手 の 皮 が むける 病気。 手や足のブツブツ・皮むけ(汗疱、掌蹠膿疱症)

手の皮がむける原因は病気かも~この症状に当てはまる?

手 の 皮 が むける 病気

夏から冬にかけて また、冬から夏にかわる そんな季節の変わり目に、特に何もしていないのに皮がポロポロむける。 そんな悩みを持っている方って、意外と多いのです。 秋に皮がむけるパターンが一番多いそうですが、 中には春になる人もいます。 一年中皮が剥け続けるかと言えばそうではなく、 季節が変わると気づかないうちにマシになって自然と治ることが多いのが特徴。 また、子ども時には毎年むけていたのに、成長するとともに皮がむける範囲が小さくなってきて 気づけば「そう言えば、手の皮がむけなくなったなぁ」 という感じで自然と治ってしまっていることも。 特に何かにかぶれているわけでもなく 原因が分からないことも多く かゆみも無いのに、ただただポロポロと手の皮だけむける。 手の皮が乾燥しているからむけるのか? と言ったらそうでもなく、 どちらかと言ったら、逆に汗でしっとりべっとりしている。 こんな症状の場合、一番疑われるのが「多汗症」。 手のひらの皮が汗で蒸れてしまってポロポロとむけてしまうのです。 私の小学校の時の友人にも、同じ症状の女の子がいました。 手の皮がむける以外、特に何も症状が無い。 かなりの広範囲の皮がむけるので、ハタから見ると 「何?水虫?」 って言われて、とてもかわいそうでした。 気にして包帯とか巻いていたけど、鉛筆とか持っていると外れてきますしね。 その子も手が乾燥していたわけではなかったですね。 ガッサガサの手ではなかったです。 なのに不思議と皮だけむけているって感じでした。 他に考えられる原因は「主婦湿疹」 「汗疱(かんぽう)」 「ストレス」 可能性はかなり低くなりますが、「水虫」ということもあります。 手が単独で水虫になることは、かなり稀なことなので、 手の水虫で皮がむけるくらいのレベルなら、ほとんどと言っていいほど足も水虫になっているでしょう。 足に水虫の症状が出ていない場合は、手の水虫の可能性はかなり低いと考えられます。 「多汗症」が原因の場合の対処法:塩化アルミニウム液の作り方 多汗症で手の皮がむける場合、手の汗を抑えるのがベストな方法だと考えられます。 そこで、オススメなのが「塩化アルミニウム液」。 どんな風にして手の汗を抑えるのか?というと 手の汗腺に炎症を引き起こし、汗腺をつまらせ、汗を出にくくするというものです。 まず、必要なのが「塩化アルミニウム六水和物」 工業用の試薬なので、普通のドラッグストアではなかなか手に入らないかもしれません。 逆に薬剤師が経営している薬局の方が取り扱いをしているか、取り寄せをしてくれます。 また、一緒に薬局で精製水も購入します。 煮沸消毒した容器に塩化アルミニウム20gと精製水80ccを混ぜます。 これで「塩化アルミニウム液」のでき上がり。 さて使い方ですが、「寝る前に患部に塗って、朝起きたらよく洗い流す」が基本です。 塗る前に、手をしっかり洗う。 綿の手袋をつけ、そこに塩化アルミニウム液を染みこませる。 上からゴム手袋もしくはビニールの手袋をはめる。 輪ゴムて手首を留めておくと、しっかりと密封できます。 翌朝、手袋を外して、石けんで手を洗う。 これを2週間ほど毎晩続けます。 汗が治まってきたら、1週間に1回又は2回くらいで効果が持続します。 ヒリヒリしたり赤いブツブツが出てきたら、お肌に合わないので、使用をすぐに中止して皮膚科を受診しましょう。 「多汗症」では無い場合、次に疑いがあるのが「手湿疹」.

次の

手の指の皮がむける病気ってあるの?夏になると症状が悪化する!

手 の 皮 が むける 病気

そして、痒みがあったり、痛みがあったり。 皮がむけるだけではなく、かぶれを起こしていたり、ひび割れやジクジクしているなどの症状を起こしている場合もあります。 似た症状でも、原因は全く異なりますので、対処方法を誤ると、かえって酷くなることもあり得ますので注意が必要です。 【自律神経のバランス】 一年を通して、特定の時期に手の皮が剥けるなんてことがあったら、自律神経のバランスが不安定になっているのかもしれません。 自律神経って、けっこうデリケートなもので、気候のほか、ストレスだったり、睡眠不足などにも影響を受けます。 そして、自律神経のバランスが崩れると、ホルモンバランスはもちろんのこと、体調や肌などにへも不調をきたすんですね。 肌のスベスベ感も失ってガサガサ、果ては、手や手のひらの皮剥けなどを起こしてしまうというものです。 <対策> この時期には体調が崩れやすい…と、あらかじめ予測が立つのだったら、努めて注意深くその時期を過ごすことを心がけましょう。 体温調節をしっかり、急激な温度変化などにも対応できるように、服装に気を使ったり、ストレスを溜めない、睡眠を十分にとるようにするなど、できることを行ってください。 ゆったりゆっくり、くつろぐ時間を持つことも大事です。 【手湿疹】 手湿疹は、通称主婦湿疹とも呼ばれるくらい主婦に多いものです。 毎日、水仕事をする主婦や、日常的に水を扱う調理師や美容師などに多く見られます。 特に、乾燥する時期に酷くなりやすいものです。 直接の原因は、乾燥です。 普通、人の皮膚というものは、毛包というものがあり、そこから皮脂が分泌されています。 この皮脂は、刺激や乾燥から皮膚を守っているのですが、水仕事や手指を酷使するような仕事をすることによって、取り除かれてしまいます。 このため、皮膚を保護する機能が低下し、ちょっとした刺激に対しても皮膚が過剰に反応して湿疹を起こし、手の皮がむけることになってしまうのです。 手湿疹のタイプは2種類あります。 カサカサする「乾燥型」と水ぶくれができる「湿潤型」です。 <対策> 手湿疹は、現在の生活スタイルを続けなければいけないという、必要にかられて起こっている症状です。 手湿疹が起こりやすい年齢は、実は皮脂の分泌量自体は多いのですが、それが追いつかない程、作業量をこなしていることになります。 また、時として体質なども多少関係していることがあるので、同じことをしているのに、症状がなかったり、皮剥けが酷かったり…なんてこともあるでしょう。 対策としては、生活改善が必要です。 とにもかくにも手を直接、刺激物に晒さないというのが一番です。 面倒だとは思いますが極力、ゴム手袋やビニール手袋を使用しての作業を行ってください。 そして手湿疹のタイプによって改善策が違ってきます。 乾燥型:保湿が中心となります。 刺激物が入っていないものが良いということであれば、ワセリン、より効果的なものというならケラチナミン(尿素)やヘパリン入りの軟膏が適しています。 薬局やドラッグストアの専門家に相談して、症状にあったものを選ぶようにしましょう。 一日に何度もコマメに塗ることを心がけると、早く良くなりやすいですよ。 湿潤型:ジクジクしていたり、症状が酷い場合には、ステロイドの入った外用薬が適当なことが多いです。 塗り方には、注意すべきこともあるので、こちらの場合は、薬局の専門家にぜひ確認してみてください。 乾燥と湿潤が混在している場合などは保湿剤との併用が必要です。 適切な対処を行えば、一週程度から改善することもあります。 スポンサーリンク 【汗疱】 水虫と勘違いされやすいものに、汗疱というものがあります。 正式には、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)と言います。 手の皮がむける症状が出始めるのは、春から夏頃にかけて。 そして徐々に悪化していくこともあります。 人によっては、冬場にでることもあります。 この汗疱の症状は、手のひらや指に痒さを伴う水ぶくれができます。 掻くことによって水ぶくれが破れると、ジクジクして湿り気を帯びてから、そのあと乾燥してカサカサになり、皮剥け状態となります。 水虫とは全く違うものです。 原因の一つとなるものに発汗があります。 しかも、ストレスによるところの精神性発汗によって引き起こされるようです。 通常の発汗との違いは、発汗量が特に多いということなんですね。 それによって、汗腺が追いつかず、詰まってしまうので水ぶくれができると考えられてます。 <対策> 汗疱は、発汗を抑えることが症状を改善させるために必要なことです。 汗疱にも、スレロイドや尿素の成分が入った保湿クリームを使用することによって、症状が落ち着くのがほとんどです。 他には、皮膚の形成を促すビオチンというビタミンを摂取する方法です。 このビオチンは、体内で作られるものですが、これが欠乏すると肌に影響することがあるんですね。 以前から、汗疱にも効果があるとされています。 このビオチンを摂取する際には、単体で摂ってもあまり効果的ではありません。 腸内環境が整っていなければならないので、整腸剤と併用すべきなのです。 一緒に摂る場合に、多くは「ミヤリサン(ミヤBM)」が選択されます。 整腸剤の種類によっても、効果が半減することもあるので、注意しましょう。 できれば、腸内でビオチンの吸収を高めてくれる働きをするビタミンCも取り入れると効率的です。 発汗に対しては、塩化アルミニウム溶液を使用して発汗量を抑えるというもの。 いうなれば、制汗剤です。 対症療法となりますので、根本的な原因である精神的なストレスなり、何なりを解消させることが必要であることは、言うまでもありません。 ゆっくりリラックスできる時間を定期的にもつようにもしましょう。 【手水虫(手白癬)】 水虫は、足がなるものでしょう~とばかりは言ってられません。 確かに発症する確率は、かなり低いです。 というのも、水虫の原因の白癬菌は、ジメジメした所を好む特性があります。 多くは、そんな状況の靴の中とかでの発症となるんですね。 それに比べて、空気に晒されている手はムレにくく、日常的に何度も洗ったりする部分です。 しかし、水虫菌が接触すれば、当然、手だって水虫になる可能性はあります。 どんな時かというと、自分自身の足が水虫だったり、家族の誰かが水虫だったりする場合です。 爪切りのとき、入浴のとき、バスマット、トイレマットなどからも感染します。 なので、手水虫だったなら、他の部分の水虫をも治療しなければ、何度も再発するかもしれないのです。 手水虫でも、症状は足の場合と同じで、カサカサタイプ、水疱タイプ、角質タイプ、爪水虫など、いろいろです。 多くは、カサカサが多く、手の皮がむけるようになるので手湿疹と間違えやすく、見逃されやすいのです。 手湿疹としての対処をしても、ちっとも良くならないとか、かえって酷くなった…とう時には、手水虫を疑ってみましょう。 特徴としては、片方の手にだけ皮が剥けるのであれば、手水虫の可能性があります。 手湿疹のほとんどは、両手に発症することが多いのです。 治療は、外用薬、場合によっては内服薬との併用で行われます。 爪水虫は、内服治療をしなければ、改善は難しいです。 手、または手のひらの皮が剥ける原因は、上記の原因だけではないのですが、多くみられる場合や病気に関してご紹介しました。 一概に、その病気だったとしても、当てはまらない症状があるかもしれません。 対処に迷った場合には、悩んでいないで医療機関、皮膚科を受診してくださいね。 先延ばしにしていることによって、完治までの時間も延びてしまいます。 精神衛生上もよくありませんし、さらにストレスも溜まってしまいます。 また、病院へ行かずに対処していても、よくなる兆しがない時にも早めの受診をおすすめします。 見極め、見切りが必要ですよ、それも適切な対処法のひとつです。

次の

手の皮がむけるけどかゆくない時の診断名は?原因や治し方は?

手 の 皮 が むける 病気

手の皮がむける病気には様々なものがあります。 大人の場合、手湿疹やアレルギー性接触皮膚炎などが代表的ですね。 しかし子供の場合、溶連菌感染症など決して見逃してはいけない病気であることもありますよ。 A群溶血性レンサ球菌(化膿性レンサ球菌)による感染症を指し、川崎病や泉熱など他の病気の可能性を指摘されることもある難しい病気です。 特に子供に多い感染症で、発熱やイチゴ舌、手の発疹(皮疹)で手の皮がむけるなどの症状が似ていることがその理由です。 また大人がかかることもあり、「人食いバクテリア感染症」とも呼ばれる劇症型溶血性レンサ球菌感染症などの重症例も報告されていますので注意が必要です。 今回は、溶連菌感染症とその合併症、また川崎病、泉熱といった紛らわしい病気についても解説していきましょう。 【大人の手にできる湿疹】• 手湿疹(主婦湿疹)• アレルギー接触皮膚炎:アレルゲン(金属や化学物質、植物など)が接触して赤くかぶれたり水泡ができたりする• 異汗性湿疹(汗疱):手の指や掌面に水泡(水ぶくれ)ができ水泡が破れて鱗屑(皮がむける)となる• アレルギー接触皮膚炎では、アレルゲンを特定するパッチテストが行われ、アレルゲンを避ける他、同じくステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬での治療が行われます。 異汗性湿疹(汗疱)と掌蹠膿疱症については、原因不明とされ、細菌感染やアレルギー、ストレスの関与が指摘されていますよ。 自然に治らない場合は、やはりステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬での治療が行われます。 また水虫は足にできるイメージが強いですが手にできることも意外に多いようですね。 足や爪にもできていることが多いので注意が必要です。 手の症状では、ひどいかゆみを伴って夜眠れなかったり、悪化して感染したりすることもあります。 また見た目も気になって人前に出るのもつらくなりますね。 早いうちに皮膚科で診断を受けましょう。 続いて子供に多い手の症状について見てみましょう。 【溶連菌感染症の症状】• 手足、顔(全身)の発疹:かゆみを伴う発疹ができる(手の平や指のまたから始まることも)• 手足の皮がむける(皮膚落屑):発熱や咽頭・扁桃腺の炎症の回復期• 発熱や咽頭・扁桃腺の炎症:赤く腫れて、痛みを伴う• イチゴ舌:イチゴ様の赤くぶつぶつした舌がみられる• とびひ(伝染性膿痂疹):発疹などを掻き壊した後に溶連菌(黄色ブドウ球菌なども)が感染して膿疱が拡がる この中で イチゴ舌は、後述の川崎病や泉熱にも共通する症状で、特徴的なものですので押さえておきましょう(画像参照)。 溶連菌感染症は、抗生物質での治療で完治するとされています。 でも抗生物質(ペニシリン系)が効きにくいタイプも存在するため、他の種類が必要になる場合もあるようです。 また菌が体内に残っていると合併症につながる場合もありますよ。 抗生剤の服用や通院を自己判断で止めるのは禁物です。 合併症には重篤なものが多く、治療も長期化するので軽く考えないことが肝心ですね。 劇症型溶血性レンサ球菌感染症は人食いバクテリアとも呼ばれる 劇症型溶血性レンサ球菌感染症(壊死性筋膜炎)は、 人食いバクテリア感染症とも呼ばれる最も重篤なタイプです。 高熱、 四肢末端部の壊死、局所の腫脹・疼痛が主症状のとても恐ろしい病態です。 壊死は指先や足先といった末端部から起こることが特徴で、数10分から1時間の間に数cmの速さで壊死が進行した例も報告されています。 外傷や熱傷などによる皮膚損傷の場合が最も発症リスクが大きく、敗血症により多臓器不全を起こすこともあるため早期の処置が必要です。 毒素性ショック症候群も、劇症型溶血性レンサ球菌感染症に分類されます。 溶連菌が血液中に放出した毒素に対する免疫アレルギー反応で、急性ショックの後に多臓器不全に陥る病態です。 抗生物質では対応できず、持続的血液ろ過透析や血漿交換が必要となります。

次の