謳歌している印象で、青春を取り戻す喜びは原典に及ばない。 要潤とのロマンスも中途半端。 けど嫁姑から実の母娘に変え、母子の絆を重層的に据えたのは良い改変。 姉御肌と母性が全開な多部未華子の快演もあり、見事な女性賛歌に仕上がっていた。 【あやしい彼女】 戦後から苦労のし通しだった老婆に再び青春がやってくる。 昭和歌謡が彩る下町人情コメディ。 多部未華子が可愛いすぎる。 レトロファッションがよく似合う。 変な格好や動きをすると益々可愛い。 透き通る声で真直ぐ歌う、多部ちゃんの歌が心に響く。 とにかく多部チャンがキュートで歌声のピュアさに驚く。 志賀廣太郎さんまでキュートでピュア。 韓国版とストーリーは殆ど一緒だったけど次郎のキャラが立ってる分だけ日本版の方がオチの点では勝ってると思う。 リメイク成功作。 『あやしい彼女』鑑賞。 オリジナルは観てないが、典型的な笑いあり、涙あり、そして最後はほっこりする、思ったより楽しめた一種のファンタジーコメディだった。 ボイトレを積んだ多部ちゃんの歌も見事で、小林武史の主題歌は何度も聴きたくなる。 選曲が今一かな。 唄も正直下手。 あんなんじゃ魂は揺さぶられない。 やはりオリジナルの方が一枚上手か。 金井克子出したんだったらさ…。 『あやしい彼女』観てた。 多部ちゃんが!!!かわいい!!!それだけで全部許せる。 内容はあんまり期待せずに観に行ったんだけど意外と面白かったし大満足です 映画「あやしい彼女」を観た。 多部未華子が唄う「悲しくてやりきれない」の透明感にやられた。 『あやしい彼女』 コメディ要素満載の映画だと思って笑いながら観るつもりだったけど、、、 いや、もちろん笑える場面もいっぱいなんだけど、個人的にはそれ以上に感動しちゃうシーンが多くて。。 あやしい彼女観てきた!! 最初、匠海から始まったからびっくりした😍 多部未華子歌すごく上手いし、それを匠海が作ったと思うとヤバかった。 すごい面白いし、泣けるところは泣ける😢 あやしい彼女 観てきました おばあちゃんが若返って バンドするってゆう設定が おもろいと思って 映画観に行ったけど かなりのヒューマンドラマで 考えさせられました あやしい彼女、とにかく多部ちゃんが可愛かった。 歌声もファッションも髪型も。 『あやしい彼女』を見たわけだがこれがまた好きになれない映画だった…。 設定は面白そうなんだけどなあ…こう…細かい思想的な部分で好きになれない… 映画「あやしい彼女」最高だったよ。 「ちはやふる」を超えたね、オレの中では。 イヤ本当によかった。 熱い涙が出ちゃったよ。 多部未華子はすずちゃん超えたね。 劇中、バンドで歌っちゃうし。 すっごくおすすめだよ。 最後の最後にちはやふるのあの人、、 今日はたべみちゃんの『あやしい彼女』を観てきたんだけど、5、6年前の小山君に演じて欲しいと思ったヒモ気質のバンドマンな孫へ「あーん」て食べさせてあげるシーンがなくて、「あれが彼の可愛さの凝縮シーンでしょうが!!!!!」と憤慨した。 その他諸々ポイントを外しすぎていて地団駄。 また要さんに会いに劇場に行きたいと思います。 今まであまり言ってこなくて今更ズルい感あるけど、言わせて 多部未華子さん好きでわりと大抵の作品は網羅してるつもりなんだけど、 今回は大爆発起こして好きじゃを超えた。 予告編観て面白そうと軽い気持ちで行って来ました。 多部ちゃんの歌にジーンとし、改めて母親の有り難みを思い起こさせる映画だと感じました。 あやしい彼女観てきた!面白かった〜多部ちゃんかわいいし演技うまいし歌もうまいしかわいいしかわいい ほぼ韓国の原作と同ストーリーですが、ヒロインの歌う古い楽曲が馴染みの「邦楽」になると、それらのシーンの説得力が一気に高まります。 録音技師は弦巻仁さん、音響効果は松浦大樹さんです。 「あやしい彼女」見てきた! どうしても韓国版と比べてしまうけど、誠実にリメイクしていてナイスだった。 多部ちゃん他キャストも好印象。 オリジナルを知らなかったら泣いていたかなぁ。 歌のチョイスは、個人的にはヒットしなかった。 聴かせるものはかりで、もっと盛り上がる曲が入っててほしかった。 そうきたか…って感じ。 志賀はんと多部ちゃんのやり取りは おばあちゃんおじいちゃんにちゃんと見えるから面白い。 周りがもっと魅力的に撮れてたら…彼女だけで引っ張っていった感。 倍賞はんもちょい形無し。 オリジナルの主題歌より多部ちゃんの唄った あれ彼女の地声? やつの方が聞かせる。 『あやしい彼女』 wacciが出ているということで「あやしい彼女」ミテキマシタ。 たくさん泣いた。 思ってた以上に音楽の映画でした。 多部ちゃんの歌声じーんとする。 イイね! そしてwacciけっこうちゃんと出てた。 わっふぉい! いで映画はしごしたけど…あやしい彼女!すごい好きな内容だった!!終わり方がね、もうね、、良かったよ…。 個人的にすごい韓国っぽいなって思うところがあって、あれは本家と同じシーンなのかなとか、本家も見よう!ってなった。 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ...

次の

多部未華子、コメディエンヌぶり開花!『あやしい彼女』予告編&主題歌解禁

あやしい彼女主題歌

『あやしい彼女』の多部未華子 『謝罪の王様』 13 の水田伸生監督がメガホンをとった『あやしい彼女』 4月1日公開 で、見た目は20歳だけど、中身は73歳のおばあちゃんという難役にトライした多部未華子。 でも、一番苦労したのは、演技ではなく歌だったそう。 多部にインタビューし、気になる撮影裏話を聞いた。 頑固で毒舌、おせっかいなおばあちゃんのカツ 倍賞美津子 が、ある日写真館で写真を撮られた瞬間、20歳の自分に若返ってしまう!多部が演じたのは、若き時代のカツ役で、失われた青春を取り戻そうと、別人・大鳥節子 多部未華子 となり、歌姫として注目されていく。 劇中で澄んだ歌声を披露している多部は、劇中歌をプロデュースした小林武史やボイストレーナーから撮影前に3カ月間のレッスンを受けた。 「練習期間がけっこうあったので、どうにか形にはなるだろうとは思っていたのですが、やはり難しかったです」。 多部をメインで指導したボイストレーナーとは、二人三脚でやっていった。 「最初は、ちょっと音程が違うとか、走りすぎるとか、そんなレベルのところから練習が始まりました。 専門用語もわからない私に、先生はすごく丁寧に教えてくださいました」。 歌については、いくら練習していっても、自分で手応えを感じることはできなかったようだ。 「録音して、家へ帰ってから自分の歌を聴いたりもしていたのですが、私には引き出しがないし、いろんなアプローチをしていく技量もないので、目的地がない状態で稽古をしていた感じです。 いろいろと迷うけど、迷うにしても答えがないので、ふわふわした状態で。 最終的には、感情が大事だという話に行き着き、技術よりも感情だという結論に至りました」。 仕上がったピュアな歌声に、共演の要潤は瞬きをすることすら忘れてしまったと舞台挨拶で告白していた。 多部は「ああいうの、困りますよね」と恐縮しながら照れ笑い。 ザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」を歌うシーンでは、一筋の涙が流れ、観る者の胸を打つ。 その時の心境について尋ねると「本番では泣こうと決めていました」とすんなり言う。 本番に強いタイプなのだろうか? 「いろんな役者さんがいらっしゃって、リハーサルからちゃんと合わせる人もいれば、リハーサルと本番で、同じことが何度もできる人もいます。 でも、私はあまりできるタイプではないので、本番に合わせて頑張ります。 テストの時、何も考えてないことはないですが、何となく、本番は頑張るものだと思っています」。 2005年に『HINOKIO』と『青空のゆくえ』のフレッシュな演技で、ブルーリボン賞新人賞を受賞してから10年以上が過ぎ、着々とキャリアを積んできた多部だが、女優を続けてきて壁にぶち当たったりしたことはないのだろうか? 「ないですね。 悩んだりしたこともありません。 いや、たくさんあると思いますが、いまは出てこないです。 良くも悪くも仕事だと割り切っているので、スイッチのオンオフがしっかりできていると思います。 昔はそうではなかったので、そこは最近変わったかもしれません。 それで、気持ちは楽になったような気がします」。 いまや同世代のトップ女優だが、肩肘張らない姿勢が清々しい。 「1つの作品を作るのにプロが集まり、目標に向かってみんなで頑張る環境にいられることはとても幸せなことだし、そこが楽しいなと思っています。 私は、そこでたまたま演技をする立場というだけです」。 自分を着飾る美辞麗句は一切使わず、常にニュートラルに自分の思いを語ってくれた多部未華子。 演技力はもちろん、人間力についても頼もしい安定感を感じさせられた。

次の