小田急 線 遅延 な う。 小田急線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は5つ

小田急線 遅延に関するリアルタイム情報|ナウティス

小田急 線 遅延 な う

当証明書の発行対象時間は、初電から0時頃(24時頃)までの運行時間といたします。 当証明書は、小田急線の運行が5分以上遅れた場合に発行いたします。 当証明書は、上・下線別に初電から10時、10時から17時、17時から0時頃(24時頃)までの時間帯別に発行いたします。 当証明書掲出期間は、当日から7日間といたします。 運行状況により遅延時分を更新いたしますが、ホームページ上に掲載されている遅延時分は、現在の運行状況を表示するものではないため、実際の遅延時分とは異なることがあります。 小田急線の各駅で発行している遅延証明書の遅延時分は、ホームページ上で掲載している遅延証明書の遅延時分とは異なることがあります。 当証明書は、小田急線の上・下線別で発生した最大の遅延時分を証明するものであり、個々の列車の遅延時分を証明するものではありません。 また、お客さまがご乗車されたことを証明するものではありません。 当証明書は、当社線列車の遅延のみを証明するものであり、遅延によりお客さまに生じた損害等を賠償することを証明するものではありません。 当社が発行した小田急線乗車券以外の乗車券、航空券、旅行券等の払いもどしについては、当該券面が効力を有する会社の規約・約款類によりますので、ご注意ください。

次の

最多は月19回!「遅延の多い路線」ランキング

小田急 線 遅延 な う

リニア中央新幹線建設工事の談合疑惑、東海道・山陽新幹線の台車亀裂など大きなニュースの陰に隠れ、メディアで取り上げられることはほとんどなかったが、首都圏で電車通勤するビジネスパーソンにとっては見逃せないニュースだ。 国交省は2017年度から首都圏の各鉄道事業者の遅延証明書の発行状況、遅延の発生原因、遅延対策の取り組みなどについて数値やグラフを使ってわかりやすく示していくという。 今回の発表では、2016年度について1カ月(平日20日間)当たりの遅延証明書の発行日数がデータとして記載されている。 遅延証明書の発行ルールは、JR東日本(東日本旅客鉄道)では「午前7時~11時の間に、おおむね5分以上遅れた」場合に発行するとしている。 首都圏におけるほかの鉄道事業者もすべて5分以上の遅延で発行するとしている。 つまり、遅延証明書の発行状況を調べることにより、5分以上の遅れがあった日がどのくらいあるかを確認することができる。 5分以上の遅延ワースト1位はJR中央・総武線各駅停車 そこで、首都圏を走る45路線について遅延証明書の発行日数の多い順に並べてみた。 1日という結果になった。 平日20日間当たり19. 1日、つまりほぼ毎日、遅延が発生しているということになる。 8日という結果になった。 11位以下の主な路線を見ると、東京メトロ東西線が11位で16. 4日、東急田園都市線が25位で11. 8日、西武池袋線が26位で11. 1日といった状況だ。 遅延証明書の発行日数が10日を超えたのは45路線中、29路線。 つまり、月の平日の半分以上で遅延している路線は全体の3分の2近くになる。 「定時運行」は世界に誇る日本の鉄道の強みのはずだが、こと朝の時間帯に関してはまったく当てはまらないという状況が浮き彫りになった。

次の

【小田急線】遅延&運転見合わせ【常時更新】 運行最新情報をツイッター収集

小田急 線 遅延 な う

まず、小田急線では安全確認の実施に時間が多くかけられている。 ドア挟まりなどの対応、線路内立ち入り、ホーム上の転落事故による列車緊急停止などはもちろんのこと、車掌の発車時の安全確認にさえも動作に時間がかかることで電車の遅れにつながる。 人身事故もまた起きやすい。 踏切が数多くあり、自動車や歩行者との接触・衝突が起きやすい。 路線距離が長い。 私鉄の中では長い方に分類し、小田原線の新宿~小田原は82. 5kmもある。 相互直通運転も実施していて、代々木上原駅から東京メトロ千代田線の電車が相互乗り入れをおこなう。 さらに、千代田線のもう一方の端ではJR常磐線とも乗り入れを実施。 そして、無視できない要因が慢性的な混雑。 代々木上原~向ヶ丘遊園間の複々線化が完成したものの、快速急行・急行といった優等列車では相変わらず大混雑。 停車駅での乗り降りに時間がかかりやすく、電車の遅延の原因にまだまだなっている。 人身事故・安全確認 人身事故に関する事情は特に厄介者。 小田急では路線距離が長いことと踏切が多いことで人身事故に関連する運転見合わせが目立つ。 一度事故が発生すると、最低3、4時間は列車の運転が再開できない。 大規模な運転見合わせに発展するのは避けられない。 駅構内でも発生するのは確かだが、踏切の有無ではその頻度の面で変わってくる。 踏切での人身事故 小田急線では、複々線区間の代々木上原~向ヶ丘遊園間でこそは踏切がほとんどないものの、それ以外の区間ではいくつも存在する。 (多摩線を除く) 踏切は人身事故が起きる場所の典型的な原因。 自動車・自転車・歩行者と電車が衝突する交通事故が鉄道では「人身事故」と案内される。 踏切での事故は電車が長時間100%止まってしまうことになるのは確実。 復旧・運転再開まで長い時間を要する。 大幅にダイヤが乱れ、運転再開後も元通りにはならない。 小田原線は向ヶ丘遊園~新松田の区間、江ノ島線は全線にて特に踏切関連のダイヤの乱れが発生する傾向。 安全確認の実施 列車通過直前の立ち入り、障害物の検知、駅構内の列車緊急停止ボタン(非常ボタン)の作動による安全確認も遅延の原因の1つ。 電車と人や車が衝突・接触しなくても一旦電車が緊急停止すると乗務員による安全確認を行うことになる。 ドアの荷物挟まり、急病人の救護などもよくあるパターン。 いずれの場合でも異常がないことの確認作業には最低でも5分はかかる。 高密度運転を実施する小田急線ではすぐに全線に影響が出てしまう内容。 さらに、車掌動作にも遅れにつながる点がある。 小田急線では電車の発車時の車掌のホーム上の安全確認には時間をかける傾向がある。 一度ドアを閉めた後にモニターなどでよく監視してから運転士に発車合図のブザー信号を送るが、ここの動作で30秒程度かけることが日常茶飯事。 乗客が黄色の点字ブロックの外側を歩いている場合だと電車を発車させない。 これによって停車時間が長くなり、後続列車が駅ホームに入線できなくなるなどして連鎖的に遅延へとつながりやすい。 相互直通運転による影響 小田急では代々木上原駅を境界として東京メトロ千代田線およびJR常磐緩行線と相互直通運転を行っている。 代々木上原~綾瀬間は千代田線、さらに綾瀬~取手間にてJR常磐線へと同一の電車が行き来する関係上、どこかで何かしらのトラブルが起こりやすい。 小田急線内では平常運転の状態でも、千代田線や常磐線で遅れが出ると、小田急線でも同時に遅れが出る。 これが他の路線のダイヤの動向に左右される直接的な理由。 重大な要因はない JR常磐緩行線に起因する遅延は、重大な内容は特にない 混雑などで遅れることがあるが、こちらは千代田線からの影響で生じることが多い。 架線支障、ポイント故障、信号トラブル、電気系統の不良などがあるが、頻度的には少ない。 距離(営業キロ数)が長い 距離自体の長さも特に遅延の温床となりやすい。 主な運転区間の営業キロ数は以下の通り。 新宿~箱根湯本:88. 6km(特急ロマンスカー)• 新宿~小田原:82. 6km• 新宿~藤沢(横須賀線-宇都宮線):55. 4km 小田急線では最長区間を走るのは特急(ロマンスカーなど)の新宿~箱根湯本間の88. 6km。 快速急行、急行などの通勤電車でも新宿~小田原間の82. 6kmも長い。 私鉄の中では距離が長い方に分類。 ふつうの通勤電車でこれほど長い距離を走る本数が多いのは小田急線くらいともいえる。 (他の事例:近鉄名古屋線・大阪線など) 路線距離が長い分、始発駅から終点までの途中で何かのトラブルが発生する確率が高い。 前述の踏切事故はもちろんのこと、さらに架線支障、ポイント動作不良、信号トラブルなどの設備の故障が起こるリスクがある。 線路の距離が長ければ長いほど、途中の地点で設備の破損等が起こりやすいとは何となくでも想像できる。 慢性的な混雑 混雑が原因での遅延の詳細• 列車種別による偏りが大きく、快速急行・通勤急行などが超満員 >> 小田急小田原線の朝ラッシュは以前こそは200%近くの数値を出していて首都圏でも首位かそれに近い存在だった。 しかし、2018年3月の複々線化事業の完成にとって朝ラッシュの本数が大幅に増加。 とはいえ、今でも混雑による遅延が出るほど。 混雑が緩和されたのは確かだが、十分に解消されたとは程遠い。 快速急行・通勤急行に集中混雑 朝ラッシュに当たる7~9時の場合で小田原線でまず遅れが生じる列車種別は「快速急行」「通勤急行」のいずれか。 停車駅が少ない分、長距離利用者はこれらの列車に殺到。 各駅停車や通勤準急などの種別もあるが、これらは停車駅が多くて所要時間が長くなるため敬遠する人が目立つ。 そして、快速急行・通勤急行の停車駅にて乗降時間の延長して、電車の遅れへとつながる。 代々木上原~向ヶ丘遊園間こそは複々線ができたものの、新宿~代々木上原、向ヶ丘遊園~新百合ヶ丘間などでは輸送力が不足気味。 そんな状態ではちょっとした遅れでも路線全体に与える影響は増大しやすい。 まとめ 毎日のように遅延が発生していることで悪名高い小田急であるが、どうしていつもダイヤが乱れてしまうのか。 どんな点が原因となっているのか。 遅延が出るのは「everyday(毎日)」というしかないほどと感じる。 本数が多すぎる? 電車の遅れが発生しやすい理由の1つが、本数の多さであろう。 小田急では各駅停車から準急、急行、多摩急行、快速急行などの優等種別の電車が走っている。 さらに、ロマンスカーやあさぎりといった特急列車も走っている。 電車の種類が多い中、どれも同じ線路を走っている。 単なる複線区間の場合、上り線は新宿方面に向かうすべての列車が1本の線路を走る。 複線区間はダイヤ過密 登戸~新百合ヶ丘間は本数が多いものの複々線化は整備されていない。 このことから、どれかの電車で少しでも遅れが発生してしまうと小田急線全体に少なくない影響を与えてしまう。 >> 通過駅のある列車であれば、途中の区間をいつもより少しスピードを出したり、最高速度で定速運転を行えば、ちょっとの遅れなら定刻で到着できるケースがある。 しかし、各駅停車は加速してはすぐに減速するという運転の繰り返しである。 途中の駅で停車する時間を短くするしかない。 乗降時間が長くかかったり、もともとの停車時間が20秒程度なら短縮は不可能だ。 定刻に戻すのは困難であるのは確かだ。 他の私鉄各社の場合、列車種別は2~3つ程度しかないため、どこかで多少のダイヤの乱れが発生しても元通りに回復しやすい。 しかし、数ある種類の電車が存在する小田急ではなかなか回復できないような特徴を持っている。 しかも本数も多い。 先頭を走る電車が遅れればすぐに後続が詰まってしまう。 短い間隔で運行している点もまた、遅れやすい理由ではないだろうか。 発車が遅い! さらに、ドアが閉まってから電車が実際に発車するまでの時間がかかるのも小田急が遅れやすい原因の1つである。 >> 他の鉄道会社を見ると、どこも電車のドアを閉めてから動き出すまでの時間は5秒程度である。 JRは即発車、東京メトロでも5秒くらいで加速し始める。 ところが小田急の場合、主要な駅ではドアが閉まってから加速し始めるまでに20秒近くかかることが多い。 ホーム上で車掌が安全確認を行っているため時間がかかるわけであるが、これもまた遅延の原因になっているのは間違いない。 駅での停車時間が長くなれば、それだけ後続の電車が駅に接近して徐行運転を余儀なくされる。 そうなれば、列車の渋滞が自然に発生してしまい、結果として大規模にダイヤが乱れてしまうこととなる。 その他、各路線の遅延事情について 鉄道事業者 路線名 JR東日本 、、、、、、、、、、、、、、、 東京メトロ 、、、、、、、、 都営地下鉄 、、、 京成電鉄 東武鉄道 、、 西武鉄道 、 京王電鉄 、 小田急電鉄 (小田原線・多摩線・江ノ島線) 東急電鉄 、、、、 京浜急行電鉄 相模鉄道 その他の私鉄 、、、、.

次の