モトカレ マニア ドラマ。 【無料見逃し】ドラマ「モトカレマニア」の動画を無料で視聴する方法【高良健吾】【見逃し/再放送/CM広告なし】

『モトカレマニア』ドラマオタクの感想!(1~5話)

モトカレ マニア ドラマ

マコチ 高良健吾 と桃香 矢田亜希子 の関係を疑ってしまったユリカ 新木優子 は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。 事情を知った山下 浜野謙太 は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだと、ユリカを励ます。 同じころ、さくら 山口紗弥加 は、元カレの和真 淵上泰史 から「絶対幸せにするから待っていてほしい」と言われる。 それに対してさくらは、ひとりで考えたいと返す。 さくらは、アパートに帰ることができずに訪ねてきたユリカに、和真のことを打ち明けた。 さくらは「家族を捨てるような人は好きじゃないのに、揺れている自分が面倒くさい」とユリカに告げる。 あくる日、桃香の家を訪れたマコチは、自分で染めた草木染めをユリカにプレゼントするサプライズに失敗したことを話す。 その話を聞いた桃香は、マコチの恋人がユリカだと気づき、誤解を解くためにチロリアン不動産を訪ねる。 その夜、さくらのマンションにいきなり白井 関口メンディー が訪ねてくる。 冷え性のさくらのためにプロテインを差し入れた白井は、さくらの人気シリーズ『がんそば』を読み始める。 それがさくらの実体験だと知った白井は…。 そんな中ユリカは、桃香と会ったことをマコチに伝える。 「全部俺が悪い」と謝り、ふたりで住む部屋の契約に行こうと誘うマコチ。 しかしユリカは、一度距離を置きたいと言いだし…。 一度本気で恋愛をしたことがある人は、モトカレマニアになる可能性があると思います。 モトカレに似てる人を見てしまうことも分かると共感しながら見ていました。 それほど本気でモトカレを好きだった主人公に、初回から応援の気持ちが強くなりました。 一般的に、一度別れた恋人ともう会えないと思うことが多いと思います。 しかしこのドラマを見て、もしモトカレに再会したらと想像してしまいました。 主人公は再会し舞い上がりましたが、モトカレはいまいち盛り上がっていない様子です。 モトカレを演じる高良健吾さんも、掴みどころがないマコチを好演していたと思います。 お互いの再会の様子で、お互いの相手に対する気持ちが両極端に表れていた気がしました。 やっと二人きりで話せると思ったら、まさかのモトカレから営業がかかり、主人公が可哀想で仕方なかったです。 モトカレの悪気ない行動でも、主人公は深く傷付いたと思います。 自分の友人が傷付けられたかのように感情移入し、ドラマに見入ってしまいました。 またマコチは人柄は良いですが、何か大きなものを背負っている気がしました。 主人公と付き合っていた頃より、明らかに変わってしまったマコチですが、大きな事情を抱えているに違いありません。 主人公がその闇にいち早く気付き、マコチの支えになってくれることを期待したいです。 また、浜野謙太さんが演じる山下も、想像以上に良いキャラクターで好きになりました。 イケメンキャラではないですが、大人の落ち着いた魅力があり、主人公が心惹かれた気持ちが分かる気がしました。 しかし、山下のまさかのモトカノマニアというカミングアウトを聞き、思わず笑ってしまいました。 今後は主人公と良いコンビとなり、マニアを辞められる日がくることを願いたいです。 その他、ガンバレルーヤのよしこさんやメンディーさんなど意外なキャストが出演しており、ドラマ全体を明るく賑やかにしていたと思います。 演技も上手く、違和感なくドラマに馴染んでいて嬉しかったです。 今後、主人公はマコチから離れられるのか、新しい恋に巡り合えるのか、目が離せない展開になりそうです。 そしてマコチの変わってしまった性格は、何が原因だったかも気になります。 登場人物それぞれの展開も気になり、恋愛ドラマとして最終回まで楽しめそうなドラマでした。 5年も前に別れた元カレのことをかなりリアルに妄想して光悦しているユリカはさすがに危なく感じましたが、たまにはとした瞬間に過去の楽しかった思い出が蘇って切なくなることって誰にでもあるんじゃないかなと共感できました。 特に、マコチから食事に誘われた時にユリカの中のいろんな人格が緊急会議を開いたのがおもしろかったです。 いろんな人格がマコチと食事に行くべきじゃないと相談しあう中、いい女のユリカが一言、マコチに誘われて嬉しかったんだから答えは決まってると言っただけで結論が出てしまって笑えました。 こんなことなら最初からいい女のユリカだけいればいいんじゃないかとも思えました。 だけど、そんなルンルンで昔のようなデートを楽しんでいたユリカをマコチはグサグサと傷つけていて腹が立ちました。 マンション購入の営業をかけるだけでもユリカにとってはかなり傷ついたのに、俺が今どうであろうと難波さんには関係ないよね、なんて冷たすぎるなと感じました。 たしかにもう付き合ってないし関係ないのかもしれないけど、そんな言い方しなくてもいいじゃないかと思いました。 居酒屋を飛び出して行ったユリカが、追いかけて欲しいと振り向いたけどマコチがそこにいなかったのが切なかったです。 五年前に別れた時と全く同じじゃないかとショックでした。 そんなユリカが傷ついている絶妙なタイミングで山下さんが現れたシーンはドキドキしました。 あの状況で現れて傘を差し出すなんて反則だなと思いました。 いきなり山下さんの部屋までユリカが行っていて、キスまでしてしまいそうになった時は、ユリカがやけくそになっているんじゃないか、これでいいんだろうかと心配だったけど、山下さんのモトカノマニアという告白を聞いてそんなものは全て吹っ飛びました。 あのマンションに決めた理由も、元カノの写真の看板が見えるからだったんだなと、山下さんのスマートな像が崩れ落ちました。 ユリカはさすがに怒るかなと思ったけど、同じ元恋人マニアとして喜んでいるようだったので、これから二人がどんな関係になっていくのか楽しみです。 また、マコチと一緒に暮らしていた女性も気になります。 なんだか恋人という感じではないような気がしたので、ユリカにもまだチャンスはあるんじゃないかと思いました。 地上波のドラマが初の荒木さんと高良さんの演技力にも注目したいなと思いました。 私が好きな芸人さんのガンバレルーヤのよしこさんも出演するようなのでどんな役なのかなどがとても楽しみになりましたし面白そうだなと思いました。 見た目も性格もいいのになかなか恋愛ができないというところも恋愛がうまくいかず元カレで唯一幸せだった過去の思い出に浸るとこなど共感しまくりです。 元カレとの思い出を忘れられなくて過去の恋愛を引きずりモトカレマニアになって合言葉の「女だって引きずる」というのも視聴したいし興味をそそられるワードだなとおもいました。 恋愛で多くの人が感じるあるあるなどがでてくるところも共感できる部分がたくさんありそうなのでとても楽しみです。 引きずっていてモトカレマニアになってしまった元カレとまさかの再会でどういう感情になるのか心が揺さぶられてしまう感じや運命と感じてしまうのかなど楽しみの一つになりました。 SNSで元カレの名前を検索したり、心の中で元カレと会話をしたり、初対面の人を見て元カレと共通点を探したりしてしまう27歳の難波さん。 イタいけどカワイイ女子の難波さんは、どこか可愛く見えてきます。 そして、私も丁度近い歳なので共感しながら見ることが出来ました。 一方、元カレのマコチこと斉藤真は、不動産会社に勤務する30歳独身です。 元カノ難波さんの妄想の中にたびたび現れ、彼女の大きな心の支えとなっています。 妄想であれだけ会話が出来てしまうのは、すごいなと思いました 5年前に2人が別れることになってから難波さんとは会っていませんでした。 真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちに自らの言動で難波さんの心を大きく揺さぶってしまいます。 そんな中、山下さんという人がお客さんで来ました。 不動産屋さんで、難波さんが担当することになりました。 山下さんは、とてもいい人で難波さんが抱えている過去を聞かずにそれでもいいと言ってくれます。 この時に、私は山下さんがとてもかっこいいと思いました。 そして、山下さんは難波さんが泣いているときに、傘を持って来てくれて「泣いていいんですよ。 僕がそばにいます。 」と言ってくれます。 こんなセリフ言われたら、私だったら山下さんになびいてしまうなぁと思いました。 27歳だと、正直結とかも考えますもんね。 しかし、そんなセリフを言ってくれた山下さんも元カノマニアだということが判明します。 これは、さすがに驚きました でも、難波さんと話があいそうだなぁと思いました! そして、難波さんは元カレのマコチにご飯に誘われますが、ご飯の席で2人暮らしだということを聞きます。 マコチは天然で難波さんのことを振り回してしまっているんだなぁと思いました。 天然で、振り回しているのが一番厄介なんですけどね…。 マコチも彼女?さんがいるなら、元カノの難波さんを2人きりでご飯に誘うのはダメだと思いました。 彼女さんの気持ちを考えてしまうと、元カノとご飯に行くのはやきもちをやきますよね。 難波さんの今後の恋模様がとても気になりました。 いろんな男性と出会うたびに元カレと照らし合わせたり、元カレの名前をsnsで検索してしまったりするところが今の若い女性の元カレを引きずってしまう所と共通していて、世のたくさんの女性から共感の言葉がたくさん集まりそうです。 できる女ばかりやっていた新木さんがこういった役柄をやるのも新鮮さを感じそうで楽しみです。 何度もクズと付き合って、元カレの名前をsnsで検索してしまったり、好きという感情や恋愛は何だと言う疑問を持っているという主人公がどうにも私の恋愛とかさなある所が多々あって、どんなふうになるんだろう…。 やどこまで重なるんだろうといろいろわくわくしています。 元カレと職場で再開してしまうというシチュエーションも個人的に大好きなので、どんな物語になるのかとても期待しています。 ビジュアルも良く、たくさんの今季のトレンドが入っていると思うので、新木さんやその周りの方のファッションにも目を向けたいと思います。 他にも、自分が憧れている田中みな実さんや、好きなお笑い芸人のガンバレルーヤよしこさんが出演するなど楽しみな点がたくさんあって気になります。 モトカレマニアと化してしまった女性の混乱と暴走と試行錯誤の物語。 痛いけど可愛いイタカワ女子の振る舞いが面白くなるでしょう。 元カレ役高良健吾さん演じるマコチ。 真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちに自らの言動でユリカの心を大きく揺さぶってしまいます。 天然なのかそれとも計算なのか。 つかみどころがないものの純真な性格は見ているものに何となく好青年の印象を与えるでしょう。 この二人が再び結ばれるのかそうでないのか。 ドラマならではの演出と登場人物達によって更なる面白さにつながっていくと思います。 泣いたり、笑ったりとにかく表情豊かに暴走していくユリカに本当の幸せな日々はやってくるのか。 見ている方にも伝わってくるイタイタしい感情や表現が視聴者の共感を呼ぶドラマとなるでしょう。 元カレマニアは、自分のコレクションにしたい気持ちが強く、忘れられない人物です。 一人の人間にそこまでしてこだわるのは、自分が支配したい気持ちとストーカー気質です。 ストーカーは男だけとは限らず、女子にもいます。 今、何をしているのか? 気になってしょうがなく尾行したりします。 こんなことをしている自分に気付かないのは、相手の虜になっているからです。 同じ職場で再会を果たして、どんな気持ちになるのでしょうか?やりづらさ、もう過去の人、よりが戻ったりと、どれかに当てはまります。 女子は切り替えが早く次のステップに行く感じがしますが、それでも元カレの存在は忘れてはいません。 新しい彼氏ができても、元カレと内緒で会いたい気持ちがあり人間関係をリセットできません。 気が多い性格の女子は、何人も彼氏を欲しがるので上手くいくことはありません。 5年間も疎遠になっていれば、周りの環境も変わるので、思い出の一ページに過ぎません。 嫌なことは記憶から消すことで、人間は新しい発見をする生き物です。 元々「リアルな女子あるある」を描く漫画がもとというのもありますが 女性は「切り替えが早い」と言われますが、実際自分自身も切り替えが早い方ではないのでこういうキャラはいいと思います。 SNSでチェックしたり妄想だったりは未練がましい女性によくあることだと思いますし、合言葉である「女だって引きずる!!!」ということをこのドラマを通じて視聴者さんに特に男性の方に伝わってほしいです。 そして女性を新木優子さんが演じるということで、今までの彼女の役柄からは考えられず意外性を感じました。 このドラマで彼女の新たな一面を見れるのかと思うと楽しみです。 そして新木さんの元カレ役が高良健吾さんということで、いろんな役を演じてこられた彼だからこの役もハマると思います。 また原作があるみたいですが、原作とドラマとではどう違うかそれとも忠実に描かれるのかというのも一つのポイントになってくるのではないかと思います。 原作が好きな方はそういう比較もできますし、原作を知らない方はどのようにストーリーが展開されるのかというハラハラドキドキ感が味わえるのでどういう方にでも楽しめる作品になると思います。 まとめ モトカレマニアは主役が新木優子さんと高良健吾さんという注目の美男美女なだけじゃなく、脇を固める役者さんたちも個性的な人が多いところが面白そうだなと思いました。 特に、主人公の相手役として浜野謙太さんが出演することが楽しみすぎます。 浜野謙太さんはものすごくキャラ立ちするし、面白い役がとても上手なのでこのドラマではどんな演技を見せてくれるのかとても期待しています。 優しくて誠実ないい人だそうだけど、恋には奥手な草食系のようなので、どんなふうに主人公にアプローチしていくのだろうかと楽しみです。 また、ガンバレルーヤのよしこさんがドラマ初出演というのもかなり注目ポイントだなと感じました。

次の

『モトカレマニア』ドラマオタクの感想!(1~5話)

モトカレ マニア ドラマ

ドラマ「モトカレマニア」の原作は? ドラマ「モトカレマニア」には、原作があります。 原作は、 瀧波ユカリさんの同名の漫画です。 講談社発行の月刊漫画雑誌である『Kiss』にて、2017年9月号から連載中。 巻数は、10月現在、3巻まででています。 ドラマ「モトカレマニア」の内容は? ドラマ「モトカレマニア」の内容です。 モトカレが忘れられない女子の暴走と試行錯誤のストーリー。 5年前に分かれた元カレを忘れられない難波ユリカは、27歳独身。 元カレの斉藤真 愛称:マコチ を好きすぎるため、街で見かける男性にマコチとのかすかな共通点を見つけるては恍惚の表情を浮かべる女性。 心の中で会話をしたり、SNSで名前を検索したりもする日々。 ある日、偶然にユリカはマコチに出会う。 スポンサーリンク ドラマ「モトカレマニア」のキャストは? ドラマ「モトカレマニア」のキャスト。 就活中の 難波ユリカ。 モト彼の存在を引きずり、幸せだった日々を妄想する。 そんな難波ユリカを演じるのが、 新木優子さん。 ユリカの元カレで、愛称は マコチ。 女心を惑わす罪な男。 そんなマコチを演じるのが、 高良健吾さん。 <モトカレマニア>並木道子監督、高良健吾の素は「マコチの役柄に近い気がする」 — ザテレビジョン thetvjp サラリーマンの 山下章生。 グルメマニアで恋愛には奥手。 そんな山下章生を演じるのが、 浜野謙太さん。 優しく誠実な性格だが、恋愛には奥手。 芯が強く、地元の北海道を愛している。 そんな来栖むぎを演じるのが、 田中みな実さん。 地元・ 北海道を愛し、自分の仕事に誇りを持っている。 高潔さゆえに気持ちを表に出すことができず、周囲に誤解されやすい。 ユリカの親友。 そんな周防ひろ美を演じるのが、 ガンバレルーヤのよしこさん。 ザ・ いい女の既婚者。 ユリカが心配で、アドバイスを講じる。 時にお節介と思えるがユリカに幸せになってほしいという思いが強いゆえの行動。 筋肉が隆々で誰からもイジられる。 関口メンディーを演じるのが、 EXILE、GENERATIONSの 関口メンディーさん。 元カレの思い出を小説に書く。 そんな丸の内さくらを演じるのが、 山口紗弥加さん。 女性へのハラスメントに敏感。 そんな安藤一朗を演じるのが、 小手伸也さん。 自身の苦い恋の経験を元に恋愛アドバイスをマコチに送るなど、部下思いの一面も。 初回の評判は? 初回ですが、視聴率は5. 6%となってしまいました。 このドラマ枠では、「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」以来の初回5%台となっています。 視聴者の評価も、賛否がわかれているようです。 ほんっっっとにつまらん。 申し訳ないが文句と愚痴しか出てこないレベル。 なんだこのドラマ。 2話はもう見ない。 新木優子の無駄遣いすぎる。 ちなみに新木優子はめちゃくちゃ好きです — sweetcandy sweetca33720122 何かが足りない。 高良健吾は素敵だし、イイ役者なのに、ヒロインとセットで観たときに、心が踊らない、、、 ちょっと宝の持ち腐れ。。 でも脇役は味があるし、2話からモチベーション盛り返すといいな。 よしこさんの演技を誉めていた方も多かったですね。 よしこの演技、期待してなかったけど上手くて驚きッ! 優子ちゃんは安定の可愛さ — あんころ 趣味アカウント ankoroman6655 モトカレマニア評判悪いの?新木優子ずっと引っ張りだこな時期は演技力が~と思ってたけどコメディ優子は好き。 可愛いから内容はもはやどーでもいいとなるw 私的ガッキーもそういうとこある。

次の

【無料見逃し】ドラマ「モトカレマニア」の動画を無料で視聴する方法【高良健吾】【見逃し/再放送/CM広告なし】

モトカレ マニア ドラマ

もくじ• ユリカはモテないわけじゃないけど、うまく恋愛ができない、実はクズ男好き? ユリカと真は5年前に別れて、 すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!と思っていたら、 その後付き合った男がクズばかりだったことで、真との思い出が美化されて、妄想を広げます。 女だって引きずる、元彼を忘れられないモトカレマニア(MKM)でもいいじゃない! そう開き直った時に、就職が決まった不動産会社で、 真と再会します。 しかし、 第1話の放送の時に最終回のネタバレを読む方が多かったので、最終回だけを書いても意味が分からないと思い、途中のあらすじも書きます! マコチと再会 難波ユリカ(新木優子)は、就職した不動産会社で元カレの真(マコチ・高良健吾)と再会しました。 ずっとSNSで斉藤真を検索していましたが、両親の離婚で福盛真になっていました。 には、詳しいキャラクターあります。 ところが、5年前に別れたマコチは妄想で美化されていて、現実のマコチとのギャップに戸惑います。 ユリカの最初のお客さんの山下さん(浜野謙太)を彼氏っぽく匂わせながら、マコチの気を引こうとします。 には、結婚相手にはいい人な山下の詳しいキャラクターあります。 山下さんといい雰囲気になった時に、山下さんも「モトカノマニア」なことに気付きます。 すっかり、山下さんとは、モトカレ・モトカノマニアの仲間として、相談相手になります。 だんだん、マコチとの距離が近づいていきますが、衝撃的な事実が発覚します! マコチに同居人がいた! マコチの大口のお客さんの年上女性で、小説家のさくら(山口紗弥加)です。 マンションマニアのマコチは、広くて豪華なマンションに住みたくて、ルームシェアをしていました。 には、詳しいキャラクターあります。 さくらは、広くて怖いから一緒に住んでくれるなら買うと言って、高級分譲マンションを買いました。 マコチが帰って来ることを楽しみにしていたり、家での居心地がいいようにマコチが必要なものは、買いそろえます。 そして、寝ている時にうなされているさくらをみて、マコチは毎日添い寝していました。 そんなさくらは、マコチがユリカとキスして帰ってきた日、まこちの様子がおかしいことに気付きます。 それは、毎日見ていたら気づきますよね! そして、即座にSNSをチェック、最近友達申請されていたユリカを見つけて、友達申請して呼び出します。 アグレッシブすぎるさくら怖い・・・! さくらが予約した高級ランチを食べながら、冷静に余裕を見せながらの探り合い! 話しているうちにさくらも「モトカレマニア」なことが発覚しますが、マコチが元カレに似ているので譲りません! ユリカは、さくらがモトカレマニアだったことに共感して、嬉しくなって仲間意識を持ちますが、スルーされます。 2人の対決は最終回まで持ち込まれるでしょう。 「ソフレで~す!」 へこむユリカですが、「ソフレなど、女として見られていないかわいそうなレベル」と負けません。 添い寝で安心しました!と余裕を見せて、反撃します。 でも、添い寝できるほど、マコチが心を許していることにへこみます。 マコチをスルーして、おばちゃんずに相談 こうなったらと、ユリカはセフレになる覚悟を決めて、マコチを誘います。 しかし、空回りしている自分に気付いて、引き止めるマコチをスルーしてタクシーに乗りました。 不安でも怖くてもこらえて、死ぬ気で余裕を見せるんだ!そのほうが届く」 マコチの気持ちは マコチのハッキリした気持ちはわからないまま、ユリカはマコチとキスしています。 飲みに行って、本音でぶつかり合うこともできるようになってます。 しかし、さくらとは一緒に住んでいて、マコチも居心地の良さを感じています。 マコチは、今はマンションマニアだし・・・! マコチは、どっちも選べない、どっちも必要とつぶやきます。 マコチが危険な行動を マコチは、スルーされて、次の日に病欠したことから、ユリカが気になっていました。 そして、営業成績が今月落ちていること、大切な書類を無くしてしまったことが重なって、落ち込んでいました。 家に帰って、いつものようにさくらに添い寝しようとした時に、さくらの髪に触れて、人恋しくなったマコチはそっと肩に触れました。 ところが、背を向けて寝ていると思われたさくらは、寝たふりをしていたのでした。 連載漫画ではここまでが描かれています。 連載は続いているので、最終回はオリジナルストーリーです。 マコチも実は しかし、マコチの気持ちはもう決まっていますよね! 登場人物が次々に実は「モトカノマニア」「モトカレマニア」だったんですから! マコチも「モトカノマニア」だったというオチはどうでしょう! モトカノマニアの相手が、ユリカならハッピーエンドですね! ユリカより昔の元カノで「えっ?そっち!」という展開は無いと思われます。

次の