グラサマ ザール 評価。 ラスクラ攻略wiki|ラストクラウディア

【グラサマ】フブキの評価とおすすめ装備

グラサマ ザール 評価

ジュノー• ヴァーミリア• ラプレ• カイアス• ヴォーグ ジュノー ジュノーは今回の目玉キャラで、上級者も欲しがるほどの最強クラスの性能をしています。 魔血状態時、自身の常時奥義ゲージの自然上昇値が高い• 真奥義の味方全体奥義ゲージアップがトップクラス• 装備のバランスの良さ ジュノーは火力が高く、奥義ゲージサポート能力が非常に高いキャラ。 援護装備も二つ装備できるので、覚醒できれば初級者だと使える優秀なキャラ。 ただし、覚醒素材の入手が激ムズのため、覚醒するのに時間はかかります。 あと真奥義を使うとHPが減っていくので、ヒーラーなどのサポートが必要。 リセマラして序盤で入手しても当分使えないのがマイナス。 ただジュノーは最強クラスのキャラなので、リセマラするのであれば確実に取っておきたいキャラ。 ヒーラは奥義ゲージが非常に溜まり辛いけれど、ヴァーミリアは奥義を使うと奥義ゲージもアップするので非常に使えます。 しかも無効化のシールドも貼ることが出来、回復とディフェンスを同時に出来るのもグッド。 回復だけでなく真奥義で敵を弱体化出来るので、使用用途の幅は広いです。 ただしアビリティや奥義の効果どれをとってもイマイチな性能。 防御力100ダウンは極一部のクエストでしか活躍しないので、あまり必要ないのが正直なところ。 援護装備持ちで奥義ゲージをサポートできるキャラが揃ってくると、直ぐに使わなくなるので寿命は短いです。 時間が経過するほど攻撃力が上がる、長期戦だと活躍するユニット。 真奥義で敵の魔法耐性や火力アップが出来ますが、条件が限定的だったり面倒くさい設定なので、使い勝手は悪いです。 アタッカーはカイアスよりも常設のザールの方が使い勝手は良いので、あまりオススメ出来るキャラではない。 奥義の倍率は低いですが奥義を5回発動することで火力が2倍になるので、序盤だとアタッカーとして使えます。 クリティカルダメージも安定的に出せるので、防御力を無視してダメージを与えれます。 ただ序盤では使えるキャラですが、現環境だと非常に弱い部類のユニット。 装備枠も攻撃オンリーで使いずらく、持っていても使いたくならないキャラ。

次の

ラスクラ攻略wiki|ラストクラウディア

グラサマ ザール 評価

超英雄降臨祭は全ての英雄降臨祭限定キャラが排出され、URアーク「」が排出されます。 また、超英雄降臨祭の開催と同時にステップアップ英雄降臨祭も開催されます。 自動周回中は日をまたいでもログイン扱いにはならないため、ログインボーナスの取り忘れに注意しましょう。 ・毎日無料10連ガチャが1週間開催• ・クエスト自動周回機能の実装• ・新ストーリーが追加• ・水着ティンキリが実装• 新ストーリの情報や自動周回、新キャラなどの情報を記載が記載されています。 最強キャラや最強アークの特徴や使い方を詳しく解説しています。 あなたは何問解ける?ラスクラクイズ! ラスクラに関するクイズを公開しました。 ラスクラ知識に自信のあるかたは是非お答えください。 ユニットによって使用できる特技や超必殺技が異なるので、お気に入りのキャラを探して育成しましょう。 刻一刻と状況が変化するリアルタイムバトル ラスクラの戦闘は刻一刻と状況が変化するリアルタイムで進行します。 戦局が常に変化していくので、敵や味方との距離を見極めた奥深い戦闘が楽しめます。 また各ユニットの特技は、時間経過によって使用できます。 使用しなければ使用回数が増えるので、強力な敵に向けての温存や、一気に畳み掛ける場合に使用するなど、幅広い戦略が行なえます。 爽快感抜群の超必殺技 条件を満たすと発動できる必殺技は、派手なカットイン演出と強力な効果が魅力の攻撃手段です。 キャラごとに用意されており、不利な状況を覆すほどの威力を持っています。 世界観 人と魔獣が暮らす世界グランセリア。 かつてこの地は破神ログシウスにより支配されていたが、英雄アデルと女神リラハにより破神の封印に成功する。 しかし、そんな中、謎の魔獣による被害が報告され始める。 第十二騎士団に所属する騎士カイルは魔獣レイとともにとある任務に向かっていく。

次の

【グラサマ】英雄祭の新キャラ最新情報。リセマラ当たりキャラ・おすすめ装備解説。

グラサマ ザール 評価

自身の奥義ゲージ10UP。 クリティカル時、5秒間相手の命中率を30%ダウン ブレイク力900 評価=S マルチバトル偏差値=90点 ザールは魔法耐性と高い物理回避能力をもった水属性のアタッカーです。 グラサマではアタッカーとされていますが、スキルで命中率を下げる目的が中心になる援護キャラ寄りの存在かもしれません。 【奥義】では発動の度にダメージとクリティカル率がアップさせる事が可能で、このクリティカル率アップが【スキルの命中率ダウン付与】効果を高めています。 ザールのスキル発動で敵キャラの命中率が下がり、その事で【パーティーが受けた恩恵】には誰も気づいてもらえない事もあり、ザールの価値が上がり辛い状況にあります。 更にアタッカーとして前衛に飛び出すキャラですが、被弾するダメージの割には奥義、スキル共に攻撃力、ブレイク力に乏しい為、高難易度マルチ、イベントでは活躍が期待出来ない場面が多い状態です。 後述にて。 クリティカル率100%上昇させる援護装備(テラコンジャクション、終焉の指輪)も装備可能なので、 他アタッカーのクリティカル率を100%アップさせる役割をこなせるのも嬉しい点です。 それに伴い、ダメージとクリティカル率アップの上昇率も上がり、攻撃力はトップクラスの性能になっています。 更に、スキルでは 「奥義ゲージ10上昇」の能力も加わり、倍率が2倍に跳ね上がった奥義破壊力に加え、発動機会も自身で増やせるという無駄の無い仕様になっています。 そして奥義ゲージを増やせる「スキルのCT(クールタイム)」は2秒も縮まり、奥義とスキルの相性の良さはザールの最大の特徴となったとも言えます。 アビリティの魔法耐性レベルも2から4に跳ね上がり、落とされにくくなる要素も加わった事も嬉しい修正です。 特に水属性パーティーを構成する際は援護装備の有無で戦闘結果が変わる為、攻撃+援護役をこなせるザールは貴重と言えます。 覚醒前はクリティカルダメージ要員としてデビューした割には非力なイメージが強く、マルチバトルで目にする事は少なかったザールですが、基礎値の上昇と真奥義搭載により、クリティカル要員として新たに生まれまわりました。 なんだかんだで倒れないキャラというポジションのザールを楽しみたいと思います。 キャラクター紹介 銃士と魔女の戦いを止め、一息ついた彼の目に入ってきたのは謎の魔族と戦う恩人である鍛冶師の姿であった。 その場に駆け付け騒乱の真相を知った時、彼は激しい怒りで自身に眠る2つの種族の力を覚醒させる。 魔女や銃士も参戦し魔族と相対するが、その最中、彼を庇い鍛冶師が倒れてしまう。 希望を託された ザールは叫びと共に授けられた竜族の秘技を放ち、魔族をその計画もろとも打ち砕く。 獣族と魔族の間に生まれた半獣半魔の拳士。 幼い頃は気弱だったが、魔女に命を救われたことで強くなりたいと願うようになる。 それ以来、魔女の残した蠍型の使い魔を相手に厳しい鍛錬を行ったという。 そんなある日、に主人を惨殺されの噂を耳にする。 真相を確かめるため旅に出たザールは、手がかりを得るため、銃士に改造を施したというの元を訪れた。 かつて命を救われた魔女を探す半獣半魔の拳士。 彼の強い想いはの敵となっている銃士に改造を施した鍛冶師の心を動かした。 から竜族に伝わる闘技を伝授された後、彼はが戦う地へと急いだが、の姿を発見した時、は決死の一撃を放とうとしていた。 彼は躊躇うことなくの前に躍り出ると、全霊の力で拳を繰り出し、猛然と襲い来る炎を掻き消したのであった。

次の