餃子 あん あまり。 【焼き方まで解説!】餃子の冷凍方法と保存期間、アレンジレシピ

【焼き方まで解説!】餃子の冷凍方法と保存期間、アレンジレシピ

餃子 あん あまり

step1 ひき肉に調味料または「手作り餃子の素」を加え、よく練り合わせます。 step2 さらに、みじん切りにした野菜類を加え、軽く混ぜ合わせ、しばらく置きます。 step3 具はすぐ包まず、冷蔵庫で1時間ほど置いてから包むと味がなじみます。 step4 左手に「餃子の皮」をのせ、中央に餃子の具をのせます。 step5 軽くはさむようにもち、皮の端に水をつけてグッとつまみます。 右手の人差し指で上から押さえるようにひだを作っていきます。 step6 右手の親指と人差し指でひだをつまんで皮を閉じていきます。 step7 底を平らにしておくとフライパンの中で安定し、焼き色がつくパリパリ部分が多くなります。 step8 餃子のできあがり。 step9 熱したフライパンに油を入れ、餃子を並べてフタをし、中火で焼きます。 step11 水分がなくなったら、フタをとり、餃子の上から油を少量ふりかけます。 パリッと焼き目がついたらできあがり。

次の

餃子のレシピ(作り方)

餃子 あん あまり

それから余った餡の使い方も少し。。 …が、その前に餃子について小話をちょいとご紹介。 何はともあれ早く作りたい方は 餃子はもともと江戸時代に日本に持ち込まれ、 徳川光圀が日本で初めて口にしたと言われています。 もちろん当時は庶民の手が届くような食べ物ではありませんでした。 現在のように餃子が一般普及したのは第二次世界大戦後だと言われています。 つまり、当時中国 満州 にいた関東軍や開拓団が引き上げた際に餃子も日本に輸入されてきたわけです。 これはおそらく、白米を主食とする日本の食文化が大きく影響を与えていると考えて良いでしょう。 日本において、餃子の餡にほぼ確実に入っているとすらいえる材料といえばニンニクですが….。 実は中国の餃子にはニンニクはいれないのが一般的だそうです。 つまり、餃子にニンニクを入れるのも日本独自の進化だったわけですね。 さて、色々と餃子について書いてきたところで、そろそろ餃子餡の作り方に入っていきましょう。 ニラとか大葉とか。 それから、この分量はややニンニクが多めです。 ニンニクが苦手な方は半量くらいにするといいかもしれません。 ・白菜の水気を絞る ・材料を混ぜる前にひき肉だけでしっかりとこねる ・餡ができたら、冷蔵庫で寝かせる。 以上を守って作ればそうそう失敗することはありません。 では、これらのポイントを踏まえて、実際の調理に入ってみましょう。 干し椎茸は水につけて戻します。 干し椎茸を水で戻すのは数時間単位で時間がかかるので、調理開始に合わせて早い段階で行っておきましょう。 白菜はみじん切りにしてザルに入れます。 その後塩 分量外 を振って軽くかき混ぜて、白菜全体に塩をなじませます。 これは浸透圧で白菜の余分な水気を出すためです。 もしあれば、浅漬けを作るような要領でおもしを乗せておいてください。 白菜はその状態で15分ほど放置しておきます。 白菜の水出しをしているうちに次の作業に入ります。 ニンニク、生姜、ネギ、戻したしいたけはみじん切りにします。 大葉を使う場合は、刻むかそのまま使うかの2種類の方法があります。 豚ひき肉はボウルに入れ、塩小さじ2を加えます。 まず、豚ひき肉を単体でしっかりとこねます。 ただひたすらに粘ばり気が出るまでこねます。 最低でも100回以上は確実ですかね。 とはいうものの、ひき肉は傷みやすいので、体温で痛まないよう手早く行いましょう 手を冷やすのもあり。 これは餡をジューシーに仕上げるコツです。 ひき肉はこねることで粘り気が出て、強くくっつくようになります。 これによって 肉汁を中に閉じ込めることができるわけです。 しかし、初めから他の食材を入れてしまうと、上記のように肉がくっつくのが妨害されるわけです。 特に野菜には水分がありますので、肉の脂との間で弾かれあってしまいます。 なので、肉単体で十分に粘り気を出した後で、他の食材を入れる方がよろしいのです。 十分に粘り気が出たら、まずみじん切りにしたニンニクと生姜を加えて練りこみます。 次に塩を振って置いておいた白菜を両手でぎゅっと絞り、水気を出します。 あんまり絞りすぎてもよろしくないので、力を込めてギュッギュッとやって水が出なくなればそれで十分です。 ギュッギュッと水気を絞るのは、こねている際や、餡を寝かせている間に水が出てこないようにするためです。 水気を絞った白菜、みじん切りにしたネギ、しいたけを加えます。 これらが全体に満遍なく混ざるようにさらにこねていきましょう。 こねているうちに肉と野菜もなじんで餡に一体感が出てきます。 この際、粘りが足りないようでしたら、適宜ラードを加えます。 この段階までいけば、醤油、砂糖、紹興酒、ごま油を加えて混ぜこみ、味をみます 飲み込まないようにした方がいいと思います。 味が足りないようであれば塩や、醤油で調味します。 これで餡は完成です。 餡は寝かせることで水分や油分などが全体に均一に行き渡ります。 大葉を加える場合 2種 の手順はで紹介します。 大葉を餡に入れる方法は2種類あります。 刻んで餡の中に入れてしまう方法と、そのまま茎だけとって皮に重ねて餡を包み込む方法があります。 まず前者の場合ですが、この場合は大葉を細かく刻み、餡に混ぜこみます。 完成した後の餡に入れてもいいですし、白菜などの野菜を入れるのと同じタイミングで加えても良いです。 後者の方法は皮の上に大葉を広げ、その上から餡を乗せて皮を閉じます。 前者の場合は、全体に大葉の香りが漂う印象があります。 一方で、後者の場合は、食感的にも味、香り的にもよりダイレクトに大葉が主張する印象です。 大葉が好きな人は、両者を組み合わせて見るのも面白いです。 餃子の餡が残ったら… さて、最後に餃子の餡が残った場合のレシピを少し紹介しておきましょう。 「即席肉団子スープ」 餃子の餡が残ったら是非スープに!お手軽、即席、美味の三拍子揃った最高の肉団子スープです。 作り方はとっても簡単。 餃子餡のあまりをスープに入れて煮込むだけ。 餃子餡のあまりに蓮根を加えてハンバーグにしたものをご飯にのせたがっつり飯です。

次の

天津飯のあんの作りかたについて

餃子 あん あまり

目 次• 創味シャンタンDX 味覇 もはや、 中華料理を作るには必需品となっている家庭も多いのではないでしょうか。 味覇と創味シャンタンDXは、ご存知方も多いと思いますが、現在は違うメーカーとなっていますが、 もともと同じものです。 鶏ガラスープの素に肉や野菜のエキスなども入っており 簡単に中華風の味付けができてしまいます。 餃子の餡に入れると… 中華料理っぽさと鶏ガラの出汁が出てひき肉が一層引き立ちますよ。 私は、餃子小30個ぐらいには、とりあえず小さじ2杯程度は必ず味のベースにいれています。 入れ過ぎるとしょっぱくなるので塩胡椒との調整が必要ですね。 クレイジーソルト 『クレイジーソルト』は、 岩塩とスパイスとハーブのみで出来た化学調味料一切なしでありながら、スープや、炒め物などが簡単に衝撃的に味が、激変する 洋風調味料です。 少しお高いと感じるかもしれませんが量が多いので、必ず用意しておきたい洋風の料理には欠かせない調味料です。 餃子の餡に入れると… 中華と洋風のコラボレーションが楽しめます。 もともと 味の主張が強いというより、あれなんか美味しいぞ!? という、隠し味的な調味料なので、 塩胡椒の代わりとしても大丈夫ですね。 お好みの塩胡椒に対して 1:2(塩胡椒:クレイジーソルト)ぐらいの割合で少し多めでもいいと思います。 中華料理というより東南アジア風なイメージともとれるような旨味がでますね。 ハーブの香りも効いてくるので新しい風味が楽しめます。 変わり種餃子 日本の代表的な調味料のお味噌です。 豆が原材料でヘルシーですしお味噌汁やラーメンには最適ですね。 ちょっと意外かもしれませんが、 ひき肉と味噌ってすごく合うんです。 なんとハンバーグにもかなり合います!! あの 『びっくりドンキーのハンバーグ』を再現するのにも、 隠し味として入れるとしてクックパッドなどでも紹介されています。 餃子の餡に入れると… これも調味料なので、入れすぎはしょっぱくなるので危険ですが、餃子小30個ぐらいには、大さじ1. 5杯程度ですね。 みそは『合わせみそ』が一番ですね。 『白みそ』は甘みを、『赤みそ』は塩味が強くなります。 餃子小の30個に対して通常は大さじ1杯、餃子のタレなしということであれば大さじ2杯でもいいと思います。 コクや深みが出てお肉の質や、ジューシーさが増した感じがします。 神戸で人気の餃子は、餃子のタレに、甘辛い味噌ダレをつけて食べます。 これもかなりおすすめです。 とにかく、 ひき肉とお味噌は相性抜群なのでおすすめです。 それでは、調味料から具へ移って行きたいと思います。 梅干し 梅と青じそは酸っぱくさっぱりするので、味のアクセントとしては最高な調味材料ですね。 どうしても餃子は味が濃い方に向かってしまうので、肉餃子10個に、梅じそ餃子も5個みたいな感じにすればペロリとイケます。 しその葉の香りがスッキリするので、ニラとニンニクの代わりに入れると上品な餃子に変身しますよ。 玉ねぎ 玉ねぎも白菜も甘いダシが出る代表的な野菜ですよね。 餃子の餡に入れると… どちらかといえば、 浜松餃子に近くなる感じです。 野菜の甘みが強くなるので、どうしても食が後半に重くなってくる肉餃子と違って、 さっぱり点心のような餃子でたくさん食べられます。 ちょっと 調理として一手間必要なのが、白菜も玉ねぎも、かなり水分を含んでいます。 一度、 軽く湯通しして、良く水分を切って冷ましてから細かく切って混ぜるか、湯通ししない場合は、出来る限り細かく切ることがおすすめです。 シーチキン シーチキンマヨや、シーチキンチャーハンなどなんでも合う、シーチキンの缶詰。 もう肉いらんやん!! ︎て人もいるのではないでしょうか。 海のチキンです。 そのままです。 餃子の餡に入れると… THEシーチキン餃子です。 笑 味の想像が出来るかも知れませんが ひき肉との相性もよく、ジューシーになります。 ジューシー過ぎて 油が包んでいると出て来たり、餃子の皮が破ける危険性があります。 シーチキン餃子は 大判の餃子の皮がいいかも知れませんね。 油っぽくなるので、よく油は抜いておいた方がいいです。 餃子の店によっては、秘伝の肉餃子と書きながらシーチキンを入れているお店が結構あります。 あぁこれシーチキンやなぁと、自分で作って一回食べるとわかります。 笑 油抜きのいい具合の加減が難しいですがおすすめです。 ウィンナー ソーセージ ウィンナーやソーセージは、お子さんや、一人暮らし、男性、ビールにはもってこいの簡単大好きなお肉ですね。 餃子の餡に入れると… さらにジューシーさが増します。 かなり細かく切った方が良いのかと思っていましたが、良く考えると、 ひき肉も、ソーセージもウィンナーも中身、ひき肉やん!! ︎ 笑 ということで、 少し大きめでソーセージの腸詰の皮の部分がわかる、食感が残る程度に切って入れるのがオススメです。 餃子の皮の中に、皮が!! ︎ 皮アンド皮!! パリもちプチ!! の食感が味わえるぐらいがベストですよ。 ただ具が大きめになるので注意が必要です!! キムチ 中華料理とキムチもはや、日本の中華料理のアレンジでは、最初に考えそうな食材です。 餃子の餡に入れると… 合わないわけがない!という感じですね。 これも 辛味と酸っぱさが相まって、ピリ辛さっぱりと食欲増進につながりますね。 キムチは、白菜の柔らかい緑の部分をメインに、 キムチのタレが水分として出ますので、餃子の皮につめる際は、 キムチのタレとなる水分はなるべく絞って入れないと皮から水分が出たり破けたりするので気をつけましょう。 とろけるチーズ 和洋中なんでも合いそうなチーズです。 餃子の餡に入れると… 蒸してさらに焼く餃子には、もう合わないわけがありません。 チーズのコクが肉と合わさって口の中でとろける感が最高です。 とろけるチーズの場合、具をつめている間はいいのですが、 餃子を蒸して、水分が飛んで焼いている時が危険です。 しっかりと 皮を具を包んでおかないと皮から吹き出してフライパンにこびりついてしまいます。 ただ、個人的には、この 吹き出して皮に焼けたチーズが付いているのも香ばしくて美味しいので、とろけるチーズのほうがおすすめしています。 フタを閉めて、蒸し焼きにして、『お、水分が飛んできたな!』という頃に 、焼けたカリカリと言う音と同時期に、ジュワー!! という焼ける奇音がします。 笑 パリパリ? カリカリ? という小さい焼ける音だけになるまで落ち着いて待ちましょう 笑 チーズを皮から 吹きこぼしたくないという方は大判の皮か、餡を少なめにして餃子の皮をきっちり包みましょう。 最後に、 味のカナメ、餃子のタレです。 塩胡椒とお酢とラー油 塩胡椒とお酢は、あまり組み合わせたことがない方もいらっしゃるかも知れませんが餃子には最高に合います。 餃子につけると… 一般的には、醤油とお酢とラー油などが多いですね。 私個人は、 ぽん酢にラー油が多いです。 肉餃子の肉本来の味がしっかりしている餃子には、肉や具の旨味がしっかり味わえるので、この食べ方がかなりおすすめです。 お酢でさっぱりしますし、餃子の具となる餡の味がしっかり味わえます。 野菜の甘みの強い浜松餃子などにはちょっと合わないかも知れません。 これまでに、紹介した味のしっかり系の変わり種餃子には、かなり合います。 一度ぜひ、お試しいただきたいです。 変わり種餃子• あわせて読みたい関連記事• 今日ミライポインツ!! 今回は手作り餃子についてご紹介しましたが、個人的には昔は餃子をちまちまたくさん作る作業というのを母がしているのを見て大変そうで、一生作らんのやろなぁと思っていました 笑 ところがこれが自分で作り出すと、職人になった気分になりたのしくなります。 さらには、色々な変わり種を用意したり、味を変えたりするとさらに楽しくなります。 1人だとまぁまぁさみしいですが 笑 1人でも変わりダネを用意しておけば、食べるときは、最高にあれこれ贅沢に楽しめます。 お子さんがいる家庭はお子さんと、彼氏彼女家族と、みんなでワイワイ、レッツ餃子パーリィーしましょう!! ︎ 笑 作ればもう当分食べたくなくなるほど食べられますしね それでは〜!! また、美味しい料理コラムを『ミラグラ(Mirai graph)ミライグラフ』で!!

次の