直毛 髪型。 “直毛女子”に似合う髪型はこれ!ショートヘアからロングまで直毛の人に似合うヘアスタイルは?

ツーブロックにしてもサイドが浮く?直毛の男性が刈り上げる際のポイントを紹介!

直毛 髪型

青山・表参道・原宿• 恵比寿・広尾・六本木・麻布・赤坂• 代官山・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・学大• 三軒茶屋・二子玉川・溝の口・青葉台• 品川・目黒・五反田・田町• 新宿・高田馬場・代々木• 中野・高円寺・阿佐ヶ谷• 下北沢・成城学園・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘• 池袋・目白• 銀座・有楽町・新橋・丸の内・日本橋• 上野・神田・北千住・亀有・青砥・町屋• 吉祥寺・荻窪・三鷹・国分寺・久我山• 八王子・立川・国立・多摩・日野・福生・秋川• 両国・錦糸町・小岩・森下・瑞江• 門前仲町・勝どき・月島・豊洲• 御茶ノ水・四ツ谷・千駄木・茗荷谷• 明大前・千歳烏山・調布・府中• 赤羽・板橋・王子・巣鴨• 鷺ノ宮・田無・東村山・拝島• 町田・相模大野・海老名・本厚木・橋本• 横浜・関内・元町・上大岡・白楽• 大井町・大森・蒲田・川崎・鶴見• 横須賀・小田原• センター南・二俣川・戸塚・杉田・金沢文庫• 湘南・鎌倉・逗子• 大宮・浦和・川口・岩槻• 大山・成増・志木・川越・東松山• 練馬・ひばりヶ丘・所沢・飯能・狭山• 西新井・草加・越谷・春日部・久喜• 上尾・熊谷・本庄• 東大宮・古河・小山• 流山・三郷・野田• 千葉・稲毛・幕張・鎌取・都賀• 船橋・津田沼・本八幡・浦安・市川• 柏・松戸・我孫子• 市原・木更津・茂原・勝浦・東金・銚子• 八千代・佐倉・鎌ヶ谷・成田• 宇都宮・栃木• 取手・土浦・つくば・鹿嶋• 前橋・高崎・伊勢崎・太田・群馬• 水戸・ひたちなか・日立・茨城• 梅田・京橋・福島・本町• 心斎橋・難波・天王寺• 江坂・千里中央・十三・豊中・池田・箕面・新大阪・吹田• 茨木・高槻• 堺・なかもず・深井・狭山・河内長野・鳳• 昭和町・大正・住吉・住之江• 高石・府中・岸和田・泉佐野• 門真・枚方・寝屋川・関目・守口・蒲生・鶴見• 平野・八尾・松原・古市・藤井寺・富田林• 鴫野・住道・四条畷・緑橋・石切・布施・花園• 長岡京・伏見・山科・京田辺・宇治・木津• 舞鶴・福知山・京丹後• 三宮・元町・神戸・兵庫・灘・東灘• 姫路・加古川• 川西・宝塚・三田・豊岡• 西宮・伊丹・芦屋・尼崎• 三木・北区・西区・長田・明石・垂水• 和歌山.

次の

直毛の方必見!!直毛のメンズにおすすめの髪型・ヘアスタイル集

直毛 髪型

どうも!いもづるです! 今回は直毛で硬い髪型や髪質、決まらな い男女の特徴などを見ていきたいと思い ます。 毎日髪型決まってますか? 毎日の朝髪型をセットする人は多いと思 います。 髪の毛を濡らし、ドライヤーで乾かし、 整髪料を使ってセットする。 毎日の日課ですわな。 もちろんしっかりセットするのは休日だけ! なんて人もいるでしょう。 でも毎日やっていても、今日はうまく出来 た!今日はなんか変・・・。 失敗した・・・ と、日々変化するのはなぜなんでしょうか ね? 自分では毎日同じようにスタイリングして いるはずなんですがね。 やっぱりその原因は、髪は毎日同じ状態で はないと言うことだと思います。 髪は毎日ダメージなどを受けています。 つまり髪の毛にも調子がいい悪いがあると いう事です。 それに、毎日髪の毛は同じクセ、同じ方向 を向いているわけでもありません。 その状態を毎日把握して、その状態に合わ せたスタイリングが出来るのはとてつもな く難しい事だと思います。 恐らくプロでもなかなか難しいと思います。 そんな髪の毛のセットですが、クセなど以 外にもやはり髪の毛の質でスタイリングが しやすい、しにくいがあると思います。 天然パーマなんか一番最初にスタイリング しにくいと思い浮かぶ人がたくさんいるか もしれませんが、意外にもそんなことはあ りません。 パーマは元々スタイリングしやすい部類に 入ります。 それが天然でかかっているだけですから理 屈は一緒ですわな。 では、一体スタイリングしにくいのは何か と言いますと、それは直毛です。 直毛はまっすぐの状態を維持しようとしま す。 髪の毛に動きをつけたり、流したりという スタイリングが難しくなってきます。 もちろん難しいというだけで、方法はあり ます。 今回は、そんな直毛の髪型にスポットを当 ててお話していこうと思います。 では、早速行ってみましょう。 出典 頑張っても頑張ってもまっすぐに戻って しまいますよね? 本当に嫌気がさしてきますよね? 特に男性にはこの直毛で髪の毛の質が硬 いという方多いと思います。 そんないつも苦しんでいる男女のあなた。 そんな時は一度自分の髪型を見直して見ま しょう。 もしかしたらその髪型が直毛の髪の毛の質 に合っていなのかもしれませんよ? じゃあどんな髪型にすればいいの!という 話ですが、まずは男性から。 まずサイドは思い切って短くしましょう。 しかし、後で詳しく書きますが2ブロックは やめておきましょう。 悲惨なことになります。 次に前髪を上げるということです。 今流行りのアップバンクスタイルですわな。 直毛で剛毛な髪の毛は絶対に立ち上がろうと します。 立ち上がろうとする髪の毛を無理矢理おろす のは難しいですし、逆にその性質を活かして、 下がらないなら上げてしまおうということで すわな。 あと男女に言えることですが、パーマをかけ る事もおすすめです。 いくら剛毛の直毛でもパーマをかければちゃ んとクルクルになります。 髪の毛の形を変えてしまえということですわ な。 パーマのスタイリングはとても簡単です。 もし、どうしても髪型が決まらない、毎日イ ライラしていると思ったら髪型を考えてみて 下さい。 スポンサードリンク 直毛で硬い髪型は浮くのでツーブロックだけはするな! 髪型を変えてみようという話しをしました。 しかし直毛で髪の毛の質が硬い人が絶対にし てはいけないカットがあります。 そう、それはツーブロックです。 なぜツーブロックをしてはいけないかですが。 まず、何度も言いますが直毛ってまっすぐを 維持する髪の毛の質と言いましたよね? そんな髪の毛の質でサイドの1部分をカット したらどうなると思いますか? そうサイドの髪の毛がたってしまうのです。 基本的に髪の毛を抑える方法は2種類ありま す。 それは髪の毛の長さで抑える方法と髪の毛 の重さで抑える方法です。 ツーブロックの場合髪の長さは短くなって しまいますから長さで抑えるのは厳しくな ってきます。 重さで抑えようにも、直毛で髪の毛の質が 硬い人はやはりその重さに勝ってしまい、 まっすぐになります。 そしてもみあげ付近はきれに髪の毛がなく なっている、恐らくキノコのような形にな ってしまうと思います。 これが直毛で髪の毛の質が硬い人がツーブ ロックをしては絶対にしてはいけない理由 になります。 ツーブロックってかっこいいからやりたい 気持ちはわかりますが、キノコになること を考えたらやらない方がいいと思います。 直毛で硬い髪質にはとにかくカットの頻度が重要! 直毛のあなたはどれぐらいの頻度でカット に行ってますか? 直毛で髪の毛の質が硬い人は頻繁にカット しに行った方がいいですよ。 なぜかと言いますと、髪の毛が段々と伸び るにつれて髪の毛は外に外に向かっていき ます。 それが直毛の特徴ですから仕方ありません わな。 それを放おっておいたらどうなる思います? いがぐりってわかります? 栗を包んでいる外側のあれです。 まさしくあんな感じの髪型になってきます。 本当に直毛の剛毛って扱いが難しいですよ ね。 カットの頻度が高いとやはりその分お金は かかってしまします。 もうこればっかりは仕方ないと思います。 いがぐりになるのがいいか多少お金がかか るのがいいかはあなた次第というわけです わな。 スポンサードリンク 直毛で硬い髪質にはドライヤーの使い方が重要! 直毛の人はドライヤーの使い方をしっかり マスターしましょう。 というのも、ドライヤーはとても万能な道 具です。 髪の毛をねかすクセ付けもできますし、逆 に立たせるクセ付けも出来ます。 左右にわける事も可能です。 つまりドライヤーの使い方をマスターすれ ば思い通りの髪型にセット出来るようにな るということですわな。 ブローを制す者はスタイリングを制すのです! では具体的にどう使っていくのということ ですが。 まずはセット前の乾かし方です。 セットする前に髪の毛を濡らすと思います が、絶対にいきなりドライヤーを使って乾 かさないでください。 まずはタオルドライです。 これをやらないと、髪の毛がダメージをう けてしまいスタイルングが決まりにくくな ってしまいます。 次に、乾かし方ですが、みなさん乾かす時 手でぐしゃぐしゃとしながら乾かしていま せんか? これをすると変なクセがついてしまいます。 髪を動かすのではなくドライヤーを動かし ましょう。 髪をかき分けながらドライヤーの風を当て ましょう。 髪の毛を乾かす時は根本を乾かすイメージ で行います。 こうすることにより、髪の毛全体をふんわ りと仕上げることが出来るのです。 ふんわりできればスタイリングもしやすく なるでしょう。 そして乾かす順番も重要です。 まず、前髪の髪の毛を乾かしましょう。 そして頭の後ろの髪、襟足などを乾かしま す。 髪の毛は根本から毛先に向かって乾かしま しょう。 最後にクセ付けです。 みなさん髪の毛がクセ付くときってどうい う時だと思いますか? それは、熱を当ててその後に冷えていく時 です。 つまりクセを付けるためには冷やさないと いけないのです。 ここは大事ですのでしっかりと覚えておき ましょう。 ここまでをうまく出来るようになればあな たもドライヤー使いの達人になります。 ブローをうまく出来ればスタイリングも グッとやりやすくなります。 特に直毛の髪の毛の質が硬い人は毎日髪 を乾かす際しっかりと意識して練習をし ましょう。 スポンサードリンク 最後に どうだったでしょうか? 少しはスタイリングの上達のきっかけに なったでしょうか? ブローの仕方も言葉で言うのは簡単です。 しかし、実際にやってみると意外に難し いということがわかると思います。 現役の美容師でもブローが下手な人はた くさんいるぐらいですからね。 髪の毛で悩む人は多いと思います。 しかし、悩んでも始まりません。 美容室に行けば相談出来るプロがたくさ んいます。 スタイリングの上達に一番大切なのは自 分のやる気です。 どんなことだって練習しないとうまくな らないのは当たり前です。 スタイリングかって一緒です。 それぞれの髪の毛の質、髪型にあった スタイリング方法は必ずあります。 その方法をしっかりと見つけて自分の 納得のいくヘアースタイルを確立して いきましょう。 最後までご覧いただき本当にありがと うございました。 その他の関連記事は下をスクロール! スポンサードリンク.

次の

直毛男性必見!直毛のなやみの解消方法とは!?

直毛 髪型

記事の目次• まっすぐな髪の毛!直毛の特徴 直毛の髪質 髪の毛は 1本1本が硬くて太く、まとまって真っすぐに生え際から伸びています。 つまり直毛とは、 真っすぐになった状態で、髪の毛が硬くなって固まってしまっているという状態のことを言います。 毛質が硬くて太く、1本1本がゴワゴワしているので、ストレートの状態ではあっても、 何か硬い印象を与えます。 ちなみに、 日本人の女性と男性の半分以上が直毛だとも言われています。 一見、髪の毛がストレートなので、気付いていないという方も多いです。 直毛の方の悩み 直毛は、髪の毛が真っ直ぐになっている状態が癖なので、パーマがかかりにくいということがあります。 パーマがかかりにくかったり、パーマをかけた数日後に落ちてしまった、ということになりがちです。 パーマに限らず、スタイリングがしずらいので色々なヘアスタイルを楽しむことが、できないというのも悩みのひとつです。 また、 全体的に重たい印象になりがちです。 ショートヘアは、髪の毛がハリネズミみたいに毛先が立ち上がり、ミディアムヘアになると、きのこ頭のようになってしまいます。 ロングヘアだと、前髪とサイドはすっぽり覆われている感じで、後ろ髪は前に下がってくるので ウィッグをかぶっているようになってしまいます。 以下ではそんな直毛さんに似合う髪型やヘアアレンジを紹介していきます。 直毛の女性に似合う髪型5選 ショートボブ 顔の周りに縦のラインを作ることで顔の輪郭を際立たせてくれるので、直毛の女性の方がショートボブにすると 垢抜けた雰囲気がつくれます。 無理にトップにボリュームを作らなくても、レングスを短めにすることで、しっくり馴染むのがポイント。 トップに少しレイヤーを入れて動きをつくるのがオススメです。 セットのポイント ショートボブは直毛の女性にとって、もっと似合う髪型の1つです。 直毛のつるんとした美しい髪の毛の魅力を、フルに活かせるスタイルだからです。 そのままでも十分に楽しめる髪型ですが、サイドに遊びを出したい時はピンを使って左右どちらか一方の髪を耳の後ろに流すのもおすすめ! その際、直毛の女性はピンが滑りやすいため、耳の後ろに流す方の髪の毛をヘアアイロンでちょっと巻いておくと、セットしやすくなります。 毛先カール 直毛の方でも、毛先を少しカールさせるだけで格段に柔らかく見えます。 毛先は少し軽めにボリューム調節しておけば、アイロンで巻いたりドライヤーで癖づけするのもやりやすくなりますよ。 パーマでもアレンジでもできちゃう髪型です。 セットのポイント アイロンで毛先をカールさせる際は「1. 5回転」を意識しましょう。 2回転、2. 5回転と巻く回数を増やしていくと、毛先がカールではなくウェーブのようになり、柔らかな印象とは異なるヘアスタイルに仕上がります。 ヘアアイロンだけではカールは数時間しか持たないので要注意!仕上げにはスプレーワックスを使用し、シュッと髪の毛を固めましょう。 くせ毛風ボブパーマ 直毛を柔らかい印象にするにはパーマがおすすめです。 大きくゆるくかける場合はパーマがとれやすいので、事前にしっかりすいてもらうことが必要です。 パーマをかけることによって、うねりやひっかかりができるのでセットしやすくなるのも嬉しいポイントです。 セットのポイント 直毛だとセットをしてもすぐに崩れたり、ふわりとした印象が作りづらいという弱点が。 そこでおすすめなのが、ワックスとクリームを混ぜたものを髪に最初にもみこむこと。 ワックスとクリームを2:1の割合で混ぜ、髪にもみこみ、トップにボリュームを作るようにしながらセット。 トップや後頭部の髪の束を指でつまみながら、セットしていくと綺麗にセットできますよ。 パーマとスタイリング剤の併用で、思い通りの髪型を実現できます! ソバージュ 80年代に女性の中で流行ったソバージュスタイルですが、エアリー感をプラスしたネオソバージュがオシャレと好評。 しっかりとボリューム調節をしたり、部分レイヤーを入れれば、大き目のカールが全体的にふんわりとした印象の髪型に仕上げてくれます。 逆に直毛女性に似合わない髪型とは? 重ためヘア 重ための髪型は、のっぺりとした印象になってしまいます。 直毛の方は髪と髪の間に空気をいれることができないので、全ての髪がぺったりボリュームダウンしてしまうからです。 ロングだとウィッグをかぶっているように、ショートだとおかっぱのようになってしまう場合があります。 カットの際に美容師さんに相談して、ボリュームが出すぎないようにしましょう。 直毛の女性に似合う髪型ポイント しっかりとすいてもらおう 重たい印象になりがちな髪質なので、軽く見せるために、美容院でカットをする時に、 しっかりとすいてもらいましょう。 特に、前髪やサイドのボリューム調節が大切!前髪とサイドは太くて硬い髪が詰まっているように見えてしまうので、分量調節をするのがおすすめです。 パーマで上手にボリューム調節 直毛の方は、髪の分量がかなりあるのに、髪質が硬くて太いので 見た目の印象がペッタンコになりがちです。 これを解消するには、直毛にパーマをかけてボリュームを出すのがおすすめです。 直毛だからパーマがかかりにくい、と思っている方も多いと思いますが、そんなことはありません! パーマの種類でかかり方は変化するんです。 直毛の方がパーマがかかりにくいのは、髪が丈夫すぎるのが原因です。 キューティクルの働きが強いので髪内部にまでパーマ剤が浸透せず、パーマのかかりが悪くなることがあります。 コールドパーマよりもデジタルパーマやクリープパーマなどの ホットパーマのほうが直毛の方にはおすすめです。 パーマをいかに持たせるかということも重要です。 しばらくすると片方の毛先だけハネてしまう、という場合は、くしを使ってヘアケアするのを避け、ドライヤーで乾かす時に手で揉みほぐすようにしましょう。 直毛がまとまって上手くスタイリングできるようになりますよ。 前髪の重さは、前髪パーマで解消 顔の印象を大きく左右するのが、前髪の重さ。 直毛の方は髪にボリュームがある分、前髪が重くなりがちで、ふんわりとしたやわらかな印象の前髪を作りづらい傾向があります。 接客業や営業、受付やインストラクターなど人と接する機会が多い仕事をしている方は、毎朝ヘアアイロンで前髪と格闘しているということも多いのではないでしょうか。 そんな前髪の重さは、前髪にパーマをかけることで解消できます。 毎朝のセットが簡単になる上、ヘアアイロンのように夕方になると効果が薄れて髪が崩れるということもなくなります。 髪全体にパーマをかけるのは抵抗がある。 だけど、前髪のセットには苦しんでいるという方は、前髪パーマを検討してみては? 直毛でも思い通りにスタイリングしたい!ヘアアレンジのポイント 直毛の方は髪質がとてもしっかりしていて、髪の毛が硬い分、スタイリングが大変ですよね。 思い通りのヘアスタイルを実現するには、前髪パーマなどの美容院での施術に加えて、日頃の工夫も必要です。 お家でできるヘアアレンジのポイントを解説します。 エアリーな外人風の髪型は髪にハリを与えることで実現 直毛だと、なかなかセットしづらいエアリーな外人風の髪型。 ふわっとしたナチュラルなくせ毛風スタイルのため「エアリーな髪型にしたい」と思っても、なかなか直毛の方とは相性が悪いのも事実。 直毛だと髪と髪の間に、空気を入れづらく、全体がボリュームダウンしがちです。 髪の毛にボリュームを出すためには、 髪にハリが必要です。 ハリを出すためには 「髪に油分を与えすぎない」「ハードスプレーの使用」が重要。 髪に油分を与えすぎると、直毛の方は髪の毛の印象が重くなりすぎ、エアリーな仕上がりからは遠ざかります。 くせ毛風スタイルを作るなら、洗い流さないトリートメントなど髪に油分を与えるものの使用は控えましょう。 トリートメントは洗い流すものがおすすめです。 ハードスプレーは髪の毛を持ち上げた状態で内側に噴射することで、髪の重さに負けずハリをキープし続けられます。 ヘアアレンジはヘアアイロンやカーラーで下地を作る 直毛だと髪をヘアゴムやピンで止めたり、バレッタをつけても、それらがするすると髪から逃げてしまうことも。 ヘアアレンジのバリエーションが減ってしまうのは、とてももったいないですよね。 ヘアゴムが落ちたり、バレッタがつけられないのは 「髪の毛があまりにしっかりとしている」からです。 つるつるで髪の毛が美しい一方、ヘアアレンジの道具が引っかかるポイントがないのです。 なのでヘアゴムを使ったり、バレッタをつけたい時はヘアアイロンで毛先だけでも巻いておくことをおすすめします。 カーラーで巻くのも良いでしょう。 また前日にトリートメントをつけないのも効果的です。 さいごに 直毛だから…と諦めていたヘアスタイルがある方も、ご紹介した方法を参考に、好きなヘアスタイルに挑戦してみてくださいね 自分の髪にあったヘアスタイルを見つけて、オシャレを楽しみましょう!.

次の