トラオレ。 「なんという選手だ。信じられない、ちょっと止められない」クロップと主将ヘンダーソンがトラオレを絶賛

ムーサ・トラオレ

トラオレ

ユース時代、彼はまだ背は低かったのですが、 フィジカルの強さ・すさまじいスピードを身に着けていたので、 ウサイン・ボルトというニックネームをつけられていたようです。 (笑) ユースでは、 右サイドバックや右サイドウイングとして活躍していました。 2013年、アダマ・トラオレが 17歳の時にバルセロナBに昇格し、その年に 二度バルセロナのトップチームで出場を果たします。 バルセロナBには2013-2015年まで在籍し、 63試合8ゴールという結果を残し、2014年にはUEFAユースリーグで優勝に貢献しました。 2015年にプレミアリーグの アストン・ヴィラに5年契約で完全移籍します。 しかし、怪我に悩まされ出場機会に恵まれず、わずか一年でプレミアリーグに8年ぶりに昇格した ミドルスブラに完全移籍します。 ミドルスブラでは出場機会に恵まれ、 2016-2018年の2シーズンで65試合に出場し、 5ゴール13アシストという結果を残します。 2018年に ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに 5年契約で完全移籍します。 2019-20シーズンでは、 昨季王者のマンチェスターシティから2ゴールを奪い、トップを走る リヴァプールとの試合で1アシストマークするなど、ビックゲームに強く、 強豪から注目される存在となってます。 アダマ・トラオレのプレースタイル・ポジション アダマ・トラオレは、 右ウイング・右CFを主戦場としています。 右SBもできるようですが、アタッカーとして開花した今は右SBで使われることはないでしょう。 最近の注目株の アダマ・トラオレですが、彼のどういうところが評価されているのか、プレースタイル・特徴を探っていきたいと思います。 圧倒的な筋肉 まず、アダマ・トラオレで話題に上がるのは、 彼の筋肉です。 下の写真は、彼がバルセロナBにいた時と現在の比較画像です。 どれだけ筋トレしたらこうなるんだと思いましたが、彼はこんなことも言っています。 僕はウェイトをしない。 信じがたいことだけど、僕はウェイトをしていないんだ。 遺伝的なものだよ。 筋トレしないでこの筋肉は反則ですね。 (笑) この体格なので、ラグビーやアメフト界からも声がかかっているとか。。 彼の体格(筋肉)の話題は尽きませんね。 屈強なフィジカル、繊細なボールコントロール 彼の筋肉からわかるように、 フィジカルが圧倒的に強い選手です。 完全に相手DFを抑えながら、 ロングボールを収めることができます。 さらに彼の凄いところは、 バルサ仕込みの繊細なボールコントロールを持っているので、 ボールを収めてから相手を背負いながら前を向くことができます。 プレミアリーグの屈強なDFを背負いながら簡単に前を向けるのは彼しかいないのではないかと思います。 (笑) たとえ、囲まれてもボ ールをロストすることは少ないですし、油断するとスルスルと抜かれてしまうので、 どこでもタメを作れる数少ない選手だと思います。 積極的な仕掛け、爆発的な瞬発力 右CFや右ウイングとして起用されることが多いため、右サイドでボールを受けることが多いのですが、 ほとんどの場面で前に仕掛けます。 ドリブルは 細かいタッチでスピードもあり成功率も高いですし、タッチライン近くで受けようものなら、彼の爆発的な瞬発力で 前にボールを蹴って走るだけでほとんどのDFが抜かれてしまいます。 しかし、勝負の際は 高確率で縦に抜けるので、今後読まれやすくなってくるのではと思います。 最近は、カットインさせるために 左ウイングに配置したりなど、ウルヴスも工夫しているようです。 でも、右サイドのほうが伸び伸びプレーできているので、 今後右サイドからのカットインなどのオプションが増えれば、そうそう止められない選手になってきそうですね。 (笑) プレー動画.

次の

覚醒を始めた野獣アダマ・トラオレの経歴・プレイスタイル│フータのサッカーブログ

トラオレ

2019-20シーズンのプレミアリーグで最も話題を集める1人が、ウォルバーハンプトンのFWアダマ・トラオレだ。 スペイン生まれ、バルセロナの下部組織出身であるA・トラオレ。 17歳でトップチームデビューを果たした早熟の逸材だが、その後はプロの壁にぶち当たった。 出場機会を求めて、2015年8月にアストン・ヴィラに完全移籍した。 しかし、その新天地でもブレイクのきっかけをつかめず、16年8月にミドルズブラへ。 ここでついに右ウイングのレギュラーに定着したが、チームの降格に伴い、17-18シーズンはチャンピオンシップでのプレーを余儀なくされた。 才能が開花したのは、その2部で過ごしたシーズンだ。 34試合出場で5ゴール10アシストを記録すると、18年8月にウルブズ(ウォルバーハンプトンの愛称)へと活躍の場を移す。 1年目こそ交代出場がメインだったが、迎えた19-20シーズンはレギュラーの座を奪取。 公式戦43試合で6ゴール10アシストをマークするなど、プレミアリーグ6位につけるチームで貴重な攻撃オプションとなっている。 編集部のおすすめ• プレースタイル 代名詞はダイナミックなドリブル突破。 加速力もトップスピードも驚異的なうえ、一目瞭然なたくましい体で相手を吹き飛ばし、とにかく前へ前へと突き進む。 狭いスペースを一瞬の加速で突破するのもお手の物だ。 現時点におけるドリブルの成功数(145回)と、欧州主要リーグの中でトップだ。 ボールを持ったらまずドリブルと、プレーの引き出しはそれほど多くない。 だが、それでも止められない。 さらに豪快なシュートを叩き込む回数も増加傾向にあり、自身の能力を最大限活用する方法を学び始めている。 それほどのポテンシャルを感じさせるA・トラオレの成長から目が離せない。 動画:プレー&ゴール集.

次の

ムーサ・トラオレ

トラオレ

同国の第2代。 1936年、(現マリ)西部ので生まれた。 カイエ州キータで学んだ後、の軍事学校に進んだ。 マリがフランスから独立したに帰国した後、に少尉、に中尉に昇進している。 その後、(現在の)に解放運動の軍事教官として赴いている。 、トラオレは大統領に対するに参加した。 クーデター後に成立した国民解放軍事委員会の議長となったトラオレは、同委員会によって国家元首に指名された。 トラオレは全ての政治活動を禁じるとともに、多くが軍事政権に敵対的だった研究者や教師などを密告者に監視させた。 また、モディボ・ケイタ政権によって導入された社会主義経済政策の一部を廃止した。 からにかけて、マリは大干ばつに見舞われた。 この干ばつに対する世界からの援助金は、不当に使われてしまっている。 、トラオレは民政に移行するため憲法を改正し、に施行された。 に前大統領のモディボ・ケイタが拘禁された不審な状況下で死亡した。 葬儀には多くの参列者があった。 トラオレ政権はこれに強く反発し、乱暴な逮捕を行った。 、トラオレはBagayoko警察長官やDoukara防衛大臣をクーデターを企てたとして逮捕した。 一方、より開かれた政治への動きの試みとして、のをスポーツ文化相に任命した。 、唯一許可された政党として(UDPM)を設立し、女性や若者向けの義務的組織を創設。 軍政の長として務めていた国家元首職を廃止し、正式に民政政府の大統領に就任した。 、学生によるデモが勃発したが封じ込められ、デモのリーダーは拷問の末死亡した。 、軍の最高司令官に就任した。 5月から7月まで、トラオレはの議長に就任した。 UDPMによって支配されていた議会は、に憲法を修正し、大統領の在任期間に関する制限を撤廃した。 これによって、トラオレは終身大統領となった。 、民主化主導全国会議(CNID)がのムンタガ・タールによって設立され、マリ民主同盟(ADEMA)がアブドラマン・ババによって立ち上げられた。 これらの政党とマリ学生生徒連合(AEEM)、マリ人権協会(AMDH)は、トラオレのルールと争うことを目指した。 、民衆蜂起が発生。 4日後に軍事クーデターによってトラオレは政権の座を追われることとなった。 クーデター後に国民救済移行委員会が立ち上げられ、議長にが就任した。 、トラオレは政治犯としての判決を受けた。 さらに、数億を横領した罪で、にも妻とともに経済犯として再び死刑判決を受けた。 その後、アルファ・ウマル・コナレ大統領によってこれらの判決は無期懲役に減刑されている。 さらにには、国民和解のために夫妻は赦免されている。 現在、トラオレの元支持者たちは、愛国復興運動(MPR)に復帰している。 外交職 先代: 第26代:1988 - 1989 次代: 公職 先代: 1979年までは軍政の長 第2代:1968 - 1991 次代: (暫定政権の長).

次の