メリット 液肥。 葉面散布のやり方とは?メリットと効果的なタイミングを解説 | コラム | セイコーエコロジア

液肥のメリット・デメリットをまとめてみた。

メリット 液肥

即効性があり持続性が低い「化成肥料」 肥料とは、植物に栄養を供給するために土または植物に施される物質の総称です。 植物が育つためには、窒素やリン酸、カリウムなどの無機養分が必要であり、植物は土の中に張り巡らした根を通じて、これらの養分を吸収しています。 しかし、土の中に含まれる養分には限りがあるため、放っておくとそのうち養分が足りなくなって、植物の生育が悪くなってしまいます。 そこで、肥料を使って人為的に土の養分を補う必要があるのです。 肥料はその素材により、「有機肥料」と「化学肥料」の2種類に大きく分けられます。 このうち有機肥料とは、油粕や魚粉、鶏糞など、植物性または動物性の有機物を原料にした肥料のこと。 化学肥料とは、鉱物などの無機物を原料とした肥料のことで、無機養分一つのみを保証する肥料を「単肥(たんぴ)」、窒素、リン酸、カリウムのうち二つ以上の成分を保証する肥料を「複合肥料」と呼びます。 複合肥料の中でも、単肥や複合肥料を配合して造粒または成形したもの、あるいは、肥料または肥料原料に化学的操作を加えて製造された複合肥料を「化成肥料」と呼びます。 単肥を配合しただけの複合肥料の場合、その一粒には単一の肥料成分しか含まれませんが、化成肥料の一粒には、その肥料が保証する肥料成分のすべてが含まれています。 化成肥料の原料としていくつかの種類の有機肥料を使うことができるので、有機態の肥料成分を含む化成肥料もあります。 基本的には、有機肥料は即効性が低いが持続性が高く、化学肥料が主体となる化成肥料は即効性が高いが持続性が低いのが特徴です。 化成肥料の役割と正しい使い方 化成肥料は、肥料や肥料原料を造粒または化学的に加工して作られたものです。 名前に化成とつくことから、原料も人工の物質だと誤解されがちですが、化成肥料の原料は空気中の窒素やリン鉱石、カリウム鉱石、一部の有機肥料など、自然界に由来する物質です。 通常、販売されている化成肥料には、窒素・リン酸・カリウムが、それぞれどれだけ含まれているかが表示されています。 三つの成分合計値が30%未満のものを「普通化成肥料」、30%以上の物を「高度化成肥料」と呼びます。 化成肥料の役割 化成肥料を使う場合、多くは短期間で土に養分を補うために利用します。 ただし、化成肥料の中には、窒素を水に溶けにくい形にし、ゆっくり溶けて窒素の肥効が長続きする「IB化成」のような肥料もあります。 また、化成肥料の表面を半透水性もしくは非透水性の膜でコーティングし、効果がゆっくり出るように加工した「被覆複合肥料」もあります。 追肥には、窒素単肥、あるいは窒素とカリウムを含む化成肥料(NK化成)などがよく用いられます。 農作物は種類によって、栽培期間中に必要な栄養分の種類や量、時期が決まっているので、単肥や有機肥料を組み合わせて必要な肥料を施していくのがおすすめです。 元肥として使う場合は、作付けの4~5日前を目安に土に施すのが基本です。 施し方には作物の下に施す「溝施肥」、土全体に混ぜ込む「全面施肥」などがあります。 作物によって向き不向きがありますので、育てる作物に合わせて選びましょう。 化成肥料のメリット・デメリット 化成肥料のメリット・デメリットをまとめると、一般的には次のようになります。 <メリット> ・粒の形や大きさが均一で成分も同じなため、施肥量を管理しやすく、むらなく散布できる ・植物の生育に欠かせない3要素がバランス良く含まれていることが多く、扱いやすい ・失敗することが少なく、初心者でも安心して扱える ・高度化成肥料の場合は、普通化成肥料に比べて散布量が少なく、作業時間も大幅に短縮される ・工場で大量生産されるため、安価で手に入りやすい ・有機肥料と違って、においやガスの発生がない <デメリット> ・有機肥料のような土壌改良効果はない(堆肥等を併用し、土壌の有機物を維持する) ・高度化成肥料の場合、均一にまくのが難しい場合がある ・有機肥料に比べて、過剰使用によって根が傷む肥料やけが起こりやすい 肥料は組み合わせて使うのがおすすめ 化成肥料と聞くと、人工的な物質から出来ているようなイメージがありますが、肥料に使われる素材は全て自然界に存在する天然物質です。 肥料にはそれぞれ役割があり、どれが良くてどれが悪いというものではありません。 育てたい作物に合わせて、組み合わせを考えて選ぶことが大切です。 監修: 中央農業研究センター 川崎 晃.

次の

製品情報

メリット 液肥

スポンサーリンク 液肥 液肥は大きく分けて3つの使用方法があります。 一つは土壌栽培における肥料。 水を施す際に液肥も混ぜて与えることで、固形肥料などが与えられない場合・・・ビニールハウスなどで栽培している際にマルチや防草シートで土の表面を覆ってしまっている場合などには液肥でしか追肥が行えないため、重宝します。 二つ目は葉面散布として使用する方法。 葉っぱの裏面から養分を吸収する手法を取る場合が現場では結構あります。 野菜の栽培に携わらない人にとっては、思いもよらないような方法かと思いますが、結構一般的に行われていますね。 三つめは水耕栽培における養分。 土をほぼ使用せずに、根っこを水に浸して栽培しているような水耕栽培の場合、液肥でしか養分を与えることができないため使用されています。 ここでは、主に土壌中に液肥を与える一つ目の方法について語っていきますが、他の方法についても言及する場合があります。 液肥のメリット 液肥の最大のメリットは、やはり使用が簡単ということが上げられるのではないでしょうか。 「簡単」というのは、肥料を与える際には、過剰に与えてもいけないし、不足してしまってもいけません。 その点、きちんと濃度を守って液肥を使用している場合、液肥は固形肥料と違って流れやすい為、定期的に灌水する際に混ぜて使用すれば最適な形で植物に栄養を供給が可能なのですね。 また、 液肥は濃度が薄い為、根に与えるストレスが軽減されると言われています。 そして、散布をしてからの効果がすぐに期待できる点ですね。 これは植物の状態を見て追肥を行う場合などには非常にありがたい利点であると言えるでしょう。 液肥は基本的に化成肥料のものが多い為、その即効性という利点は顕著に表れます。 化成肥料の場合、主に、窒素・リン酸・カリウムの3大要素の成分量の合計が全体の3割を超える配合になっており、種類によってその 配合などのバランスも調整がききますね。 ちなみに、有機肥料の液肥もあります。 その場合、即効性は化成肥料よりも遅いと言われており、成分の調整も化成肥料のように容易ではありません。 こういった点は、固形肥料と変わらないですね。 有機肥料の方が、植物が吸収しやすい分子形態をとっており、効果の速さや効率の高さがいいという説もありますが・・・。 化成肥料を使用した場合、植物体内に化学物質が残ることが不安な場合は、「肥料抜き剤」と言うものを収穫の3日前に投与すると、植物に蓄積されている化学成分が除去されるそうです。 スポンサーリンク 液肥のデメリット 液肥のデメリットはあげられる場合は少ないです。 その中でも上げるとすると、液肥を混ぜる水に菌が繁殖している場合、一気に広がるため注意が必要かもしれません。 土耕栽培の場合はどっちみち水は与えなければいけないのですが、「無菌」をウリにしている水耕栽培ではこれは致命的ですね。 しかし、菌が水でまわってしまった・・・という話は私個人ではまだ聞いたことはないので、おそらく大丈夫かと思うのですが。 また、水耕栽培の場合は、植物が呼吸をして代謝を行ったゆえに吐き出す老廃物が水に溶けて ヘドロになってしまうことが懸念される場合があるようです。 これは土耕栽培では顕著ではありませんが、まあ排水とかを見たら汚いなあ、臭いなあと感じることはあります。 これがそのヘドロによるものなのかはわかりませんが、山の湧水などは本当にきれいですからね・・・農業で出る排水もそれくらい綺麗であって欲しいと個人的に願っているし、実現はきっとできるのでは?と思っています。 あの排水を見たら、未来永劫続けられる農業という感じはしないんですよねえ…。 笑 結構なの知れた有機農家でも排水は臭いものです。 まあ、もしかしたらどうしようもない事象なのかもしれませんが。 水耕栽培におけるヘドロの問題は、分解を行うことができる菌がいる液肥を混ぜてやることで解決ができるそうです。 一応、液肥についてはこんなところ。 意外と「液肥」で調べても商品ばかりで、こうした解説のページはないので、活用していただければ幸いです。

次の

葉面散布のやり方とは?メリットと効果的なタイミングを解説 | コラム | セイコーエコロジア

メリット 液肥

主に花等の植物におすすめの 肥料、海藻のエキス。 海藻特有の成分、アルギン酸を はじめ生育に必要な60種以上の 栄養分が豊富に含まれおります。 発根、発芽、養分吸収、 生育等の促進等の効果があり、 糖度や食味の向上、果実の肥大、 着色の促進、収穫量の向上等の 効果が期待されます。 お値段もリーズナブルなので 花を中心とした植物の生育補助に 試してみてはいかがでしょうか。 口コミが良くプロ向けの 葉面散布剤は以上になります。 またその他におすすめの 葉面散布剤が見つかりましたら 後ほど追記致します。 葉面散布のメリットって何? 続いて葉面散布のメリットについて 簡単にご紹介すると1番のメリットは 栄養吸収の即効性 にあります。 多くの農作物は 根や株元から栄養を吸収しますが、 乾燥や加湿で弱っていると必要な成分の 吸収が遅くなり生育不良になりがちです。 その点、葉面散布は農作物の• 果実の表面 などから養分を吸収するので 散布後、次の日にはその効果を 感じることが可能です。 また肥料の種類により、 病害虫の予防もできるので、 葉面散布剤は• 栄養分の補助• 病害虫予防 におすすめなので 農作物の施肥の1つに葉面散布を 取り入れることをおすすめします。 散布後の効果はどうなるの? 農作物に葉面散布した後の 具体的な効果について簡単に まとめると• 茎と葉が固くなる• 色が濃く鮮やかになる• 病気の予防、軽減 等、主に 農作物の品質向上 に役立ちます。 農作物の多収穫、高品質を求めるなら 葉面散布がプラスになること 間違いありません。 ただし! 葉面散布は肥料の種類により 農作物への散布回数が多く、 施肥が超面倒なのでw 肥料の散布回数を確認の上、 散布することをおすすめします。 葉面散布の仕方については にまとめていますので気になる方は 参考にしてみてくださいね。 まとめ 葉面散布剤と言っても 農作物や目的に合わせて いろんな種類が多数ありますね。 農作物に使う肥料や液肥は 毎回バカ高いので困りますが 葉面散布剤の肥料は価格面が リーズナブルなので本当に助かります。 僕自身も葉面散布剤を 農作物の品質向上に使用してますが、 おそらく今後も使い続けることは 間違いないかなと感じています。 散布が楽になればもっと助かるけど。 今回の葉面散布剤について 簡単にまとめると ・肥料は目的に合わせて選ぶ ・メリットは即効性 ・効果は品質向上、病気の予防 になります。 農業に関する疑問やお悩み、 その他ご質問・コメント等が ありましたらお気軽に下記よりご連絡ください。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の