ピザ 配達 人 爆死 事件。 【閲覧注意】ピザ配達人首輪爆弾爆死事件

ピザ配達人爆死事件

ピザ 配達 人 爆死 事件

このお店で ピザ配達人として 10年以上にわたって働いており真面目な人だった。 だが、 2003年8月28日の午後に事件は起こった。 ウェルズはピッツェリアから 約4. 8マイル離れた【 8631 Peach Street】という住所に ピザ2枚を配達する注文を電話で受けた。 しかし、その住所は舗装されていない道の突き当たりにある【 WICU-TV transmit】という テレビ塔だった。 テレビ塔に到着したウェルズは、 元テレビ修理業者ケネス・バーンズ Kenneth Barnes らの集団によって銃で脅された。 そして、面識のない3人の黒人から 首に時限爆弾を仕掛けられた後に銀行強盗を実行するよう指示された。 実行の際には、 杖の形をした銃と 計9ページにわたる手書きの指示書が渡された。 wikimedia. 被害者のブライアン・ウェルズ(ピザ配達員)は共犯者? ウェルズの遺族は、 面識のない者たちによって銃で脅され、何も知らないまま強盗計画に巻き込まれたのだと主張している。 しかし、 検察側はウェルズも未起訴の共謀者として名前を挙げた。 ウェルズが当初から計画に関与しており、爆弾は偽物だと信じていて、渡された指示書は捕まった際に無実の被害者を装うため用意されたものであったと述べた。 一方で、ウェルズは他の共犯者からの裏切りに遭い、本物の爆弾を首に巻かれ、それは取り外された時点で起爆するようになっていたと説明された。 バーンズによれば、ウェルズが爆弾が本物であることに気づいた際、彼を脅して従わせるためピストルが発砲されたという。 この銃声を耳にしたという証言者は複数人存在している。 wikipedia. しかし疑問に思うのが、 お金が目的ならもっと危険や注目を避けてできた犯行方法があったはず。 メモ書きには たくさんの謎解きが存在し、まるでゲームを楽しむかのようだ。 お金が目的ではないのなら、 一体何が目的だったのか。 ウェルズが爆弾で殺害された動機は、 情報を知っている証人の数を減らすことであったとされている。 だが、そうなると本当に 共犯者なのか? ただただ ハメられたのか? よくわからない線引きではある。 事件に関わった事は確かだが、彼・ウェルズ(ピザ配達人)の意思ではないため、罪はそう重いものではなかったのかもしれない。 ブライアン・ウェルズ(ピザ配達員)の真実 後にわかった事だが、ウェルズとバーンズの共通の友人であって、この事件に関与していた ジェシカ・フープシック Jessica Hoopsick という女性が真実を明かした。 当時、 彼女は売春婦として生計を立てており、ウェルズ(ピザ配達員)は顧客の一人だった。 そして、 フープシック(売春婦)は バーンズから銀行強盗を強要できそうな人物を誰か紹介するよう求められた。 そこで、彼女のカモでもあったことを踏まえ、 ウェルズを推薦したと主張している。 その見返りに、 フープシックは 金銭とドラッグを得る。 だが、そのようなことのためにウェルズを売り渡したことへの後悔を語っており、 彼は何も知らないまま強盗計画に巻き込まれたのだと主張している。 この証言からすると、ウェルズは事件の共犯者というより、使い捨てのコマのように扱われ亡くなっていることになる。 なんとも残虐なことだろうか。 ピザ配達人爆死事件の映像が全世界へと流れた 当日、 現場の映像は多くのメディアがテレビ中継をしていた。 こうなるともちろん全米へと放送されたかと思ったが、 爆発の瞬間は技術的問題のために生放送されなかったとしている。 しかしその後、爆発の瞬間の映像は何者かの手によってインターネット上に流出し、様々な動画投稿サイトで共有された。 今でも映像は残っているが、悲惨すぎて見れたものではない。 そしてここでは紹介はしません。 首謀者:マージョリーは病気だった? 実は、 マージョリー(首謀者)は 長年にわたって、双極性障害や強迫的ホーディングなど複数の精神疾患を患っていた。 そして過去には、 交際相手の男性を殺害しているが、 正当防衛が認められ無罪となっている。 また、重度の精神疾患のため、当初は裁判に必要な責任能力を持っていないとの判断を下され、責任能力については彼女が精神病院で一定期間の治療を受けたのちに再検討するとした。 この決定によりマージョリーはテキサス州にある連邦刑務所の精神治療施設に移送される事態となっている。 その後、判事はマージョリーが裁判に必要な責任能力を有しているとの判定を下し、彼女は2010年10月にペンシルベニア州エリーで裁判にかけられた。 そして、 終身刑となったが、乳がんによって獄死している。 指示書の謎解きと嘘 事件の時に ウェルズが持たされていた 複数枚の 指示書には、指定ルート上の 【鍵(謎解き)】を見つけて使うことで起爆を遅らせて解除までに十分な時間を稼ぐことができると説明されていた。 なので、それに従い行動を始めたが銀行強盗後、すぐに警察官に取り押さえられあえなく失敗している。 しかし、のちに警察が指示されたルートを辿って検証したが真実は残酷だった。 どのような場合であっても、 ウェルズが 起爆前に爆弾を解除することは不可能であったことが判明したのだ。 だから、初めから殺すつもりだったのだ。 考えられるのは、 ウェルズの口封じのため、 事件を混乱させるため、あともう1つは彼女(マージョリー)による ゲームだ。 ピザ配達人爆死事件の元となる本当の狙い 本当の目的は 銀行強盗ではなかった。 銀行強盗は単に お金を集めるための手段だった。 元の発端は、 マージョリーの父はお金持ちで 180万ドルもの資産を持っていた。 (2020年4月現在の1ドル=107円: 約1億9千万ほど) 唯一の子であるマージョリーはその遺産を期待していたが、父は 友人や隣人に資産を分け与え続けていた。 そのことに腹を立て自分の取り分が無くなると焦り、 バーンズへと父の殺害依頼をする。 その 報酬をかき集めるためにウェルズに銀行強盗をさせたのである。 これが本来の目的だった。 未だ解決しない謎 事件の全貌は大体見えたが、まだ解決しない事がある。 それがこの二つ。 3人の黒人男性 一体誰だったのか? ウェルズは警察官に対しこう話した。 面識のない3人の黒人が自分の首に爆弾を仕掛け、ショットガンを渡した上で、強盗や他の課題を実行しなければ殺害すると脅迫したのだと説明している。 これは、 他にも共犯者がいたのかそれとも雇った人物だったのか? ここに触れている記事も全然見当たらない。 謎は深まる。 ウェルズは共犯者なのか、違うのか 結局のところ、警察はウェルズは共犯者だと言っている。 だが一方で、真実を知っているとされる フープシック(売春婦)が語ったのは、 ウェルズは何も知らずに強盗計画に巻き込まれたのだと言っている。 実際はどうなのだろうか? これもまた謎のまま。

次の

邪悪な天才: ピザ配達人爆死事件の真相

ピザ 配達 人 爆死 事件

「カラー爆弾」は、ブライアン・ウェルズの殺害を題材とした2018年の犯罪を扱ったドキュメンタリー・シリーズで、2003年に話題となった事件は、しばしば「ピザ爆弾犯」あるいは事件と呼ばれる。 2018年5月11日にNetflixで4部作としてリリースされた。 背景 トレイ・ボルジリエリは、ロビン・フッド・ヒルズでの『失楽園:子供の殺人』を見た後、注目を集めた犯罪についてシリーズを作るというアイデアを思い付き、ブライアン・ウェルズの殺害に魅了されました。 ボルツィリエリは事件が起きたペンシルバニア州エリー周辺の人々にインタビューをし始め、Wellsの死の2年後の2005年に、彼女は風邪の事件についての情報を持っているかもしれないので、マージョリー・ディールアームストロングと文通を始めた。 彼は、彼女が刑務所にいる間、広範囲にわたってDiehl-Armstrongと交流することを含め、何年も事件を調査した。 」というものだった。 The Daily TelegraphのEd Cumming氏は、Evil Geniusを「心に残る奇妙で残酷な物語」と呼び、5つの星のうち4つを与えた。 同様に、Greg MorabitoはこのシリーズをEaterに好意的に評価している。 Daniel Fienbergは「陰謀が解明され始め、強盗を実行した人々を駆り立てた動機が明らかになるとき、忘れられない、落ち着かない気分..。 」 Hollywood Reporterに、Borzillieriが与えられた結論を熱心に追求したため、シリーズ「「悪の天才」 は、犯罪の背景にある証拠だけでなく、容疑者や被害者、その家族の生活まで調査します。 」は強烈で、暴露的ではあったが客観性は損なわれたと書いている。 番組の他のレビューはあまり好意的ではなかった。 例えば、IndieWireのSteve Greeneは「邪悪なジーニアスは、相互接続されたウェブというアイデアを採用し、すべてのスレッドを一度に追跡し、ストーリーの間を、犯罪的に短いアテンション・スパンで行ったり来たりすることにする。 このケースでは何か発見されるべきことがあるが、番組は実際に何が表示されているのかを十分に理解するのに十分な時間、一箇所にとどまることはない。 」と書いている 、Lincoln Michelは別の論評で「一方、Evil Geniusには適切な成分がすべて含まれていて、その割合はかなり違っていて、最終的な配合はそれほど魅力的ではない。 『ワイルド・ワイルド・カントリー』、『メーキング・ア・マーデラー』、『シリアル』などのドキュメンタリーは、事件そのもの、より大きな社会問題、司法制度の失敗などについて、大きな議論を巻き起こした。 Evil Geniusはそんなことはしない。 」とGQに書いている。 それにもかかわらずMichelはこのシリーズを「長い週末にはうってつけのパーティーだ。 」と表現したVultureのJen ChaneyはMarjorie Diehl-Armstrongの精神疾患の描写を批判しながら、このシリーズが説得力のある話をしていると賞賛した。 ahonyakui.

次の

ピザ配達人首輪爆弾爆死事件

ピザ 配達 人 爆死 事件

ピザ配達人首輪爆弾事件 その事件は 「ピザ配達人首輪爆弾事件」などと呼ばれております。 以下、その一部始終をご紹介いたします。 PNC銀行を襲った強盗 2003年8月28日午後2:20、アメリカ・ペンシルバニア州・エリーにあるPNC銀行に1人の男性が強盗に入りました。 行員を脅した強盗犯は250,000ドルを要求。 行員はその場凌ぎで、8,000ドルを渡すと同時に、他の行員と連携して警察への通報に成功します。 午後2:28、強盗犯は銀行から逃走。 しかし行員から早い段階から通報を受けていた警察はあっという間に犯人を拘束。 逃走から拘束の間、わずか5分にも満たない逃走劇でした。 助けを求める強盗犯 拘束された強盗犯は当時、街で宅配ピザ屋の店員を務めていた ブライアン・ウェルズ氏(46)。 ブライアン氏を逮捕し、事件は一件落着かと思われました。 しかし、彼から思いもよらぬ発言が。 「 首に爆弾を巻かれてるんだ。 助けてくれ!」 手錠をかけた警察官がブライアン氏の首元に目をやると、確かに首輪をつけておりました。 しかし、爆弾にしては小さく、最初は懐疑的であった警察官。 しかし、万が一の場合に責任問題になったら困るので、至急当局の爆弾処理班を要請しました。 生中継された一部始終 彼から距離を置き、包囲する警官隊。 そして、助けを求め叫びながらも、腰が抜けてしまったのか、その場に座り込むブライアン氏。 穏やかなはずの昼下がりの街は、不安と緊張に包まれ、それは電波を通じて全米に広がりました。 パトカーの横で座るブライアン氏を写す報道カメラ。 ・ ・ ・ しかし、爆弾処理班は到着せず、 ブライアン氏の首元の爆弾が炸裂してしまいました。 あろうことか、その映像が全米で生中継されてしまったのです。 この映像はあまりにもショッキングですので、ハイパーリンクでの対応とさせていただきます。 ご興味のある方は大変お手数ですが、下記のハイパーリンクより動画サイトにジャンプしてください。 (YouTube) ちなみに、ブライアン氏の着ていたTシャツ。 「Guess」とかいてあるのですが、ブランドの「Guess」ではなく、手書きで「Guess」と書かれていたのです。 これは一体何を意味しているのでしょうか。 後日の捜査で判明した真実 さて、最悪の結末を迎えてしまったこの事件。 「ブライアン氏の持っていた犯行指示書」「ピザ屋への注文の電話がなされた公衆電話周辺の聞き込み」「ブライアン氏の身辺調査」等が行われましたが、深層につながりそうな情報は少なく、捜査は難航しました。 しかし事件から3年半後、別の事件で逮捕されていた マージョリー・アームストロング氏という女性が容疑者として挙がります。 マージョリー氏の事件 2003年9月20日、当局が ウィリアム・ロス・スティーン氏(60)という男性から 「冷蔵庫に遺体が入っている」との通報を受けました。 警官が通報された場所に駆けつけると、通報どおり巨大な冷蔵庫の中から ジェームズ・ローデンという男性の遺体を発見。 マージョリー氏は被害者のジェームズ氏と浮気していたのですが、痴情のもつれによるものなのか、彼女は彼をピストルで撃ちぬき、遺体の処理をウィリアム氏に頼んだそうです。 この結果、マージョリー氏はサツ害容疑、ウィリアム氏は死体遺棄容疑で逮捕されました。 FBIのプロファイル その取調べの結果、マージョリー氏は兼ねてから爆弾の被害者であるブライアン氏のピザ屋の常連であり、かつ、狡猾な女性で、過去2人の夫が不審な最期を遂げていることが明らかになりました。 そこでFBIはマージョリー氏が首輪爆弾事件に何らかの関与をしているのではないかと疑い始めます。 しかし、マージョリー氏がいくら狡猾であるとはいえ、専門知識がなければ、先の事件で用いられたような精巧な爆発物を作成することは困難です。 事実彼女はその専門知識を学んだ経歴はございませんでした。 そこで挙げられたのは、死体遺棄容疑で彼女と同時に逮捕されたウィリアム氏。 実は彼は機械工学に長けており、自宅に本格的な工房をかまえておりました。 ジェームス氏の遺体遺棄に用いた巨大な冷蔵庫も彼お手製の代物だったのです。 そこでFBIプロファイラーはある仮説を立てました。 強盗役:ブライアン氏 主犯格:マージョリー氏 技術役:ウィリアム氏 推理は正しいと思われたが… FBIはこの仮説がおおむね正しいものであると考え、逮捕した2名から自供を得ようとしました。 しかし2004年7月にウィリアム氏が急性白血病でこの世を去ってしまいます。 そして2005年7月、刑務所の移動を条件に、マージョリー氏から証言を得ることができました。 彼女はウィリアム氏に爆弾を作らせ、その情報を漏らそうとしたジェームズ氏を撃ったと自供したのです。 しかし、マージョリー氏の弁護側により、精神鑑定を請求されこの自供は証拠として扱われることができなくなってしまいました。 ここで、再び警察は手詰まりになってしまいました。 現われた新たな容疑者 自供から2年、必死の捜査を進めていたFBIはブライアン氏の友人から極めて事件に関連のある証言を得ることができました。 「ブライアン氏とケネス・バーンズという男の家に行き、そこでマージョリーにあった」 新たに登場したケネス・バーンズという名前。 FBIはケネス氏を取り調べる際、司法取引を持ちかけました。 証言をすれば、ケネス氏の刑を軽くするといったのです。 ケネス氏はすんなり自供しました。 ブライアン氏はピザの配達途中、ウィリアム氏の家に寄った。 あくまで偽者の爆弾であると言い、ブライアン氏の首に首輪を着けた。 装着後、ブライアン氏に実は本物であると伝えた。 動揺したブライアン氏は指定された金額よりも遥かに少ない金員しか強盗できなかった。 それを知って、現場近くに待機していた彼らはブライアン氏を待たずに逃走した。 ブライアン氏が亡き者になった以上、他のメンバーに捜査の手が伸びるとは思ってもいなかった。 ちなみに彼によると主犯格はマージョリー氏。 つまり、使えない仲間を切り捨てて、逃げるという正に外道の行いをやってのけたわけです。 それを受けてマージョリー氏は? ケネス氏の証言を受けてマージョリー氏は2007年7月に起訴されました。 しかし弁護側の請求で再び精神鑑定にかけられており、未だに無罪を主張しているとのことです。 まとめ 私は最近ではブルゾン・ちえみ氏あたりが危ないと思う。 最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次の