ハンバーグ レシピ。 【簡単レシピ】名店プロが指南! 絶品「肉汁ハンバーグ」が普通の材料で作れちゃう“コツ”(1/2)

失敗しない!ふっくらジューシーハンバーグのレシピ・作り方

ハンバーグ レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

【みんなが作ってる】 基本のハンバーグのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ハンバーグ レシピ

「おかあさーん、ハンバーグが食べたーい!」 子どもが大好きなハンバーグ。 大人も大好きなハンバーグ。 みんなが大好きだからこそ、おいしいハンバーグが作れるようになりたいですよね。 結婚するまで料理をほとんどしたことがなく、むしろ料理が大の苦手だった私は、ハンバーグ作りに大苦戦して、何度と失敗してきたことでしょう・・・。 パサパサでボソボソで真っ黒焦げのカッチカチのハンバーグを作っては、悔しくて涙を流しながら、絶え間ない研究を重ねてきました。 10年以上かけて絶品ハンバーグのレシピを研究し続けてきた結果、 簡単においしく作れる7つのポイントがわかりました。 我が家の数々あるハンバーグレシピの中で 人気No. 1のレシピを、ぜひここでご紹介したいと思います。 もくじ• 簡単でおいしい!我が家で人気No. 1レシピのハンバーグの材料 手のひらサイズの食べごたえあるハンバーグが、8個分できる材料と分量はこちらです。 ハンバーグのたねの材料• 合い挽き肉:800g(牛と豚肉が7:3が理想的)• 玉ねぎ:中1個• 卵:1個• 生パン粉:1カップ• 牛乳:大4• 塩:2g• 黒こしょう:少々• ナツメグ:少々• マヨネーズ:大1弱• 小麦粉:適宜• サラダ油: 大さじ1 ハンバーグのソースの材料• ケチャップ:大4• ウイスターソース:大2• 赤ワイン:大2• しょうゆ:小1• いちごジャム:小1• バター:10g 合い挽き肉は牛多めのものを買って、冷蔵庫から出して常温に戻しておきましょう。 7つの大事なポイントを抑えながら、早速作ってみることにしましょう。 ポイント1.生パン粉と牛乳と卵を先に浸しておく ハンバーグのおいしさは、 パン粉で決まります。 時間があるなら食パンから、なければ生パン粉を使いましょう。 (なければ乾燥パン粉でもOK) パン粉にどれだけ旨味を入れるかが大事でして、最初に パン粉と牛乳と卵を一緒に混ぜておくことがポイントです。 あらかじめ混ぜておくことで、パン粉の中に旨味がギューっと凝縮されて、とてもおいしく仕上がります。 ポイント2. 玉ねぎは生のまま使う方がジューシーになる 玉ねぎをみじん切りにしてから、あめ色に炒める方法もあると思います。 しかし、長年色々と実験してみた結果、炒めずに生のままで使う方がジューシーに仕上がることがわかりました。 あめ色に炒めるのってとっても労力がいりますし、大事な水分が飛んでいてしまいます。 生のままで入れれば、玉ねぎの水分がギュッと肉汁と一緒に閉じ込められて、焼くことで甘味成分がどんどん引き出されていきます。 私はめんどくさがり屋のズボラなので(笑)、で たったの10秒で、みじん切りを終わらせてしまいました。 ポイント3.材料の中にマヨネーズを入れる マヨネーズをハンバーグに入れることで、ふんわりジューシーに仕上がります。 ハンバーグが固くなってしまうのは、焼くことでたんぱく質が結合してしまうからなのです。 マヨネーズの乳化された油の細かい粒子が、 加熱することでタンパク質の結合をソフトにしてくれます。 マヨネーズの粒子のおかげで、ふんわりとジューシーなハンバーグに仕上げることが出来るのです。 ポイント4.熱を加えないようによくこねて中の空気を抜く まずはひき肉だけで、1分ほど指先であまり熱を加えないように、軽くこねてみてください。 あまりギューッ!と手のひらで押すようにこねてしまうと、ベトベトに肉の脂が溶け出してきてしまっておいしくなくなってしまいます。 こねた後にひたしたパン粉と塩、こしょうとナツメグ、玉ねぎ、塩と黒こしょうを入れることで、牛肉と豚肉の繊維がピタっとくっついてくれるのです。 ねばり気が出るまで頑張りましょう。 大変なら木べらでもいいのですよ。 こねたら、中の空気を抜くように成形をします。 10回ぐらい両手でパンパン!と抜きましょう。 ポイント5.成形したまわりに小麦粉をはたく パサパサになってしまう原因は、肉汁が途中で流れ出してしまうためです。 これを防ぐために、小麦粉を表面にはたいてみましょう。 小麦粉の膜でコーティングされて、しっかりと肉汁が逃げ出さないバリアが出来ます。 今はこんなに便利なパウダー状の小麦粉がありますので、1つ置いておくととっても便利ですよ。 リンク ポイント6.予熱でジューシーに!アルミ箔をかぶせて待つ 焼く前に、真ん中をちょこっとへこませてから焼きます。 焼くと真ん中が 膨らんできますので、あらかじめへこませておくことで仕上がりが平らになりますし、火の通りもよくなります。 最後に焼き加減がとっても重要です。 強すぎると外が焦げてしまいます。 このままでは、中まで火を通すことが出来ずに生焼けになってしまいます。 まずは中火で片面だけを2〜3分ほど焼いて、焼き目をつけます。 その後にひっくり返したら火を消して、アルミ箔をかぶせてしまうのです。 これで予熱を使って、あとはじっくりと焼くのです。 約20分ぐらい放置すると、中まで熱が伝わってしっかりと焼くことができます。 焼き過ぎないことで、ジューシーな肉汁をしっかりと閉じ込めて、おいしい絶品ハンバーグが簡単に作れてしまうのです。 ポイント7. ハンバーグソースは、焼いたフライパンのまま使う お肉の肉汁が出ているフライパンを洗わずに、ケチャップ、ウイスターソース、赤ワイン、しょうゆ、バターを入れます。 隠し味には、なんとイチゴジャム! 少しだけ入れることで、酸味と甘酸っぱさがプラスされますよ。 このソースの割合は、ご家庭のお好みで色々とアレンジして作ってみてくださいね。 ジューシーな肉汁がいっぱい残ったフライパンを使うことで、おいしいソースを作ることができるのです。 出来上がった簡単でおいしい絶品ハンバーグはこちら ジャジャーン! こんなにおいしそうなハンバーグが出来上がりました。 肉汁がジュワーっと閉じ込められていて、まさに絶品でした! これはたくさん失敗してきたからこそ、編み出した7つの方法なのです。 「お母さん、これすごいおいしい!もう1つ食べたい!」 あれよあれよという間に、私のハンバーグを1つ次女に食べられてしまいました。 よっぽど作ったハンバーグが、おいしかったに間違いありません。 ハンバーグってものすごいシンプルな料理なのに、ものすごい奥が深い食べものです。 でも失敗をしても、愛情がたくさん込められていればいいのです。 失敗は成功のもと!上達のもと! 7つのポイントを実践して、今日からあなたも ハンバーグ名人に生まれ変わりましょう! 家族みんなが、おいしいものを食べて幸せいっぱいの笑顔になれるといいですね。 おいしい料理を作りたいあなたは、こちらも要チェック! 実はさらにおいしいハンバーグの作り方があった! ツ どデカいハンバーグのレシピはこちら おいしいレシピが完成したら、レシピをお金に変えてみよう! たくさんハンバーグを作ったら、無印良品の密閉保存容器がおすすめ ハンバーグなど人気のおかずは基本レシピ通りに作らなくていい! 絶品!夏野菜たっぷりカレーを作りたいあなたは、こちらをどうぞ! さらに肉汁がじゅわ〜っと出るハンバーグも作ってみました ふるさと納税特産品で人気のお肉で、とろける料理を3つ作ってみた.

次の

【みんなが作ってる】 基本のハンバーグのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ハンバーグ レシピ

完成! ナイフを入れた瞬間、まるで小籠包を割ったときのように肉汁があふれ出る。 「こんなハンバーグが世の中にあったのか」と蒙を啓かれる人も多いかと思う。 それが「ミート矢澤」(五反田)の、唯一無二のハンバーグだ。 その秘密は店内でひくサーロイン、フィレ、もも肉、うで肉、スネ肉、ネックなどの国産黒毛和牛にある。 けれど、最高級の牛肉さえあれば、必ずしも肉汁が流れ出るハンバーグになるわけではない、とミート矢澤の総料理長、福島亮さんは力説する。 冷やした牛肉をミンチにし、素早く手でこねる(冷やす理由は後述)。 それにより肉汁を閉じめることができるのだそうだ。 そもそもハンバーグは家庭の味だ。 であれば、ミート矢澤の足元にも及ばないかもしれないが、家庭でもそこそこ旨いハンバーグが作れるのではないか。 そう思い、福島シェフに美味しいハンバーグのレシピを教えてもらうことにした。 福島シェフ 福島シェフこそが身近な家庭料理を、上質な西洋料理に昇華させた張本人。 もちろん、最上級の国産黒毛和牛を用意すれば、美味しいハンバーグになる可能性が高い。 けれど、今回はスーパーなどで手に入る牛肉で、思わず笑みがこぼれるジューシーなハンバーグを作るコツを、福島シェフに伝授してもらうことにした。 「国産牛でも、輸入物ものでも一工夫すれば、肉汁があふれ出る、美味しいハンバーグを作ることができます」と、福島シェフは請け負ってくれた。 その際、ポイントがふたつある、と福島シェフはいう。 「肉売り場で牛脂を1個もらってきてください。 それともうひとつ、氷を1個用意します」 牛脂と牛ひき肉以外は、どこの家の台所にもある食材で、レストラン顔負けのハンバーグが自宅でも作れると福島シェフは豪語する。 まずは福島シェフのレシピをご覧あれ。

次の