鬼滅の刃折り紙羽織。 鬼滅の刃の胡蝶しのぶの折り紙の折り方!羽織も柄つきの作り方

鬼滅の刃の胡蝶しのぶの折り紙の折り方!羽織も柄つきの作り方

鬼滅の刃折り紙羽織

折り紙で鬼滅の刃の胡蝶しのぶを折るときに使う道具 〇鬼滅の刃の胡蝶しのぶの顔 肌色折り紙1枚 たて7. 5cm 紫色折り紙1枚 たて0. 75cm それでは、実際に折っていきましょう。 折り紙で鬼滅の刃の胡蝶しのぶを折る折り方 鬼滅の刃で胡蝶しのぶを折り紙で作ります。 髪と顔、服とそれぞれ作ってから組み立てます。 では、まずは、胡蝶しのぶの顔を作りましょう。 鬼滅の刃の胡蝶しのぶの顔の折り方 胡蝶しのぶの顔の折り方は、こちらで紹介しています。 この折り紙で作った顔に目や口を描いていきます。 今回は、ダイソーの文具用丸シール中の白色と紫色と黒色のペンを使います。 1 丸シール中に紫で図のように塗りつぶします。 2 下の白い部分を黒色で塗りつぶします。 3 2 の目を折り紙の顔に貼ります。 4 黒ペンで眉毛や口などを描きます。 鬼滅の刃の胡蝶しのぶの髪の折り方 1 上側を下側に向かって折ってから、戻して折り目をつけます。 2 下側を真ん中の横の折り目に向かって折ってから、戻して折り目をつけます。 3 右側を左側に向かって折ってから、戻して折り目をつけます。 4 上側を横に八等分になるように折り目をつけます。 5 下側を6等分になるように折ってから、戻して折り目をつけます。 6 下から1つめと2つめの折り目を合わして折ってから、戻して折り目をつけます。 7 下から2つめの折り目を少しつまんで下側に折ります。 この部分が顔を差し込むところになります。 8 6等分した下側の左側と右側、それぞれ1つめの折り目で折ります。 下から1つめの折り目から、3つめの折り目に向かっては図のように斜めになるように折ります。 9 下側を一つ目の折り目に向かって折ります。 10 上から1つめの折り目で下側に向かって折ります。 11 下側に紫色の折り紙をのりで貼ります。 12 8等分の折り目に沿ってハサミで切ります。 この部分が前髪になります。 13 前髪を胡蝶しのぶの髪型のように整えます。 胡蝶しのぶの顔を差し込みます。 鬼滅の刃の胡蝶しのぶの羽織つき戦闘服の折り方 胡蝶しのぶの羽織付きの服の折り方は、こちらで紹介しています。 胡蝶しのぶは蝶の羽根のような羽織を羽織っています。 実は、この戦闘服の羽織はカバーのように被せることができます。 まずは、羽織のカバーを作ります。 1 白色の折り紙で羽織カバーを作ります。 上側を少し折ってから、下側は羽織の下側で上へ向かって折ります。 2 右上と右下、左上と左下、それぞれ羽織の形に図のように折ります。 3 2 で羽織カバーの大きさが決まったので、その折り紙に羽織の柄を描きます。 4 3 の羽織カバーを戦闘服の羽織に被せます。 右下と左下、下側を戦闘服の羽織の内側に差し込みます。 これで完成です。 羽織を閉じるとこんな感じ。 鬼滅の刃の胡蝶しのぶを顔と服を組み立てて作る 1 胡蝶しのぶの顔と服、蝶(ちょうちょ)を用意します。 胡蝶しのぶの顔。 胡蝶しのぶの戦闘服。 蝶(ちょうちょ)の作り方はこちらです。 戦闘服に白シールで作ったベルトと、丸シール小の黄色を貼ります。 蝶の髪飾りは、胡蝶しのぶは後ろ髪に飾っています。 でも、後ろが見えないので、今回は前髪の上に飾ってみました。 これで胡蝶しのぶの完成です。 スポンサーリンク 鬼滅の刃の胡蝶しのぶを折り紙で作ってみた感想 鬼滅の刃で人気の胡蝶しのぶを折り紙で作ってみました。 胡蝶しのぶは美人なのにかわいい感じ。 だからこそ怖さが際立つのでしょうか。 鬼滅の刃のなかでもすごく気になるキャラクターの一人です。 鬼滅の刃のキャラクターを折り紙で作るなら胡蝶しのぶは作りたい。 今回、無事完成したのでほっと一息です。 鬼滅の刃のファンの子どもも喜こんでくれました。 また、胡蝶しのぶは前髪の髪型を整えるのが簡単ではありません。 今回、胡蝶しのぶの髪には黒色の折り紙を使いましたが、裏側が白色なんですよね。 折り紙の裏側が見えないように髪を折っています。 なお、胡蝶しのぶの蝶の髪飾りは前髪にありますが、本来は後ろ髪の飾りです。 大きめの蝶を作って、前から少し見えるくらいに後ろ髪に貼ることもできますよ。

次の

折り紙 羽織の折り方!「鬼滅の刃」で着物心に火が付いた可愛い和風工作

鬼滅の刃折り紙羽織

羽織の折り方【材料・準備編】 材料 ・折り紙:1枚で羽織が1つ作れます。 下から少しのところで上に2回折り上げます。 羽織の完成です!! 鬼滅の刃風羽織を作ってみた 炭治郎風、緑色の羽織を作りました。 善逸風、黄色の羽織です。 やはり無地ではちょっと物足りない気がしますね。 柄が必要です!柄が!! 毎回折るたびに大きさが変わってしまうので、 ベースの羽織を作ってそれに合わせるようにすると、 いくつ作っても同じサイズの羽織が折れると思います。 あまり長い袖にすると振袖みたいになります。 羽織はそこまで長い袖ではないので、短めに仕上げるといいのではないでしょうか。 今回折った羽織を置いておいたら、子どもが喜んで持っていきました。 鬼滅の刃のごっこ遊びをしているようです。 顔がついていなくても、雰囲気だけでキャラクターが分かるので、いいですよね。 胡蝶しのぶさん風の羽織は絵心がないと難しいと思います。 (絵心が無いので挑戦できません・・・) 羽織の折り方は簡単、そして可愛いのでぜひたくさん折ってみてほしいと思います。 海外の方へのお土産にしても、喜ばれると聞いたことがあります。

次の

折り紙で鬼滅の刃の羽織付きの着物の折り方。他のキャラクターでも使える

鬼滅の刃折り紙羽織

折り紙で鬼滅の刃のキャラクターの羽織付き服を折るときに使う道具 使う折り紙は1枚。 だから、折り紙の大きさは変えないようにしてください。 また、足は折り紙の裏面が見えます。 白色以外がいいなら、両面折り紙を使うか、ペンなどで塗りつぶします。 それでは、実際に折っていきましょう。 折り紙で鬼滅の刃のキャラクターの羽織付き服を折る折り方 1 折り紙をひし形に置いてから、たて半分に折ってから戻します。 そして、横半分に折ってから、戻して折り目をつけます。 2 裏向けてから、折り紙を正方形に置きます。 そして、横半分に折ってから、戻して折り目をつけます。 3 1 と 2 の折り目に沿って、図のように折りたたんで三角形の形にします。 折りたたんだところ。 4 左側と右側、それぞれ表の持ち上げてから、真ん中のたての折り目に向かって図のように折ります。 左側と右側の両方折ったところ。 5 下側の尖った部分を図のように外側に折ってから戻して折り目をつけます。 そして、その折り目で中わり折りします。 これらの部分が足になります。 中わり折りしたところ。 6 上側を図のように少し下に折ります。 7 上側をもう一度下側に向かって図のように折ります。 この部分がウエストの切り替えになります。 8 真ん中の脚の膨らんだ部分を内側に折ります。 好みの形になるように内側に折ってください。 9 左側と右側、それぞれ真ん中に向かって図のように折ります。 10 9 で折った下側の尖った部分を裏側の長さに合わせて上に向かって図のように折ってから、戻して折り目をつけます。 その折り目に沿って中わり折りします。 折り目はこんな感じになります。 内側に中わり折りしたところ。 両方中わり折りしたところ。 11 右側と左側、それぞれ真ん中に向かって図のように折ります。 これで羽織り付きの服を着た体のできあがり。

次の