画面 外 ウィンドウ 移動。 ウインドウを移動させる

Windows10で画面外に移動した・はみ出るウィンドウを戻す方法は?

画面 外 ウィンドウ 移動

Windowsで、パソコンのウィンドウがディスプレイ画面の外に消えたときの対処法をメモしておきます。 目的のウィンドウがディスプレイのどこを探しても見当たらないときは、大抵画面の外に消えています。 「1passwd」のChrome拡張機能など、画面下のタスクバーに無いウィンドウを画面内に戻す方法は2パターン目を参考にしてみてください。 順に解説します。 目的のウィンドウが画面下のタスクバーに有る場合 画面下のタスクバーで目的のアプリの上にカーソルを置きます。 その後、画面外に消えたウィンドウを右クリックし、「移動(M)」を選択します。 キーボードの矢印キーでウィンドウを移動できるようになってますので、ディスプレイ画面内まで矢印キーで移動させます。 目的のウィンドウが画面下のタスクバーに無い場合 画面下の「タスクビュー」をクリックします。 画面外に消えてしまったウィンドウを左クリックしてアクティブ(選択)にします。 全て順に押したら、キーボードの矢印キーでウィンドウが移動できるようになっていますので、あとは、ウィンドウを画面内まで移動させれば完了です。 以上! それにしても、なぜ、画面外に消えてしまうのかは謎ですね・・・ なぜ、アフィリエイトだけで月100万円以上を稼げるのか? そのすべてのメソッドを初心者でも再現できるように実践レベルに落とし込みました。 このメール講座では、アフィリエイト初心者だった頃の私が ゼロから最初の 1万円を稼いだ方法、 3ヶ月後に 10万円稼いだ方法、 そして現在まで 継続して 100万円以上を稼ぎ続けている方法を 初心者でも再現できるように一つひとつ丁寧にお伝えしています。 さらに 期間限定で、私がアフィリエイト初心者の頃に、 40,615円稼いだ全手法と 実際に稼いだ サイトURLをE-Bookにして 無料配布しています。 このE-Bookは、 非常に再現性が高い手法なので今のうちに入手しておいてください。 E-Bookはメルマガ登録後、すぐにお届けしています。 メルマガ登録【無料】.

次の

Windows 10:ウィンドウが画面のどこかへ行ってしまい操作できない: 世の中は不思議なことだらけ

画面 外 ウィンドウ 移動

スナップ機能とは(2) ウィンドウが半分に整列され、残りの半分にはデフォルトだと、このように残りのウィンドウがサムネイル表示される。 サムネイルを選択すると、そのウィンドウが残り半分の領域に表示される。 Windows 10は、ウィンドウを画面の端にドラッグすると、そのウィンドウが自動的に右半分や左半分に整列される「スナップ」機能が標準で有効になっている(Windows 7では、「Aeroスナップ」と呼ばれていた機能)。 ウィンドウを手早くきれいに並べて作業したいような場合には、便利な機能だ。 しかし、隠れているウィンドウを見るために、その上に被っているウィンドウを端に動かしたら、スナップ機能でデスクトップの右や左半分に広がってしまい、下のウィンドウが見えなくなってしまったという経験を持つ人も多いのではないだろうか。 こうした意図しない状態になるのを防ぐには、このスナップ機能を無効化すればよい。 ただ、この機能を無効化する設定場所が少々分かりにくい。 そこで、スナップ機能を無効化する方法を紹介しよう。 [マルチタスク]画面が開いたら、「スナップ」の「ウィンドウを画面の横または……」下のスイッチを「オフ」にすればよい。 この項目を「オフ」にすると、その下の3つのスイッチも自動的に「オフ」になる。 これで、スナップ機能が無効化される。 スイッチ 意味 「ウィンドウをスナップするときに、利用可能な領域に……」 デスクトップの空いている領域を埋めるように、ウィンドウのサイズを変更する 「ウィンドウをスナップしたときに横で……」 スナップした際に残りの領域に他のウィンドウをサムネイル表示する 「スナップされたウィンドウのサイズを変更するときに……」 スナップされたウィンドウのサイズを変更する際に、隣接するウィンドウのサイズも同時に変更する スナップ機能のスイッチの意味 画面操作の項目にもかかわらず、[マルチタスク]画面にスナップ機能に関する設定があるため、知らないと少々迷うことになる(機能的には[簡単操作]画面にある方が分かりやすいと思うのだが)。

次の

Windows 10:ウィンドウが画面のどこかへ行ってしまい操作できない: 世の中は不思議なことだらけ

画面 外 ウィンドウ 移動

対象OS:Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8. 1/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2 Windowsを使っていると、何かの拍子でウィンドウが画面外のどこかに消えてしまい、デスクトップのどこを探しても見つからないという状況に出くわすときがある。 タスクバーにウィンドウ(アプリケーション)のアイコンは表示されているのに、デスクトップにはウィンドウがないという状態だ。 最小化されているのかとタスクバー上のアイコンをクリックしても、ウィンドウは表示されない。 こうしたトラブルの原因は、たいていはアプリケーションのバグのせいでデスクトップの領域外にウィンドウが移動してしまったせいだ。 これは、タスクバーから数回操作するだけで解消できる。 まず、消えてしまったウィンドウのアイコンをタスクバー上で見つけて、そこにマウスカーソルを乗せて1〜2秒ほど待つ(マウスのボタンは押さない)。 するとウィンドウのプレビューサムネイルが表示されるので、対象のアプリケーション(ウィンドウ)のものを右クリックし、コンテキストメニューから[ 移動]を選ぶ。 上記の操作をしても画面には何も表示されない。 ここで、いずれかのカーソル移動キーを1回押してから、 ボタンを押さずにマウスカーソルを上下左右にぐるぐると大きく動かしてみよう。 すると、隠れていたウィンドウがデスクトップ上に現れるはずだ(分かりにくければ、デスクトップに表示されたウィンドウで同様の操作を試していただきたい)。 後はウィンドウ全体が表示されるまで移動してから、マウスのボタンをクリックしてウィンドウをそこにとどめればよい。

次の