コロナ禍の使い方。 コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ禍の覚えておきたい基礎知識と日本における現状

コロナ禍の使い方

新型コロナウイルス感染症に振り回された今年も半年が過ぎました。 ワクチンや治療薬もいまだ開発中で対応策が確立されていない今、新しい時代に突入したと考えるべきなのかもしれません。 仕事に関して大幅に予定が変わってしまったり、失業などのピンチに陥っていたりする人も増えているようです。 そんな不安定なコロナ時代に初めて訪れた夏。 ボーナスが支給された人もいます。 7月はボーナスについて考えていきましょう。 2020年夏のボーナスは格差あり 2019年10月の消費税増税に伴う消費の冷え込み、新型コロナウイルス感染症による経済活動の縮小……。 多くの企業にとって非常に苦しい状況が続く中で夏がやってきました。 通常であれば、うれしいボーナスの季節でもありますが、今回は全体的に厳しい水準になることが予想されています。 昨年、一昨年のボーナスが過去最高を塗り替えるほどの高水準だったため、今回のマイナス幅は非常に大きく感じられることになるでしょう。 観光関連など大きな打撃を受けた業種の中には、早々とボーナスを支給しないことを発表した企業もあります。 一方、予定通りに支給されたという人もいます。 2020年6月17日に大手企業の団体といえる日本経済団体連合会(経団連)が業種別妥結状況(加重平均)を公表していますが、総平均で92万5947円となっています。 こうして、ボーナスのデータは各種公表されていますが、正社員であっても0円から100万円に届きそうな金額に至るまで、大きな差があることが分かります。 そして、ボーナスと毎月の給料の大きな違いについて、もうお気づきですよね。

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ禍の使い方

「いま地球の各地で花農家が コロナ禍に泣く。 」 (2020. 20 朝日新聞「天声人語」) 「 コロナ禍は気候変動を巡る国際交渉のゆくえにも影を落とす。 」 (2020. 20 毎日新聞「脱炭素社会」) 「 コロナ禍でテレワークが普及したことも、ビジネスモデルの作り替えを加速させるだろう。 」 (2020. 19 産経新聞「日曜講座 少子高齢化時代」) 「ステージ守る輪 広がれ コロナ禍 ライブハウス苦境」(見出し) (2020. 17 読売新聞「間奏曲」) 放送でも、「 コロナ禍を生きる」「どうする!? コロナ禍の豪雨避難」「紛争地でも コロナ禍」など、番組タイトルやテレビニュースのタイトル表記の中などで使われることがあります。 「コロナ禍」がよく使われるのは、新型コロナウイルスの感染拡大で引き起こされるさまざまな災難や不幸、経済的・社会的影響など複雑な状況を、短く一言で、インパクトのある文字で伝えることができるからでしょう。 字数やスペースが限られた新聞の紙面やテレビの画面では、読む人や見る人に視覚的に訴えかけイメージを共有しやすいキーワードが求められます。 過去の新聞を調べてみると、「台風禍」「洪水禍」「津波禍」「集中豪雨禍」「ウイルス禍」などのことばが、主に記事の見出しを中心に使われています。 NHKのニュースでも、本文のなかではあまり見られませんが、タイトルの画面上の表記では、しばしば使われてきた表現です。 ただ、こうしたことばは「書きことば」としては効果的でも、「話しことば」としては、あまりなじみません。 テレビやラジオで伝え手が[コロナ \カ]と声に出して言っても聞き取りにくく、聞き取れたとしても「コロナ禍」は最近使われ始めた新語であるため意味が伝わりにくいからです。 今のところ、放送のことばとしては「コロナ禍」は画面上の表記に止め、声で伝えるときには「新型コロナウイルスの感染拡大(による・・・の影響/状況)」など、伝える場面や内容に応じて具体的に分かりやすくことばを紡ぐことが求められるでしょう。 「コロナ禍」ということばの使い方について最近行った民放各社との意見交換でも、「番組タイトルやニュースのテロップでの使用はあるが、読み原稿やスタジオトークでは使わない」という意見でおおむね一致しており、放送のことばとしては、慎重な姿勢がうかがえました。 今後、新型コロナウイルスによる影響が長引く中で、新語の「コロナ禍」が世の中でどのように使われていくのか見極める必要があるでしょう。 また、「コロナ禍」という便利なことばを使うことに対しては、そもそも慎重になるべきだという考え方もあります。 新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす影響は、個人個人の感染のリスクの問題から、医療問題、そして経済問題、さらには国際問題まで多岐にわたり非常に複雑かつ深刻です。 「コロナ禍」ということばには、そのすべてを表現できる守備範囲の広さというメリットがある一方で、その複雑さや深刻さが丁寧にことばを尽くして語られることなく一言で済まされてしまうというデメリットもあります。 放送では「コロナ禍」ということばを効果的に使いつつ、一方では、「禍」の現実に向き合い、その中身を具体的に語る姿勢が必要だと言えそうです。 最後に、「禍」に似た漢字による「コロナ 鍋」「コロナ 渦」という表記も時々目にすることがあります。 こうした間違いによって新たな「災い」を引き起こさないようにご注意ください。 新型コロナウイルスによる感染拡大は、まだまだ予断を許さない状況が続きますが、新型コロナウイルスによってもたらされた「災い」についても、働き方や暮らし方をうまく変えて幸せに転じるよう心がけ、時が経ったときに、コロナ禍がきっかけでよいこともあったと思えるように、日々を過ごしていきたいものです。 『NHK日本語発音アクセント新辞典』で採用している記号です。 メディア研究部・放送用語 滝島雅子.

次の

コロナ禍なんて読む?意味と使い方をシェア

コロナ禍の使い方

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている。 日本国内でも、東京や大阪、北海道や愛知などの大都市圏を中心に感染拡大が止まらない状況が続いていて、オリンピックとパラリンピックに関しても1年程度の延期が発表されたばかりだ。 ここ2ヶ月ほどは、もうどこを見ても新型コロナウイルス関連のニュースで持ち切りとなっている。 そんな中、新聞やネットニュースなどで度々目にするようになったワードがある。 それは 『コロナ禍』。 私は初めてこの単語を見たとき、「これって何て読むんだ??」と思ってしまった。 (頭悪いのがバレる) 一度気になってしまったものや疑問に思ったことは、誰かに聞くなり調べるなりして解決しないと落ち着かない性格なので、今回はこの 『コロナ禍』について深堀りしてみることにしよう。 コロナ禍の正しい読み方とは? 早速、コロナ禍の読み方について調べてみる。 私は当初、禍という漢字を『渦』だと勘違いして、『コロナうず』と読むのではないかと思っていた。 しかし、渦だと部首が『さんずい』。 禍の部首は多分『しめすへん』なので、これはきっと違う… というわけで仕切り直し。 漢字辞典で調べようにも読み方が分からんので、スマホの検索窓にコピペして検索!(検索エンジンはまさに文明の利器!) 『禍』はどう読むの?と、Google先生に聞いてみたところ… 【禍】 音読みは 『か』、訓読みは 『わざわ(い)、まが』 このような答えが導き出された。 これに基づいてさらに調べてみたところ、コロナ禍は 『コロナか』という読み方が一般的とのこと。 コロナうずという読みは、やっぱり間違いだった… 『禍』という漢字の意味や使い方の例 ちなみにこの【禍】の漢字の意味について調べてみると… 『災い、不幸せ、思いがけない災難、良くないこと』といった意味合いがあるとのこと。 使い方の一例としては、 【禍を転じて福と為す(わざわいをてんじてふくとなす)】という有名なことわざに使われていたり、 禍事(まがごと/凶事、災難という意味)・ 禍福(かふく/災害と幸福、不運と幸運という意味)といった熟語にも用いられている。 つまり、災いに関連した語句に絡んで使われている漢字といっていいだろう。 コロナ禍は世界的に起きている『災い』を意味する言葉 以上、コロナ禍の読み方について調べてみた結果をお伝えしてきた。 禍という漢字にあまり馴染みがなかったので、私自身もひとつ勉強になった。 新型コロナは前例がなく、有効な治療法が確立されていない感染症だけに、いつ収束するか全く先が見えない状況。 感染者が増える一方、全国各地で外出自粛要請がしばらく続きそうなことから、不安な日々を過ごされている方も多いだろう。 まさに世界規模で起きている災害級のパンデミックは、経済面にも影を落とし、もはや人類滅亡へと向かっているのではという不吉な声も囁かれ始めているが… こういうときこそ、冷静になって行動することが大事になってくると思う。 手洗いうがいを欠かさず行ったり、外出は極力しないなど、自分でできる予防策を徹底しつつも、あくまでも平常心を忘れずに。 今は一刻も早い収束、そして平穏な日常が戻ってくることを願うばかりだ。

次の