タッチ タイピング 練習 無料。 子どものタイピング練習に使える無料サービス6選

子どものタイピング練習に使える無料サービス6選

タッチ タイピング 練習 無料

タッチタイピングの練習がしたいけれど、すぐに飽きてしまって長続きしない・・・。 練習ソフトやゲームも試してみたけれど、なかなかスコアが上がらなくて・・・。 効率的なタッチタイピング(ローマ字入力)のおすすめ練習方法を教えて! こういった悩みに答える記事を書いてみました。 間違った練習方法を続けていると、いつまで経ってもタッチタイピングが上達しないばかりか、妙な癖が付いてしまいかえって逆効果です。 そこで、この記事ではタッチタイピングがなかなか上達しない理由である NG練習方法に加えて、 おすすめの正しいタッチタイピング練習方法を具体的なステップでまとめています。 タッチタイピングが上達しない理由【NG練習方法】• 具体的なタッチタイピング(ローマ字入力)の練習方法【5ステップ】• タッチタイピング練習を継続するコツ 内容としてはこんな感じ。 タッチタイピングが身に付く前に、練習に飽きて放り出してしまう・・・なんてことがないように、正しい練習方法を覚えて確実に基本をマスターしてしまいましょうね。 タッチタイピングが上達しない理由【NG練習方法】 タイプミスが多くて、なかなかタイピングゲームのスコアが伸びない・・・。 その理由は、 あなたがタイピングゲームばかりやっているからです。 タイピングの練習をしようという人の多くが、「寿司打」や「特打」のような、いわゆるタイピングゲームにいきなり手を出してしまいがちです。 しかし、これは自動車教習所に通わずにいきなり公道に出るようなもの。 むしろ いきなりF1レースに参戦しようとしているにも等しい行為だったりします。 タッチタイピングの基本がしっかりと体に染み付いていないうちにスピード重視のゲームに注力してしまうと、ミスタイプばかりでなかなか思ったようなスコアが出ないだけでなく、妙なタイピングの癖が付いてしまって上達の大きな妨げとなってしまいます。 タイピングゲームにも基礎練習モードがあったりしますが、多くの人がテキトーに済ませてさっさとゲームで遊んでしまっているはず。 かく言う僕も、このことに気づくのに一年近くかかってしまいました。 案の定、すっかり変なタイプ癖が付いてしまっており、直すのにかなり苦労した経験が・・・。 僕のようにならないためにも、みなさんはあらかじめしっかりとタッチタイピングの基本ポイントを押さえておきましょう。 タッチタイピングで重要な5つのポイント ひとことで「タッチタイピング」と言っても、そこにはいくつかの要素・スキルが組み合わさってます。 それぞれを分解し、一つ一つしっかりと身につけていくことこそ、タッチタイピング上達の最短ルートです。 ポイントは以下の5つ。 環境づくり• ホームポジション• キー配列• ショートカットキー• スピード これらをまとめて一度にすべてやろうとするよりも、一つ一つのポイントに絞ってマスターしていったほうが、結果として上達スピードも速いものです。 次項では、各ポイントをどのようにして押さえていくかを具体的に解説しますね。 具体的なタッチタイピング(ローマ字入力)の練習方法 タッチタイピングに重要な5つの要素は、次の5ステップで身につけていきます。 タイピング環境を整える• ホームポジションを体に覚えさせる• タイプミス0(ゼロ)で打てるようになる• 便利なショートカットキーを覚える• 速度をひたすら極める 多くの人がいきなり5から始めようとしてしまいますが、スピードは最後に追求していくべきです。 以下、それぞれのステップごとに詳しく解説していきますね。 タイピング環境を整える 正しい姿勢でタイピングを行わないと、タイプミスがいつまでも減らないだけでなく、肩や手首に負担をかけて健康を害してしまいます。 そこで最初はタイピングに適した環境作りから始めましょう。 モニターの高さは目線のやや下になるように調整。 デスクは肘がちょうど直角になるような高さにしましょう。 椅子はなるべく良いものがいいですが、背もたれはタイピング中は使用しない(ほうがいい)ので、体に合っていればそれほど高級チェアでなくてもOKです。 タイプミス0(ゼロ)で打てるようになる ホームポジションが体にしっかりと染み付いたら、お次はキー配列をしっかりとマスターしましょう。 はじめのうちはどうしても手元を見てキー刻印を確認しながらタイピングしたくなってしまいますが、これではタッチタイピングはいつまでも身につきません。 心を鬼にして、最初から(勘でもいいので)なるべく手元を見ずに文字を入力してみてください。 ポイントは視線は正面のまま、意識だけをキーボードに向けてキー配列を思い浮かべながらゆっくりタイピングしていくこと。 タイプミスがゼロに限りなく近くなるまで、以下の 『魔法の言葉』を繰り返しタイピングして、確実にキー配列を自分のものにしましょう。 ここはどこわたしはだれ• 奥の細道ぼくの近道• ファジイで粋で最高だ• FだJださあ来いさあ来い• パーキングエリアじゅうで、ファンはずっと湯花を蒸す 便利なショートカットキーを覚える マウスやカーソルキー・テンキーなどを使ってしまうと、どうしてもホームポジションが崩れてしまい、ミスタイプの原因となってしまいます。 そこで、余裕が出てきたらこれらのツールの代わりとなるショートカットキーを覚えて、できる限りホームポジション内ですべての作業が完結するようにしてみましょう。 ポイントはあくまで「正確さ」を重視し、タイプミス0(ゼロ)を意識して速度を徐々に上げていくこと。 速度計測アプリなどを使って、自分のミスゼロ限界速度を記録しておくと、日々のモチベーションにもつながりますよ。 タッチタイピング練習を継続するコツ いろいろと細かく説明してきましたが、それでも途中で飽きてしまったり、面倒になってしまったりする人もいるはずです。 そういった方のために、 タッチタイピングの練習を継続するコツを最後に紹介。 それは、 毎日何かしらの文章を書いて発信することです。 文章を書くことを習慣化すれば、日々の向上を確実に実感していくことができますし、人に公開する文章を書くとなればモチベーションもアップしようというものです。 あくまでタッチタイピング練習のためと割り切れば、文章自体のクオリティや評価はそれほど気にしなくて済むので、毎日発信のハードルもぐっと下がるはず。 ブログを毎日更新するのもいいですし、小説を書いている人は投稿サイトに毎日短い話をアップするのもいいでしょう。

次の

【2020年版】無料タイピング練習おすすめサイト!!スマホ普及もまだまだタイピングは必要

タッチ タイピング 練習 無料

タッチタイピングの練習がしたいけれど、すぐに飽きてしまって長続きしない・・・。 練習ソフトやゲームも試してみたけれど、なかなかスコアが上がらなくて・・・。 効率的なタッチタイピング(ローマ字入力)のおすすめ練習方法を教えて! こういった悩みに答える記事を書いてみました。 間違った練習方法を続けていると、いつまで経ってもタッチタイピングが上達しないばかりか、妙な癖が付いてしまいかえって逆効果です。 そこで、この記事ではタッチタイピングがなかなか上達しない理由である NG練習方法に加えて、 おすすめの正しいタッチタイピング練習方法を具体的なステップでまとめています。 タッチタイピングが上達しない理由【NG練習方法】• 具体的なタッチタイピング(ローマ字入力)の練習方法【5ステップ】• タッチタイピング練習を継続するコツ 内容としてはこんな感じ。 タッチタイピングが身に付く前に、練習に飽きて放り出してしまう・・・なんてことがないように、正しい練習方法を覚えて確実に基本をマスターしてしまいましょうね。 タッチタイピングが上達しない理由【NG練習方法】 タイプミスが多くて、なかなかタイピングゲームのスコアが伸びない・・・。 その理由は、 あなたがタイピングゲームばかりやっているからです。 タイピングの練習をしようという人の多くが、「寿司打」や「特打」のような、いわゆるタイピングゲームにいきなり手を出してしまいがちです。 しかし、これは自動車教習所に通わずにいきなり公道に出るようなもの。 むしろ いきなりF1レースに参戦しようとしているにも等しい行為だったりします。 タッチタイピングの基本がしっかりと体に染み付いていないうちにスピード重視のゲームに注力してしまうと、ミスタイプばかりでなかなか思ったようなスコアが出ないだけでなく、妙なタイピングの癖が付いてしまって上達の大きな妨げとなってしまいます。 タイピングゲームにも基礎練習モードがあったりしますが、多くの人がテキトーに済ませてさっさとゲームで遊んでしまっているはず。 かく言う僕も、このことに気づくのに一年近くかかってしまいました。 案の定、すっかり変なタイプ癖が付いてしまっており、直すのにかなり苦労した経験が・・・。 僕のようにならないためにも、みなさんはあらかじめしっかりとタッチタイピングの基本ポイントを押さえておきましょう。 タッチタイピングで重要な5つのポイント ひとことで「タッチタイピング」と言っても、そこにはいくつかの要素・スキルが組み合わさってます。 それぞれを分解し、一つ一つしっかりと身につけていくことこそ、タッチタイピング上達の最短ルートです。 ポイントは以下の5つ。 環境づくり• ホームポジション• キー配列• ショートカットキー• スピード これらをまとめて一度にすべてやろうとするよりも、一つ一つのポイントに絞ってマスターしていったほうが、結果として上達スピードも速いものです。 次項では、各ポイントをどのようにして押さえていくかを具体的に解説しますね。 具体的なタッチタイピング(ローマ字入力)の練習方法 タッチタイピングに重要な5つの要素は、次の5ステップで身につけていきます。 タイピング環境を整える• ホームポジションを体に覚えさせる• タイプミス0(ゼロ)で打てるようになる• 便利なショートカットキーを覚える• 速度をひたすら極める 多くの人がいきなり5から始めようとしてしまいますが、スピードは最後に追求していくべきです。 以下、それぞれのステップごとに詳しく解説していきますね。 タイピング環境を整える 正しい姿勢でタイピングを行わないと、タイプミスがいつまでも減らないだけでなく、肩や手首に負担をかけて健康を害してしまいます。 そこで最初はタイピングに適した環境作りから始めましょう。 モニターの高さは目線のやや下になるように調整。 デスクは肘がちょうど直角になるような高さにしましょう。 椅子はなるべく良いものがいいですが、背もたれはタイピング中は使用しない(ほうがいい)ので、体に合っていればそれほど高級チェアでなくてもOKです。 タイプミス0(ゼロ)で打てるようになる ホームポジションが体にしっかりと染み付いたら、お次はキー配列をしっかりとマスターしましょう。 はじめのうちはどうしても手元を見てキー刻印を確認しながらタイピングしたくなってしまいますが、これではタッチタイピングはいつまでも身につきません。 心を鬼にして、最初から(勘でもいいので)なるべく手元を見ずに文字を入力してみてください。 ポイントは視線は正面のまま、意識だけをキーボードに向けてキー配列を思い浮かべながらゆっくりタイピングしていくこと。 タイプミスがゼロに限りなく近くなるまで、以下の 『魔法の言葉』を繰り返しタイピングして、確実にキー配列を自分のものにしましょう。 ここはどこわたしはだれ• 奥の細道ぼくの近道• ファジイで粋で最高だ• FだJださあ来いさあ来い• パーキングエリアじゅうで、ファンはずっと湯花を蒸す 便利なショートカットキーを覚える マウスやカーソルキー・テンキーなどを使ってしまうと、どうしてもホームポジションが崩れてしまい、ミスタイプの原因となってしまいます。 そこで、余裕が出てきたらこれらのツールの代わりとなるショートカットキーを覚えて、できる限りホームポジション内ですべての作業が完結するようにしてみましょう。 ポイントはあくまで「正確さ」を重視し、タイプミス0(ゼロ)を意識して速度を徐々に上げていくこと。 速度計測アプリなどを使って、自分のミスゼロ限界速度を記録しておくと、日々のモチベーションにもつながりますよ。 タッチタイピング練習を継続するコツ いろいろと細かく説明してきましたが、それでも途中で飽きてしまったり、面倒になってしまったりする人もいるはずです。 そういった方のために、 タッチタイピングの練習を継続するコツを最後に紹介。 それは、 毎日何かしらの文章を書いて発信することです。 文章を書くことを習慣化すれば、日々の向上を確実に実感していくことができますし、人に公開する文章を書くとなればモチベーションもアップしようというものです。 あくまでタッチタイピング練習のためと割り切れば、文章自体のクオリティや評価はそれほど気にしなくて済むので、毎日発信のハードルもぐっと下がるはず。 ブログを毎日更新するのもいいですし、小説を書いている人は投稿サイトに毎日短い話をアップするのもいいでしょう。

次の

ブラインドタッチの練習が楽しい!おすすめの無料ゲームを紹介

タッチ タイピング 練習 無料

パソコンでタイピングを速くするためには、ホームポジションとブラインドタッチを覚えて地道な練習が必要です。 しかし、無料のソフトを使うと楽しく練習することができて、タイピングを速く習得する近道になるでしょう。 今回は、タイピングを速くするためのコツと、無料のタイピングソフトを紹介してきます。 タイピングを速くするためのコツ まずは指をホームポジションにおきます。 ホームポジションとは、左手の人差し指をキーボードのFに、右手の人差し指をJにおくことです。 FとJのキーには小さな突起がついているので、人差し指で確認してください。 そして、キーボードを打つときにはブランドタッチを行います。 キーボードは見ないで、画面を見てください。 入力のキーを間違っても手元のキーボードは見ずに、画面を見て入力を行い、指でキーの位置を覚えることが大切です。 おすすめ無料ソフト タイピング練習には初心者用から中級者、上級者用まであります。 初心者用は決められた指で打つこと、中級者以上用はとにかく速く打つことに主眼がおかれています。 とはいっても、どちらからはじめてもかまいません。 楽しみながら繰り返し練習して身体で覚えましょう。 ホームポジションやブラインドタッチをこれから覚えたい方におすすめなのが、MIKATYPEです。 作者は学校教育用に作成しており、初めてキーボードにさわる方から上級者の方までタイピングの練習ができます。 ソフトはダウンロード後インストールが必要で、最新のWindowsにも対応しています。 詳しくはサイトを確認してください。 myTypingは25000を超えるいろいろなテーマで、タイピングの練習ができるサイトです。 そして、そのテーマの数はどんどん増えており、全くの初心者から上級者まで対応しています。 初めに60秒でできるタイピング診断をやってみてください。 そうするとあなたのレベルと苦手キーを判定してくれます。 最初の診断結果は厳しい結果かもしれませんが、地道に練習あるのみです。 タイピングのテーマとしては哲学者タイピングや戦国武将タイピングなど、いろいろありますので楽しみながら練習できます。 こちらもいろいろなテーマに沿ってタイピングの練習ができるサイトです。 上司に対する尊敬語や、医療介護に関する単語まで、さまざまなテーマが用意されています。 腕ためしのレベルチェックがありますので、初めに実力を確認してみてください。 なおmyTyingの診断は単語ですが、こちらの腕試しは文章でレベルチェックができます。 タイピングを少し覚え始めた方におススメなのが寿司打です。 回転寿司のように言葉が流れてきて、指定の文字をタイピングし点数を上げていく、ゲーム形式のタイピング練習ソフトです。 難易度は3段階ありますが、言葉がどんどん流れてくるので、まずはお手軽コースから試してみるとよいでしょう。 ICTプロフィシエンシー検定強化(P検)が作成したタイピング練習用ソフトで、ブラウザ版とダインロード版があります。 もちろん最新のWindowsにも対応しています。 P検はソフトやコンピュータを使いこなすための検定試験を行っているので、タイピングのみの検定はありませんが、タイピングは大切なスキルと考えらているので、ぜひ試してみましょう。 世紀末覇者ケンシロウがタイピングソフトとして帰ってきました。 Yahooのブラウザゲームで遊ぶことができます。 難易度は徐々に高くなってくるので、初心者から上級者まで楽しめます。 ストーリー性も高く、映像は大人向きになっています。 画面中央にある食べ物を狙ってくる小人から料理を守る、タイピングゲームです。 速く打たないと小人に食べ物を持っていかれてしまいますので、ハラハラドキドキします。 ある程度速い入力が必要なので、ブラインドタッチに少し慣れた方におススメです。 ストーリーに応じて入力する文字が指示され、タイピングを失敗すると自分もダメージを受けるゲームです。 遅くタイピングしてもゲームオーバーにならないので正確なタイピングが大切なゲームですが、入力指示される文字は初心者向けではないものが多いです。 タイピングに少し慣れた方におススメです。 まとめ タイピングを速くするためのコツとタイピング練習にオススメな無料ソフトの紹介をしました。 ホームポジション、ブラインドタッチ、地道な練習が速いタイピングへの近道ですが、今回ご紹介したソフトを使うことで地道な練習が楽しくなることを期待します。

次の