ベッド タウン と は。 マイホームの限界はここか?!山梨に突如現る巨大ベッドタウン「コモアしおつ」

携帯データでわかった新ベッドタウン:日本経済新聞

ベッド タウン と は

高槻vs茨木 ちなみにこの対決は日本テレビのにも取り上げらるほどけっこうメジャーな話題です。 そもそも隣接する県や市でライバル関係にある地域は多く、大阪の場合、守口vs 門真や寝屋川vs 枚方といった張り合いは有名ですね。 今日は北摂を代表するベッドタウン高槻市と茨木市の争いを紹介します。 どことなく存在が似ている両者、一体どっちが上な 勝っている のでしょうか。 なにを持って上なのかというのはよくわかりませんが、 住みやすさ?便利度?都会度? 一応何となくで決着をつけさせました。 ただ両市とも森林の部分が多くあまり比較にならないかもしれません。 しかし感覚としては同じような人口規模と言えそうです。 次に土地への評価額を表す地価を見ましょう。 代表的な駅は 高槻駅 JR 高槻市駅 阪急 、茨木駅 JR 茨木市駅 阪急 です。 利用者数 一日平均乗車人員 と大阪駅、梅田駅までの最短所要時間を比較してみましょう。 高槻駅 JR 63,835人 15分 茨木駅 JR 48,122人 14分 高槻市駅 阪急 34,852人 24分 茨木市駅 阪急 34,621人 19分 当然大阪の都心部に近い茨木の方が所要時間は短いですが、JRだと新快速が高槻駅には止まるため、茨木駅と比べて一分しか所要時間はかわりません。 このため高槻では乗車人員でJRが阪急を大きく上回っています。 おそるべし新快速・・。 あと高槻の場合は京都にも行きやすいですね。 それから両市とも駅から離れた住宅地から主要駅までのバスがしっかりと運行されています。 いわゆる「栄えてるかどうか」ってやつですね。 市街地の大型商業施設を見てみましょう。 高槻 松坂屋、西武百貨店、アル・プラザ、グリーンプラザ 茨木 イズミヤ、イオンモール茨木 ということで高槻の方が勝ちと言えそうです。 また商店街を見ても、高槻の方が茨木よりも人通りが多く、賑わっているという印象を受けます。 結論 どちらも大阪のベッドタウンで似たような特徴を持つ市です。 市内には住宅街が多く、自然も多く残っており、住環境としては大変恵まれているのではないでしょうか。 交通アクセスも良さそうです。 となると最後はやはり中心市街地の活気で比較するしかなさそうです。 そうなるとタワーマンション4棟、百貨店2店舗の高槻の方が上ということになるでしょうね。 両方の中心地を訪れたことがあるのですが、高槻の方が雰囲気が良かった印象です これは個人的な感想ですが。 ただ、茨木も立命館大学のキャンパス移転などで、まだまだ巻き返しのチャンスがありそうです。 どちらが上かという話題はナンセンスなのかも知れませんが、あえて上下をつけるなら 僅差で高槻の方が上ということにしました。

次の

杵築市は「大分県のベッドタウン」「おんせん県のお布団(おふとん)タウン」という発想

ベッド タウン と は

桑名市の人口はおよそ14万人。 県内では5番目の人口です。 宅地化が進む一方、多度山系や木曽三川といった自然も豊かな土地です。 都会的な暮らしは便利ですが、やはり自然を近くに感じられるのは良いものです。 その点桑名市は、特に小さなお子さまがいるファミリー層には住みやすい環境が整った街と言えるでしょう。 もちろん一人暮らしの方にも優しい街です。 名古屋市内で部屋を借りるよりも安く借りられます。 駅に近い物件でも割高ではないのでおすすめです。 特急も停車しますので、大阪方面へのアクセスも良いです。 岐阜方面へは養老線が便利です。 この養老線、なんと自転車も一緒に乗せることができるんです!いなべ市方面へは西桑名駅で三岐鉄道:北勢線を利用するのが便利。 約1時間ほどで終点の阿下喜駅に到着します。 もちろんバス路線も充実していて大変便利です。 名古屋への高速バスもあります。 ただし最終のバスが早い路線も多いのでチェックをお忘れなく! 現在、桑名駅は整備工事が進んでおり、2020年に完了する予定です。 飲食店が少ない桑名駅周辺ですが、この整備によってさまざまなお店が出店しそうなので今から楽しみです。 特になばなの里のイルミネーションは全国的に有名で、開催期間中はとても混雑しますが一見の価値アリです。 商業施設はイオンモール桑名が中心的存在です。 桑名駅からは少し離れますが、バスも利用できますので不便な点はありません。 他にはアピタやバローもありますが、主な商業施設は桑名駅周辺に集中しています。 それ故に桑名市はベッドタウンとして近年、さらに注目されています。 通勤・通学はもちろん、気軽に買い物に出かけたりできるのは魅力的です。 家賃の安さや通勤・通学のしやすさは大変大きなメリットと言えます。 名古屋へ転勤が決まった際は、桑名市に住むことも選択肢の一つとして有効です。 住みよい街・桑名市 いかがだったでしょうか? かつて東海道の宿場町として栄えた桑名。 現在は「ベッドタウンとしての住環境が整った住みよい街」として魅力に溢れています。 これからもベッドタウンとして注目されていくことでしょう。

次の

杵築市は「大分県のベッドタウン」「おんせん県のお布団(おふとん)タウン」という発想

ベッド タウン と は

今や人口200万人を超える福岡市、中央区を筆頭に土地の値上がりは依然として続いており、ミニバブルともいえるご時世、ミニのため、以前の本バブルからすれば弾けてもそこまでの影響はなさそうな雰囲気ですね。 世の中が「バブルバブル」と言っている間はバブルではありません。 バブルは崩壊して初めて「あぁあれはバブルだったんだ」と分かるものです。 バブルと言われている時はバブル自体が始まっていないことが多いのです。 福岡市の地価事情 住宅街の地価事情とすれば、福岡市に勤務するサラリーマンの人気地区はもちろん中央区、東区、西区と続くわけですが、何せ土地が高い!坪単価100~200万は当たり前、とても庶民的な価格とは思えません。 では一般的なサラリーマンが購入できるのか?ということですが、坪100万であれば100坪で1億、50坪で5千万 でとても手が出せる価格帯ではありませんね。 そうなると、どの付近で探すのか?ということになるわけですが、それこそ一時期は新築住宅建設戸数が全国1位 だった新宮町などが人気です。 南に下れば、春日、大野城、筑紫野となるわけですが、ここも高い!とんでもない大金持ちが現金で購入するという話もあるくらいですから。 小郡までが福岡市のベッドタウンなのか? すると、もう少し南下しても良いかな?となると、じつは小郡までらしいです。 私は以前、某大手N不動産にて勤務していた際、小郡店に約1年間の勤務経験があり、美鈴の杜、美鈴が丘、三国ヶ丘、希みが丘と、何だか似たような名前がたくさんあり、最初は苦労して覚えたのですが、新興住宅地として大型団地がたくさんあり、とても人気が高い地域でした。 2007年までに造成された大規模団地は9カ所、人口は40年間で約2倍に増え、市民の約7割が市外に通勤通学する 福岡県内の市町村でも有数のベッドタウンとなっています。 何せ、三国ヶ丘は昔は駅も何もなかったのですが、西日本鉄道が大型団地を造ったがために、「ついでに駅も作ろ う」ということで、団地内に駅はできるわ、スーパーはできるわで、そして最初は普通駅だったのが、急行停車駅にまでしてしまいました。 物件を探されているお客様からよく耳にするのが「筑紫野あたりで探していたんですが、物件がないしとても高いので小郡まで範囲を広げたい、絶対それより南下はしたくない」でした。 笑 大型団地「あすみ」が完成 そして、2015年秋に新興住宅団地「あすみ」が完成し、街路も公園も住宅も新品ばかりの街が完成しました。 何せ255区画ある住宅街、三国が丘駅まで徒歩3分の好立地で、福岡天神駅まで乗り換えなしで30分以内で行け るのですから、そこには久留米市内からでは実現できない魅力があります。 緑が多く落ち着いた教育環境で子育てができるということで、かなり「住みやすい」という評判です。 大型複合施設、筑紫野イオンモールまでも車で数分で行けますので、環境良好ですね。 久留米もいずれはそうなれば良いのですが…。 楽しみにしています。

次の