ミステリ と 言う なかれ。 ミステリと言う勿れ 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

漫画「ミステリと言うなかれ」が痛快過ぎる!日常を推理する哲学事件漫画がヤバイ

ミステリ と 言う なかれ

整の過去(1)父親に複雑な思いが? 突然、同級生の殺人容疑を着せられた整は、取り調べ担当の薮が、家族より仕事を優先していた点に触れ、生涯で息子の名を何度よんだか訊ねました。 それらの発言を 子供の立場で話していると告げた整。 見ていた青砥は 整が父親への恨みを話しているようだったと、ラストで呟いていました。 1巻エピソード1 後日、子供のキラキラネームについて相談する池本に、整は去年の年末帰省したときの話をしました。 「珍しく」父親がいて、「珍しく」いろいろ話したと前置きしています。 その後、 子供が父親に愛されたくてグレるのはドラマの中だけで、実際はただただ無関心になっていくと冷めた目で伝えました。 1巻エピソード2【前編】 バスジャック事件のあと、犬堂ガロから無意識に人を真似るクセがあることを指摘された整。 2巻エピソード2【後編】 広島行きの新幹線で出会った母子と別れる際、育ての母に手紙の暗号の真の意味を伝えた整。 女性はお茶を濁して、すべて忘れるよう整に告げました。 整は忘れないと返しますが、そこで自分にも よくしてくれた育ての親がいると話します。 2巻エピソード3 狩集家の遺産相続で出会ったネオに整は、運動能力は母親から遺伝すると話しました。 一方、父親からは何を遺伝するのかと問う汐路には、よくわからないと答えました。 3巻エピソード4-4 考察 この人物によって現在の整が生まれたといっても過言ではない、重要な出会いです。 家に帰りたくない理由はわかりませんが、少なくとも当時の整の心を癒した出来事だと感じました。 話し方がカウンセラーっぽい点から、個人的には鳴子巽か、その関係者ではないかと予想しています。 ミステリと言う勿れ|整の過去を考察!あとがき 以上が、 『ミステリと言う勿れ』の主人公・久能整の過去についての考察です。 整が子供の心理に詳しく、虐待に関心を寄せていたのは、小学校の教師を目指しているからでした。 そこには過去の家族関係や、学校生活が影響しているのかもしれません。 子育ての名言が多いのも、求めたカタチで親から愛されなかった悲しみを経験しているからでしょう。 また整がやたらと 言葉のニュアンスに敏感なのは、過去に出会った人物の助言がきっかけなのですね。 今後、整の過去が詳しく明かされることはなく、匂わせて終わりかもしれません。

次の

ミステリと言う勿れ 1

ミステリ と 言う なかれ

月刊flowersで好評連載中の、『ミステリと言う勿れ』を第1巻から最終回までをまとめています。 田村由美先生のミステリと言う勿れ ミステリというなかれと読みます 今まで読んだ漫画の中でもダントツで面白いです 天パの大学生、久能整 ととのう の凄まじい思考と知識とひらめきで、事件をどんどん解決していってしまうお話。 しかもそれらの事件や出来事は、いつも偶然関わってしまうものばかり。 ただの犯人当てマンガだけでなく、人々の心理、作品中に出てくる雑学や人に話している内容などのメッセージ性がとても強く、色々な事が知れて面白過ぎるんです。 だけどどんな場所でも落ち着いてべらべらと喋るのが整。 バスジャック犯の真の目的、そして意外な展開で終わりました。 なんでバスジャック犯達があんな質問を次々としていたのか…質問によって次々と分かる人質たちの人間性… そしてバスジャック事件が解決し、次はいよいよ新幹線での出来事。 冒頭でも書きましたが、 この漫画めっちゃくちゃ面白いです。 基本的に管理人はミステリー系などの漫画があまり好きではないんですが、ミステリと言う勿れはめっちゃハマってしまいました。 興味深い面白さ。 へぇ~!!知らなかった!という事が学べる新鮮さ。 人間の心理ってそうなっているんだ・・・となったり… そういった要素ももあるからか、毎回めっちゃおもしろい。 そしていつも偶然出くわす事件や出来事・・・ もはや必然なんじゃないか…とすら思ってしまう 笑 あと、作者さん名前だけ見る限り恐らく女性だと思うんですが、男尊女卑がまだ根強く残るこの国に対してのメッセージがとても感じられるシーンもあります。 例えば、整がある女性に「女の幸せ」という言葉について話している場面があるんですが… 「女性をある型にはめるために編み出された呪文」と言及してるんです。 今の令和の時代においては「女の幸せ」も聞かなくなってきていますが、結構前はよく言われていました。 だけど「男の幸せ」って言葉はほとんど聞いたことが無いですね 整は、 世の中に残ってる言葉はおじさんが言ったものがほとんどで、そこには趣味と都合が隠されてる とまで言っていました。 もう、なるほどなぁ・・・!って感心しちゃいましたよwww あとは「言葉」の言い方や捕らえられ方についての問題や、日本と海外での男性の育児率的な違い、男の人がどれだけ育児に関わっているか、家族と接しているか…という問題点についてなど、様々な身近にある問題について、整がべらべら喋ってくれるのがとてもメッセージ性を感じます。 たとえば池本巡査の奥さんとの話の中で、育児に「参加する」とかという内容が出てきます。 そう言った内容に対して整は、「メジャーリーガーの子どもの出産に立ち会う話」を出して池本さんにアドバイスしてるんです。 これがまたかなり興味深いし、面白いし、ごもっともなんです!! 整の意見は、おそらく世の子を持つ女性は大きいく首を頷くでしょうし、男性は耳が痛く感じるかもしれません。 だけどそういった身近によくある問題を取り上げてさらっと核心を突く事を言ってくれるのは結構スカッとします。

次の

ミステリと言う勿れ

ミステリ と 言う なかれ

Sponsored Link ミステリというなかれあらすじは? 休日にカレー日和ということで カレーを作っていた大学生 久能 整 くのう ととのう の元に近くの公園で 高校の時の同級生が殺され、 何故か重要参考人として任意同行 容疑者として取り調べられる 次々と尋問する刑事さんの 核心を言い当て、 段々お悩み相談室のように… しかし、刑事さんたちは もうほぼクロだろ というような執拗な取り調べ 身に覚えのない証拠品 そして事件は時間を追うごとに だんだんと核心へと近づいて… 初めの方はそう言う話です。 ミステリーマンガですけど、 ちょっと変わってます。 ミステリーマンガというと 『名探偵コナン』 『金田一少年の事件簿』 等が浮かびますが、 大体は 驚きのトリックや 密室からアリバイ工作 なんかがありますが、 ミステリと言うなかれは そういうのほとんどなし タネを聞けば、 あ、なんだそんな事かー みたいな ごくごくフツーのことです。 いうなれば スッキリしたミステリー? シンプルでスマート といういい意味でのスッキリさ。 時々雑学的話もあり、 犯人は誰かとか 一体どんなトリックがより もっと人間の内面をのぞき込むような 考えさせられる小話が多いです 名言もおおいです。 Sponsored Link 実写化orアニメ化? 今のところそんな話は 出てはいないんですが、 いや、出てるかもしれないけれど 発表はされてないだけの可能性も… ただ イケそうじゃない? ということで 割と望む声は多いみたいです。 もともとがマンガなので アニメは勿論なのですが、 キャストや脚本によっては 実写化もいいんじゃないかな… とは思います。 そう思わせる威力のあるマンガって 最近あんまりないです。 というより実写化と聞くと どっちかというとガッカリする のですが、 ミステリと言うなかれが 実写化するというなら 見てみたいです。 刑事ドラマ的な側面もある というのも ドラマ化しそうだなと思います。 別に刑事が主人公じゃないので、 厳密には 刑事ドラマではないのかもですが。

次の