味もそっけない 意味。 にべもないの「にべ」とは何?その由来

【夢占い】好きな人が夢に出てくる意味35選!

味もそっけない 意味

「にべもない」の意味 「にべもない」とは、「そっけない」「愛想がない」という意味を持つ言葉となっています。 すでに死語だと言えるかもしれませんが、ツンデレのツンの部分のような感覚です。 単純にクールな人を指す言葉としても使えるのですが、どちらかというと良いニュアンスよりも悪いニュアンスが込められた言葉となっています。 「にべもない」の例文 ・「打ち上げに誘ったんだけど、彼にはにべもなく断られたよ」 ・「興味がわかなかったのでにべもない返事をした」 このように「にべもない」には冷たそうな印象を与えることが多く、クールを通り越して不機嫌な人や不愛想な人を指す言葉に近いかもしれません。 「にべもない」の由来 そもそも「にべもない」の語源は何でしょうか? ここからは「にべもない」という謎の響きを持つ言葉の由来についてご紹介します。 由来は魚の名前から 「にべもない」の「にべ」とは、スズキ目ニベ科の魚のことです。 その昔、ニベの浮袋から粘着力の高い接着剤が作られていました。 ニベは強い粘性を持つ魚だったこともあって、当時は接着剤として重宝されていたのです。 そのことから、ニベそのものが「粘り気が強い」という印象となり、それが「執着心が強い」という印象へと変化していったといわれています。 そして、その否定形となるのが「にべもない」です。 つまり、「強い執着心」という意味で生まれた「にべ」の反対語として、「執着心が弱い=そっけない」という意味で使われるようになったのです。 「にべがある」という言葉は存在しない 執着心が強いことを「にべがある」という言い方をするのかというとそうではありません。 現在は「にべ」単体で執着心をあらわす言葉としては使われていません。 否定形の「にべがない」だけが現在まで残っています。 「にべもない」の類義語 この項目では、「にべもない」の類義語をまとめてみました。 にべもないの強調表現「にべもしゃしゃりもない」 「にべもしゃしゃりもない」とは、「にべもない」をより一層強めた言い方です。 ちなみに「しゃしゃり」とはシャリシャリしている状態の他、さっぱりしている状態のことを指します。 つまり、粘り気もなければさっぱりもしていないものを指すのが、「にべもしゃしゃりもない」という言葉なのです。 味もそっけもないの意味と同義で、主に食べ物に使われることが多いものの、ぼんやりしてはっきりとしない状態そのものを指す言葉としても使われることがあります。 けんもほろろ 「けんもほろろ」とは、人の頼みや相談を不愛想に拒否することを意味します。 人の悩み事や困り事に対して無関心で、感情のない様子を表す際に使われる言葉です。 ちなみに「けん」という言葉自体がそっけなさを表しており、「ほろろ」はキジの鳴き声などが由来となっているのだとか。 つっけんどん 「つっけんどん」は、棘のある物言いや振舞いをすることを意味します。 乱暴な扱いをする人そのものを表す他、その行為を表すこともあります。 「あの人はつっけんどんな人だなぁ」というように、性格を表す意味でも使われることが多いですね。 目もくれない 「目もくれない」は、微々たる関心すら示さないという意味を持つ言葉です。 完全に見向きもしない様子を表している言葉であり、視線すらも向けてくれない状態を表します。 興味を持たない、もしくは無視するという意味もあるので、良い意味で使われません。 むしろ悪い意味です。 眼中にない 「眼中にない」は、関心を持たない様子のことです。 興味がないというよりも視界に入っていないので、そもそも相手にする必要がないというようなニュアンスがあります。 歯牙にもかけない 「歯牙にもかけない」は、問題にしないことを意味します。 何かに対して噛みついて反応するのではなく、それを問題とすら考えずにまったく相手にしていない様子を示す言葉です。 取り付く島がない 「取り付く島がない」は、相手がどんどん話を進めるために、きっかけが見つからない状態のことを意味します。 もともとは航海に出たものの、近くに立ち寄れそうな島が一向にない状態のことを意味する言葉です。 そのため、どうにもならない八方塞がりのような状態とも似ていますね。 よく「取り付く暇もない」と勘違いしている人がいますが、これは誤用なので注意してください。 木で鼻をくくる 「木で鼻をくくる」とは、応対が雑で冷淡にあしらうことです。 若干、相手を小馬鹿にしたニュアンスが含まれているのがこの言葉の特徴となっています。 もともとは「木で鼻をこくる」という言葉なのですが、誤用されたものが世間一般に広まったと言われています。 まとめ 日本語は本当に難しい表現が多く、中にはその言葉の意味すらわからないことも多いです。 「にべもない」はその言葉のひとつですよね! 「ニベ」という魚からかつて作られていた接着剤から転じて執着心が強いことを表す言葉になり、そこから派生して否定形の言葉として「愛想が無い・そっけない」という意味で使われるようになりました。 現在はにべ単体で使われることがないので、使い方や意味が非常にわかりにくくなっていますね。 関連記事リンク(外部サイト).

次の

「愛想がない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

味もそっけない 意味

ぶっきらぼうの意味とは 「ぶっきらぼう」とは、態度や話し方などに愛想がなく、そっけないさまを言います。 そのような態度は、本人としては意図的なことではなくても、相手からは「もしかして怒っているのではないか?機嫌が悪いのではないか?」と誤解されてしまう事があります。 また、偉そうな態度に見えたり、そのことが原因で人から敬遠されるきっかけになってしまう事もあります。 ぶっきらぼうの由来 もとは「打ち切り棒」という言葉が語源であると言われており、それも同じく無愛想や無愛嬌という意味の言葉なのですが、その由来には2つの説があります。 一つ目の説は「打ち切り棒=ぶった切った木」の意で、綺麗に切ったりカンナがけされた木と違って乱雑で質素な様子だったことが由来と言われます。 ぶっきらぼうの文章・例文 例文1. いくら先輩だとはいえ、ぶっきらぼうな口の聞き方に腹が立った 例文2. 親しみを込めて話しかけたのに、ぶっきらぼうな対応をされてしまった 例文3. 人見知りのせいで、よく第一印象がぶっきらぼうな人だと言われて損をする 例文4. 昔からよくぶっきらぼうな態度を注意される 例文5. 相手にぶっきらぼうな態度を取られると、嫌われているのではと心配になる 受け手が「愛嬌がなく素っ気ない」と感じた場合に使われる言葉なので、言動をした側の意思とは関係なく、実際行動した本人には悪気がない場合もあるようです。 ぶっきらぼうの類義語 同じような意味合いの言葉に「素っ気ない そっけない 」「刺々しい とげとげしい 」「つっけんどん」「乱暴」などがあります。 これらも同じく態度や言葉づかいが雑で、愛想がない様子を表す表現です。 ぶっきらぼうまとめ いかがでしたか?一般的によく使われる言葉ですが、由来までは意識したことなかった…という方も多いのではないかと思います。 また、その語源が「木」や「飴」から由来していると言うことは少し意外だったのではないでしょうか。 今後この言葉を使う際には、ぜひこの由来なども意識して使ってみてください。

次の

「秋刀魚の味」のタイトルの意味は???

味もそっけない 意味

タイトルのつけ方一つをとっても個性があるものです。 小津監督も独特の感覚があったように思います。 無造作なのか、凝りに凝った挙句のシンプルさなのか、にわかに判断できないところがあります。 『晩春』『麦秋』『お茶漬の味』『東京物語』『彼岸花』『お早よう』『浮草』など、並べてみて深い意味があるような、ないような。 この「秋刀魚の味」という題名も、秋に公開するからそう付けたので他意はない、なのだそうです。 そっけないですね。 かえって穿鑿したくなります。 そういえば当時の風俗であるトリス・バーがちょくちょく出てきましたね。 個人的には佐藤春夫の詩「秋刀魚の歌」から取ってきたんだろうかと漠然と思っていました。 まあ言えばコキュ(寝取られ男)の歌なので、そこが違うといえば違うのですが、人生の悲哀を切々と感じさせてくれる、たいへん有名な詩です。 もちろん小津監督もよく知っていたことと思います。 さんま、さんま、 さんま苦いか塩つぱいか。

次の