輸送連合艦隊。 【艦これ】E

【艦これ】連合艦隊の編成方法

輸送連合艦隊

その候補はいくつかありましたが、イベントバナーにて示されたのは かつてイベントモチーフにもなった コロンバンガラ沖夜戦! 神通教官率いる二水戦が、念願の水雷戦隊の真骨頂をキメた戦いです。 同時に、 ツルブ輸送も並行して行われるということで 大発動艇の積めるようになったミカ大回転な海域ということになりますね。 実戦不参加だった川内と時雨にはないかもです。 水雷戦隊、特に睦月型が主体となるためその脆さに悩まされることになるでしょう。 また、 連合艦隊にも出番があり、 出撃する艦数はかなりのものとなります。 なんでも、 最終海域ではいっぱい札が付くというので 可能な限り温存してケチっていきたいところです。 なお、 このE-5海域には戦艦・正規空母を出すことが出来ません。 必然的に、貴重な軽空母から抽出せざるを得ないことになります。 なかなかどうして、後々を考えるとボディブローのように効いてくる海域といえましょう。 E-5海域でのドロップ艦は、新規艦の初春型の有明と アメリカ艦のヘレナが共にドロップにて邂逅となっています。 ヘレナは、後の海域でも出会えるそうですね。 まずはコロンバンガラ沖に潜伏している、 あの因縁の軽巡を引きずり出さねばなりません。 いつものように、行き止まりまで行って勝つ! ですね。 Fマス・S勝利 早速、コロンバンガラ組を出していきましょう。 フミィ(文月改二)は、さっちん(皐月改二)の付き添いです。 大発要員でもあるので、無駄にはならないでしょう。 あと、ユッキー(雪風)はだいぶ前に仕上げていたセカンドです。 最低限の練度ですね。 まずは、通常艦隊で様子見です。 ……様子見するならするで、必須のことをド忘れかましてやがりますが。 E-5-Dマス・コロンバンガラ島に向かう! 続け! E-5-Eマス・能動分岐 何処にどういう敵が潜んでいるのか不明なため、基地航空隊は見送っています。 まずはフレーバーマスから、能動分岐です。 おっと、基地空襲! E-4海域からの引き継ぎな防空部隊によりシャットアウトされます。 制空権確保している上に、ほぼ補充も必要ないため 敵制空値はE-3・E-4海域のものよりもずっと低いと思われます。 E-5-Hマス・潜水艦隊 Mマスに続き、Qマスも水雷戦隊でした。 ここでは、低確率ながら新規艦のヘレナがドロップする ようですね。 可能な限りは、S勝利を狙っていきたいところです。 もっとも、この時は知る由もないままに普通にS勝利していますが。 それが、ギミック解除条件でした。 E-5-Uマス・逸れ それから、Uマスに逸れて出撃終了です。 何故か、今後たびたびお世話になることに。 ……見事なまでにケチってますねぇ。 セカンド艦以降なので、今後の札には影響しないはずです。 くまりんこ(三隈)なんて、なんかあった時(新季節グラとか)のために取っておいた子ですしね。 基本として水上打撃部隊で組んだのですが、これが罠……! もしかしたら南下するんじゃないかな~と思って、 基地航空隊をこんなふうに出しましたね(空振り)。 E-5-Jマス・水雷戦隊 タネが割れて辿り着いてしまえば、勝つのは容易です。 おや、谷風リーダー。 構成要員のほとんどを駆逐艦に頼っていたので、これは逆に痛い。 うかつに低速軽空母を出していたとしたら、ここで泣きを見るという意地悪です。 結果的に、貴重な高速軽空母を消費するハメになるというわけですね。 神楽も、セカンド・ガンビーちゃん Gambier Bay を出しましたが。 なお、先の Wマスには低速艦でもOKだそうです ……紛らわしいわ! バシィ 基地航空隊は、当然Vマスに。 E-5-Rマス・空襲 夜戦までいって、ギリッギリのS勝利でした。 あんまり例として宜しくないですな。 とはいえ、ここで艦を浪費するわけにもいかず。 ルートギミックを全解除しまして。 戦力ボスマスが出現しました! あ、またギミック解除音に注力してルート出現が撮れてない! セルフバシィ 母港に帰投しまして、ピロリーンと鳴りました……。 というわけで、こうなりました。 なんか、セカンド・プリンちゃん Prinz Eugen がいますけど。 対潜装備を持っていないのは今度はガバではなく、 基地航空隊で対処する腹積もりだからです。 というわけで、 基地航空隊は東海部隊をIマスの潜水艦に。 陸攻攻撃隊をボスマスに。 これで、開幕で随伴艦全滅です! さすがに、ボスの開幕雷撃は防ぎようがありませんが……。 丁字有利と恵まれ、昼戦でも教官がガシガシ叩いていきます。 いやはや、特効とは恐ろしい。 ヘレナ来なかったなぁ……・ まだ、輸送ゲージや後の海域でもチャンスはありますが。 ギミック未解除なので、輸送ゲージが出現しただけですね。 母港に帰投して、ピロリーンと鳴ったのはなんだったのか? 戦力ゲージ・水上打撃部隊 まだY2マスに未練がありまして、 水上打撃部隊で踏めないものかとやってみました。 一応、連合艦隊での攻略も可能ということで。 基地航空隊は、Hマスに東海部隊を。 なんかネックになりそうなPマスに攻撃隊を。 教官で決着。 ドロップはうみみ(海風)でした。 例によって、現状未到達の行き止まりにお礼参りすることになりますね。 わかりやすくて簡単……だとは思います。 E-5-X3マス・逸れ はい、索敵値不足です(わざと)。 E-5-X1マス・潜水艦隊 全ルートギミックを解除しまして、 輸送ボスマスが出現しました! E-5-Aマス・逸れ Aマスが気になるので、潜水艦単騎で行ってもらいます。 しかし、後々検証で何度も来るハメになるのですよねぇ……。 輸送ゲージそのものが長いのもありますが、 ボスマスにてヘレナと有明がドロップしますので どうせなら輸送装備を積まない牛歩輸送で掘りもやっちゃおうという。 ……はやくいって。 次は、潜水艦を警戒して対潜装備を積んでいますね。 種明かしをすると、輸送ゲージ側には潜水艦はいません。 さっき行ったBマス……事故りますねぇ。 輸送ゲージ道中は、全て警戒陣で良いと思います。 敵もこのように、警戒陣を使ってもきますが。 空襲マスを輪形陣にするかはお好みですが、そもそもエアカバーを期待できませんからね。 E-5-Z1マス・巡洋艦隊 だいたいの輸送ルートの最終関門にして、 最も事故が多発するマスです。 対空するにしても、枠がありません。 一応、 皐月改二なんかは機銃のみで頼りないながらも特殊対空カットインが可能ですので ないよりはマシ程度に組み込んでみても良いでしょう。 四隻編成・下回りルート 四隻編成にすることで、下回りの航路を通ることが出来ます。 この場合は、低速艦がいてもOKです。 輸送ゲージ道中はだいたい把握しましたので、本格的に基地航空隊を出します。 道中の水上艦戦マスに一部隊、ボスマスに一部隊で。 敵制空戦力はないので、攻撃隊で良いでしょう。 ……対空砲火が激しいので、ボーキは飛びますが。 E-5-Z8マス・空襲 そんなこんなで、 Z2マスに逸れようと索敵値を調整しようとしてAマスに逸れまくったり、 やはり最短編成では火力が足りず下回り編成に変えて 瑞穂に制空の足しにしようと水戦を乗せたり。 水爆はほとんど効果がなく、ボーキを浪費するだけ。 また、瑞穂の開幕雷撃もほぼ効果がなく。 じゃあ、瑞穂を入れる理由に乏しいな……となってきました。 そうこうして空襲で負けまくって、遂に1200敗を超過しちゃいましたよ。 結局、オーソドックスな六隻編成(高速)に戻ってきました。 空襲で負けるのは、四隻編成で一隻あたりのダメージ比率が高くなって 大破即敗北みたいになっちゃったからですね。 被害を艦数で分散すれば、そうそう負けないという判断です。 あと、単純に手数と火力艦のデコイが多いってのは安定に繋がりますしね。 ……相手が優先的に火力艦を狙ってくるのはどーにもなりませんが。 基地航空隊は、一部隊を道中の水上艦マスに振り分け 一部隊はボスマスに向かわせました。 潜水ロリに東海部隊を出せば安定するでしょうが、基地入れ替えはケチるのです。 開幕で撃破ないし大破に出来れば、ほぼ被害はないのですし。 そうして、 Lv10になったもがみんを改造して航巡に。 これで、 いまいちコンセプトと不一致を起こしている瑞穂と 可哀想ですが交代させてもらいます……すまぬ。 航巡は、いくらいても困りませんし。 やっと、輸送ゲージを牛歩の歩みで半分まで削れました。 ここまで、実に70回出撃となっています。 途中、もがみんが加わるまではどうにも道中撤退が多発していましたが なんだか以降は安定しました。 しかし、リンガ泊地で発生した不具合の余波はかわかりませんが 急に通信エラーが多発するようになりまして。 機を見て出撃しても、無駄に終わることに。 な~んか、挙動が以前誤除外食らった時に似ている気もします。 遠征帰投のたびに猫るってことはないので、違うとは思うのですが。 さっさと輸送を終わらせてしまいましょう。 大発搭載可能なさっちん、フミィ、ミカに大発を満載し、 一気に輸送量を増やします。

次の

連合艦隊の仕様や特徴・運用注意点等 基本事項まとめ | ぜかましねっと艦これ!

輸送連合艦隊

その候補はいくつかありましたが、イベントバナーにて示されたのは かつてイベントモチーフにもなった コロンバンガラ沖夜戦! 神通教官率いる二水戦が、念願の水雷戦隊の真骨頂をキメた戦いです。 同時に、 ツルブ輸送も並行して行われるということで 大発動艇の積めるようになったミカ大回転な海域ということになりますね。 実戦不参加だった川内と時雨にはないかもです。 水雷戦隊、特に睦月型が主体となるためその脆さに悩まされることになるでしょう。 また、 連合艦隊にも出番があり、 出撃する艦数はかなりのものとなります。 なんでも、 最終海域ではいっぱい札が付くというので 可能な限り温存してケチっていきたいところです。 なお、 このE-5海域には戦艦・正規空母を出すことが出来ません。 必然的に、貴重な軽空母から抽出せざるを得ないことになります。 なかなかどうして、後々を考えるとボディブローのように効いてくる海域といえましょう。 E-5海域でのドロップ艦は、新規艦の初春型の有明と アメリカ艦のヘレナが共にドロップにて邂逅となっています。 ヘレナは、後の海域でも出会えるそうですね。 まずはコロンバンガラ沖に潜伏している、 あの因縁の軽巡を引きずり出さねばなりません。 いつものように、行き止まりまで行って勝つ! ですね。 Fマス・S勝利 早速、コロンバンガラ組を出していきましょう。 フミィ(文月改二)は、さっちん(皐月改二)の付き添いです。 大発要員でもあるので、無駄にはならないでしょう。 あと、ユッキー(雪風)はだいぶ前に仕上げていたセカンドです。 最低限の練度ですね。 まずは、通常艦隊で様子見です。 ……様子見するならするで、必須のことをド忘れかましてやがりますが。 E-5-Dマス・コロンバンガラ島に向かう! 続け! E-5-Eマス・能動分岐 何処にどういう敵が潜んでいるのか不明なため、基地航空隊は見送っています。 まずはフレーバーマスから、能動分岐です。 おっと、基地空襲! E-4海域からの引き継ぎな防空部隊によりシャットアウトされます。 制空権確保している上に、ほぼ補充も必要ないため 敵制空値はE-3・E-4海域のものよりもずっと低いと思われます。 E-5-Hマス・潜水艦隊 Mマスに続き、Qマスも水雷戦隊でした。 ここでは、低確率ながら新規艦のヘレナがドロップする ようですね。 可能な限りは、S勝利を狙っていきたいところです。 もっとも、この時は知る由もないままに普通にS勝利していますが。 それが、ギミック解除条件でした。 E-5-Uマス・逸れ それから、Uマスに逸れて出撃終了です。 何故か、今後たびたびお世話になることに。 ……見事なまでにケチってますねぇ。 セカンド艦以降なので、今後の札には影響しないはずです。 くまりんこ(三隈)なんて、なんかあった時(新季節グラとか)のために取っておいた子ですしね。 基本として水上打撃部隊で組んだのですが、これが罠……! もしかしたら南下するんじゃないかな~と思って、 基地航空隊をこんなふうに出しましたね(空振り)。 E-5-Jマス・水雷戦隊 タネが割れて辿り着いてしまえば、勝つのは容易です。 おや、谷風リーダー。 構成要員のほとんどを駆逐艦に頼っていたので、これは逆に痛い。 うかつに低速軽空母を出していたとしたら、ここで泣きを見るという意地悪です。 結果的に、貴重な高速軽空母を消費するハメになるというわけですね。 神楽も、セカンド・ガンビーちゃん Gambier Bay を出しましたが。 なお、先の Wマスには低速艦でもOKだそうです ……紛らわしいわ! バシィ 基地航空隊は、当然Vマスに。 E-5-Rマス・空襲 夜戦までいって、ギリッギリのS勝利でした。 あんまり例として宜しくないですな。 とはいえ、ここで艦を浪費するわけにもいかず。 ルートギミックを全解除しまして。 戦力ボスマスが出現しました! あ、またギミック解除音に注力してルート出現が撮れてない! セルフバシィ 母港に帰投しまして、ピロリーンと鳴りました……。 というわけで、こうなりました。 なんか、セカンド・プリンちゃん Prinz Eugen がいますけど。 対潜装備を持っていないのは今度はガバではなく、 基地航空隊で対処する腹積もりだからです。 というわけで、 基地航空隊は東海部隊をIマスの潜水艦に。 陸攻攻撃隊をボスマスに。 これで、開幕で随伴艦全滅です! さすがに、ボスの開幕雷撃は防ぎようがありませんが……。 丁字有利と恵まれ、昼戦でも教官がガシガシ叩いていきます。 いやはや、特効とは恐ろしい。 ヘレナ来なかったなぁ……・ まだ、輸送ゲージや後の海域でもチャンスはありますが。 ギミック未解除なので、輸送ゲージが出現しただけですね。 母港に帰投して、ピロリーンと鳴ったのはなんだったのか? 戦力ゲージ・水上打撃部隊 まだY2マスに未練がありまして、 水上打撃部隊で踏めないものかとやってみました。 一応、連合艦隊での攻略も可能ということで。 基地航空隊は、Hマスに東海部隊を。 なんかネックになりそうなPマスに攻撃隊を。 教官で決着。 ドロップはうみみ(海風)でした。 例によって、現状未到達の行き止まりにお礼参りすることになりますね。 わかりやすくて簡単……だとは思います。 E-5-X3マス・逸れ はい、索敵値不足です(わざと)。 E-5-X1マス・潜水艦隊 全ルートギミックを解除しまして、 輸送ボスマスが出現しました! E-5-Aマス・逸れ Aマスが気になるので、潜水艦単騎で行ってもらいます。 しかし、後々検証で何度も来るハメになるのですよねぇ……。 輸送ゲージそのものが長いのもありますが、 ボスマスにてヘレナと有明がドロップしますので どうせなら輸送装備を積まない牛歩輸送で掘りもやっちゃおうという。 ……はやくいって。 次は、潜水艦を警戒して対潜装備を積んでいますね。 種明かしをすると、輸送ゲージ側には潜水艦はいません。 さっき行ったBマス……事故りますねぇ。 輸送ゲージ道中は、全て警戒陣で良いと思います。 敵もこのように、警戒陣を使ってもきますが。 空襲マスを輪形陣にするかはお好みですが、そもそもエアカバーを期待できませんからね。 E-5-Z1マス・巡洋艦隊 だいたいの輸送ルートの最終関門にして、 最も事故が多発するマスです。 対空するにしても、枠がありません。 一応、 皐月改二なんかは機銃のみで頼りないながらも特殊対空カットインが可能ですので ないよりはマシ程度に組み込んでみても良いでしょう。 四隻編成・下回りルート 四隻編成にすることで、下回りの航路を通ることが出来ます。 この場合は、低速艦がいてもOKです。 輸送ゲージ道中はだいたい把握しましたので、本格的に基地航空隊を出します。 道中の水上艦戦マスに一部隊、ボスマスに一部隊で。 敵制空戦力はないので、攻撃隊で良いでしょう。 ……対空砲火が激しいので、ボーキは飛びますが。 E-5-Z8マス・空襲 そんなこんなで、 Z2マスに逸れようと索敵値を調整しようとしてAマスに逸れまくったり、 やはり最短編成では火力が足りず下回り編成に変えて 瑞穂に制空の足しにしようと水戦を乗せたり。 水爆はほとんど効果がなく、ボーキを浪費するだけ。 また、瑞穂の開幕雷撃もほぼ効果がなく。 じゃあ、瑞穂を入れる理由に乏しいな……となってきました。 そうこうして空襲で負けまくって、遂に1200敗を超過しちゃいましたよ。 結局、オーソドックスな六隻編成(高速)に戻ってきました。 空襲で負けるのは、四隻編成で一隻あたりのダメージ比率が高くなって 大破即敗北みたいになっちゃったからですね。 被害を艦数で分散すれば、そうそう負けないという判断です。 あと、単純に手数と火力艦のデコイが多いってのは安定に繋がりますしね。 ……相手が優先的に火力艦を狙ってくるのはどーにもなりませんが。 基地航空隊は、一部隊を道中の水上艦マスに振り分け 一部隊はボスマスに向かわせました。 潜水ロリに東海部隊を出せば安定するでしょうが、基地入れ替えはケチるのです。 開幕で撃破ないし大破に出来れば、ほぼ被害はないのですし。 そうして、 Lv10になったもがみんを改造して航巡に。 これで、 いまいちコンセプトと不一致を起こしている瑞穂と 可哀想ですが交代させてもらいます……すまぬ。 航巡は、いくらいても困りませんし。 やっと、輸送ゲージを牛歩の歩みで半分まで削れました。 ここまで、実に70回出撃となっています。 途中、もがみんが加わるまではどうにも道中撤退が多発していましたが なんだか以降は安定しました。 しかし、リンガ泊地で発生した不具合の余波はかわかりませんが 急に通信エラーが多発するようになりまして。 機を見て出撃しても、無駄に終わることに。 な~んか、挙動が以前誤除外食らった時に似ている気もします。 遠征帰投のたびに猫るってことはないので、違うとは思うのですが。 さっさと輸送を終わらせてしまいましょう。 大発搭載可能なさっちん、フミィ、ミカに大発を満載し、 一気に輸送量を増やします。

次の

レイテ沖海戦で連合艦隊は事実上壊滅したとよく言われますがなぜ...

輸送連合艦隊

突入!海上輸送作戦とは、「」において、に実施された(期間限定域)である。 実施期間は~。 通称名は「(イベ)」。 事前情報 、漁に勤しむたちに、にて。 その後や「」などで報じられた内容を総合すると、• 規模は中規模(「そんなに大規模な展開ではない」)• 最近のと同じく甲・・の難度選択あり• 甲では複数の艦隊戦が必要=出撃識別札(通称「お札」)が濃厚• の肝は艦艇を用いたなどによる「輸送」• にある円形の への艦艇を用いた輸送を体とした 前段 と拡 後段 を展開予定• 練度の高いやがとても重要だが編成もあり、• 最大4隻の新がされる• 2隻のやとなる戦で沈んだ、大 が• などとのも可• ある操作をすることでがすることも?• 「はもう少しわかりやすい形でしたい」 などとなっている。 「 」• 正規「 」• 「 」• 「 」 の4人が新規された。 なお、前述したように「複数の艦隊が必要」と告知されていた通り、 E-1からお札が存在し、難度選択によっては札が貼られたを別域に投入することがとなる。 加えて、E-1からであるため、 12人のに一気に札が貼られることとなる。 今回が初めてのであるや、戦に余裕のないはをよく確認し、難度選定を慎重にしてに臨まれたい。 今回のお札については、難度選択に関わらず~に出撃したに「 輸送」、E4に出撃したには「 」が貼られ、甲中の場合もう片方のへは出撃できなくなる。 お札や選択、など、限定のに関しては前回の記事「 」も参照されたいが、後述の「輸送護衛部隊」など変更されているところもあるので注意されたい。 ちなみに、やもさすがに懲りたのか、 いつもどおりは間ほど延長されたもののいわゆるE-0問題()は発生しなかったようである。 しかし、終了直前の内容告知中に で障が発生、からのが一時するというがあった。 作戦内容 第1ステージ 【輸送作戦!前路掃討】 ショートランド泊地沖 上輸送が発された!これに先立ち、が を以て、域の前路掃討を実施する!艦隊、抜錨せよ! 最初の域。 今回は上述の通り最初のから の出撃となり、しかも出撃制限につき『 輸送』のお札がつく。 例によってを選択すれば気にしなくてもよいが、甲・で進行するならば艦隊編成の選別は慎重に。 論、部隊で進むか機動部隊で進むかも予め決定してう。 針路は北回りと南回りで2通り存在し、北回りは部隊や群が待ち受けるので部隊だと厳しい闘いになる。 一方、南回りはが2隻で待ち構えるHが門。 どちらが格段に楽、というわけでもないが、や戦を考えた上で最適な選択を。 としては初登場の14年と同じく、E-1の旗艦として再び登場した。 加えて甲では随伴にはが出現し、のを固めるのでなかなかに倒しにくい。 もっとも、のような化け物じみた装甲を持っているわけではないので、のやの攻撃で一撃大破も見込め、や正規多めの艦隊ならば戦の間に勝負のつくことも多いだろう。 報酬は特注具、給糧艦(ともに甲共通)、補強増設(甲のみ)、熟練見り員(甲のみ)。 なは、(ともに複数で)、、など。 第2ステージ 【コロネハイカラ沖海戦】 コロネハイカラ沖 いよいよ上輸送を実施する。 精強ながを以てへの上輸送を実施せよ! 第2域。 このは輸送であり、物資揚陸用の艦隊編成で揚陸地点(J)に到達し、付近の敵艦隊を撃滅することで輸送了させ「輸送揚陸」をにするのが的である。 よって、 Jを通過しないでへ到達し、撃破してもは減らない。 この方法は次のとも共通している。 の減少する値は艦艇に搭載した(・搭載可)や大発動艇(編成できる中ではのみ搭載可)の数、更ににSorAしたかによって異なる。 また、減らすべきの数量も甲・200・と異なるため、難度選択と搭載するの数により出撃回数はかなり異なってくるであろう 進撃は上中下の3になるが、上・中はを含み、下はフラ重3隻を含む艦隊と殴り合うことになる。 は初登場となる。 どう見てもさんです より一回り強なであり、としては初めてとなるを装備している。 あちらのも味方のを低下させると思われるため、こちらもと弾を使う 、ではなく連撃装備にするなどの対策を採りたい。 また、本人は装甲と硬くでないと大が与えられないものの、取り巻きは・で柔らかいため、を出して開幕時に敵の数を減らしてに臨むことでSのを高めることもできる。 なお、後のにも当て嵌まるがこの域はあくまで「輸送揚陸をにする」のが的なので 艦隊旗艦()が撃破できなくても(破壊)は可。 破壊可時になるとのや敵艦隊の編成が強化されるが、がになればをできるので破壊を前に何度出撃してもが倒せず足踏みし続ける心配は少ないだろう。 ただしA以上を勝ち取れなければならない点は注意が必要だが。 報酬は応急・給糧艦、(ともに甲共通)、補強増設(甲のみ)、勲章(甲のみ)。 は、、、など。 なお、は最終域での固定要員となるため、初めて入手した場合は育てておくことを考えよう。 第3ステージ 【抜錨!海上輸送部隊】コロネハイカラ島東方沖 による強行輸送に続き、大規模な上輸送部隊を投入、多くの輸送物資の揚陸を図る。 大規模上輸送部隊、抜錨! 第3域。 における最終となるので、着任して日が浅いはこのまでを本の標にしてみよう。 引き続き、や大発を搭載した艦艇で艦隊を組織し、所定のを通過してを撃破する。 こちらの域は必ず揚陸であるGを通過することになるため、逸れの心配はない。 この域では 難度の選択に際して留意が必要である。 をするとE-4の甲選択がになるため、 報酬のTは を掘り当てない限り入手できなくなる。 このはと回避を強化したと言える高性機であるため、・E-4と高難度にチャする意義もあるだろう。 本域では変形のである「輸送護衛部隊」を編成することになる。 輸送できる・大発の数も増えるため、もその分増える(甲0・・)。 この「輸送護衛部隊」は通常の打撃部隊・機動部隊とは異なる編成が要される。 まず、 第1艦隊には4隻が必須であり、は2隻、・・・巡は編成不可となる(航戦・航巡は編成可)。 また、 第2艦隊は通常のに近いが3隻が必須、旗艦はのみ、・航巡は2隻まで、巡やは編成不可である。 また艦隊部施設を所持しているなら持たせて損はない。 減少量は低下するが、そもそもまで辿り着けなければどうにもならない上、このも同様でを撃破する必要性が低いのだから。 中は3存在し、揚陸で合流してに至る。 このうち、中央・下では初登場となるが出現する。 これはが味方並みに少ない一方、を込んでもにされ、「の撃が有効打にならない、の撃や、(大艦の場合は)副が有効」とからがあるなど、特殊な挙動を示すようである。 では装備をするとともに戦では中を出して極を抑えるようにしたい。 あとは祈れ。 はイベに引き続き登場する である。 当然を飛ばしてくるため、こちらもや()を用いて制優勢を得るか、限敵の弾着観測射撃をできるような編成・装備が望ましい。 ただし今回は時のと違い単縦で攻めてくるので先制や撃が命中率・破壊共に高く、しかも今回は編成の都合上やが中心の艦隊で挑むしかない為、随伴艦がうまく片付いたとしてなかが削れず1基で暴れに暴れまわる、なんてもにある。 掘り狙いでSを狙うならば、を惜しまず投入しないとかなり厳しい。 中にしろ戦にしろ、このは艦隊がといっても過言ではない。 報酬は「」(甲共通)、修資材、勲章(ともに甲のみ)、四式聴音機(甲のみ)。 は、、、、 限定のに加え、が初登場から1年を経て念願のを果たしている。 第4ステージ 【西方戦線!機動部隊派遣】西方海域戦線 ステビア海 別方面を実施する。 大規模な別働部隊を域に、同域の敵増援戦を漸減すると共に友との接触を図れ! 第4域。 ここからは後段(拡)となる。 からは「 別働」とにされている。 このには先のE-1~へ出撃したが出撃できず、またこのへ一度でも出撃したには 別働のお札が貼られ、E-1~へは出撃できなくなる。 なお、次のが最終面となるので、を狙うはこのを甲かのいずれかでする必要がある。 再びを組むであるが、は来るぞ来るぞと言われ続けてきた。 これにより艦隊を対潜特化にするのは困難でに突入すると的……かと思いきや• 補正によりでも対潜が戦と同じように入る• 同じく補正により対潜重視の第一警航行序列(通常艦隊の単横に相当)を選択しても撃・撃の低下は顕著ではない• 巡を第2艦隊に組み込めるため、戦と開幕撃で艦を減らしてから対潜行動しない艦がをにできる• は開幕撃をしない• 吸引の変わらないただ一つのと言えどはかばえない と様々な要素が重なり、条件はそこまで悪くはない。 とはいえ第2艦隊はソナー・爆満載の編成にするのが望ましいだろう。 前述のとおり、甲難度最終形態ではがきわめて強になるが、のいるJとが待ち構えるMでSを収める(もしくは旗艦のみ撃破する)とする(効果のは任務と同じく午前)。 機動部隊で到達するとのやが変化するためを確認できるが、打撃部隊での出撃、破壊前の削り時にがあるかはいずれも明示されていない。 報酬は勲章、熟練搭乗員(ともに甲共通)、修資材、洋上補給(ともに甲のみ)、ともに艦上であるT(甲のみ)、T(のみ)。 はで新規である に加え(ともに難度不問)が出現するほか、複数でも獲得可である(M、)。 更に、のいるJとのMではLeioやもするほか、Mの場合はこれらに加えと同じく1年前の以来音沙汰のなかったも確認されている。 第5ステージ(最終決戦) 【乗り越えろ!バニラ湾夜戦!】 への輸送を遂する! を基幹とした少数精鋭の艦隊で、敵待ち伏せを食い破れ!艦隊、出撃! 本の最終。 輸送と戦の2本のがある。 難度を問わず札による出撃制限はいが、 旗艦固定 +4必須という制限がある。 進撃揚陸地点手前で合流する。 制御に当たっては・・の3人がし、外したり加えたりすることで進撃を決定できる。 なお、揚陸地点の次のではが3o隻出現する。 甲選択や掘りなどで必然的に出現回数の多くなるは、リー任務の上やろ号を受けておくと大いにはかどることだろう。 いずれにしても、2回はをくぐり抜けなければならないのでや弾といった装備が欲しいところ。 通常艦隊・によるなので資材の消費こそ少なめだが、大破撤退が頻発する為資材よりもむしろE-5到達までに のがどれだけ確保できているかの勝負でもある。 は初登場の。 ほど理不尽なではないものの、ことを二回りほど強化したを誇り、甲破壊可時には開幕撃を放つ。 随伴艦も後期orであり、軽めでもを出しておくと効果的である。 本域はまず・同様輸送(甲・・)が存在し、これを破壊することで戦(こちらも難度により長さが異なる)になる。 また、 戦時にはE-4と同じくが存在する。 これはである発動にはHやなどで出現するを複数回撃破することが必要である。 発動しているかどうかは頭にかぶった が脱げているかで確認できる。 も変化している模様…? なお、この による装甲低下は戦に変わってから倒した数がントされるので、輸送を破壊するまではを何隻倒しても装甲破砕が適用されない点に注意。 報酬は「」(甲共通)、勲章 甲は2つ、は1つ 、 甲のみ である。 では、で新規の「」(Aでも獲得可)、「」のほか、複数ので「」「」「」のが見込める。 関連動画 関連静画 関連コミュニティ 関連項目• 新登場• の 前回 次回 開催年 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - -- -- -- -- -- -- -- -- -- 脚注• 諸にあるバンはほぼ円形のである。 撤退後、このに展開するへの輸送とそれに伴う戦が発生した。 中でも、がその身と引き換えにに大打撃を与え、「中最もしく戦った」とも称されたバンが一つのになるのではないかと噂されている。 このうち、については「展開次第では」との保留がついている。 1年前の「」第2域突破報酬であったは、同じく第3域突破報酬のと並び、1年に渡って以後のや通常域での獲得機会がなかった。 後に開設された湾・柱両泊地などでは所属者が未所持となっている。 前「」最終域のは装甲~と常軌を逸した硬さを誇り、何の対策もしなければ本来であるもに終わってしまう。 これに通常のようなを与えるには、中意味ありげに配置されていたの旗艦(正確には基地・だが)を一定回数以上撃破してをさせる必要があった。 この効果は日をまたぐとされてしまうため「」などと呼ばれたが、からこのようながあることが正式に発表されたのは開始から3日が経ってからであった。 まとめの報告によれば、・大発搭載でもAすれば18獲得できるため、甲でも最高で18回にAを納めればできる計算になる。 一方、装備を全て大発・で埋めてSすれば以上獲得できるため、ならできるが、この装備でSするのはほぼであろう。 この為、戦は「二戦の航跡」、及びは「次発装填、再突入!」になっている。 こちらに戦が存在しないため偵は発動せず、弾着観測射撃も発動しないので電探やなど他の装備を積んだ方がよい。

次の