公務員 給料 コロナ。 コロナショックでも公務員は休めない。リスクを取らない人生は本当に安泰か?

公務員ってコロナで仕事がなくても給料貰えるんですか?

公務員 給料 コロナ

はいどうも、カワウソだよ。 コロナ関連で、2つのことが気になっている。 一つは国会議員の一時的減給。 そして、公務員への現金補償に対する反対だ。 正直国会議員の歳費削減に関しても反対しているのだけれど、公務員の10万円給付はするなという声が、元大阪府知事の橋下徹氏などから挙げられている。 10万円一律給付金)給料がびた一文減らない国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!となぜルール化しないのか。 その上で、それでも受け取ったら詐欺にあたる、懲戒処分になると宣言すればいいだけなのに、これも各自に任せるといういつもの無責任政治。 国会議員でも絶対受け取る奴はいるよ。 そんな感覚いち早く捨てていただきたい。 一納税者として思ったことだ。 今回は、特に公務員への保障禁止に反対する理由を考えていこう。 コロナ給付を公務員への給付に反対すべきでない理由 経済効果は社会全体を救うのが目的 まず、一番なのが 経済効果だろう。 今はとにかく経済がまずい。 しかし人を抑えなければいけない。 だとすれば、10万円をくばって人の動きをなるべく止めると同時に、最低限の金の巡りを保つ必要がある。 この給付というのは、特定の人に対する政策ではないんだ。 そうじゃなくて、日本社会全体が少しでも転落を防ぐための政策だ。 だとすれば、給与の増減は全く関係ない。 社会全体を考えるのであれば、特定の人に保障を給付しないのはそもそも論として間違っているのではないかな。 公務員の給付を禁止しても税金は安くならない また、「我々の税金で」という批判が来るだろうけれど、 そもそも公務員への給付を禁止したところで税金が安くなるわけではない。 一つ質問なんだけれど、日本に公務員が何人いるかどれほどの人が答えられるだろうか。 答えは、 約330万人。 によれば、平成30年度の公務員総数は、国家公務員 58. 3万人、地方公務員が 274. 4万人だ。 日本の人口を1億2600万人とすると、 2. 正直、給付しようがしまいが国家予算的規模からすれば変わらない。 だとすれば、少しでも経済効果になるように、給付した方が予定な手間もなくなっていいのではないかと思うよ。 橋下徹氏への疑問 公務員の給料は、実は減っている また、橋下氏は「公務員の給料はびた一文減っていない」とツイートしているが、これは間違っている。 そりゃ絶対的な歳費は変わらないだろうが、相対的に見れば公務員の給料は減っているといわざるを得ない。 というのも、必要な支出が増えるからだ。 家族を持っている場合、パートナーや子供が在宅をする。 そうなると電気代や水道代が増える。 絶対的な給料が変わらないのに必要な支出が増えるということは、相対的に減っていることになる。 民間と比べるとその減りは少ないかもしれないが、確実に減っている。 だから、『びた一文減っていない』というのを根拠に論理を展開するのは間違っているのではないかな。 『現場』ってなんだ 橋下氏は、現場の公務員手当をやればいいといっている。 感染のリスクの中で奔走している現場の公務員たちには、たっぷりと特別手当を支給すればいいだけ。 それ以外の公務員は給料もボーナスも満額支給で生活は安泰なんだから10万円給付なんて要らんやろ。 というか、逆にコロナの感染リスクのない『現場』ってどこなのだろうか。 上のほうだと怠けているという印象はあるが、正直今怠けてない人はいないんじゃないか。 また、そもそも公務員を『奔走』の度合いで評価するのは無理じゃないかな。 民間企業であれば会社の貢献度は計算しやすい。 特に小さい会社だと、どれだけ契約とったかとかそう言うのが直接給料に反映される。 しかし、公務員というのは経済的利益のない仕事もする人たちだ。 経済的利益が計算できない場所で、誰がどのくらいコロナ対策に奔走したかどうやってはかるのだろうか。 正直、誰に特別手当を出して誰に出さないか、全員がリスクの可能性がある中でそれを決めるのはかなり酷ではないかな。 「あいつが貧乏じゃないのはおかしい」で世の中を変えるとマジでヤバイ 他人が幸せになることに寛容な社会を 公務員への給付に反対しているのはなんなのだろう。 思うに、『公務員は少ない仕事でいい暮らしをしている』という思いいとらわれすぎなんじゃないだろうか。 だとすれば、その考えは本当に危ない。 シャーデンフロイデという言葉がある。 これは、『他人の不幸は蜜の味』とか『メシウマ』とかいうのと同じ意味で、他人の不幸を喜ぶ気持ちのことをあらわしている。 逆に、他人の幸せがきにいらないという感情もある。 もちろん、公務員の中には、アリとキリギリスのキリギリスみたいなのも一定数存在する。 それらをたたくのは正当ではある(中にはたたきすぎるケースもおおいのアけど)。 ただ、上でのべたように、公務員が10万円給付されなかったとしても、自分自身の給付があがるわけでもなければ、税金が安くなるわけでもない。 他人が何か得することをねたむシャーデンフロイデは人間の本質的な性格らしいのだけれど、今の社会はそれをなるべくコントロールしないとまずい。 『年収が下位1割の人が500万円、上位1割の人が1億円』の国と、『格差がなくて全員が年収50万円』の国だと、合理的に考えて前者のほうが(すくなくとも物質的な面で言えば)幸せだろう。 しかし、この「あいつが利益得るのはゆるえん」原理だと、極端な話後者を選んでしまいかねない。

次の

公務員は羨ましい?コロナショック後も公務員は安泰か元人事が解説します

公務員 給料 コロナ

リーマンショック• 就職する場所がない• 揺るがない安定性 順に解説します。 新型コロナウイルスと同等レベルでやばかったみたいですね。 その時にも、公務員人気が高まりました!データがこちら。 リーマン前 リーマン後 国家一般職 34,785 39,940 東京都 8,722 14,551 特別区 16,671 22,044 めちゃくちゃ申込数が増加していますよね。 「」の調査によると、 約9割の企業が採用活動に影響がでていると回答をしています。 選考時期も大幅にズレるため、 内定をもらえるのも卒業ギリギリってことも増えるかと。 だとすれば、内定がもらえずに留年、卒業をする人も増えそうです。 新卒カードを逃せば、民間への就職が困難になるため、新卒・既卒関係なく採用する公務員試験の人気はあがりそうです。 学生は学校にもこられないので、指導もオンラインを使ってやっているんですね。 正直、することがない・・・。 でも、 給料は満額支給されますし、賞与も出ますよ! 企業によっては、活動停止による「給料カット」や「賞与なし」などもあるはず。 しかし、 公務員は景気が悪くても、基本関係ありません。 (大学法人はどうでしょうか・・。 ) 新型コロナウイルスの影響で公務員の安定具合が露見しているため、人気が急増するかも。 以上の理由から、多くの自治体で倍率は上がるでしょう! 公務員試験 新型コロナウイルスの影響で倍率があがった例 早速、福岡県職員で倍率増加の兆しがあるようです。 今年度の県職員採用試験の倍率は、大学卒業程度が10. 9倍と5年ぶりに前の年度から上がりました。 県は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、民間の雇用状況が悪化していることが背景にあるのではないかとしています。 県人事委員会は、5月22日までに受け付けを締め切った、今年度の職員採用試験の倍率を10日公表しました。 それによりますと、大学卒業程度では、採用予定の135人に対して、申し込んだのは1467人で、倍率は10. 9倍でした。 8倍だった昨年度から5年ぶりに倍率が上がりました。 受付期間は「5月11日~5月22日」だったため、コロナの影響は大ありですね。 関連記事: 公務員試験 コロナによる倍率増加まとめ 悲しいお知らせばかりじゃないですよ。 東京都や特別区は、採用数を激増しています。 採用数が増えれば、受験者が増えてもトントンですからね。 とにかく、受験者が増えたとしても、コツコツ対策をしておけば不安になる必要はないかと。 気にしても仕方ないので、やるべきことをやりましょう! 関連記事: 関連記事:.

次の

公務員って安泰だよねと思っている人へ。元公務員が現実おしえます

公務員 給料 コロナ

気になる項目をクリック• 1.公務員の年収はいくら? ここでは、公務員の年収に関する最新の調査結果を紹介します。 結論から言うと、公務員の年収は民間企業よりは安定しています。 公務員の給料は、民間の企業に比べると「決め方」や「上がり方」に違いがありますので、まずはその違いについて説明します。 公務員の平均年収は686万円 人事院が行ったの結果によると、 国家公務員の平均年収は686万円です。 この数字の内訳は、月収が417,230円、ボーナスが185万円(年2回支給)です。 この686万円という数字だけ見ると、公務員の給料は高いと感じるはずです。 によると、平成29年度のサラリーマンの平均給与は432万円ですので、この数字と比べても公務員の給料は高いです。 一般的には、年に600万円ほど貰えれば「給料が高い」と言えます。 しかし、全ての国家公務員がこの年収を貰えるわけではないことに注意してください。 上記の数値はあくまでも全ての国家公務員を平均して出した数値であり、年齢や職種は考慮に入れられていないからです。 後ほど説明しますが、公務員は所属しているだけで毎年給料が上がっていきます。 そのため、 若いうちは給料は、上記の年収よりかなり低くなります。 (大卒新規採用の公務員で、年収は300万円程度) 公務員の給与は「俸給+ボーナス」 公務員の給料は、というもので定められており、その俸給にボーナスを加えたものが公務員の給与となります。 俸給とは職務の難しさや責任の度合いなど仕事内容に応じた給料のことです。 国家公務員の場合なら、大卒の事務職は「行政職俸給表(一)」、国税庁の職員など税金関係の業務を担当する職員は「税務職俸給表」を使います。 税務職俸給表の場合、月収は437,777円となり平均を超えますが、行政職俸給表(一)の場合、月収は410,940円となり、平均を下回るのです。• 公務員の年収は徐々に上がっていく 公務員の年収は、 勤続年数を重ねていくと徐々に上がっていきます。 これは、1年ごとに俸給表が一定の水準で上がるからです。 基本的には、仕事の出来ない職員も仕事の出来る職員も、同じ割合だけ給料が上がります。 つまり、仕事が出来なくても給料に差がつかないということです。 所属し続ければ給料が上がっていきますので、この点が公務員になる大きなメリットだと言われています。 ただし、ボーナスは俸給と違い仕事の出来不出来が判断材料になります。 公務員の年収は国全体の平均値を超えすぎない 公務員の給料は、国全体の給与などを参考に、平均値を超えすぎないように設定されています。 ただし、この平均は大手民間と比較しているので、中小企業と比べると公務員の給料は高くなることが多いです。 しかし、公務員の給料が民間と比べて高すぎると、国民から不満の声が上がる可能性もあります。 また、公務員の給料が高いと国の財政も赤字となり、予算的にも良くありません。 逆に安すぎると、公務員になろうとする人が少なくなり人員不足に陥ってしまいます。 こうした事情から、 公務員の給料は民間と同じくらいのレベルになるよう設定されているのです。• 【年代別|公務員の平均年収】• それでは、順に見ていきましょう。 20代の平均年収は300~450万円 20代公務員の平均年収は300~450万円程度です。 20代であれば、採用されて数年しか経っていませんので、給料はそれほど高くありません。 同じ時期に働き始めて民間に行った同級生と比べると、給料が安いと感じることもあるでしょう。 仕事内容も、若いうちは責任の重い仕事は与えられず、コピー取りや会議のセッティングなど雑用のような仕事ばかりの可能性もあります。 「せっかく公務員になったのに思ってたのと違うな…」などと不満に思う若い職員も多いようです。 公務員を続けていれば着実に給料は上がりますが、若いうちは我慢が必要かもしれませんね。• 30代の平均年収は500~600万円 30代公務員の平均年収は500万~600万円程度です。 30代となると、本記事の冒頭にお伝えした平均年収686万円に近くなってきましたね。 仕事上での責任も増し、役職が上がる年代でもあります。 仕事の内容もよく分かるようになり、仕事にやりがいを感じられるようになるかもしれません。 プライベートでも結婚や出産など、人生の転機となることが多い年代と言えます。 40代の平均年収は650~800万円 40代公務員の平均年収は650万~800万円程度です。 この年代になると、出世する人とそうでない人の差が明確になってきます。 順調に出世を重ねた人は700万~800万円、そうでない人でも650万~700万円は貰えるようになります。 どちらにせよ、生活に困ることのない給料は確保できるでしょう。 この世代は自分が率先して仕事をやることは少なくなり、部下に仕事を任せる機会が多くなります。 そうした中で、部下との人間関係や仕事の管理などに対するマネジメント力が必要となってくるわけです。 また、仕事で問題が生じた時は責任を取る立場にもなってきます。 プレッシャーのかかる立場になりますが、その分給料も高いと言えます。• 尚、平均年収額は、比較のために40歳時点での年収に統一しています。 それでは、順に確認していきましょう。 国家公務員の平均年収は約692万円 国家公務員の平均年収は約692万円であり、うちボーナスは約155万円です(40歳時点)。 国家公務員とは、国の官庁(役所)に所属して働く職員です。 官庁とは、行政(司法と立法以外の国の働き)事務を行っている場所のことであり、都庁、県庁、区役所、町役場、村役場などの役所を指します。 代表的な官庁としては、国土交通省や厚生労働省などがあります。 各官庁の本省は東京の霞が関にありますが、各地方に出先機関(地方で国の政策を実施・推進する機関)が多数置かれており、こうした出先機関で働く職員も国家公務員です。 県庁職員の平均年収は約654万円 県庁職員の平均年収は約654万円であり、うちボーナスは約149万円です(40歳時点)。 各都道府県には都道府県庁が置かれていますが、そこで働く職員のことを県庁職員といいます。 国の場合は省庁によって担当分野が決まっており、その分野に関する事務を担当しますが、県庁の場合は県内での様々な仕事を担当することになります。 国と市町村の調整、民間企業対応をするのが県庁職員の仕事です。 例えば、以下のような仕事が挙げられます。 【県庁職員の仕事】• 産業廃棄物(企業ゴミ)• 食品(営業許可・立入検査)• 病院・薬局(開設許可・立入検査)• 中小企業(融資・補助金) 市役所職員の平均年収は約629万円 下記の表は、40歳時点での市役所職員の年収です。 勤務場所 年収(約) 年収に含まれるボーナス 政令指定都市の市役所 703万円 156万円 政令指定都市ではない市役所 629万円 144万円 町村役場 570万円 134万円 人口50万人以上の政令指定都市は、規模が大きいため県の権限がある程度移され、行う仕事も多くなります。 地域内の人口が5万人以下であれば市ではなく町村と呼ばれ、その町や村役場の職員も地方公務員です。 政令指定都市の職員は県庁よりも年収が高くなりますが、市役所や町村役場になると県庁よりも給料が低くなります。 市町村が行うのは、住民に直接対応する仕事です。 例えば、以下のような仕事が挙げられます。 【公務員の職種】• 行政事務:役所窓口で住民対応• 専門職:法務、財務、国税専門官、労働基準監督官• 技術:土木課、都市整備課、建築課• 心理・福祉:児童相談所職員、福祉事務所職員• 公安:警察、消防、海上保安官• その他:看護師、獣医師、薬剤師、管理栄養士 職種によって給料にも大きな差が出てきますので、この章ではその点を解説していきます。 1位は医師の1,590万円 公立病院で働く医師の平均年収は1,590万円です。 ここでいう医師とは、主に公立病院で働くお医者さんのことであり、地方公務員です。 公務員の中ではトップの年収であり、そのボーナスの平均額も約251万円と言われています。 行政職の公務員であれば、トップまで進んだとしても年収1,000万円に届くのは難しいと言われているため、同じ公務員でも医師という職業が高給であることが分かりますね。 尚、民間の勤務医の平均年収は約1,230万円、ボーナスは約90万円ほどです。 その他のランキング 職 種 年 収 1 医師 15,994,593円 2 高校教師 7,121,402円 3 警察官 7,082,796円 4 小中学校教師 6,766,881円 5 一般行政職 6,408,481円 6 消防 6,218,782円 7 薬剤師 5,974,366円 8 看護師 5,818,745円 医師が断トツのトップですが、それに続く2位は高校教師の平均年収 712万1,402円です。 5位の一般行政職の仕事内容は多岐にわたり、生活保護の支給担当、住民票などの交付窓口、公立学校の職員なども含まれます。 安定性バツグンで人気の公務員薬剤師 医療系では、安定性と高年収の両方を兼ね備えている公務員薬剤師が人気です。 の公務員薬剤師の平均年収は597万4,366円と、平均年収ランキング7位に入っています。 通常の病院薬剤師であれば、医師の処方に沿った調剤や服薬指導を行いますが、公務員薬剤師は主に国の機関で薬事行政に携わる仕事をします。 代表的なものとしては、地方公務員として保健所に勤務し、薬事衛生(地域の薬局やドラッグストアに開設許可を出す等)や食品衛生の仕事(飲食店に対する新規開設許可等)などを担当します。 転職して年収アップする 今の自分の年収に満足できていないなら、転職エージェントを活用してキャリアアップを狙うという方法もあります。 転職エージェントには、転職のプロであるキャリアアドバイザーが在籍していて、あなたに合った求人の紹介や年収交渉まで転職に関することを全てサポートしてくれます。 もし年収600万円以上クラスの転職を狙うなら、ハイクラスの転職支援に特化した転職エージェント「」がおすすめです。 JACリクルートメントは 外資系企業への転職支援が得意で、管理職や専門職向けの高年収求人の取り扱いが多いのが特徴です。 企業と綿密なやり取りをしているため、求人票からではわからない内部情報も教えてもらえます。 条件が良い非公開求人も10,000件以上保有しているので、より高年収で待遇のいい転職先を探したい方にもおすすめです。 登録しておけばあなたに興味を持った企業からオファーメールが受け取れるため、ぜひ利用してみてくださいね。 関連記事 5.公務員になる方法 公務員は基本的に解雇されるという事がなく、定期的に昇給するというのが大きな魅力です。 そんな公務員になるには公務員試験を突破する必要があります。 公務員試験は誰でも受験できるわけではなく、一定の受験資格を満たす者のみ受験することが可能です。 受験資格には共通要件と、年齢・学歴・資格・身体と言ったその試験種特有の要件もあります。 一次試験と二次試験を突破する 公務員になるには 公務員試験を突破する必要があります。 国家公務員になるには、主に人事院が行っている国家公務員試験を受験、地方公務員になるには各自治体(県庁、市役所等)が行っている公務員試験を受験します。 一次:筆記試験 筆記試験には、 教養試験と専門試験の2種類があります。 教養試験の内容は、日本史や地理、生物など高校の授業で学んだ内容が、専門試験では経済学や民法など大学で学ぶような専門的な科目が出題されます。 国や県庁、政令指定都市の試験では、教養試験と専門試験の両方が出題されますが、市役所や町村役場の試験では教養試験のみ課すところが多くなっているようです。 二次:面接 筆記試験を突破したら次は面接です。 面接では志望動機や、自己PRなどが聞かれます。 面接の形式は個別面接の形式をとるところが多いです。 近年の 公務員試験では面接を重視する傾向がありますので、しっかり対策して挑む必要があるでしょう。 集団討論やプレゼンテーションを課すところも 自治体によっては、個別面接だけでなく、集団討論やプレゼンテーションを課すところもあります。 例えば、埼玉県庁では二次試験の一環で集団討論が行われますし、東京都の試験でもプレゼンテーションを課す試験区分があります。 集団討論では集団の中での協調性や積極性を見られ、プレゼンテーション試験では言いたいことを分かりやすく伝える力などを見られるのです。 試験を受ける前には必ず自分の受けたい試験の内容をしっかりと確認するようにしましょう。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今のキャリアに少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ 国家公務員の平均年収は686万円と、日本人の平均給与である432万円と比較しても非常に高い額となっています。 公務員は多数の民間と比べると給料は高い方ですし、基本的に解雇される心配もない安定した職業です。 公務員の給料は徐々に上がりますが、若いうちは給料が安い場合が多いです。 また、公務員と言っても、職種や試験区分が色々分かれているため、給料もそうした区分に応じて変わってきます。 今の自分の年収に満足できていないなら、転職エージェントを活用してキャリアアップを狙うという方法もあります。 もし年収600万円以上クラスの転職を狙うなら、ハイクラスの転職支援に特化した転職エージェント「」を活用してみてくださいね。

次の