ポケモン 努力値 ぶっぱ。 ステータス調整する理由(努力値調整、実数値調整、ダメージ乱数調整)【ポケモン初心者講座】|ポケモット

【サンムーン】「〇〇耐え調整」って凄い難しそうだけど皆やってるの? 初心者だから努力値は極振りしかしたことないんだけど・・・

ポケモン 努力値 ぶっぱ

2016年11月18日、世界でポケモンの新作『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売されました! 思えば、僕が初めてプレイしたポケモン青から、ポケモンもかなり変わりました。 久々にポケモンをやってみたいけど、最近のポケモンはよく分からない!って人も多いのではないでしょうか。 育成や対戦まで踏み込むと、当時と比べてルールや戦略がかなり進化しています! サンムーンでは、ストーリー攻略の難易度もかなり高いですよ。 【関連記事をチェック!】 【関連記事をチェック!】 そこで、今回は ポケモンを再開したい初心者や、 対戦デビューを考えている人たちに向け、現在(第7世代サンムーンまで)の ポケモンの基礎知識と用語集を解説していきます! 併せて、 新規やニワカでも時間をかけずに勝てるズボラ育成方法もご紹介します。 空前の大ヒットとなった赤緑青黄の思い出… 進化したポケットモンスターを是非この機会に始めましょう!• 能力値(HABCDS)に影響するパラメータ さて、ポケモンのステータスは6つの項目で成り立っています。 (H)HP:ヒットポイント、ゼロになれば戦闘不能• (A)攻撃:物理技で与えるダメージに影響• (B)防御:物理技で受けるダメージを軽減• (C)特攻:特殊技で与えるダメージに影響• (D)特防:特殊技で受けるダメージを軽減• (S)素早さ:早い方が先制できる(先制技等を除く) 基本ですね。 ちなみに略語のHABCDSの由来は諸説(BはBlockだのBougyoだの…)ありますので、言及いたしません。 HはHP、SはSpeed、あとは上から順にABCDで覚えちゃいましょう。 実際にゲーム画面で確認できるポケモンのステータスは、以下の計算式で決まります。 まずはここから解説していきましょう。 種族値 種族値は、 ポケモンの種類ごとに決まっている値です。 例えば、今の環境で猛威を振るっている ガブリアスの種族値はこんな感じです。 全体的にバランスが良いですが、物理攻撃がかなり強力です。 また、素早さの102も絶妙。 対戦では素早さ種族値100のポケモンも多いため、ギリギリで先制できるこの種族値はかなり魅力的なのです。 ちなみに同じく強力なドラゴンポケモンである サザンドラですが、こちらは 素早さ種族値98なので、逆にかなり残念な感じになっています…。 ポケモンは素早さゲーと言われる所以でもあります。 個体値 個体値は、 同じ種族のポケモン間で異なる値で、 能力ごとに0〜31の間で決まっています。 最大値である31の能力を持つ場合は『V』で表します。 例えば、 僕のゴミみたいな厳選あまりクチートを、HAC3Vのメタモンと交換してくれた見知らぬ人愛してますからね。 実際に数値で説明すると、種族値合計600のガブリアスが、• 全ての個体値が31(6V)の場合• 全ての個体値が0の場合 この2パターンにおけるLv50での実際の能力値(ゲーム画面で見る値)を比較すると以下になります。 多くの人が『厳選!』『6V!』と叫ぶのはこれが理由です。 普通は物理か特殊のどちらかに絞るので、ACどちらかは捨てられますから、5Vあれば十分です。 個体値はネット上で計算できるページを作ってる人がたくさんいますので、そちらを参考に。 ありがたやありがたや。 ちなみに、 めざめるパワーという技にも大きく関わりますが…少し沼が深くなるので割愛します。 努力値 ポケモンを倒すと経験値が溜まりますが、それとは別に努力値という隠れた指標も溜まります。 例えば、 メノクラゲを倒すと特防+1の努力値が貰えます。 他にもタウリンなどの栄養ドリンクでドーピングしたり、 フェスサークルという場所(サンムーン)で貯めることも可能です。 サンムーンでは乱入を利用した努力値稼ぎが最も効率が高いです。 【関連記事をチェック!】 【関連記事をチェック!】 努力値は 合計で510まで貯めることができ、 能力値毎に255まで貯められますが、 計算式上4で割るので252で止めましょう。 値が切り捨てられてしまいます…。 ガチ勢では同じ種族値で6V同士の対戦となる時もあります。 そんな時には努力値の振り方で自分の色を出していくのです。 今度は、6Vガブリアスを、• 努力値0の場合• 努力値をHに4、Aに252、Sに252振った場合 で比較します。 同じポケモンでも努力値の振り方によってバリエーションはかなり広がります。 攻撃特化か、防御特化か、アイデア次第で色んな戦い方が考えられますね。 性格と能力値の補正 さて、最後にGBA版から追加された要素である、 『能力値の性格補正』です。 ポケモンには25個の性格があり、それぞれの性格で能力値が変動します。 例えば、 『ようき』な性格は 特攻を0. 9倍に下げてしまう代わりに、 素早さを1. 1倍にしてくれます。 ガブリアスは特殊技を打たない型が多いため、この性格が最も多いです。 『がんばりや』や 『まじめ』等、変動が無い性格もあります。 さて、ここではAS極振りの6Vガブリアスを 『ようき』と 『まじめ』で比較してみます。 また、 個体値と努力値全て0で『まじめ』な最弱ガブリアスも併記しておきます。 厳選や育て方次第で全く別のポケモンになりますね。 戦闘時に重要な要素 特性/とくせい こちらもGBA版から登場した要素です。 各ポケモンは1〜3種類の 『とくせい』を持っており、戦闘中に様々な効果を及ぼします。 例えば 『がんじょう』は岩ポケモンに多く見られますが、これは HP満タンの状態でひん死になる攻撃をされても必ずHPが1残るという特性です。 登場時に相手の攻撃力を下げる 『いかく』や、でんじはなどの補助技を先制で打てる 『いたずらごころ』など、様々な特性があります。 特性によっては、種族値の概念を覆すこともでき、 うまく活用すれば弱小ポケモンでも勝機を見出せる重要な要素です。 タイプと相性 金銀で あくと はがねが追加になりましたが、XYから新たに フェアリーというタイプが現れました。 強力なポケモンが多い かくとう、ドラゴン、あくに効果抜群で、このタイプの出現により対戦環境はかなり変わりました。 初代で猛威を振るっていたエスパーは…今は細々と生きています…。 最新のタイプ別相性表は以下の通りです。 注目すべきは青字の部分。 わざの威力やステータスによりダメージが決まりますが、ランダム性があり、青字部分は85、86〜100と 16段階に分かれます。 もちものとメガシンカ 金銀からポケモンに『もちもの』を持たせられるようになりましたね。 体力が減ったら回復してくれたり、状態以上を治す各種 『きのみ』や、ランダムで先制攻撃できる 『せんせいのツメ』等です。 XYからは新たに 『メガストーン』というアイテムが登場しました。 ポケモンの種類が限られますが、このアイテムを持っていると、その戦闘中に限り 『メガシンカ』して、能力値が大幅に上昇(合計種族値が100上がる)します。 第6世代( XY・ ORAS)でメガシンカした 『メガガルーラ』は、 攻撃した場合、半分の威力でもう一度攻撃するというクソみたいな壊れ特性を得たため、この世代から一気に対戦環境を支配するようになりました。 サンムーンではおやこあいの子供ダメージが半減しており弱体化となりました。 ざまぁw 『メガスピアー』や 『メガクチート』など、通常時では弱かったポケモンが、メガシンカを得て対戦環境に現れ始めたりもしました。 育成、厳選に必要な要素 メタモンと預け屋さん 金銀から、ポケモン育て屋(サンムーンでは預け屋)さんに2匹のポケモンを預けられるようになり、相性が良ければ 『たまご』を手に入れられるようになりました。 特にメタモンは、伝説ポケモン等を除き、どんなポケモンとも卵を作れるので、 『卵を産む機械』として大活躍しています。 孵化と厳選&必須アイテム(第6世代まで) さて、孵化作業はポケモンの 『厳選』には非常に重要です。 厳選に必要な重要事項とアイテムを以下に箇条書きしておきます。 『かわらずのいし』を持たせると、そのポケモンの性格が必ず遺伝する• 『あかいいと』を持たせると、両親の個体値からランダムで5つ遺伝する• 特性 『ほのおのからだ』を持つポケモンがパーティに入れば、孵化までの時間が速くなる まずはこの3点です。 例えば、攻撃Vだけのメタモンと、防御Vだけのポケモンのどちらかに『あかいいと』を持たせて卵をゲット手した場合、孵化を繰り返せば攻撃防御2Vのポケモンが簡単に入手できます。 これを繰り返せば、Vを増やしていくことが可能です。 孵化作業だけで6Vを手に入れるのは至難の技です。 最初は2Vや3Vあたりで育ててみて、どの程度勝てるか試してみましょう。 なんだかんだ勝てますw 孵化厳選については、以下の記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてください。 【関連記事をチェック!】 【関連記事をチェック!】 ポケモン用語と例文集 ここでは、ポケモン対戦で出てくる用語を簡単に紹介します。 例文もご参考ください。 【起点・機能停止】 最初に出して電磁波を撒いたり、ステルスロックで相手の交代を抑制したり、 有利な環境を作る補助技を使うポケモンを 『起点』と言います。 また、物理攻撃型のポケモンがやけど(物理攻撃半減)を食らう等して役割を果たせなくなった場合 『機能停止』すると言います。 【厨ポケ・厨パ】 中学生でも適当に育てれば勝てるような強力ポケモン、及びパーティを表します。 いわゆる 『種族値の暴力』と言われるような ガブリアス、強力な特性を持つ メガガルーラや ギルガルド、ファイアロー、他にも メガフシギバナや バンギラス、 ゲッコウガ等を含める人もいます。 【害悪】 厨ポケに重なる部分もありますが、強力な能力により、対戦環境をぶっ壊す性能を持つポケモンを指します。 耐性が多いくせに『いたずらごころ』で電磁波を撒きまくる、かぎたばポケモンこと 『クレッフィ』等が代表格ですね。 (例文)やっかいなクレッフィを出されると困ります。 【ぶっぱ(極振り)】 努力値を1つの能力に最大まで振ることです。 前章のガブリアスAS極振りは、攻撃と素早さに最大まで努力値を振った場合を想定しています。 素早さが上がる性格を選び、Vかつ努力値を極振りしたポケモンを 『最速』と呼びます。 (例文)僕のポケモンは、すばやさを170に調整して、素早さに全て努力値を振った6Vガブリアスより1だけ高く調整しました。 【メタ・メタる】 メタは『環境』や『対策』という意味で使われます。 『メタる』は、特定のポケモンに対策を施すことを指します。 (例文)メジャーな強力ポケモンへの対策が必要です。 しかし、6V性格特性を全て厳選したポケモンを作るのは至難の技です…ここを目指すのはいわゆる ガチ勢の人たち。 ちなみに、第6世代以前は僕のレート対戦(普通のネット対戦)の勝率は 40%程度でした。 弱いことに間違い無いのですが(涙)、僕はそもそも 2V〜4Vのポケモンしか育ててなかったのです。 ORASでは少し頑張って理想個体中心で戦ったので勝率はもう少し高くなりましたよw サンムーンでは、メタモン厳選の過去記事で書いたように、 乱入厳選で4Vまでなら簡単に手に入るようになりました。 それに、無理して理想個体まで 厳選しなくてもある程度勝てるのがポケモンの醍醐味です。 素早さだけは確実に厳選すべきですが。 結局は タイプ相性と 戦闘時の立ち回り方が一番重要なのです。 上位を狙うのではなく、ほどほどに対戦を楽しみたいなら、厳選はほとんど必要無いですよ。 新規、復帰勢の皆さんも怖がらずにプレイして欲しいですね!! ズボラ厳選:ミラクル交換とGTSを活用しよう! 孵化や捕獲を頑張らなくても、3Vや4V、 運が良ければ6Vが簡単に手に入る方法があります。 それが ミラクル交換と GTSです。 ミラクル交換は、 同じタイミングで、世界のどこかで誰かが交換に出したポケモンが、自分のポケモンと交換されるシステムです。 ネット経由で簡単に交換でき、 どんなポケモンが送られてくるかはわかりません。 GTSは交換対象が明確です。 例えば、自分が 『ゼニガメ』をGTSに預け、 『フシギダネ』希望と設定しておけば、どこかでゼニガメを欲している人が、不要、あるいは余っているフシギダネと交換してくれます。 実は、このシステムでは、 ガチ勢の厳選余りが大量に流れてくるのです。 6Vを目指しているガチ勢が、不要な5Vポケモンを大量に流すことも多々あります。

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

ポケモン 努力値 ぶっぱ

ただの感想の垂れ流し。 駄文です。 ドタキャンの連絡が入ったため急遽参加という形に。 面白い構築を持っていきたかったが時間がなかったのでいつものを使った。 (オフで使うのは結構勇気がいる) トリプルの構築には強さ、偉さ、ズルさの3要素があって、オフでは強さに振る人が多いのでズルいパーは強い。 ちなみによく知ってる人だと… ~偉い人~ ブラットさん、 勝ちに行く構築を握る おーたむさん ~強い人~ エトランゼさん、いえすたでーさん ~ズルい人~ ワイガだいごさん よく知ってるがよく知らない技と持ち物を持っている *個人の感想です 勝てなくても強い人に勝てれば予選の結果がもつれるし、分のいい勝負だと思う。 そして盛り上がる。 対戦して負けたら萎えると思うけど。 決勝1回戦 ワイガだいごさん 〇 タイプは違うけどズルさに振った同士の戦い、カオスだった。 なんで勝ったのかわからないけどワイガで全部じゃんけんに勝ったのは気持ちよかった。 次はバトルがしたいです。 ヤンキーしていろいろ択に勝ったのにボコボコにされた。 倒しに行ったに全部ミリ耐えされてどう頑張っても勝てないなぁ 白目 って感じで6-0。 影踏みオフは予選3-1、決勝リーグ2-1で3位でしたー! 使用構築は放電でした。 ちゃんとサイクル回してガルーラつよいって言いました。 ガルーラ使えますよろしくお願いします。 前日構築相談してたし雨パーツ貸したこともあってお互い全部知ってる。 マジコ癒しピッピが重すぎて は? ピッピ倒すまでに実質3体もってかれて負け。 ニンフ真ん中でルンパ端に出すべきだった。 意地HAガルーラって書いてたのに抜いてて心の中で台パンしてました。 将棋 初心者詐欺の強い方と1局 〇 普通に強かったのでもっと勉強してきます…まずはの漁ってきます。 結果出せたのでこの構築ともおさらば。 そもそもトリプルとおさらばかもしれないが… さんvsいえすたでーさんの上位禁止対戦見ながら ともしさんと上位禁止ルールでの話で盛り上がったり、いろんな人と話せて楽しかったです。 最後に 2次会での会話 エトランゼさん「アローでルンパ倒します」 Wittig「バコウですよ」 エトランゼさん「ガルーラの不意打ち重ねます」 Wittig「フラダンなので通りませんよ」 強さ全振りの人にはこの構築負けそうにないなと思いました。 kangaskhan2515 先日、のフラワーギフトさんで開催されたトリプルオフに参加してきました。 自分なりにうまくまとまった構築を作れた&そこそこの結果を残せたのでメモ書き程度にまとめた。 トリプル最強メガ枠のガルーラを一度も真面目に使ったことがないということでガルーラからスタート。 きれいなガルーラスタンは雨耐性が怪しいのと、上手い人との実力差がもろにでる構築ということをしっていたので、そこを誤魔化せるようにしたかった。 そこで目を付けたのがブラットさんのガルミロサンダー。 とサンダーで雨を誤魔化しつつ、相手のガルスタンにミロの一貫を通していくのがよさそうだなぁと思ったので自分なりにアレンジ。 穏やかサンダーがいなかった 手伝ってくれたエトランゼさん、ありがとうございました。 ただの雑談。 トリプルの滅び以外のの使用感の話。 3、4年前、旅行で関西に行ったきちょうど開催されていたとある大学祭のポケサーに立ち寄り、を挑んだ。 受験期に〇〇先生像がよく話題になる そしたらにぼこぼこにされて負けたので自分でも使ってみようと思ったのがきっかけ。 たしかその人はゲンガーニンフランドアロー@1だったはず。 思い出せない・・・ かげふみが強いのはゴチルで散々学んでいたので本家を参考に組んでみた。 どうみても晴れパきつすぎるのでラストにボックスにいた雨ごいを採用した。 ゲンガー @メガ石 冷静HB シャドボ 鬼火 トリル 守る 過剰なSと場もちを考えて冷静HBとかいうおもちゃになってしまったゲンガー。 パーティー中速だしスイッチトリルでいいやって思ったらこうなってた。 鬼火で物理をとめつつかげふみで機能停止を場に残せるのは強いと思う。 あと味方の積み技とも噛み合っているのも評価が高い。 隣へのガルーラの〇大タックルが痛い、アローは止めれない、が普通に痛い、タイプ相性を無視する眼鏡ハイボ、そもそも鬼火が当たらない 冷静にする必要はないが臆病にする意味も特にない気がする。 おーたむさんと話してたのは臆病にしてメガ後最速マンダ抜きくらいだけど結局マンダ相手にやることないよなぁって感じ、わからん。 @襷 陽気HS キンシ 猫 ワイガ ダクホ トリガが流行る前のやつ。 ガルアローのA下げれたらいいなって感じでキンシ採用。 特に言うことはなくて盤面ロックしながらダクホも選択肢としてあるよってくらい。 鬼火と相性悪いけど。 @残飯 図太いHB ハイボ ムンフォ 瞑想 守る Pスクラップ産の S3でHBDC平均25くらいのプレシャス色ニンフ。 めざパは草。 色ニンフ使いたかったし当時持ってなかったので使った。 ゲンガーとの相性がよかった。 瞑想積む暇が結構できたし、3積みからラス1ラスカドランに殴り勝ったこともある。 @命の珠 意地HA ブレバ 剣の舞 追い風 守る 真面目な。 スイーパーアロー。 追い風は序盤で打つかもって感じで入れた。 積んだアローの縛り範囲が広くてかげふみ鬼火と相性がいい。 シングルのカバルカアローのステロと合わせていろいろ持っていけるって感じ。 @ 控えめHC 大地の力 めざめるパワー氷 撃ち落とす 地割れ 自慢の沼ランド。 真面目とか照れ屋とか頑張り屋な社会で使えそうなやつがいなかったので控えめ。 打てないしこうなるよねって感じ。 滅びを切ったのでどうしても無理な奴を持っていく地割れ採用。 岩技は地割れ採用なら撃ち落とす一択。 威嚇込みでリザに半分はいったから問題なかった。 地割れ一回も当たらなかったし、なんなら打つ前に死んでた記憶しかないのと、ランド交代読みめざパぶち当てて喜んでた覚えしかない。 @オボン 意地っ張りHA 滝登り 氷の牙 雨ごい ミラコ 対晴れパ最終兵器。 リザランドドランニンフを一匹で相手してくれる。 ニンフが重い&の前にランド投げるやついないし意地っ張りでいいやってなってボックス漁ったらH27くらいのやつがいた。 そこそこ火力があってまぁ悪くはない。 滝登りでたまにひるませるし。 きついところ全部補ってくれたからゲンガーの相方としてはたぶん正解なんじゃないかな。 こんな感じでレートで回してたけどそこそこ勝てた。 で使ってるのが2人で意地っ張り50%ってなってたのは笑った。 ゲンガーでいろいろ見たいって話があったからなんとなく書いてみた。 個人の結論としては、ゲンガーに全体技耐性がない、先制技耐性もない、鬼火は一体しか止めれないし当たらないと死ぬ、メガ枠割いてのリターンが少ない これはパーティーに依りそう。 スタンで火力に寄せるならガルーラでいいのでやっぱりギミックにぶち込むしかなさそうってなってしまった。 めちゃ難しいので、強い人はガルーラ使うのやめてゲンガーで結果出して。 kangaskhan2515 諸事情で関西に行くことになった時、ちょうどトリプルオフ が開催されていた+心優しいしっとさんが一晩泊めてくださるということで、参加してきました。 しっとさん本当にお世話になりました。 ありがとうございました。 【オフ前日】 新大阪に迎えに来てもらい、雑談&おーたむさんvsふしぎだねさん戦を観ながら大阪まで運転していただきタケダさんと合流。 運転めっちゃうまかった、好き その後銭湯行ってご飯食べてしっとさん邸へ。 虹かけて雪崩で全部ひるませたいとかよくわからないこと喋ってた。 しっとさんがパーティー何使おうって話になってタケダさんとしっとさんと3人で組んでた。 なんかめっちゃ強そうなパーティーになった。 技構成+は知らない バンドリラーが2人 オルカさんとタケダさん いるのとミラーは不毛なので何使うか迷ってた。 おーたむさんとはげる雨でフレ戦しててめっちゃいい勝負したのでこれ使うかって決めた。 なんやかんやで3時に就寝、起きれる気がしなかった。 【オフ当日】 ちゃんと起きれた。 会場ついて自己紹介もないままオフ恒例行事のテストが行われた。 しっとさんと答え合わせして「点数近いしいい感じに別々になりそうですね~」とか言ってた。 点数高い人順で同じ天才ブロックに ネーミングセンスよw。 しっとさん&Wittig『まじかよ』 アインズさんもいて紅白戦紅組じゃんとか言ってラスト誰かなーとか思ってたらタケダさんになってた。 しっとさん&Wittig&タケダさん『そろっちゃった』 全員紅組+平均最高レート1860とかいう魔境の予選ブロックになった。 さらっとテストの点数アインズさんに次いで高得点だった。 【予選】 vsアインズさん。 トリパ 猫と催眠で展開を遅らせつつ、を最長眠りさせて回り減らして滅びで〆 vsしっとさん。 めちゃつよパーティー 眼鏡ハイボ+キザンのはたきでガルドが落とせず は? 、ダブルダメハイボになって残数減らすのに失敗し負けたと思ったらミル急所で突破して勝った。 vsタケダさん。 バンドキッスカポゴチル。 どうみても無理。 雨に殺意湧きすぎでしょ。 初手 メガ守るで『は?』ってなる&混乱マンダが全部動く+リザ1+捨身で4体ふっとばして歌って勝った。 圧倒的ずるさ。 そんなわけで予選3-0 実質1-2 で抜ける。 【休憩時間】 KP集計:ニンフのKP7でガルニンフドーのトリプル環境に戻ったかなぁとか思ってた。 リザ6、ガルーラ2でここはいつの時代だってなった笑。 しかも雨おれだけだった、悲しい。 オルカさんに少しあいさつをしたりGSトリプルしたりしていた。 相手のラスト思い出せないとかいうあほなことしてた。 Bぶっぱゼルネだし耐えると思ってジオコンしたら死んで負けた。 ジャイロボールオボンってなんだよ、知らないんだがw 【決勝トナメ】 vsチョビンさん。 猫と催眠でターンを稼ぎつつルンパを残して勝ち。 vsエルデスさん。 ついにきた、無理。 初手叩けないだろって言いつつテラキ放置してエルフに威張って闇のゲームを開始した。 2t目に一応ワイガインファ択にはなるが 雨熱湯急所でテラキ落とし、草笛vs威張るの闇のゲームを制して勝った ガルドをだけで突破した犯罪者。 【決勝】 vsしっとさん。 前日含め3戦目。 手の内全部ばれててつらい。 動画上がるそうなので詳しいことは割愛。 タケダさんの解説付き。 なにしゃべってたか割と気になる。 20分経ってようやく1体倒れるサイクル戦をしたのち、ほぼ負けてたが5回ほどじゃんけんに勝ち続けなんとか勝って優勝した。 そんな訳で優勝しました。 初めてオフ会で優勝できたのでうれしいです。 【謝辞】 対戦してくださった方、運営の皆様、泊めてくださったしっとさん、ありがとうございました。 アットホームな感じでとても楽しかったです。 機会があれば今度は2次会も参加したいと思いました。 立ち回り編に続く・・・・・??? kangaskhan2515 ~対戦レポ~ 対戦相手はリリネスクさん。 結構オフとかで対戦していて叩き使ってる印象。 全然違うじゃん。 半分晴れで半分雨なんだけど。 序盤に晴れは出てこないと思って雑にゼルネで削って適当なところでトリルオーガってプランで考えた。 相手の初手が雨選出でスカーフゼルネがぶっささり5回打って残数減らして、最後はトリル晴れフルパワー噴火からの雨フルパワー潮吹きで勝った。 相手のパーティー、カプコケコので対策+雷パンチでオーガ見てる感じなのかなって BV:CY2G-WWWW-WW5Z-RDEU ~最後に~ 対戦してくださったりりねすくさん、主催のらきさん、個体を貸していただいたしっとさん、まつぴおさん、放送を見てくださった方々、ありがとうございました。 消えてしまったルールでここまで盛り上がるのにこみあげてくるものがあったので10月末に月末トリプル開こうかなって思いました。 ルールはアンケート取ります、 GSトリプル初めてやりましたが爽快感がすごいので機会があればまたやりたいですし、ぜひ一度やってみてください。 本日のざわさんの放送、みんなで見ましょう!!! それでは~ たいみつ書いてきます S16で使用したパーティーです。 トリプルチャンピオンシップでも使用しました。 構築の経緯 砂パに飽きたし、梅雨の時期だし雨パでも使うかぁと思いトノルンパからスタート。 目新しいパーティーにしたいなぁと思ってたのと、前々から雨+マンダに興味があったのでダ採用。 雨だとニンフが重たいのでキザン。 もう一枚猫とあとワイガがほしかったから高速猫と相性のいい。 最後に火力たらなさそうだしニンフでもいれるかって感じで眼鏡ニンフ採用。 いつも通り3分でパーティーを組み終える。 最近CSトノが流行っているが、滅びのほうが強いと思っているので穏やかトノ。 技3つはこれで固定だがアンコールはこちらにトリルがないので使いどころがない。 今回は滅びとがあり、ガルドとニンフを誤魔化せる威張るを採用。 エルフの草笛や威張ると同じですね。 はげる要素1 ガルドに威張ってさせると熱湯撃つより入ります。 ルンパッパ バコウ 図太い すいすい 187-80-115-110-120-108 猫だまし フラフラス 熱湯 HB…177の捨て身タックルを最高乱数以外耐える 雨パなので採用。 スタンパに神秘入ってないこと多いし、フラ刺さりそうと思っていたためフラ採用。 のダクホと相性がとてもよい。 2ターン目にも猫だましが使えるという感覚。 一体すればダクホが決まります。 A-2の捨て身タックルを最高乱数以外耐える ルンパのフラ、高速猫と相性がかなりよく、ダクホが打ちやすかった。 マイペースなのでフラで混乱しない。 ガルーラアローに狙われやすいためキンシ採用。 初手キンシでガルーラのA下げまくった はげる要素3 フラや滅びの流し際にダクホを撃つことで裏のアタッカーを安全に後出しできる。 雨パは初手にランドを呼ばないため初手で出しやすく、よく捨身でニンフを吹き飛ばした。 はげる要素4 縛り関係の逆転は最高に気分がいい。 ちなみに後出しランドに捨て身が6から7割くらい入る。 強すぎだろ… HP管理のために羽休めを入れたが全く警戒されず、キザンやガルーラが不意打ちしてる間に回復していた。 適当だけどめちゃ強かった。 ワイガするやつはマンダキザンでいちころなので、ワイガを気にせずハイボ撃ちます。 雨で重いガルド、ニンフ、トリックルーマーを倒す。 トノルンパで相手を流す際にルンパから引くことでよく負けん気が発動する。 ダクホにより安全に行動できて強い。 使い方 基本的に初手にトノルンパと出します。 引かせた先にまたフラダクホで行動制限します。 寝かせた後にアタッカーを出し、3体倒します。 最後に滅びで勝ちです。 威張る雨と同じような感じですが、壁と威張る神秘のギミックをなくし、単体性能を高め、アタッカーの範囲を広げました。 そのため神秘を張られてフラダクホできなくても、スタンパのように立ち回ることも可能です。 多少動きは窮屈になってしまいますが。 42-10で1830付近なので弱くはないかなといった感じ。 正しく使えば叩き以外には勝てると思います。 ただターン管理ができれば交代読みなど頭を使わなくても勝てるので、プレイングは磨かれませんでした。 トリプルというコンテンツは消えましたが、ちまちま続けていこうと思います。 kangaskhan2515.

次の

【初心者用】今さら聞けないポケモンの基礎知識・用語集【ポケモンSM対応】

ポケモン 努力値 ぶっぱ

ピタゴーラ!です! 今回はの調整の仕方についての話になります。 を2か所単純にぶっぱしてあまりをHが奇数になるように振る以外の育成の仕方を紹介します。 これを読んで調整を考える人が増えて新しい型が増えたら嬉しいです! そもそも努力調整は必ずしも全てのにすべきことではありません。 2か所ぶっぱの方が強い場合もあります。 の型決定は「役割対象に対してベストな型」を見つけることが一番大切です。 なのでここでは役割遂行を考えた時にぶっぱより調整をした方が良いと思ったの例と一緒に調整の考え方を説明していきます。 また、調整といっても火力や素早さ調整よりは耐久調整の話がメインになってきます。 話の前提条件として以下のことに注意して下さい。 のダメージ計算Zを使う。 やダメ計の基本的な知識。 これは僕が独学を編み出した方法なので無駄に手間がかかっているかもしれない。 耐久ラインを確保する最小の配分を出せるツールがそもそもあるらしい。 そもそも乱数数%で試合が左右することはほぼない。 それでは本題に入ります。 【例1 真空波耐え】 特性:激流 持ち物:水Z 技構成:ハノ、熱湯、水手裏剣、身代わり 育て方:臆病 H12 B4 C220 D20 S252 調整意図: 臆病の真空波耐え 最速 あまりC これは僕がS13で使っていた水Zです。 使用したパーティはこちらです。 パーティのメインアタッカーとして採用しました。 パーティで重いに打点が欲しかったので水Zで採用。 技はよくある激流水Zの構成です。 は耐久が低く素早さが高いなので上から高火力で相手を倒す戦い方が最適です。 パーティでが重めなのでを抜けるよう臆病で採用し始めはCS252 B4で採用していました。 しかしの臆病真空波が37. Sはミラーも考えると削れないのでCから削ることにしました。 なので調整の目標としては「最速をとりつつ最小ので真空波耐えを実現し余りでCをできる限り高くすること」です。 必要なのラインの見つけ方です。 まずHにだけ振った時にとDにだけ振った時にどれだけのが必要になるかを調べます。 Dだけの場合Dに44振りで確定耐え Hだけの場合Hに76振りで確定耐え 以上2つを比べてみると今のところ最大でも44のが必要であることがわかります。 ここからもう少し減らせるかどうかを考えます。 このDの44をHに回していきます。 この時4か所振りにならないよう端数のB4振りは確定します。 H4 D36 の場合 これでは最高乱数で落ちるのでなしです。 そもそも真空波が弱点でダメージが全て偶数なのでHP実数値147と148でずれる相手がいません。 耐久を落としただけです。 H12 D28 の場合 確定で耐えます。 Hを上げたことによりDを下げても攻撃を耐える可能性が出てきます。 ここまでをまとめます。 【調整を決定するまでの流れ】 1. 役割対象から型の調整として欲しいラインを決定する。 Hだけ、B D だけ振った時に必要なの最大値を出す。 振り切ってないHかB D にを回していき同じ耐久ラインが確保できる振り方を探す。 その振り方の中で無駄がないかを調べ最小の配分を見つける。 物理特殊両方面に少しでも硬くなるようHPが最も高いものを選択する。 流れ5に該当する調整はありませんでしたがほかの計算の場合は出てくることもあります。 調整の分岐点が多くなるのでこのの調整を例にしました。 【例2 ブレバ】 物理受けにゴツメの採用を考えました。 役割対象は、、です。 技構成は回復ソースとなる羽休め、への打点となるめざ炎、残り2枠で身代わり羽マンダを見るためにブレバと毒にしました。 ブレバは有名な調整のマンダの身代わりを確定割れるようにA44振りにします。 残りのをHBに回します。 調整先はの陽気雷パンチ2耐えです。 両刀なので下降補正はSで防御を上げたいので性格は呑気にします。 今回の目標は「呑気A44振りの余りでの陽気雷パン2耐え」です。 余裕のある人はさっきの手順から調整を計算してみて下さい! ここでは練習問題にするために目標を上記のように書きましたが、実際に雷パンを2耐えできる保証はないので計算の結果次第では耐久の乱数を甘えたり身代わりを割る乱数を甘えたりしてベストな型を探していきます。 それでは調整を求めてみます。 Hぶっぱ余りBの場合。 H252 B212 Bぶっぱ余りHの場合。 H212 B252 両方とも乱数2発です。 確率はどちらも0. ここから実数値を1ずつずらしていきます。 どちらでもいいのでH252 B212の方のHのを8ずつBに回していきます。 H228 B236の場合。 この場合で丁度雷パンチを2耐えします。 これでH228 A44 B236がベストな配分となり調整が決定します。 使用していたパーティはこちらです。 【終わりに】 調整の作り方の流れの説明は以上です。 本当は腕白バンギとかチョッキブルルの調整の過程とかを説明したかったのですが書く気力がないのと長くなって伝わるかわからないのでやめておきます。 要望が多かったらやるかもです。 こんな長く説明しましたが全ての配分をしらみつぶしにやってもで同じことができます。 自分でもこの文章で伝えたいことが全部伝えられてるのかよくわからないので感想とかもっと聞きたいこととかあったらいつでも聞いて下さい。 以上になります!ここまで閲覧ありがとうございました! 何かあればまで PythaPoke.

次の