ビルゲイツ コロナ 予言。 ビル・ゲイツ「新型コロナ予言」の背景を徹底解説! エボラ、SARS、疑惑のスピーチ…事実ベースに陰謀論を読み解く

2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

ビルゲイツ コロナ 予言

天才は「予言」ではなく「警告」 イギリスの大衆紙の「ザ・サン」で、このような記事が掲載されて、話題となっているようです。 ビルは「世界は戦争に備えると同程に深刻だ」と言っており、その例を中国に例えて3300万人が死亡してしまうという可能性を述べていたそうです。 つまり予言ではなく警告だったのですね。 で、ビル・ゲイツってだれ? 因みにビル・ゲイツとは、Windowsを販売された言わずとも知られたIT長者のお方。 一方でビル・ゲイツ財団という団体活動を行っており、世界中で非衛生的な国での人糞が病気をもたらしている問題に率先的に活動を行っており、その問題を解決すべく水を必要としないバイオトイレなどの開発などに取り組みを行っている天才の中の天才。 幼少期から本を読むのが大好きで情報を集める事には桁違いにハングリーな人。 そんな現在でも読書専用の庭とお家があるそうで、お休みの日はハンバーガーを食べながらコカ・コーラを飲んだりしながら読書をするのが好きだそうです。 感染に備える為の知識も 日本でもコロナウイルス感染症は日々追うごとに増加し世界では3番目に感染者が多い国となってしまってます。 ビル曰く「物流の速さが早くなっている現代ではウイルスも今まで以上に感染は加速している、これはもう誰も止められない」と述べているそうで、日本での感染者は今後も広がる可能性が十分にあるという事ですね。 因みに情報誌では「 確認された症例のほぼ75%が40歳以上で、その4割が健康状態」にあるそうで、専門家は「スペイン風邪と同じくらい致命的だ」と述べている様子。 ここで改めて研究や活動をされている方々からの意見を真剣に耳を傾ける時期なのだと実感します。 もうすぐ2月、中国では春節が近づいている事から北海道への旅行者も確実に増える時期ですので、それぞれ予防対策としてマスクだけでは無く、用事がない限りは外出を控えるなど、感染を避けるための最低限の知識を備えておく事が必須となりそうです。 些細な知識として皆さんも知っているかもしれませんが、売れに売れているサージカルマスクは「 感染しないためではなく人に感染させないためのもの」らしいです。 着用するだけで幾分かの予防の効果はありますが、新型肺炎はかなりやっかいなウイルスが予想されますのでマスクだけに頼らずにうがいや手洗いなど、出来る範囲の衛生管理を徹底しましょう。

次の

【コロナ予言】『2020年頃、思い肺炎が世界中に拡散する』お告げが聞こえる霊媒師が2008年に新型肺炎を予言?

ビルゲイツ コロナ 予言

フォーブスは6月18日、毎年恒例の「フォーブス400慈善サミット(Forbes 400 Summit on Philanthropy)」を開催した。 世界をリードする慈善活動家やビリオネアが集うこのイベントは招待制で開催され、今年はビル・ゲイツ夫妻が新型コロナウイルスへの対応について話した。 パンデミックが世界を襲う中、ゲイツとメリンダの2人はこの病に対処するワクチンや治療法を探る試みを続けている。 そして、世界の国々に平等にワクチンが行き渡ることを目指している。 これまでポリオやエボラ出血熱など、様々な疫病のへの取り組みを行ってきた2人は今、米国が欧州などの諸国から大きく遅れをとっていることに頭を悩ませている。 「米国は普通であれば、世界が抱える問題を率先して解決しようとする国だった。 つまり、WHOから撤退するのではなく、自ら進んでそこに参加し、他の諸国と連携して物事の解決にあたるのが、この国の姿勢だったのだ。 しかし、現在のアメリカは奇妙な状況にあり、内側にこもっている」と、ゲイツは今年初めてオンライン開催となった9回目のイベントでで話した。 「私たちは様々な国の活動をつないでいきたい。 欧州の国のリーダーらが隙間を埋めようとしているように」と、マイクロソフトの共同創業者はオンラインに集結した200人以上の慈善活動家たちに話し始めた。 「米国の何もしないという態度は、これまでの国際関係を損なうし、人々がこの国に寄せる信頼を揺るがすことになる」とゲイツは述べた。 彼は天然痘やポリオの根絶にWHOが果たした役割にふれつつ、「理性ある行動が、いつか復活するはずだ」と述べた。 そして、米国がこの先、他の国と手を組んで危機に対応していくことを望みたいと話した。 人類がコロナウイルスの危機から脱するのは、人々の大多数が免疫を獲得して以降になる見通しだが、ゲイツは3つのワクチン候補の初期のテスト結果から、将来を楽観できると述べた。 しかし、本当の難題はワクチンを完成させて以降の、製造や流通にあるという。 なぜなら、人類を危機から救うためには、世界人口の80%が集団免疫を獲得することが条件とされ、そのためには最低100億回分のワクチンを用意し、1人が2回摂取する必要があるからだ。

次の

恐ろしいほどに的中、ビル・ゲイツの1999年の予測

ビルゲイツ コロナ 予言

画像:twitter (CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 【コロナ予言者】お告げが聞こえる霊媒師が2008年に出版していた不吉な予言書が海外で話題に「2020年頃、重い肺炎が世界中に拡散する」「既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 - 大地震・前兆・予言. com 災害や噂の情報サイト — AZUMIJUNKO azumijunko 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本 「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、 アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。 人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。 サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。 そうした現象は現代に限ったことではなく、17世紀の欧州では多くのキリスト教徒が、世界は1666年に終わると予言していた。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。 自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そのうえで、 「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」 と結論付けている。 どえらいことできるから、どうしても磨いておいて下されよ。

次の