ジュディ マリ takuya 現在。 TAKUYAがジュディマリから日本の音楽業界の裏側まで、独自の目線で切る!

TAKUYAの現在のYUKIとの仲。解散理由は恩田との確執?ももクロのバッグバンド参加(画像・動画)

ジュディ マリ takuya 現在

2001年に解散したロックバンドJUDY AND MARYのギタリスト、TAKUYA(48)が、「マネジ」の愛称でファンにも知られた当時のマネジャー、堀江正樹さんが亡くなったことを伝え、追悼した。 TAKUYAは12日、「バックステージのJUDY AND MARY逝く」のタイトルでブログを更新し、「マネジ、こと、JUDY AND MARY 最初から最後まで現場ヘッドマネジャーが亡くなって、お別れに顔見に行ってきました」と報告。 堀江さんとメンバーとの思い出をつづり「ありがとうマネジ!!!サンキューあなたがバックステージでいまだ噂のレジェンドのJUDY AND MARY」と悼んだ。 また、ツイッターでは「ほんとにJUDY AND MARY全メンバーは、SNSでもなんでもいいけど、一言でもマネジには追悼のコメントとかあげるべきだ!!! と、リーダーの恩田さんか、最年長の公太さんに言ってほしいぜ」とメンバーに呼びかけた。 photo• 芸能 4ドル50セント福島雪菜が初一人芝居を生配信 []• 芸能 [6月27日 0:04]• 女子アナ [6月26日 21:58]• 音楽 [6月26日 21:00]• お笑い [6月26日 20:20]• 芸能 [6月26日 18:45]• 芸能 [6月26日 18:30]• 芸能 [6月26日 18:00]• 芸能 [6月26日 17:20]• 宝塚 [6月26日 17:17]• お笑い [6月26日 17:16]• AKB48 SKEが愛知県知事訪問、古畑奈和「しっかりPR」 []• AKB48 [6月26日 16:36]• AKB48 [6月26日 14:00]• AKB48 [6月25日 0:03]• AKB48 [6月25日 0:00]• AKB48 [6月23日 12:49]• AKB48 [6月23日 12:24]• AKB48 [6月23日 10:00]• AKB48 [6月22日 21:54]• AKB48 [6月22日 4:01]• AKB48 [6月18日 18:56]• ジャニーズ Sexy Zone8・5新譜 レーベル移籍第1弾 []• ジャニーズ [6月26日 11:00]• ジャニーズ [6月25日 5:01]• ジャニーズ [6月24日 23:41]• シネマ [6月23日 5:00]• ジャニーズ [6月22日 5:00]• 芸能 [6月21日 20:41]• ジャニーズ [6月21日 11:08]• 芸能 [6月21日 5:00]• 結婚・熱愛 [6月20日 18:06]• ジャニーズ [6月20日 7:07]• ハリウッド ヘンリー王子とメーガン妃 講演会エージェント契約 []• ハリウッド [6月25日 9:30]• コラム [6月23日 12:53]• ハリウッド [6月23日 8:10]• ハリウッド [6月23日 8:05]• ハリウッド [6月19日 9:32]• ハリウッド [6月19日 9:24]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月17日 11:12]• ハリウッド [6月17日 10:12]• 映画 芦田愛菜の主演映画「星の子」10月公開決定 []• シネマ [6月26日 7:52]• シネマ [6月25日 18:56]• シネマ [6月25日 12:33]• シネマ [6月25日 11:35]• シネマ [6月25日 10:00]• シネマ [6月25日 10:00]• シネマ [6月23日 6:18]• シネマ [6月23日 5:00]• シネマ [6月22日 18:57]• シネマ [6月22日 16:26]• ドラマ 玉木宏、放送延期主演ドラマに自信「魅力が増えた」 []• ドラマ [6月26日 12:00]• ドラマ [6月26日 10:08]• ドラマ [6月26日 10:05]• ドラマ [6月26日 10:05]• ドラマ [6月26日 9:59]• ドラマ [6月26日 5:01]• ドラマ [6月25日 15:17]• ドラマ [6月25日 10:05]• ドラマ [6月25日 9:50]• ドラマ [6月25日 9:41]•

次の

ジュディマリが解散したのはTAKUYAがYUKIを好きになったからなんですか?昨...

ジュディ マリ takuya 現在

ぶち上げた「福岡スタジオ構想」 解散した「JUDY AND MARY」 ジュディマリ のギタリストで知られるTAKUYAさん。 前身のバンド時代から数えると今年、デビュー25周年を迎えます。 ジュディマリ解散後、都内に個人スタジオを構え、自らが理想とする音作りに力を注いできました。 時代はデジタル全盛となりCDの売り上げが減り、聴き放題のストリーミングサービスが誕生。 音楽業界は大きく変わりました。 「10年くらいここで仕事しているんですけど、やれることはやり尽くしたというか。 デジタルが進化してハイレゾとかが出てきて、でも、それ以上、ミラクルが起きたわけじゃなくて。 楽器を奏でる、バイブレーションを作る、やっぱギター弾く方がいいっていう流れが出てきている気がするんです」 そんなTAKUYAさんが力を注いでいるのが福岡でのスタジオ作りです。 「音楽って、絶対なくならないもの。 そう思ってくれている人はIT業界とか、音楽以外の分野の人に多い。 逆に、音楽を生業(なりわい)にしている、という名目のところほど傷が深い。 音楽はダメだから、音楽以外で売り上げ立てないとって思っている」 曲作り、レコーディング、ミックスダウンなどができるTAKUYAさんのプライベートスタジオ=竹谷俊之撮影 「レコード会社の人からも、いいリアクション」 TAKUYAさんの福岡スタジオ構想は、2015年4月、福岡で開かれたベンチャー企業や投資家が集まるイベント「Slush Asia」で発表されました。 アジアの玄関口でもある福岡に本格的なスタジオを作る。 一線で活躍するミュージシャンがツアーの合間にレコーディングに参加したり、街中のカフェで気軽にセッションをしたり。 文化としての音楽の魅力、何よりアジアのアーティストとの交流、そしてビジネス、それらのハブになるのような存在をめざしています。 構想を発表したTAKUYAさんの元には、音楽業界以外からも興味をもった人が連絡をしてくるそうです。 「実はレコード会社の中の人からも、いい感じのリアクションしてくれる人が出ていて。 そこは手応えを感じています」 インタビューに答えるTAKUYAさん=竹谷俊之撮影 「危機感は佐久間さんと重なっています」 日本を代表するギタリストとして知られるTAKUYAさんですが、福岡での活動には、名プロデューサーとして知られた佐久間正英さんの存在があるそうです。 「音楽業界への危機感は佐久間さんと重なっています。 今、こんなにアジアが元気。 佐久間さんだったら、絶対、向こうに乗り込んでいるなって思う」 日本の音楽業界に欠けているのは、海外経験だと言うTAKUYAさん。 「佐久間さんは、英語もできて、海外ツアーもやっていた。 有名なプロデューサーと仕事をしたり、BOOWYを連れてベルリンに行ったり。 そういう経験を日本人の中でもしてきた人。 もっと制作陣が外と交流しないと。 ガラパゴスにもほどがあるよ」 名プロデューサーとして知られた故・佐久間正英さん(右)との写真 「人生でもう1人あのレベルに会えるとは思っていない」 音楽業界が逆に音楽に悲観する中、スタジオ構想をぶち上げたTAKUYAさん。 業界では異端と思われることを貫く姿勢は、ジュディマリ時代から変わっていないと言います。 「当時は海外の成功したスタイルを持ち込むのが大半だった。 でも僕は、内から出てくるアイデアを音楽の形にしたかった。 僕の奇抜な発想と世間のニーズをすり合わせてくれたのが佐久間さんだった」 結成時のメンバーはデビュー経験のあるミュージシャンばかり。 「共通してたのが、売れないとだめだ、ということ。 どんなに格好いいこと言っても結果を出さないとほざいているだけ。 そういう意味ではすごくプロ集団でした」 1人、新人だったのがYUKIさんでした。 「会った時から『選ばれし子』だった。 レコーディングをしていて、魔法というか奇跡かと思う瞬間があった。 言葉のセンスとかも、人生でもう1人あのレベルに会えるとは思っていない。 ただ、あんなような感動を味わってみたいと思って、自分はまだ音楽をやっているのかもしれない」 「GUITAR DE POP」「JAM」などがペイントされている赤いテレキャスター=竹谷俊之撮影 「やめるにはちょうどよかった」 そんなジュディマリは2001年に解散します。 「やりつくしたとは誰も思っていないんじゃないかな。 でも、やめるにはちょうどよかった。 あそこでやめたから、今も、言ってもらえる。 本当にやめどきに成功したというだけで……」 再結成を望む声は今もあるそうですが「『あの時のようにはならないよ』というのが年々、強く言えるようになった」と笑います。 「佐久間さんいてくれたらねぇ。 また、みんなでスタジオとか入っても、ちょっと楽しかったかもしれないけど。 佐久間さんいないと、よりイメージがわかなくなったかなあ」 思い出に残っているライブは、1997年の横浜スタジアム。 冒頭に歌った「夕暮れ」です。 「毎日ね、日の入り時刻を調べて。 スタッフは『早く始めてくださいよ』って言うんだけど『絶対、日が暮れてからしか始めねえ』とか言って。 ちょうど夕暮れの時刻に『夕暮れ』っていう曲から始めるんです。 あの光景は今も思い出します」 【左から】「GUITAR DE POP」「JAM」などがペイントされている赤いテレキャスター、ジュデマリの名曲「LOVER SOUL」でTAKUYAさんが弾いていたレスポールカスタム(ギブソン)、TAKUYAさん愛用の赤いテレキャスター(ジャーニーマン)=竹谷俊之撮影 「佐久間さんに手伝ってほしかったなあ」 ギタリストとして、プロデューサーとして、今度は、スタジオ作りの仕掛け人として。 今も時代を切り開いているTAKUYAさん。 「本当は、佐久間さんに手伝ってほしかったなあ。 スタジオ構想は、あの人のために考えたところもあるので」 実現のめどが立ち、あとはどこまでプランを膨らませられるかだという福岡スタジオ構想。 再来年のオープンをめざしています。 「個人で動くというより、もっと色んなところを巻きこんでいきたい。 ベンチャーだと思っています。 元々、僕が、そういう人の行かない新しい道が好きなんで。 時代の中の自分の立ち位置が、そういう道に向かわせているのかもしれませんね」 ジュデマリの曲「LOVER SOUL」でTAKUYAさんが弾いていたレスポールカスタム(ギブソン)=竹谷俊之撮影 「GUITAR DE POP」「JAM」などがペイントされている赤いテレキャスター=竹谷俊之撮影 「GUITAR DE POP」「JAM」などがペイントされている赤いテレキャスター=竹谷俊之撮影 TAKUYAさん愛用の赤いテレキャスター(ジャーニーマン)=竹谷俊之撮影 TAKUYAさん愛用の赤いテレキャスター(ジャーニーマン)=竹谷俊之撮影 ギブソンのレスポールを手にする元Judy and Maryのギターリスト・TAKUYAさん=竹谷俊之撮影 インタビューに答えるTAKUYAさん=竹谷俊之撮影 インタビューに答えるTAKUYAさん=竹谷俊之撮影 曲作り、レコーディング、ミックスダウンなどができるTAKUYAさんのプライベートスタジオ=竹谷俊之撮影 TAKUYAさんの恩師でもある名プロデューサーの故・佐久間正英さん(右)と握手をしている写真=竹谷俊之撮影 日米混合バンド「NiNa」の佐久間正英さん(後列左)=1999年11月 ジュディマリ解散について語るYUKIさん=2001年1月29日 お笑いと音楽を融合させた「商店街バンド」の衣装を着た元ジュディマリTAKUYAさん。 「商店街バンド」のちょうちんを持つTAKUYAさん 「商店街バンド」で演奏するTAKUYAさん 「商店街バンド」のステージに立つTAKUYAさん 「商店街バンド」のライブ。 漫才と生バンドのコラボで客席は笑いに包まれる おすすめ記事(PR)•

次の

元ジュディマリTAKUYA、マネジ死去で呼びかけ

ジュディ マリ takuya 現在

略歴 [ ] 6月、バンド「」のメンバーとしてメジャーデビューしていた恩田が、映画『』の撮影で北海道を訪れた際、エキストラとして参加していた当時短大生のYUKIと知り合う。 映画スタッフ達との飲み会の場で、YUKIが「バンドをやりたいけどどうすればいいのかわからない」と恩田に相談した事がきっかけで 、その後YUKIにデモテープを送ってもらった恩田がそれを聴いたところ歌声を気に入りボーカルに抜擢、2月、YUKI、恩田、を中心に結成。 同年4月、インディーズレーベルよりアルバム『BE AMBITIOUS』を発表。 11月、サポートメンバーだったが正式に加入。 この頃は、メインのバンドを持つ恩田のサイド・ソロ・プロジェクトに近く、メンバー全員そのつもりでおり、このバンドでのデビューは目指していなかった。 そのため、制作やライブの費用は全て恩田が負担し、メンバーにはギャラを支払っていた。 恩田も「YUKIちゃんもこのアルバムを名刺代わりに(業界入り)出来れば」と話していた。 この時点では一過性のつもりであり、アルバム発表・ライブ後は既に解散状態になっていた。 しかし、恩田はこのバンドへの熱意が解散後に強く湧き上がってきたため、再始動を決意。 当時フリーの状態であったYUKIには予め伝え、他のメンバーにはその事を告げず、先にデビューの段取りを行い、JACKS'N'JOKERの脱退〜デビュー契約など全てが整った時点で再始動を伝え、同意を求めた。 五十嵐はこれに同意したものの、藤本は既にソロ・アルバムをバンドで作る構想があったため、JUDY AND MARYでのデビューは辞退せざるを得ず、脱退。 2月、前述の理由でメジャーデビューを辞退した藤本泰司に代わる形でオーディションによりが加入。 同年9月によりシングル「」でメジャーデビュー。 1月、アルバム『』発表。 12月、プロデュースによるアルバム『』を発表。 初登場5位を記録し。 同アルバムを引っ提げて行なわれたツアー『ORANGE SUNSHINE TOUR』では初の公演を行なう。 この頃、公式ファンクラブ「JAMP」が発足。 5月、初の公演を含む『JUST A MAMBO TOUR』開催。 6月に発売されたシングル「」が初登場こそ4位だったものの60万枚以上を売上げるヒットを記録。 12月には前作と同じく佐久間プロデュースのアルバム『』を発表。 このアルバムも100万枚に迫る売上げを記録した。 、全国ツアー『MIRACLE NIGHT DIVING TOUR 1996』を開催。 初の、公演を含む全国19都市23公演を行い、公演では2日間に渡り開催。 即日完売、満員を記録。 2月、シングル「」が初登場1位を獲得、100万枚の売上を記録した。 この年、同曲で「」に初出場した。 3月、アルバム『』を発表。 初登場1位を獲得し300万枚に迫る売り上げで、バンド史上最高セールスを記録した。 初の公演にして2日間公演、2日間を含む全国ツアー『THE POWER SAUCE DELIVERY '97』を開催し、各地で即日完売となる。 8月には、を含む、初の野外スタジアムコンサートツアー『THE POWER STADIUM DESTROY '97』を開催。 同年、YUKIの喉の不調のため一時活動休止。 6月、アルバム『』を発表、100万枚以上を売り上げる。 アルバムのレコーディングはロンドンで行われた。 7月より初の全国アリーナツアー『POP LIFE TOUR '98』を開催。 12月26日には初の公演『POP LIFE IN TOKYO DOME』を開催。 2日後にオールスタンディングのシークレットライブ『Secret Live In The Garden Hall』を恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催。 「」で「」に2年ぶり、2度目の出場。 以降、充電期間に入る。 は初のライブアルバムとライブビデオ2本をリリースした以外はJUDY AND MARYとしての表立った活動は無かった。 各メンバーはソロや別ユニットで活動。 約1年間の休止の後、2月、シングル「」をリリースし、活動再開。 3月には初のベストアルバム『』を発表、200万枚以上を売り上げる。 以降も積極的にシングルをリリースし、夏にはイベントライブにも出演。 9月、が結婚を発表。 11月に初のアコースティックライブ『ブエナ・ビータローカ・ソシアル・クラブバンドwithジュディ・アンド・マリー2000』をZEPP TOKYOにて開催するなど、精力的に活動。 12月、翌年1月にシングル、2月にはアルバムの発売を発表する。 に全国紙朝刊の全面広告で解散を発表。 24日に、オリジナルとしてはラストシングルとなる「」をリリース。 2月にとの共同プロデュースによる2年8ヶ月ぶりにして最後のオリジナル・アルバム『』が発売され、当日からラストライブツアー『WARP TOUR』をより開催し、各地のアリーナ会場・ドーム会場を廻り、3月7日、8日の2Daysライブをもって解散。 翌日9日に『』収録曲の「PEACE」にストリングスアレンジを加えた「PEACE -strings version-」を限定生産シングルとして発売。 同年5月、ファン投票を元に選曲された2枚組みベスト・アルバム『』を発売し100万枚に迫るセールスを記録。 また、同月に『WARP TOUR』東京ドーム公演の模様を収めたDVDを発売。 6月、最後の新録ミュージック・ビデオを納めたDVD『PEACE』をリリース。 監督は、2007年グランプリを受賞した河瀬直美。 解散から5年後の2月、にリリースしたベスト・アルバム『』に同年から解散までの間にリリースしたシングル楽曲4曲を追加し、ロンドンで立会いの下リマスタリングを施し、追加楽曲4曲のミュージック・ビデオを収録したDVDを同梱したリニューアル盤『』を発売。 初登場2位を獲得し、30万枚以上を売り上げた。 『』発売時には、オフィシャルサイト等においてメンバー4人のコメントが発表されるなどしたが、解散以降に4人揃ってメディアに登場した事は一度も無い。 、デビュー15周年を記念したトリビュート・アルバム『』がリリース。 メンバー [ ] 詳細は各記事を参照。 (ユキ、 1972-02-17 (48歳) - )。 旧名は、 SARAH。 (タクヤ、 1971-09-09 (48歳) - )。 加入当初は本名の「 浅沼拓也」の名前を使用していた。 (おんだ よしひと、 1963-12-13 (56歳) - ) 、リーダー。 旧名は、 TWIDDELDUM。 (いがらし こうた、 1963-01-17 (57歳) - )。 旧名は、 RALPH。 元メンバー [ ]• ALPH() -。 ロリータパンクバンドとして出発した初期の頃は恩田快人が書いた曲が多い。 「」「あたしをみつけて」を始め一部楽曲は五十嵐公太作曲。 『』以降の一連のアルバムはプロデュース。 解散の経緯 [ ] 難産となった『』製作の時点で、アルバムを作り上げるプロセスに無理が生じていることをメンバーが認識するようになった。 1999年の活動休止期間中にメンバーそれぞれがバンド外で音楽活動をした上で、『』リリース後に恩田からメンバーに「このまま続けて行くことはできない」旨の申し出があった。 恩田は自分の脱退後も残った3人、もしくは新しいベーシストを加えてJUDY AND MARYを続けてほしい意向を持っていたが、結果として解散を前提に『』製作がなされることになった。 作品 [ ] メジャーデビュー後は(旧エピックソニー)より発売。 シングル [ ] 枚 リリース日 タイトル 作詞 作曲 オリコンチャート最上位 1st YUKI 恩田快人 95 2nd YUKI 恩田快人 オリコン100位圏外 3rd YUKI 恩田快人 58 4th YUKI 恩田快人 22 5th YUKI TAKUYA 15 6th YUKI 恩田快人 37 7th YUKI TAKUYA 4 8th YUKI 恩田快人 8 9th YUKI 恩田快人 1 10th Tack and Yukky TAKUYA 3 11th Tack and Yukky TAKUYA 5 12th YUKI TAKUYA 12 13th YUKI TAKUYA 5 14th YUKI 五十嵐公太 3 15th Tack and Yukky TAKUYA 4 16th TAKUYA TAKUYA 11 17th YUKI TAKUYA 21 18th YUKI TAKUYA 4 19th YUKI TAKUYA 9 20th Tack and Yukky TAKUYA 8 21st Tack and Yukky TAKUYA 3 22nd Tack and Yukky TAKUYA 8 アルバム [ ] オリジナルアルバム [ ] 枚 リリース日 タイトル 順位 1st 23 2nd 5 3rd 2 4th 1 5th 2 6th 1 ミニアルバム [ ] リリース日 タイトル• のインディーズ時代に発表した唯一の音源を収録した。 デビュー15周年記念の一環でリリースされたアルバム。 枚 リリース日 タイトル 順位 3rd 83• デビュー15周年記念の一環でリリースされる。 限定盤。 映像作品 [ ] ビデオクリップ集 [ ]• 脚注 [ ].

次の