賃貸 探し方 コツ。 賃貸物件の探し方のコツ。家賃目安は月収の30%? 設備の見方は? コツを不動産のプロが教えます!

賃貸物件のおすすめな探し方(コツ) 検索編

賃貸 探し方 コツ

一人暮らしが快適に過ごせるのは7畳以上が目安 4. 敷金、礼金、保証金 賃貸を選ぶ上で必要な初期費用として、発生する可能性がある費用が敷金、礼金、保証金です。 通常は敷金 又は保証金 1ヶ月、礼金1ヶ月が基本です。 新築であれば礼金2ヶ月の物件もあり、逆に築年数が立っていれば礼金無料の物件もあります。 また、敷金は退去時でOKという物件もあります。 初期費用として、これらが出せる範囲の物件を選びましょう。 仲介手数料 仲介手数料は不動産屋に対する報酬となるものです。 不動産屋は物件の内覧や申込みの審査、契約までのフォローなどを行うので、そのための費用になります。 基本的には家賃の1ヶ月分となりますが、中には仲介手数料半額のものや、無料 大家が負担する の物件もあります。 保証会社の手数料 最近では賃貸物件の毎月の支払いに、保証会社を利用する大家が大多数になっています。 管理会社や大家はお金を回収できなくなるリスクが無くなるので保証会社の利用をするところが多いです。 その他諸経費 それ以外で引越し時にかかってくる諸経費としては、以下が発生する場合があります。 ほとんどの賃貸物件でおそらく発生します• 保険料:住宅の火災保険や地震保険です。 おおよそ2万5千円程度• 鍵交換代:以前の住人と別の鍵にするための費用。 1万〜2万5千円程度• 住宅サポート費用:鍵をなくして入れない!など緊急時のサポートサービス。 1万円程度• 清掃費用:入居前に清掃が入る場合の費用。 初期費用が安く見える物件に多い• 事務手数料:管理会社などの事務手数料 これらの費用も考慮して賃貸を選びましょう。 物件の建て方 物件の立て方も選び方の中で大切な点です。 賃貸物件は以下のいずれかで建築されています。 アパート 木造• マンション 鉄筋・鉄骨• 一軒家 費用を抑えたいなら木造のアパートですが、住民同士はお互い静かに生活しなければなりません。 もっとも騒音に強いと言われるのは鉄骨です。 また、鉄骨で作られていても、窓が防音になっていない場合は騒音が遮断できない事もあるので内覧時は注意しましょう。 引っ越し時期 賃貸選びでは引越し時期によっても物件が変動します。 賃貸物件は、住んでいる住人の退去が確定してから募集が始まります。 物件情報には入居時期が載っていますので、自分の入居時期と合うか確認しましょう。 様々な物件を見ていくうちに自分の条件も、固まってくると思いますので、引っ越しは3ヶ月以上前から動いた方が良いです。 その他諸条件の選び方 賃貸の選び方で基本的なポイントをご紹介しましたが、それ以外にもこだわりの条件がある場合は事前に認識しておきましょう。 ポイントとしては以下を抑えておけば大丈夫だと思います。 バストイレ別か?• 何階か?• オートロックか?• 近隣に国道や路線の有無 騒音の度合い• 内覧が可能な物件か• キッチン周りの広さ• 独立洗面台の有無• バルコニーあるか• 洗濯物に排気ガスはかからないか• 冷蔵庫と洗濯機の配置は可能か 11. 引っ越し業者の相場を確認する 物件を決める前に引っ越し業者の相場も把握しておきます。 引っ越し業者の料金は時期や土日、時間帯(朝・昼・夜)によって料金が大きく変動します。 また、早めに見積もりを問い合わせておくと値引き交渉がしやすくなります。 どのくらいの引っ越し業者の費用が発生するのか確認しておきましょう。 最もおすすめなのはです。 30秒で一番安い引っ越し業者などの料金を調べることができます。 内覧して分かる選び方 実際に物件を内覧してみないと分からない点も多数あります。 内覧時の賃貸物件の選び方としては以下があります。 携帯の電波が入るか 賃貸マンションなどは電波の受信が弱いマンションもあります。 自分の使っている携帯キャリアの電波が問題なく受信できるか確認しましょう。 また、動向する不動産屋さんも持っている携帯キャリアが違うようであれば確認してもらったほうが良いです。 電波が全く入らなければ、各キャリアから受信機をレンタルする事も可能です。 住みたい物件であれば事前にレンタル可能か確認しておきましょう。 騒音に耐えられるか 昼と夜の騒音に耐えられるか、内覧時に部屋を静かにして耳を立てて確認しましょう。 特に都内や主要都市の物件は、公共道路や高速道路、路線が近くに通っている賃貸物件は騒音がうるさいです。 部屋の大きさ&間取り 部屋の大きさと間取りは賃貸情報サイトにも記載がありますが、テレビの位置やベッドの位置を当て込んでみましょう。 実際に住んでいる自分の生活もイメージしてみて、広さを許容できるかも重要なポイントです。 近くにコンビニ、スーパー、クリーニング屋はあるか 賃貸物件の近くには何があるのかもポイントです。 特にコンビニ、スーバー、クリーニング屋さんは生活上で頻繁に利用すると思いますので、近くにあるのか確認しておきましょう。 賃貸物件の探し方のコツ 賃貸物件の選び方のコツを覚えたら、さっそく物件を探しましょう。 物件を探す方法は、インターネットの賃貸情報サイトです。 大手賃貸情報サイトに登録する 賃貸情報サイトの使い方は、まずは掲載数の多い大手サイトへ会員登録をします。 その後、希望の条件をメールマガジンに登録します。 そうすると、自分の好みに合う物件の新着情報だけが飛んでくるようになります。 不動産屋で担当者と一緒に物件を探すよりも非常に効率的です。 売れる物件と売れない物件を見分ける 1〜3ヶ月ほど物件の流れを見ていくと、売れていく物件と売れない物件が明確になります。 売れない物件は「普通の人は住みたくない事情がある」か「相場より高い」のどちらかであることが殆どです。 そういった物件を契約するのは損ですから、基本的にスルーしましょう。 ただし後者であれば、数ヶ月で値下げされることもあります。 188. それ以外の方法は非効率 物件探しで現地を歩いたり、現地の不動産屋に当たるのは正直時間の無駄です。 また、賃貸情報サイトには、不動産業者のネットワークに公開されたばかりの物件が出るまでに数日かかる場合がありますが、たいていは退去までにも一ヶ月近くかかる つまり内覧できるまでに一ヶ月かかる のでスルーして問題ないと思います。 集めた物件はメモして管理する 集めた物件はメモ帳アプリなどを使ってメモしておきます。 その際に、URLと物件名を記載するようにしておきましょう。 物件名をメモしておかないと、そのサイトで掲載が終了してしまったときに、他のサイトで調べられなくなってしまいます。 名称の記載がない物件については「かませ物件」か「物件名を載せられる広告プランではない」のどちらかです。 探す側からすると物件名が無いものは探しにくいですし、かませの可能性もあるので、すべてスルーでも問題ないと思います。

次の

【ホームズ】生活保護の方の賃貸物件の探し方とは。特化型の不動産会社が教える部屋探しのコツ

賃貸 探し方 コツ

賃貸物件におすすめな検索方法は通勤時間検索 賃貸物件を探す際に下記3ポイントは重要だとお話ししました。 予算は収入の2. 5〜3割を目安に• エリアを決めておこう• 物件スペックを絞っておこう この中の「エリア」に関しては、土地勘がない場合などはどこにしたらいいかよくわからないですよね。 そんな時は「 通勤時間検索」をつかうととても効率的に探すことができます。 実際にhomesサイトを例に試して見ましょう。 homesサイトの通勤時間検索 まず、通勤時間検索のサイトにいくと駅名を入れる画面が出てきます。 駅名は最大3駅まで追加することができます。 では、東京駅が勤務地として検索をしていきましょう。 まず、駅名に東京と入れて時間は40分で検索しましょう。 検索するとこのように物件がズラーと出てきます。 ここでは、検索結果として 60,850件、検索結果として出てきます。 しかし、これでは物件が多すぎて見きれません。 おすすめは100件程度ぐらいまでに絞ることを考え検索していきましょう。 まずは予算を7万円にします。 予算を絞り込むと 17,629件と、そこそこ絞り込めました。 この感じで、物件スペックを絞り込んでいきます。 スペックを入れていくと検索結果は 198件にまで絞れました。 さらに、物件絞り込みをしたい場合は すべてのこだわり条件を見るボタン押すと、条件のウィンドウが表示されます。 ここで、「都市ガス」と「フローリング」チェックを入れて条件をさらに絞ります。 物件によっては プロパンガスの物件があります。 プロパンガスは都市ガスに比べて高いというのがあります。 ですので、物件が安い!と思ったら、ガスがプロパンガスだったということもあります。 ここは、一つ検索の際に項目として入れておくことをおすすめします。 気になる物件を見つける 100件程度にまで物件を絞り込めたらあとは物件を情報を見ていきます。 この時、自分が重視するポイントで見るとより自分にあった物件を見つけやすいです。 検索結果の左側には物件の並び替えができるので、これで自分の重視するポイントで並び替えてもいいと思います。 また、機能として「通勤時間検索」機能はとても優れています。 しかし、これを鵜呑みにしてもいけません。 例えば、下記物件を見て見ましょう。 物件からの最寄駅は「つくばエクスプレス 三郷中央駅 徒歩1分」とあるので、 三郷中央駅から東京駅まで41分として検索されていますが、 実際、ジョルダンなどのサイトで検索して見ると。。。 所要時間33分と出てきます。 つまり、検索で絞り込んだ時間より短いのです。 ですので、通勤時間検索での物件検索の際には、通勤時間を少し長めにして見ることをおすすめします。 上記の場合ですと、40分の通勤時間に収まった物件が検索から漏れて発見できないこともありえますので。 徒歩時間はプラス2〜3分程度を見ておく 物件で徒歩2分と書かれている物件や徒歩7分などと書かれている物件があると思いますが、 あの徒歩の時間基準は決まっていて、1分=80mという基準に基づいて書かれています。 ですが、実際この時間通りに収まる場合と収まらない場合があります。 それは、物件の出たところから駅の入り口までで、 実際使う場合は、家の玄関から駅のホームまでですよね? なので、この時間通りにならないことが大半です。 また、交通量の多い物件の場合だと信号などもあり、さらに長くなことがあります。 住んで見たいなと思った物件があったらぜひ、物件から最寄駅まで一度歩いて見てください。 時間で見るのと、体感するのは全然違います。 物件検索サイトはいくつか使って見る 賃貸物件を探す際に、今回は例としてhomesサイトで通勤時間検索の流れを書きましたが、 suumoやchintaiなどのサイトもぜひ一緒に使って、他に物件がないかなども含めて検索してもらうことで、 自分にあった物件を見つけやすくなります。 賃貸物件のおすすめな探し方(コツ) 検索編のまとめ 私がおすすめする、 通勤時間検索はいかがだったでしょうか? 通勤時間も正確じゃない場合があるので、少し時間を伸ばして検索して見ることをおすすめします。 これで、予算以上になることを防ぐことができますね。 たくさんの物件から自分にあった物件を見つけるのは難しいように思うかもしれないですが、 自分の住みたい物件像が決まっていれば、そこまで難しくありません。 あとは、物件検索サイトをどのように駆使して検索するかで見つかりやすいか否かが決まってきます。 今回の検索方法はあくまで1例ですが、参考にして検索して見てください。

次の

おとり物件とは?騙されないための仕組みと見分け方

賃貸 探し方 コツ

賃貸の部屋探しで困るのがペット可のアパートやマンションの探し方です。 全体的にペット可の賃貸物件の数は少なくなるだけでなく、部屋によっては猫だけや犬だけやうさぎなど、動物の種類が限定されてることも多いです。 そのため、他の物件と同じように部屋探しサイトを使っていても、ピッタリの部屋を探すことは難しいです。 だからと言って大家に黙って内緒でペット不可の物件をすすめられることもありますが、おすすめしません。 また、不動産会社に問い合わせて訪問をしても、興味のある部屋を紹介して貰えないこともあります。 この変は不動産会社の裏事情もかかわってきたりします。 この記事でペット可の賃貸物件を探す方法が分かるようになっています。 また、すでに止めた不動産会社の元専門家だからこそ書ける裏事情まで紹介をしています。 チャット型不動産を利用する• 不動産会社へ訪問をする 現実的にペット可物件の数は少なくなりますし、ずっと探していたりする人もいます。 そのため、部屋探しサイトを使っていても情報が古く見つからないだけでなく、興味がある物件はすでに入居者が決まってることもあります。 そのため、最新の物件情報を頼りに探すしかありません。 また、不動産会社の裏事情もあるので、個人的におすすめなのはチャット型不動産を利用することです。 おすすめのペット可物件の探し方はチャット型不動産の利用 現実的に最新の物件情報を見るのであれば、不動産会社もしくはチャット型アプリを利用するしかありません。 ただ、ペット可物件はすぐに良いのが見つからないことも多いので、不動産会社へ行っても時間の無駄になることもあります。 「良い物件の情報が出たら連絡しますね」と言われ帰宅しても、その後は全く部屋の情報を貰えないことも多いです。 この辺りは後ほど不動産会社の裏事情として紹介をしますが、時間と手間がかかってしまうので、せっかくの新生活の第一歩の前で、疲れてきてしまうものです。 チャット型であれば、情報を入力さえしておけば、送られた物件が興味があるか見るだけで手間がかかりません。 また、不動産会社とは違い、 チャット専門で働いている人達がいるので最新の空室情報も逐一貰える所も多いです。 そのため、来店の手間がかからないだけでなく、ないがしろにされないので、ペット可物件でも見つけやすいのですね。 特に「 」のような現地待ち合わせが専門であれば、おとり物件に騙されることはありません。 AIが自動で見つけて情報をくれるので、日々出てくる最新の空室情報から、ペット可物件を探すことができます。 あなたがすでにペット可物件を探しているのであれば、興味を引く物件が少なかったり、不動産会社へ行ったら紹介をされないなんて経験をしていませんか? 時にはそのペットでも小型犬のみだったりと、違う種類で説明をされることもあるはずです。 ペット可物件を探している人はたくさんいるだけでなく、おとり物件ではない言い訳が作りやすいです。 実施に小型犬のみや猫のみの物件もあったりするので、来店時に種類を聞いてそれだと難しいって話を作ることができます。 おとり物件がむかつく人や騙されたくないって人は興味を引いた物件は下記の方法でまずは調べるのがおすすめです。 物件の情報が古い• 掲載されてる物件の情報が一部• ペットの種類が分からない• 来店後にも最新の情報が送られてこない また、来店をした後に気になる物件が見つからなかったので「条件のあった空室が出たら送ります」と言われたまま、連絡が来なかったりとりあえず来店をしてくれなんて電話があることもあります。 元不動産会社で働いていたからこその裏事情の部分も含め、詳しく解説をしていきます。 見つからない理由を知ることでも、どうすればペット可物件を見つけることができるか分かるはずです。 ペット可物件の最新情報は部屋探しサイトに少なくなる 部屋探しサイトに登録をしている不動産会社は手打ちで毎日物件の最新情報を入力しています。 しかし、部屋探しサイトにもよりますが、各会社が登録できる件数に決まりがあったりします。 全ての空室物件の情報ではなく、問い合わせがありそうな部屋を優先にしていきます。 ただ、賃貸の不動産の多くは仲介なので、様々な不動産会社が同じ考えのもと、情報を入力しています。 そのため、様々な会社から同じ賃貸物件が掲載されていることも多く、全体的にペット可物件の数が少なくなってきます。 また、なかにはおとり物件としてペット可を入力して掲載してるのもあり、掲載されるのが少なくなるのですね。 ペット可のマンションやアパートは、実際に来店をしたりしないと、見つけるのが難しいです。 不動産会社へ訪問後にペット可物件の情報が送られてこない 私自身も働いていた時に当てはまる話ですが、不動産会社の営業はひとりで複数のお客さんを担当します。 そして、毎日のように違うお客さんが来店をすることになります。 部屋探しをしている条件を聞いて、最新の物件情報を出して、現地の下見となると1組で何時間もかかります。 更にそのまま契約になることも多く、お店へ戻りその契約の話しをしなければなりません。 それらが終わった後に、今まで来店をした人の物件の最新情報を探したりします。 時には他のお客さんの接客中に出した物件情報で、ぴったりのがあったら連絡をします。 そうなると現実的に来店してる人優先になるので、最新の情報が送られてこなかったりします。 ここ数年チャット型不動産会社が増えていますが、手軽であったりなどのこともありますが、AIやチャット専門のスタッフが常に情報をくれるので、ないがしろにされないのが人気となっている背景にあるのではと思います。 訪問をしないと犬・猫・うさぎとどのペットが可能か分からない 不動産会社は図面の情報から、部屋探しサイトへ空室の登録をします。 しかし、図面にはペット可になっていても、実際はどんな種類までかが書かれていないことも多いです。 犬だけであったり、猫だけ可能だったりと、様々な条件があったりします。 そのため、とりあえず「ペット相談可能」となっていることが多いです。 全体的には犬だけの物件が多いですが、小型犬限定であったりと、大家に確認をしてみないと分からないことが多いです。 そのため、部屋探しサイトを見ているだけだと、実際はあなたと一緒に暮らすペットとは同居できないこともあります。 基本的に不動産会社の多くは仲介なので、どこでも同じ物件が紹介をすることができます。 大事なのは来店をして貰うことであり、そのコンタクトとなる問い合わせが来るようにするのを、優先している会社が多いです。 そのため、おとり物件などが掲載されていたり、問い合わせるととりあえず来店を促されたりします。 ペット可物件の探し方を元部屋探しの専門家からアドバイス ペット可物件の探し方のコツとしては、最新の物件の空室情報を確認することです。 部屋探しサイトでは数が少なく見つけられないですし、下見をしたいと問い合わせたらおとり物件であったり、ペットの種類で入居ができないこともあります。 そのため、不動産会社へ行くか、チャット型を利用して最新の空室情報から部屋探しをすることがコツです。 特にチャット型であれば何度も不動産会社へ行く手間がなく、情報は逐一送られてくるのでおすすめです。 できるだけ「 」のような現地待ち合わせができるのを利用することで、おとり物件に騙されることはなくなります。 引越しまでに1ヶ月や2ヶ月と余裕があったり、良い物件が見つかればと思ってる人は、まずはチャット型でペット可物件を探す。 賃貸の更新や転勤や上京などで、決まった期日までに引越しをしなければならない理由があり、急いでいるのであれば両方を利用して、ペット可の賃貸物件を探すのがおすすめです。 ペットと一緒に住むことで原状回復費用など、いくつかのデメリットや注意点があります。 多くは入居前に対策をすることで防ぐことができるので、下記も一緒にご覧になるのをおすすめします。 ペット不可の物件で大家に黙って犬や猫をばれずに飼う ペット可の物件を探していて見つからない場合、大家に黙ってペットを飼うか考える人も多いです。 不動産会社によっては、小型犬や猫だと黙って飼うのを提案していることもあったりします。 しかし、基本的にこの選択肢はおすすめすることができないです。 現実的に大家に黙ってペットと同居をしても、ばれないことはあったりします。 ただ、不動産会社は何の責任も取ってはくれないです。 私が賃貸の不動産会社で働いていた時も、大家にばれてすぐに退去をしなければならなくなって、早急に見つけて欲しいと来客された人もいました。 大家にばれた時にトラブルになる可能性が高く、契約時の初期費用をまた新居で払わなければならなくなることもあります。 ペット不可の物件で黙って犬や猫を飼うのではなく、チャット型の不動産会社などを利用して、納得ができるペット可のアパートやマンションを見つけるのがおすすめです。

次の