君が代 歌詞 の 意味。 国家「君が代」がヘブライ語に翻訳 その解釈がネットで話題に

「君が代」の意味とは?君が代の歌詞の正しい現代語訳について解説します

君が代 歌詞 の 意味

「君が代」 日本の国歌です。 スポーツの場だけでなく、様々な場所で「君が代」は歌われます。 しかし、毎年入学式や卒業式で問題になるのは、 「君が代」を反対している教師達が、 『戦前も歌われていた「君が代」は天皇賛美、戦争賛美の歌だから反対として歌わない』 という事です。 僕も、学校(小学校、中学校、高校)では、きちんと ・「君が代」の歴史 ・「君が代」の歌詞の意味 などを学びませんでした。 でも、アメリカに来てからスポーツ観戦などをする時に、 国歌斉唱の時にはアメリカ人が必ず起立し、 帽子を脱ぎ、歌う姿を観てから、 「どうして日本の国家である『君が代』には、マイナスのイメージが付いているんだろう?」 と考え、「君が代」の歴史や歌詞の意味などを勉強するようになりました。 そして、まさか自分が何となくという理由で日本在住時代に行っていた ・神社巡り ・小学校時代に読んだ「日本神話」、 ・渡米してから学んだ「君が代」 に深い関連があるとは思わず、 日本の歴史をさらに深く勉強するキッカケにもなりました。 また、もう1つ。 僕がアメリカ大学院留学時代に、 国別対抗ソフトボール大会がありました。 その時、各国の留学生達は自陣ベンチの近くに国旗を掲げていました。 そうしたら、日本人チームメイトから 「えっ?TERUさんって、そっち系なんですか?」と言われました。 それに対し、きちんと日の丸の意味や日本の歴史に関して 話を日本人に出来なかった事が、非常に悔しかったです。 『日の丸』 『君が代』 このキーワードを出すと、日本国内だけでなく、 日本国外でも忌み嫌われ、ちょっとした白い目で見られます。 これは、完全に教育の悪影響だと思っています。 日の丸は、日本の国旗 君が代は、日本の国歌 その生い立ちや歴史をきちんと学び、シェアすること。 月並みな言葉ですが、これは凄く大切です。 そして世界に出たときに、 「自分の国の歴史、生い立ち」 「国歌」 「国旗」 のことを知らないことは、 ・どんなに学歴が高くても ・どんな立派な職業に付いていても、 僕は人間的にアイデンティティのない悲しい人間だと思います。 2月11日は、日本の建国記念の日。 そこで、まず日本の国家である 「君が代」に関しての記事を書こうと思います。 【目次】 1.「君が代」の歌詞の意味 2.「君が代」の歌詞の知られざる歴史 1.「君が代」の歌詞の意味 君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌(いわお)となりて 苔(こけ)のむすまで これらの言葉を、出来る限り細かく分解して 解説してみましょう。 ・「君」の意味 ・「代の」意味 ・「千代に八千代に」の意味 ・「さざれ石」の意味 ・「巌」の意味 ・「むす」の意味 を、それぞれこれから説明していきます。 色々な人が物事を調べるときに使うWikipedia。 ここには「君が代は、日本国の国歌。 「 天皇の治世」を奉祝する歌であり、 「祝福を受ける人の寿命」を歌う和歌を元にしている。 」と書いてあります。 『「 天皇の治世」を奉祝する歌』に根本的な間違いがあります。 そもそも、この 君 という言葉は、天皇陛下のことを表す意味ではありません。 また、「君」は君主をあらわすという人がいますが、それも間違いです。 【君が代の「君(きみ)」の意味】 【君:漢字の意味】 漢字の「君」は、「口」へんと「尹(イン)」を組み合わせた文字です。 「尹(イン)は、「手」に「|」(つえ)を持っている姿で、 「尹」は「聖職者」をあらわします。 つまり 「君」という字は、 「尊敬の意味を含んだ高貴な人」をあらわす文字 なのです。 だからこそ、 源氏物語では「朝顔の君」や、「藤袴の君」など、美しい女性たちに「君」の尊称をつけています。 「君」が天皇をあらわすというのなら、 源氏物語の女性たちは全員、天皇ということになってしまいますよね。 【君:読みの意味】 その「君」という漢字に、古代の日本人は、 もとからの日本語にある「きみ」という読みを当てました。 「君が代」の歌詞の一番最初で歌われる「きみ」。 この「きみ」とは、どういう意味の言葉で使われているのでしょうか? 実は、古代日本語で 「き」は男性、 「み」は女性 をあらわす言葉でした。 日本神話に登場する最初の男女神は、 ・イザナキノミコト ・イザナミノミコト でした。 「イザナキノミコト」の『き』 「イザナミノミコト」の『み』 この2人の神の名前の一文字ずつを取った言葉が「きみ」になります。 古代の日本人は、この「きみ」という言葉を「君」という感じに当てたのです。 【君が代を理解する為の日本神話の話】========= ここで、簡単にイザナキノミコト、イザナミノミコトに関して説明をしておきます。 日本の神話においては、 イザナキ、イザナミ以前の神々には 性別はありませんでした。 日本の神々で最初に性別を持った神として登場するのが、 「イザナキ」「イザナミ」です。 最初の男女神は、 ・イザナギ(=いざなう男) ・イザナミ(=いざなう女) として登場します。 「いざなう」は、漢字で書けば「誘う(いざなう、さそう)」になります。 右がイザナギ、左がイザナミ。 二人は天の橋に立っており、 矛で混沌をかき混ぜて島(日本)を作っているところ 古事記上でのイザナキ、イザナミの物語は、 誘(さそ)いあう男女の物語でもあるわけです。 二人は天つ御柱で出会い、 イザナキ「我、成り成りて、成り余るところあり」 イザナミ「我、成り成りて、成り足らざるところあり」 と声をかけあいます。 そして、互いの余っているところと、 足りないところを合体させて、子を産みます。 この「成り成りて」ですが、 「成り」=「完全に、完璧に」という意味です。 つまり、 『自分は、知性も肉体も、まさに完璧に成長した。 したけれども、互いに「余っているところ」と「足りないところ」があった』 という意味になります。 完璧になったはずなのに、完璧ではなかった。 これは矛盾します。 だから、二人は互いの余っているところと、足りないところを合体させて、より完璧になろうとしました。 すると「子」が生まれたのです。 そして、成長した彼らは他の神々から敬われ、 祝福を受けるようになります。 =================== 上のイザナキノミコト、イザナミノミコトからも分かるように、 この言葉を作った古代の人達は、 「きみ」=「男と女」それも「成り成りた男女」 という意味を与えました。 男女が「成り成りた」ということは、 本人たちだけでなく、 親や親戚、周囲の者たちの喜び(子供)を与えます。 そしてまた、「成り成りた」男女は、尊敬の対象でもあります。 ですから、この「君が代」の「きみ」という言葉は、 「完全に成熟し成長した男女の喜び」 「尊敬し敬愛する人の喜び」。 つまり 「きみ=完璧に成長した男女によって生まれた子供達(=我々日本人)」 という意味になります。 【君が代の「代」の意味】 代とは、「人」べん+「弋」という字の組み合わせです。 人べんは、横から見た人の象形文字です。 弋は、「2本の木を交差させて作ったくいの象形」から 「人が、たがいちがいになる」という意味になります。 そこから、「代」=「人が生活を営む期間」 という意味に派生してきました。 つまり、「君が代」とは 「完璧に成長した男女によって生まれた子供達が、時代を超えて」 という意味になります。 そして「千代に八千代に」と続いていきます。 【君が代の「千代に八千代に」の意味】 今では、千年万年といいますね。 何故千年、八千年なのでしょうか? これは、後で「君が代」の歴史でも触れますが、 「君が代」が文字としての初めて出てきたのは、平安時代初期の延喜5年(905年)と1100年も前です。 この年に編纂された「古今和歌集」の巻7に、「賀歌」の代表作として納められています。 この当時の歌は、韻とリズムを大事にしていました。 つまり、「千代に八千代に」とは 「何千年も八千年も長い間」 という意味になります。 古代の人達は、言葉遊びが本当に上手ですよね!! 【君が代の「さざれ石の 巌(いわお)となりて」の意味】 「さざれ石」というのは、高校で地学を学んだ人は覚えているかもしれませんが、 正式名称を「礫岩(れきがん)」といいます。 礫岩とは、細かな石が長い年月をかけて固まって巌となった岩石です。 (さざれ石) 【さざれ石=礫岩(れきがん)とは?】 さざれ石は「細石」という当て字で表されます。 実はこの「礫岩」は、日本列島が生成されたことによって生まれた、 日本ならではの地勢が生んだ岩石なのです。 日本列島周辺に存在する大陸間プレートがお互いを押し合い、 プレートで運ばれた小石が堆積していきます。 そして、何千万年、何億年という月日を重ね、堆積した小石たちが、 プレートの凄い圧力に押されてくっついていきます。 そして、礫岩になっていくのです。 やがて地殻変動を経て、地上に出てきて山脈となり、 その山脈でみつかるのが礫岩(さざれ石)です。 【古代の人たちは、礫岩(れきがん)を、どのように見たのか?】 こんな事を古代の人達が知っていたとは思えませんが、 「八百万の神」という言葉が示すように、 古代の日本人は山、川、岩、空、などの全てのものに神が宿るという考え を持って、畏敬の念を持って、神に祈りを捧げて来ました。 多分、古代の人たちは礫岩を見て、 長い年月をかけた自然の偉大な力には畏敬の念を感じたのだと思います。 昔の人の一生なんて、現代人に比べたら凄く短くはかない物であった筈です。 長い自然の歴史の中で小さな小石が結束して、 大きな岩石「さざれ石」となっていきます。 それを見た古代の人達にとって、 巌となったさざれ石=「大きな力のもとで固く固く団結し合い、協力し合い、団結する象徴」 では、なかったのではないでしょうか? 【巌(いわお)とは?】 巌とは、ここでは単に「大きな岩石」としておきます。 【「さざれ石の 巌となりて」の歌詞の本当の意味とは?】 ここで、疑問になるのは、 何故「君が代は」「千代に八千代に」の続きに、 この「さざれ石の 巌となりて」 という詞が歌われたのか?ですよね。 日本では古来「人は生まれ変わるもの」と信じられてきました。 (=肉体は老い、死を迎えても、魂は再び人となってこの世に生まれる) つまり、 『完璧に成長した男女によって生まれた子供達が、時代を超えて』 『何千年も八千年も(=長い間)』 「さざれ石の巌となりて」 (=永遠に生まれ変わっても なお結束し合い、協力し合い、団結して) という意味で、未来への希望を歌う歌として歌われたのではないでしょうか。 ちなみに、巌となったさざれ石は、実際に日本各地に存在しています。 代表的なものとしては、 ・岐阜県春日村のさざれ石 ・三重県二見浦の夫婦岩 ・京都の勧修寺 ・京都の賀茂御祖神社 にあります。 この中でも、岐阜県春日村にある石は、 国の天然記念物に指定されています。 何故、この当時の歌の中で「さざれ石」という言葉が使われたか? というのはハッキリはしていません。 実は、この歌自体が誰が歌ったものなのかが分かっていません 平安朝時代に書かれたお伽草子の中の登場人物の、 お姫様の名前に「さざれの君」というものがあり、 そこがもとになっているとも言われています。 【君が代の「苔のむすまで」の意味】 苔(こけ)に関しては、殆どの人が分かりますよね。 苔は、カビとは違い、 冷えきったり乾燥しているところには生えません。 苔は、濡れていて、水はけの良いところに生育します。 つまり、、、 濡れたものと、固いものが、しっかりと結びついたところに 苔は生えていきます。 では、「むす」とはどういう意味でしょうか? この言葉を理解するために、日本神話を見ていきましょう。 『古事記』では、この2神は、天孫降臨の際には、 主神であるアマテラスの上に立って指示を出し、 さまざまな神々を葦原中國(あしはらのなかつくに)に派遣しています。 また、国譲りの神話でもアマテラスとともにオオクニヌシに圧力をかけ、 国譲りを迫っています。 また、神武天皇が熊野から大和に侵攻する際も夢に登場し、 彼に霊剣・布都御魂(フツノミタマ)を授け、 ヤタガラス(八咫烏)を派遣して手助けしています。 このように、非常に力を持った神様でした。 ====================== この賛歌が作られた時代には、勿論ブログもFacebookも、漫画もなくもない時代です。 国宝でもある鳥獣人物戯画も、12世紀 — 13世紀の連番の作品と言われています 後年に書かれた「枕草子」によると、平安貴族たちにとって「古今和歌集」の暗唱は、常識だったのだそうです。 日本最古の歴史書である古事記が作られたのは、和銅5年(712年)です。 当時の人達は、 ・古事記のような書物を読み、 ・日本の生い立ちの歴史を知り、 ・その歴史を信じ、それにまつわる和歌を沢山作ってきました。 そんな中、「むす」という言葉は2神が生成神であり農耕や生産に関係しているため、 生産や生成の意味を示しています。 さらに「むす」を『生す』と漢字であらわします。 人は老い衰え死んでいきます。 でも、新たな生命が生まれ、その命が新たな命を生み育てていきます。 そこから、 「(子孫達よ)固い絆と信頼で結びついていこう」という意味になります。 古今和歌集などに載っている昔の歌を一度でも 学んだことがある人は分かると思いますが、、 和歌とは、その歌の文字だけを読むのではなく、 その韻、リズム、言葉遊びを楽しむものでもあります。 「苔のむすまで」が、どうして『固い絆と信頼で結びついていこう』となるのか? はすぐには分からないと思います。 でも、その時代のことを想像し、何をもとに勉強し、和歌を詠んだのか? そういう事も含めて考えていくと、和歌の面白さが分かると思います。 そうする事で、今まで説明したような 「君が代」の歌の背景も見えてくると思います!! 今まで「君が代」の歌詞を細かく分解して説明してきましたが、 如何だったでしょうか? 今までのことをまとめると、下記が「君が代の歌詞の意味」になります。 【君が代の歌詞の意味】 君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌(いわお)となりて 苔(こけ)のむすまで (訳) 完璧に成長した男女によって生まれた子供達が次代を超えて 何千年も八千年も長い間 永遠に生まれ変わってもなお 結束し合い、協力し合い、団結して 固い絆と信頼で結びついていこう となります。 つまり、君が代の歌が日本国民に伝えたい本当のテーマは 『子孫繁栄を願う』 なのです。 何故「子孫繁栄」という風に解釈できるのか? それは、古代日本に起源を辿ることができるとされる宗教である「神道」に由来します。 日本の神道の中心にある考えが『育てる』 だからです。 【神道とは?】 神道は、山や川などの自然や自然現象、 また神話に残る祖霊たる神、怨念を残して死んだ者などを敬い、 それらに八百万の神を見いだす多神教です。 2.「君が代」の歌詞の知られざる歴史 「君が代」は、天皇崇拝の軍国主義賛美の歌だと言う人がいますが、 無学で実に程度の低い話です。 僕も、それに近い内容で昔教わりましたが・・・ 以下では、「君が代の歴史」についてお話します。 ・君が代の歌詞は、いつ出来たのか? ・君が代は、いつ国歌となったのか? 【君が代の歌詞は、いつ出来たのか?】 「君が代」という言葉が初めて文字として出てきたのは、 平安時代初期の延喜5年(905年)です。 この年に編纂された「古今和歌集」の7巻に、 「賀歌」の代表作として納められています。 「君が代」という歌は、「古今和歌集」の7巻に、「賀歌」の代表作として収められています 【古今和歌集とは?】 「古今和歌集」は、醍醐天皇の勅命によって編纂された勅撰和歌集です。 今で言えば、日本政府が編纂した公的歌集。 万葉の時代から撰者たちの時代までの 140年間の代表的作品を集めたものです。 序文はカナで書かれていて、 その執筆者は紀貫之(きのつらゆき)です。 一度は、この方の名前は聞いたことありますよね 【賀歌とは?】 人の愛と繁栄と団結を高らかに謳い上げた、 『お祝いの歌』です。 その古今和歌集の中の作品の中に 「読み人知らず(作者不明)」 として「君が代」が掲載されています。 作者不明でありながら、当時の日本国家が編集した歌集に入っていたのです。 そこから容易に想像できることは、 すでにこの時点で多くの人に愛された歌であった という事ではないでしょうか? 鶴の左側の赤丸の中が「君が代」の歌 賀歌とは、人の愛と繁栄と団結を高らかに謳い上げた、 『お祝いの歌』です。 その、 お祝いの歌の代表作として紹介されたのが、「君が代」なのです。 また、「君が代」は、貴族たちの慶賀の歌としても、常識歌であったはずです。 (僕の予想です) どうして、そう言えるのか? 「君が代」は、その後に編纂された「新撰和歌集」や「和漢朗詠集」にも転載されています。 さらに時代は進み、江戸時代には庶民の一般的な祝いの席の謡曲として、広く普及していきました。 つまり、 「君が代」という歌は、1100年以上もの歴史のある歌 であるという事です。

次の

国家「君が代」がヘブライ語に翻訳 その解釈がネットで話題に

君が代 歌詞 の 意味

言葉としての意味は,天皇の治世であり,史上においては,祝福を受ける人の寿命をさすが,さらに事実上のとしてわれた明治期以後の歌曲「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」をさす。 このは,『』にそのもととなる「わが君は…」の初句の和歌があり,以下『新撰和歌集』『』などにも収められるが,「君が代は…」と初句を改めたものは,「隆達節」伝存本の巻頭に掲げられたものが初見と思われる。 ただし,「君が代は…」の詞章で,寺院芸能である延年のなかの歌謡をはじめ,古くから祝賀の歌として酒席などで朗詠されており,和歌を朗唱する「歌抜講」の代表的詞章としても用いられたほか,謡曲,歌舞伎などを通じ庶民層にまでこの歌詞は広く普及した。 明治2 1869 年,薩摩藩は「天皇に対し奉る礼式曲」を作成するため,同藩士大山巌らが琵琶曲『蓬莱山』のなかにある「君が代…」の歌詞を選定してイギリス人軍楽隊教師 J. にを依頼し,翌年,陸軍観兵式にされたが,曲調に威厳を欠くと批判されて,1876年には廃止された。 別にでも小学校用唱歌に使用する目的で同歌詞の別曲を作成したがこれも普及しなかった。 同年に海軍省軍楽隊長中村佑庸の提唱に基づいて宮内省は楽譜改訂のためドイツ人 F. を交えた4人の楽譜審査委員を設け,奥好義の作曲したものに手を加えて,宮内省伶人長の名による雅楽旋律の楽譜を選定し,80年の天長節において初めて演奏された。 88年に政府は各条約国に対し,この楽譜をもとにしてに吹奏された楽譜を「大日本礼式」として送付,93年には文部省が学校儀式用唱歌として告示した。 昭和に入って国家主義が高揚されるとともに,事実上の国歌として扱われるようになった。 第2次世界大戦後しばらくの間,『君が代』はこのような地位を失っていたが,1951年にサンフランシスコ講和条約が締結されてからは,国家的礼式の場合に用いられるようになった。 さらに,99年8月に「」が成立したことにより『君が代』が正式な国歌と規定された。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 日本のとして歌われている《君が代》の歌詞は《》に見えるが作者は不詳。 《古今和歌集》《古今和歌六帖》にも類似の歌がある。 曲は英国人J. フェントンのものもあったが,現行のものは式部寮雅楽課が1880年に作曲。 のち,1893年8月宮内省楽師林広守撰譜として文部省が儀式用唱歌に指定・告示。 第2次大戦後の日本国憲法下ではその精神に反しており国歌として扱うことができなかったが,1950年《君が代》をすすめる大臣通達が出され,1977年の改訂のさい,教育課程審議会で一度も議論されないまま正式に国歌と規定された。 しかし,その法的拘束力については争いがあり,学校でうたうべきかどうかなどの議論が絶えないが,1999年8月が公布・施行され,〈国歌〉と規定された。 歌詞の原型は『古今和歌集』賀の部に「わがきみは」、『和漢朗詠集』には「きみがよは」の初句で、いずれもよみ人知らずで登載されている。 同じ歌詞が俗楽では隆達節 りゅうたつぶし (江戸初期)、箏曲 そうきょく 、地歌 じうた 、長唄(江戸中期以後)にあり、祝賀用である。 古今集時代の「きみ」は、主人、家長、友人、愛人などを意味する二人称、三人称で幅広く使われ、隆達節のような遊宴歌謡にまで伝えられたのも、この表現が国民感情に受け入れられやすかったからであろう。 別に文部省は、同歌詞に曲をつけ『小学唱歌集』に採録したが、2曲とも適切な曲でなく改作が建議された。 1882年音楽取調所(現、東京芸術大学音楽学部)が国歌選定を命じられ、『明治頌歌 しょうか 』が候補にあがったが実現せず、1893年に全国の小学校に文部省が告示した『祝日大祭日歌詞並楽譜』の冒頭に所載された林広守の曲が定着した。 1958年(昭和33)告示の小学校学習指導要領から、学校において国民の祝日などの儀式を行う場合、国旗を掲揚し、『君が代』を斉唱することが望ましいとされ、さらに1976年以降では「国旗を掲揚し『国歌』を斉唱させることが望ましい」と規定された。 『君が代』の「君」が天皇をさすとして定着したのは明治以降であるが、第二次世界大戦後制定された新憲法では、主権在民の原則が確立されているにもかかわらず、天皇の賛歌ともいえる『君が代』を国歌として法制化することに対して異見も少なくなかった。 しかし政府見解では「『君』は日本国及び日本国民統合の象徴で主権の存する日本国民の総意に基づく天皇のことを指し『君が代』は象徴天皇のいる日本のことを指す」と説明した。 1999年(平成11)8月9日、「国旗及び国歌に関する法律」(平成11年法律第127号。 国旗・国歌法)が第145通常国会において可決され、『君が代』は同年8月13日官報で日本の国歌として公布、施行された。 [榊原烋一].

次の

君が代の歌詞の意味は?2番や3番もあった!

君が代 歌詞 の 意味

歌詞 君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで 引用元 君が代 作者不詳 日本人なら誰もが聞いたことがある、あるいは歌ったことがある「君が代」ですが、歌詞の意味や起源をきちんと考えたことのある人は案外少ないのではないでしょうか。 私は小学生の頃までは、「巌となりて」の部分は「岩音鳴りて」なんて聞こえてししおどしが鳴っているのかなと勘違いしておりました。 「君」は「目の前にいるあなた」と理解していたので、静かなところで好きな人と一緒に、ししおどしの音を聞きつつ「苔に覆われた石」を見ているのかな、と考えていました。 君が代の形式と作者 「君が代」の歌詞は短歌の形式になっています。 実際に歌詞を見ていきましょう。 君が代は 5文字 千代に八千代に 7文字 さざれ石の 6文字 巌となりて 7文字 苔のむすまで 7文字 「さざれ石の」のみ6文字ですが、全体のリズムとしては短歌の形式です。 歌わずに短歌調に読んでみると、この歌詞がもともとは短歌であると分かると思います。 この歌詞は作者不詳となっておりますが、作者は歌人で、恐らくは国歌として作詞されたものではありません。 後から歌がつけられたのでしょう。 が、現在では「君が代」は国歌として歌われておりますので、国歌である前提で読み解くべきでしょう。 国歌「君が代」としての解釈 「君」とは これが国歌であるならば「君」は国王、帝として捉えるべきであり、日本国においては「天皇」がそれに該当します。 「代」とは 「君」を「天皇」と捉えると、1代、2代の代、つまり世代と解釈できます。 「君」は「代」にかかっていますので、「君が代」は1セットで「天皇家の血脈」と訳します。 「千代に八千代に」とは 世代が「千代に八千代に」なので途方もない世代を経る、つまり永遠と言えるほど長い時間と解釈できます。 「さざれ石の」とは 「さざれ石」とは漢字で書くと「細石」であり、小さな石です。 「巌となりて」とは 「岩音鳴りて」ではありません。 「巌となりて」です。 巌は大きい石のことですので、「大きい石になって」と訳せます。 「苔のむすまで」 「苔がむす」とは「苔が生えるまで」という意味です。 「君が代」の意味 天皇家の血脈は 永遠に近いくらい長い時間続いていく 小さな石が 巨石になって 苔に覆われるまで 国歌として歌詞を解釈するならば、このように現代語に訳せます。 つまり、良いか悪いかは置いておいて、「天皇家はずーっと続くよ」という歌です。 小石が巨石になって苔が生えるくらい長い時を経るということですね。 背景を順を追って想像する ここからは歌詞をそのままの意味に訳すだけでなく、この歌の背景まで歌詞のみで推測してみようと思います。 ではどんな場面の歌なのかを考えてみます。 「君が代」の後半部分の「さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」の場面を想像してみましょう。 普通に考えると小石が巨石になることなどありえないと思うかもしれませんが、ある特定の状況下では起こりえます。 したがって小石の周囲には ケイ素、マグネシウム、炭酸カルシウム等が豊富にあります。 大気中に小石を巨石にするほどのケイ素やマグネシウム、炭酸カルシウムは存在しませんし、大気の中にあると風などの作用により小石は更に小さくなってしまうからです。 水の中であれば、上記の成分が溶け込んでいる状況は多くあります。 したがって 小石は水の中に長時間あるものと推測されます。 それどころか流れに流されて更に細かくなりますので巨石になることはあり得ません。 したがって 水は水でも流れのない静かな水の中です。 海の中ではないですね。 潮流があるからです。 川の中でもないです。 水流があります。 単純な水たまりでもないです。 小石が巨石になるために、最も適した条件は ケイ素、マグネシウム、炭酸カルシウムを多く含んだ水が絶えず供給される水たまりです。 この条件に合致するのは洞窟内の水たまりでしょうね。 消去法と要件の合致とで洞窟と導き出せます。 洞窟の中でも鍾乳洞が最も望ましいです。 なぜなら石の成分が水の中に多く含まれているからです。 すなわち、「さざれ石の 巌となりて」は、 岩の中のケイ素、マグネシウム、炭酸カルシウムを多く含んだ水が垂れ落ちる水たまりの中の小石にそれらの成分が付着して徐々に大きくなり、他の小石も自らに取り込んで巨石になる。 そういった情景が描かれていると推測できます。 また、「苔がむす」のでジメジメしていて、苔の胞子が吹き飛ばされないような静謐な環境が必要ですから、洞窟の中は適しています。 背景をもとに更に想像する 洞窟の中で小石が育っていく様と天皇家の血脈を歌った歌という二つの要素を組み合わせて考えます。 天皇家の始祖は天照大神という説があります(日本書紀)。 その天照大神が岩戸(洞窟)に隠れる有名なエピソードがあります。 ちなみに、この岩戸は伊勢神宮の近くあります。 天照大神が岩戸から出てきてからの歴史を日本の歴史=天皇家の歴史とすると、 この歌詞は 天照大神の時代より脈々と受け継がれる天皇家の血脈と、天照大神が隠れた岩戸の中にあった小石が巨石になり苔で覆われるまで育つという事象を対比し、両者の永遠のような時間を歌ったものと想像できます。 「君が代」が国歌である前提のもと順序立てて考えていき、最後はちょっとした飛躍をまじえるとそのように想像できます。 学説がどうか、研究者がどう言っているのかは知りませんが歌詞をもとに、多少の知識を使って、順を追って考えると以上にように考えることができます。 あわせて読みたい 書いている人の紹介• 次の記事 2018. 16 関連記事一覧• 2018. 14 目次 1. 国語は安定して満点を取れる唯一の教科である2. 国語を何となく解くのは止めよう3. 論説文における文章のパターン4. 結論を補強するための[…]• 2018. 23 目次 1. 中学受験における国語の点数が伸びない理由2. ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険2. あらすじ2. 目的の変化に着目する2. 3[…]• 2018. 21 前回、一気に問題を解いていってしまいましたので、これから「解く技術」の手順と考え方を丁寧に説明していきます。 今回対象とするのは、国語の中でも論説文、[…]• 2019. 07 3月ももう7日でございます。 雛人形も片付けてないよ、という声もちらほら聞こえてまいりますが皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか? […]• 2018. 16 国語の勉強法がよく分からん!子供の成績も上がらん!とお嘆きの方にテクニカルかつ再現性のある解き方と勉強法を提案しようと思います。 昔々、[…]• 2018. 19 中学入試国語の理由問題の解き方、ならびにその他の類型的問題の解き方については以下の記事を読んでください。 【中学受験】国語で8割正答する解き方 3つの[…]• 2018. 21 これまで中学受験の国語力アップのため、読解をひたすらやってきました。 これからもやる予定ですが、今日は「解く技術」に比重を置いて、「読む技術」と合わせて[…].

次の