ゲーミング pc 電気 代。 気になるゲーミングPCの電気代

パソコンの電気代の計算法と節約術!つけっぱなしで1日いくら?|プロパンガス料金が高いという悩みをズバッと解決|小銭も積もればミリオネア

ゲーミング pc 電気 代

【AMD CPU】• 【AMD CPU】• 【プレイヤー】• 【ゲームカテゴリ】• 【プレイヤー】• 【ゲームカテゴリ】• 【ゲームカテゴリ】• 【ゲームカテゴリ】• 【ゲームカテゴリ】• まずは一般的なデスクトップPCの消費電力を計算してみましょう。 PC本体の消費電力を約100W。 モニターを約20Wとすると、トータル消費電力は約120W。 1日5時間使用し、電気代1kWhあたり26円とすると、0. 1カ月で468円ほどになります。 一方、ゲーミングPCで最先端3Dゲームを遊んだ場合はどうでしょうか。 PC本体の消費電力を約300W。 モニターを約20Wとすると、トータル消費電力は約320W。 1日5時間使用し、電気代1kWhあたり26円とすると、0. 1カ月で1248円ほどになります。 差額は1カ月で約780円。 この差はほぼ、グラフィックスの使用による差といえます。 普段、メールをしたり、インターネットをしたり、文書を書くなど、普通に使っている分には、電気代に大きな違いは出ないといえるでしょう。 ゲーミングPCは、ゲームをする時以外は普通のPCと消費電力に差はほとんど出ないのです。 電気代を考える上で、実は大事なのが「電源ユニット」です。 電源の電力変換効率が高ければ、効率良くPC内部のパーツに電力を送ることができ、結果として電気代を安く抑えることができます。 「80PLUS」のロゴがある電源ユニットは、80%以上の電力変換効率を満たしており、発熱が抑えられるため、各部への負荷が減ります。 結果、普通の電源よりも省エネ化、静音化、PCの快適性向上などのメリットが生まれ、製品寿命も伸びるようになりました。 G-TuneのゲーミングPCの電源ユニットは、すべてこの「80PLUS」に準拠。 さらに「80PLUS BRONZE」「80PLUS SILVER」「80PLUS GOLD」「80PLUS PLATINUM」と、より変換効率の良い電源も選ぶことができます。 最後に、ゲーミングPCの電気代を少しでも抑えるために、普段から心がけたいことを紹介します。 ・こまめにPCをシャットダウンする 使わない時はシャットダウンしましょう。 この場合、PCの待機電力は0. 4〜3. 5W程度で済みます。 コンセントを抜くと待機電力を文字通りゼロにできますが、何回も抜き差しするのはコンセントの劣化を早めてしまうので、シャットダウンで十分です。 ・PCの発熱を防ぐ CPUやグラフィックスが発熱し、冷却ファンの回転数が上がると、その分電気を消費します。 PCを日なたに置かない、通気性を良くする、排熱口を物で塞がないなど、PCが熱くなりにくい環境をつくりましょう。 ・イヤホンを使う 単純に、スピーカーよりも音量が小さくて済むので、電力消費を抑えることができます。 また音を必要としない時は、ミュートにしておくと節電につながります。

次の

ゲーミングPCの消費電力の計算方法と電気代を抑える方法!|【快適ゲーミングPCどっとこむ】初心者向け選び方!

ゲーミング pc 電気 代

ゲーミングPCは、一般的な汎用パソコンに画像処理専用のグラフィックボードを搭載したパソコンです。 そのため、汎用パソコンと比較するとグラフィックボード分の電力が余計に必要となります。 ゲーミングPCと一括りに言っても、ロースペックパソコンとハイスペックパソコンとでは、かなり使用電力量が異なります。 当然のことながら性能の良いCPUとグラボを載せているハイスペックパソコンの方が消費電力は多くなります。 また、ゲーミングPCでゲームをバリバリ動かしている時と、ゲーム以外のパソコンにとって負荷の少ないソフトを動かしている時では消費電力が異なります。 最も、ゲーミングPCの消費電力で厳しい条件となるのは、ハイスペックのグラボ搭載ゲーミングPCで3Dゲームをバリバリ楽しんでいる時です。 この時にどのぐらいの消費電力になるかと言うと、ざっくりですが約200Wです。 また、パソコンには必ず液晶モニターが必要です。 ワイド画面の21インチ液晶モニターを使っているとすると、最大で70w程度の消費電力となります。 つまり、ゲーミングPCを使うと、最大消費電力は200W+70W=270Wという計算になります。 単位ワット当たりの電気代は電気を供給する電力会社によって異なりますが、ざっくり言って1kWh当たり20円程度です。 ゲーミングPCの消費電力を270Wとすると1時間当たりの電気代は5.4円となります。 仮に1ヶ月間この高性能ゲーミングPCをフル稼働させたとすると、液晶モニターを含めた電気代は5.4円X24時間X30日=3,888円となります。 常識的な範囲として、1日のゲーミングPCの使用時間を6時間とすると1ヶ月間の電気代は5.4円X6時間X30日=972円です。 高性能なゲーミングPCを使ったとしても、 電気代は月1,000円も掛かりません。 パソコンの節電方法.

次の

ゲーム機とどっちを買うべき?ゲーミングPCのメリット・デメリット

ゲーミング pc 電気 代

【AMD CPU】• 【AMD CPU】• 【プレイヤー】• 【ゲームカテゴリ】• 【プレイヤー】• 【ゲームカテゴリ】• 【ゲームカテゴリ】• 【ゲームカテゴリ】• 【ゲームカテゴリ】• まずは一般的なデスクトップPCの消費電力を計算してみましょう。 PC本体の消費電力を約100W。 モニターを約20Wとすると、トータル消費電力は約120W。 1日5時間使用し、電気代1kWhあたり26円とすると、0. 1カ月で468円ほどになります。 一方、ゲーミングPCで最先端3Dゲームを遊んだ場合はどうでしょうか。 PC本体の消費電力を約300W。 モニターを約20Wとすると、トータル消費電力は約320W。 1日5時間使用し、電気代1kWhあたり26円とすると、0. 1カ月で1248円ほどになります。 差額は1カ月で約780円。 この差はほぼ、グラフィックスの使用による差といえます。 普段、メールをしたり、インターネットをしたり、文書を書くなど、普通に使っている分には、電気代に大きな違いは出ないといえるでしょう。 ゲーミングPCは、ゲームをする時以外は普通のPCと消費電力に差はほとんど出ないのです。 電気代を考える上で、実は大事なのが「電源ユニット」です。 電源の電力変換効率が高ければ、効率良くPC内部のパーツに電力を送ることができ、結果として電気代を安く抑えることができます。 「80PLUS」のロゴがある電源ユニットは、80%以上の電力変換効率を満たしており、発熱が抑えられるため、各部への負荷が減ります。 結果、普通の電源よりも省エネ化、静音化、PCの快適性向上などのメリットが生まれ、製品寿命も伸びるようになりました。 G-TuneのゲーミングPCの電源ユニットは、すべてこの「80PLUS」に準拠。 さらに「80PLUS BRONZE」「80PLUS SILVER」「80PLUS GOLD」「80PLUS PLATINUM」と、より変換効率の良い電源も選ぶことができます。 最後に、ゲーミングPCの電気代を少しでも抑えるために、普段から心がけたいことを紹介します。 ・こまめにPCをシャットダウンする 使わない時はシャットダウンしましょう。 この場合、PCの待機電力は0. 4〜3. 5W程度で済みます。 コンセントを抜くと待機電力を文字通りゼロにできますが、何回も抜き差しするのはコンセントの劣化を早めてしまうので、シャットダウンで十分です。 ・PCの発熱を防ぐ CPUやグラフィックスが発熱し、冷却ファンの回転数が上がると、その分電気を消費します。 PCを日なたに置かない、通気性を良くする、排熱口を物で塞がないなど、PCが熱くなりにくい環境をつくりましょう。 ・イヤホンを使う 単純に、スピーカーよりも音量が小さくて済むので、電力消費を抑えることができます。 また音を必要としない時は、ミュートにしておくと節電につながります。

次の